ダニエウ・アウヴェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエウ・アウヴェス Football pictogram.svg
Dani Alves Barça - Osasuna.jpg
名前
本名 ダニエウ・アウヴェス・ダ・シウヴァ
愛称 ダニ
ラテン文字 DANIEL ALVES
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
スペインの旗 スペイン
生年月日 1983年5月6日(30歳)
出身地 ジュアゼイロ
身長 173cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 FCバルセロナ
ポジション DF/MF (RSB/RSH/RWG)
背番号 22
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002
2002-2008
2008-
ブラジルの旗 ECバイーア
スペインの旗 セビージャFC
スペインの旗 FCバルセロナ
25 (1)
175 (11)
131 (12)
代表歴2
2006- ブラジルの旗 ブラジル 58 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2012年9月11日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ダニエウ・アウヴェス・ダ・シウヴァDaniel Alves da Silva, 1983年5月6日 - )はブラジル出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

登録名やユニフォームに記された名前はダニ・アウヴェスである。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ブラジル時代

少年時代はフォワードやミッドフィールダーとしてプレーしていたが、1996年、兄がプレーしていたジュアゼイロSCのU-13チームに加入し、サイドバックに転向した[1]。1997年にはジュアゼイロSCの監督とともにECバイーアの下部組織に移り、バイーアのU-17チームではマルセロ・シャムスカペリクレス・シャムスカの弟)からも指導を受けた[1]。18歳でプロ契約を果たし、2001年11月のパラナ・クルーベ戦でデビューすると、PKを獲得して勝利に貢献した。2002年シーズンには19試合に出場し、ブラジル全国選手権初得点も決めている。

セビージャ

南米ユース選手権の活躍が認められ[2]、2003年1月にセビージャFCに移籍した。すぐさま主力として活躍し、2005-06シーズンのUEFAカップでは優勝を果たしてMVPを獲得した。2006-07シーズンは、リーグ戦開幕前に行われたUEFAスーパーカップFCバルセロナと対戦。相対するロナウジーニョの裏のスペースを激しく突く動きを繰り返し、チームの勝利に大きく貢献した。(この試合を観戦したイビチャ・オシムは、「ダニエウ・アウヴェスの動きがセビージャ勝利の要因となった」と発言している[3]

また、そのシーズンはリーグ戦でも11アシストを記録し、ダビド・ビジャと共にアシスト王に輝いた。

2006-07シーズン終了後、多くのビッグクラブが獲得に動くも、交渉はまとまらずに残留。移籍騒動が長期化したこともあり、2007-08シーズンの公式戦初出場はリーガ・エスパニョーラ開幕直後に行われたUEFAスーパーカップACミラン戦からとなった。キャプテンのハビ・ナバーロが全休したこともあり、キャプテンマークを巻き、チームのUEFAチャンピオンズリーグベスト16入りを支えた。

バルセロナ
ルビン・カザン戦でのアウヴェス(右)

2008年7月2日FCバルセロナに移籍した。移籍金は2900万+600万ユーロとされる。この金額はバルセロナ史上歴代3番目に高い移籍金で、この夏の移籍市場でもロビーニョレアル・マドリードマンチェスター・シティFC)に次ぎ2番目に高い移籍金であり、サイドバックの選手としては当時史上最高額の移籍金だった。セビージャFCを離れる際の記者会見では涙を見せ、再び戻ってくることを誓った。

8月13日のUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦のヴィスワ・クラクフ戦でデビューを飾り、8月31日のヌマンシア戦でリーグデビューを飾った[4]。2008-09シーズンはレギュラーとしてリオネル・メッシとともに右サイドから攻撃を展開。自己最多となる5ゴールを挙げるなど、バルセロナのリーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの3冠獲得に貢献した。ただし、UEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦には累積警告により出場できなかった。

2013-14シーズンから退団した親友のエリック・アビダルに捧げる為、背番号を2番から22番に変更[5]

代表[編集]

ブラジル代表でのアウヴェス
南アフリカW杯決勝トーナメント1回戦、チリ戦)

ECバイーアのU-17チーム所属時代にU-17ブラジル代表に選ばれた[1]セビージャFC移籍直後の2003年にはFIFAワールドユース選手権に出場し、決勝ではMFアンドレス・イニエスタやFWセルヒオ・ガルシアなどがいたスペイン代表を下して優勝した。

ドゥンガ監督の下、2006年10月7日アル・クウェートとの非公式戦でブラジル代表デビューすると、エクアドルとの親善試合で公式戦初出場。コパ・アメリカ2007のメンバーにも名を連ね4試合に出場した。決勝のアルゼンチン戦では代表初得点となるゴールとアシストを記録する活躍を見せ、ブラジルの連覇に貢献した。ドゥンガ監督のもとではマイコンが起用されることが多かったが、FIFAコンフェデレーションズカップ2009準決勝の南アフリカ戦では途中出場ながらフリーキックで値千金の決勝ゴールを挙げるなど結果を残している。

南アフリカワールドカップ後、マノ・メネーゼス新監督が就任して初となるアメリカ戦にはわずか4人のワールドカップ出場組のひとりとして招集され、後半の45分間はキャプテンマークを巻いた[6]

所属クラブ[編集]

  • ブラジルの旗 ECバイーア 2001-2002
  • スペインの旗 セビージャFC 2002-2008
    • 06-07 31試合 3得点 11アシスト
    • 07-08 33試合 2得点 12アシスト
  • スペインの旗 FCバルセロナ 2008-
    • 08-09 34試合 5得点
    • 09-10 29試合 3得点
    • 10-11 35試合 2得点
    • 11-12 33試合 2得点

タイトル[編集]

クラブ[編集]

スペインの旗 セビージャFC
スペインの旗 FCバルセロナ

ブラジル代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「笑顔に隠されたストイックさ」ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2009年12月3日号、78-79頁
  2. ^ 「激闘の向こう側」、ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2007年5月17日号、14-16頁
  3. ^ 杉山茂樹『4-2-3-1』
  4. ^ Numancia 1-0 BarcelonaESPN Soccernet、2008年8月31日
  5. ^ アビダル、D・アウベスの背番号変更に感謝GOAL 2013年7月27日
  6. ^ 「新生ブラジルが変わるべきこと、変わらざるべきこと」footballista、ソルメディア、2010年8月25日号、20-21頁