セルヒオ・ラモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はラモス第二姓(母方の)はガルシアです。(Template:スペイン語圏の姓名
セルヒオ・ラモス Football pictogram.svg
FC RB Salzburg versus Real Madrid (Testspiel, 7. August 2019) 09.jpg
レアル・マドリードでのラモス(2019年)
名前
本名 セルヒオ・ラモス・ガルシア
Sergio Ramos García
愛称 カマスのファラオ(el Faraón de Camas
ターザンTarzán[1]
ラテン文字 SERGIO RAMOS
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-03-30) 1986年3月30日(35歳)
出身地 セビリア
身長 184cm[2]
体重 82.2kg[2]
選手情報
在籍チーム フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC
ポジション DF[2]
背番号 4
利き足 右足
ユース
1996-2003 スペインの旗 セビージャ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 スペインの旗 セビージャ B 26 (2)
2004-2005 スペインの旗 セビージャ 39 (2)
2005-2021 スペインの旗 レアル・マドリード 469 (72)
2021- フランスの旗 パリ・サンジェルマン 0 (0)
代表歴2
2002 スペインの旗 スペイン U-17 1 (0)
2004 スペインの旗 スペイン U-19 6 (0)
2004 スペインの旗 スペイン U-21 6 (0)
2005- スペインの旗 スペイン 180 (23)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月8日現在。
2. 2021年5月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セルヒオ・ラモス・ガルシアSergio Ramos García, 1986年3月30日[2] - )は、スペインセビリア出身のサッカー選手リーグ・アンパリ・サンジェルマン所属。スペイン代表。ポジションはディフェンダー[2]

セビージャの下部組織出身。19歳で移籍したレアル・マドリードではクラブ最多となる22タイトルを獲得し、キャプテンとしてUEFAチャンピオンズリーグ3連覇などを成し遂げた。下部組織出身者以外で最も多くの試合に出場した選手である[注 1]

スペイン代表では2010年のFIFAワールドカップ2008年2012年UEFA欧州選手権で優勝を経験。ヨーロッパの選手で最多となる180試合に出場している。

ESMチーム・オブ・ザ・イヤーUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー共にクリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシの次に多く選出されており、フランス・フットボールが2020年に発表したバロンドール・ドリームチームでは、センターバックのポジションでフランツ・ベッケンバウアーフランコ・バレージに次ぐ3位に選ばれた[3]

クラブ経歴[編集]

セビージャ[編集]

セビリア、カマスにて3人兄妹の次男として生まれる。幼少期には友人と共に近所の広場で木や石をゴールに見立ててサッカーをしていた。当時は闘牛士になる事を志していたが、母親に反対された事を機にサッカーに熱中するようになる[4]。6歳でカマスのチームでスタートし、8歳で提携していたセビージャFCに入団した[5]

セビージャの下部組織ではヘスス・ナバスアントニオ・プエルタらと一緒にプレーした。ベルント・シュスターに風貌が似ていたことから、少年時代には「シュスター」というあだ名があった。2004年2月、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でトップチームデビューを果たし、その年の9月には初得点を記録した。2004-05シーズンには18歳ながら41試合に出場し、ドン・バロン・アワードのブレイクスルー選手に選ばれた。セビージャのトップチームに在籍したのはわずか2シーズンのみで、2005年夏にはスペインの10代選手としては最高記録となる2700万ユーロ[6] の移籍金でレアル・マドリードに移籍した。

レアル・マドリード[編集]

レアル・マドリードではフェルナンド・イエロの背番号4を譲り受けた。2005年12月6日のリーグオリンピアコスFC戦で移籍後初得点を決めた。2005-06シーズンは主にセンターバックとしてプレーし、チーム事情によっては守備的ミッドフィールダーとして起用されることもあった。2006-07シーズンはファビオ・カンナヴァーロが加入したが、ポジションは守った。2007年夏にセンターバックのクリストフ・メッツェルダーペペが加入した後はミチェル・サルガドに変わって右サイドバックとして起用された。

2008年5月4日、CAオサスナ戦の試合終了間際にゴンサロ・イグアインのゴールをアシストし、31度目のリーグタイトル獲得を決めた。レバンテUDとのリーグ最終戦では2得点を決め、リーグ戦の得点を5とした。2008年にはFIFAUEFAの両方の年間ベストイレブンに選ばれ、2007-08シーズンにはFIFProのベストイレブンに選ばれた。バロンドール投票では21位にランクインした[7]。2008-09シーズンのスーペルコパ・デ・エスパーニャセカンドレグでは2試合合計で同点となる貴重な得点を決め、タイトル獲得に貢献した。

2009-10シーズンはクラブの第4キャプテンを務め、ペペの負傷によりシーズンの大半をセンターバックとしてプレーした[8][9]。2010年2月21日のビジャレアルCF戦でレアル・マドリード移籍後公式戦200試合出場・リーグ戦150試合出場を達成した。

2010-11シーズンのラモス

2010-11シーズンは、ラウル・ゴンサレスグティの退団により、副キャプテンを任されたが、当初からあまり調子が上がらず、2010年11月20日のアスレティック・ビルバオ戦で、クリスティアーノ・ロナウドからペナルティーキックを譲ってもらいシーズン初得点を決めた。11月23日のUEFAチャンピオンズリーググループリーグアヤックス戦では、4-0でリードした後半終了間際にシャビ・アロンソが遅延行為で退場した後、ラモスも同じようにして退場となった[10]。この行為に関してUEFAの調査が入り[11]、2万ユーロの罰金が科せられた[12]

2010年11月29日、カンプ・ノウで行われたFCバルセロナとのエル・クラシコでは、リオネル・メッシに対して激しいタックルを行い、その後抗議に来たカルレス・プジョルを突き飛ばして主審からレッドカードを受けた。レアル・マドリードに移籍して以来5度目の退場処分であり、175試合にしてイエロの持つ退場数のクラブ記録と並んでしまった[注 2]

12月15日のレアル・サラゴサ戦にラモスは右足靭帯を負傷して出場することが出来なかったが、右サイドバックでアルバロ・アルベロアを起用したジョゼ・モウリーニョが「アルベロアはレギュラーとなる予定だった。彼は右サイドバックのポジションを勝ち取っていたんだ。この決定にセルヒオの負傷は関係していない」と発言[13]。モウリーニョとの確執がメディアで騒がれた[14] が、本人が会長と面談して監督批判をしていないと否定したほか、ツイッターにも「何かしらの亀裂が生じていると誰かが言ったとしても、それは嘘だ。偉大なグループ、偉大な団結がここにはある」と書いてチーム内不和を完全に否定した[15]

2011年4月20日のコパ・デル・レイ決勝ではセンターバックとして出場し、1-0で優勝した。その優勝パレードの最中、優勝カップをバスから落としてしまった[16]

2011-12シーズンはリカルド・カルヴァーリョの負傷などもあって主にセンターバックとしてプレーし、チームの4シーズンぶりの優勝に貢献した。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝バイエルン・ミュンヘン戦において、2試合合計3-3でのPK戦となった際に4人目のキッカーを務めた。しかし、1人目であったクリスティアーノ・ロナウド、2人目のカカと同じくPKに失敗し、レアル・マドリードは準決勝で姿を消した。

2013-14シーズンもリーガ・エスパニョーラでは4ゴールと相変わらずの得点力を示した。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝のバイエルン・ミュンヘン戦では、フースバル・アレナ・ミュンヘン[注 3]で前半に立て続けに2得点を記録して勝利を大きく引き寄せ、アトレティコ・マドリードとの決勝では、1点を追う後半のアディショナルタイム3分にルカ・モドリッチのコーナーキックにヘディングで合わせて同点に追いついた。チームを敗戦の危機から救い、クラブのラ・デシマ(10度目のチャンピオンズリーグ制覇)に貢献した。決勝では、ファンの選ぶ最優秀選手となった[17]

2014年のFIFAクラブワールドカップでは、守備面での貢献に加えクルス・アスル戦、サン・ロレンソ戦でセットプレーから先制点を奪い、得点王になると共に[注 4] ゴールデンボールを受賞した[18]

2015年夏にイケル・カシージャスFCポルトへ移籍したことにより、2015-16シーズンからはキャプテンを務める。キャプテン就任直後、「子供の頃からキャプテンになることを夢見ていた。今、その夢が実現した」と語った[19]。また移籍も噂されたが2015年8月17日にレアル・マドリードとの契約を2020年まで延長したと正式に発表した[20]。自身2度目となるUEFAチャンピオンズリーグの決勝ではチャンピオンズリーグ決勝での2試合連続ゴールとなる先制点を奪い、PK戦でも第4キッカーを務めた。同試合ではMVPに選出され[21]、キャプテン就任後初トロフィーとなるビッグイヤーを掲げた。チャンピオンズリーグにおいて異なる2つの決勝戦で得点を挙げた史上5人目の選手となり、DFとしては初の快挙となる[22]

2016-17シーズン、2016年9月10日のオサスナ戦で今シーズンのリーグ戦初得点を記録したことで、リーガ・エスパニョーラタイ記録となるDFとしての13シーズン連続ゴールを記録した[23]。2017年3月7日、チャンピオンズリーグのSSCナポリ戦ではコーナーキックから得点を決めた[24]

ビッグイヤーを掲げてチャンピオンズリーグ3連覇を祝福するラモス(中央)

2017-18シーズンのリーガ第12節、アトレティコ・マドリードとのマドリードダービーではリュカ・エルナンデスとの接触により鼻骨を骨折したが、プジョルの助言もありその後の試合はフェイスガードを着用してプレーした[25][26]。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでも存在感を見せ史上初の3連覇に貢献したが、決勝の前半31分にモハメド・サラーのドリブルを止める際にサラーを負傷させたプレーはリヴァプールFCエジプト代表のファンをはじめ多くの非難を浴びた[27]。この批判に対しラモス本人は「それを負けた理由にしたいのだろう」と痛烈に反論した[28]

2018-19シーズン、2019年2月10日に行われたリーガ23節のアトレティコ・マドリード戦でPKからシーズン11得点目を決め、自身のシーズン最多得点を更新した[29]。3日後の2月13日、チャンピオンズリーグアヤックス戦に出場し、レアル・マドリードでの公式戦600試合出場を果たした[30][31]。アヤックスに敗退した後、レアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレスと衝突したことから退団が噂されたが、シーズン終了後の5月30日に記者会見を開き、残留を宣言した[32]

2019-20シーズン、2月26日、UEFAチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティFC戦1stレグで後半41分にジェズスを倒して退場処分となり、エドガー・ダーヴィッツイブラヒモビッチに並びチャンピオンズリーグ史上最多タイとなる通算4度目の退場処分となった[33]。6月14日のエイバル戦でアザールのアシストからゴールを決め、ラ・リーガ通算68ゴールとし、DF登録の選手としてはこれまでロナルド・クーマンが保持していた最多ゴール数に並ぶと[34]、24日のマジョルカ戦でPKによるゴールを決めて、リーグ戦通算69ゴールとして、最多ゴール記録を更新した[35]、リーグ最終節のレガネス戦で650試合出場を達成、シーズン11点目のゴールも決めた[36]。新型コロナウイルスによる影響で中断後、再開したリーグ戦では10試合で6ゴールを挙げるなど[37]、これまでのキャリアで最多の11ゴールを決め、3シーズン振りのリーグ制覇に貢献した。このリーグタイトルによりレアル・マドリードでの総獲得タイトルを22とし、マノーロ・サンチスの21タイトルを超えレアル・マドリード史上最多タイトル獲得選手となった[38][39]

2020-21シーズン、11月3日、チャンピオンズリーグのグループステージ、インテル戦でゴールを決め、レアル・マドリードでの通算100ゴールを達成した[40]。しかしながらこのシーズンは度重なる怪我や手術、新型コロナウイルス陽性などもあり、21試合の出場にとどまった[41][42][43][44]。クラブも無冠に終わり、ラモスはシーズン終了後、自身のSNS上で「めちゃくちゃな数ヶ月とキャリアで経験したことがないようなシーズン」と表現している[45]。6月16日、16年在籍したレアル・マドリードの退団を発表[46][47]。17日に退団セレモニーが執り行われた[48]

パリ・サンジェルマン[編集]

2021年7月8日、パリ・サンジェルマンFCと2年契約を締結したことが発表された[49]。背番号はレアル・マドリードでも着用した4番。

代表経歴[編集]

2004年、U-19スペイン代表に選出されUEFA U-19欧州選手権優勝を経験。同年、U-21スペイン代表としても6試合の公式戦に出場した。

2005年3月26日、中国との親善試合でスペイン代表デビューし、過去55年での最年少出場記録を更新した。この記録はその後、セスク・ファブレガスが更新している。デビュー戦の7ヶ月後のサンマリノ戦で代表初得点を含む2得点を決め、6-0で快勝した。クラブでチームメイトのサルガドに代わって代表に定着すると、2006 FIFAワールドカップでは右サイドバックのレギュラーを務めた。

プエルタの写真がプリントされたシャツを着用してEURO2012優勝を祝福するラモス(右)

2007年8月に親友のアントニオ・プエルタが亡くなってからは、プエルタが代表デビューした際の背番号15を着用している[50]UEFA EURO 2008予選では11試合に出場して2得点し、スウェーデンを抑えての本大会出場を決めた。オーストリアスイスで共催された本大会では攻守両面にて質の高いプレーを見せ、ドイツとの決勝戦ではルーカス・ポドルスキを抑え込んだ。優勝決定後には、アントニオ・プエルタの顔写真と「いつも一緒に」というメッセージが描かれたTシャツを着て優勝を祝った[51][52]。試合終了のホイッスルと共に蹴り上げられたボールを持ち帰ったため、決勝戦で使用されたボールのうちの1つは現在彼が所有している。

2009年のFIFAコンフェデレーションズカップ2009にもレギュラー右サイドバックとして臨んだが、準決勝でアメリカに敗れて3位に終わった。その後の韓国戦では初めて代表キャプテンを務めた。2010 FIFAワールドカップ・南アフリカ大会では全ての試合に右サイドバックとして先発出場して優勝に貢献し、FIFA選出のベストイレブンに選ばれた[9]。大会参加選手中もっとも多くのシュートを放ったディフェンダーであった[9]。優勝セレモニーでは記念ユニフォームの上にプエルタへのメッセージが書かれたシャツを重ね着し、「この優勝は亡きアントニオ・プエルタに捧げる」とのコメントを残した[53]。また、大会スポンサーであるカストロールが選んだ大会最優秀選手に選ばれた[54]。南アフリカW杯後、ユニセフの親善大使の一環として視察のためセネガルを訪れた[55]

UEFA EURO 2012予選のリトアニア戦で、スペイン代表70試合出場の最年少記録を達成した[56]。EURO 2012本戦ではジェラール・ピケとセンターバックのコンビを組み、スペインの優勝に貢献。大会優秀選手に選ばれ、カストロールEDGEインデックスにおいて最優秀選手となった[57]

2013年3月のフィンランド戦で、代表史上最年少での100試合出場を達成し、自身も1得点したが、試合には引き分けた[58]

2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会においてはグループリーグ3試合すべてにフル出場し、オーストラリア戦ではキャプテンを務めた。しかしスペインは1勝2敗でグループリーグ突破はならず、大会を後にした。

UEFA EURO 2016以降において、イケル・カシージャスではなくダビド・デ・ヘアがスターティングメンバーとして起用されるようになってからはスペイン代表でもキャプテンを務めた。

UEFA EURO 2020予選フェロー諸島戦で通算122試合目の勝利となり、代表最多勝利数の世界記録を更新した[59]。2019年10月12日、ノルウェー戦で代表通算168試合目の出場を果たし、カシージャスの持つスペイン代表最多キャップを更新した[60]

2020年9月6日のUEFAネーションズリーグ2020-21ウクライナ戦で2得点を挙げ、通算23得点でアルフレッド・ディ・ステファノと並ぶスペイン代表の得点ランキング8位タイとなった。11月14日のネーションズリーグ、スイス戦ではジャンルイジ・ブッフォンを超え欧州最多となる178試合出場を達成したが、同試合ではそれまで25本連続で成功していたPKを2本連続で失敗した[61]

2021年3月31日の2022年ワールドカップ予選コソボ戦で180試合出場を達成した。しかしながらコソボ戦はエリック・ガルシアとの交代による後半86分からの出場であり、また前節ジョージア戦は出場しなかった。2試合連続でスターティングメンバーから外れたのは2005年以来となる[62]。その後、5月に発表されたUEFA EURO 2020本戦のメンバーからも落選し大きな話題になった。ルイス・エンリケ監督はレアル・マドリードでの度重なる怪我により2021年に入ってから公式戦5試合の出場にとどまっていることを挙げ、ラモスは「この国を代表できないのは辛いが、みんなに大きな声援を送る」と語った[45][63]

プレースタイル[編集]

セルヒオ・ラモスはフィジカル、スピード、予測、タックル、戦術眼、攻撃参加した味方のカバーに加え、セットプレー、ボールコントロール、ロングフィード、ヘディングでの強さ[9][64][65][66]等攻守双方において優れた能力を併せ持つ。特に高いスピード、跳躍力、アジリティによってオープンスペースだけでなくゴール前での空中戦やクイックなアタッカーとの地上戦においても強みを発揮する[67]

プロ入り前にはストライカーとしてプレーしていたため得点力が高く[68]、レアル・マドリード移籍後の4シーズンで20ゴール以上を挙げており、ラ・リーガのDF登録選手としては歴代最多ゴール記録を保持している[35]。レアル・マドリードのアシスタントコーチを務めていたパウロ・カンポスは、イケル・カシージャスロナウドデビッド・ベッカムらとの居残り練習によって得点力が高められたと語っている[69]。レアル・マドリードにおいてクリスティアーノ・ロナウドの移籍後はPKキッカーも務め、非常に高い成功率を誇る。ラモスはPKを蹴る際に助走に入った時からボールを全く見ずに相手ゴールキーパーの動きだけを注視し、ボールを蹴る直前にキーパーの動いた方向と逆にボールを蹴っている。スペイン紙のマルカは「キーパーがピクリと動いただけでも、ゴールを決めるためにどこにボールを蹴るべきなのかがラモスには分かる。シンプルに見えるが、とても勇気のいるやり方」と称賛している[70]。ラモスはPKのプレッシャーに対し「最大の緊張の瞬間は、僕が最も快適さを感じる瞬間であり、僕はその責任を負うのに理想的な人間だと思う」とコメントしている[71]

カルロ・アンチェロッティは、「個性、技術、ピッチ内外でのリーダーシップ。マルディーニが持っていたもの全てを兼ね備えている」とかつて指導したマルディーニと比較して称賛[72]ファビオ・カンナヴァーロフランコ・バレージの名前を挙げた上で「クオリティを考慮するならば、ラモスは最も完璧なDFだ。個性、技術、身体能力、統率力など全ての能力を有している。」と語った[73]。守備を統率する能力はフランツ・ベッケンバウアーと比較されることもある[74]キエッリーニはそのリーダーシップや存在感などを高く評価する一方、サラーを負傷させた例を挙げ、時に故意に相手選手に怪我をさせると批判している[75]

一方でファールによる退場も多くリーガ史上最多の退場記録保持者であるとともに[76]UEFAチャンピオンズリーグでも被イエローカード数が史上最多となるなど、カードコレクターとしても知られている[77]。ただし、スペイン代表では一度も退場処分を受けていない[78][79]

人物[編集]

  • セビージャFCの下部組織出身であり、セビージャ出身であることに誇りを感じている[64]フロレンティーノ・ペレス第1期政権下で獲得された初めてのスペイン人選手であり[80]、唯一のスペイン人選手だった。19歳だったラモスに巨額の投資をしたペレス会長には恩義を感じており、「できればペレス会長のためにもっと働きたい」と語り、ペレスが会長復帰を懸けた2009年の選挙戦の際は支持を表明した[81]
  • 同じくセンターバック、サイドバックの両ポジションでプレーしていたパオロ・マルディーニからは引退前に後継者として指名され[82]、マルディーニと同じくACミランのレジェンドDFであるフランコ・バレージは「ほかのDFとは異なる能力がある。強い個性を持った世界屈指のDF」と賞賛、特にラモスのセンターバックとしてのプレーを高く評価した[83]。ラモス自身も、手本としていた選手としてフェルナンド・イエロのほかにマルディーニの名前を挙げている[84]
  • ピッチ内では闘将として激しいプレーで味方を鼓舞し、ピッチ外ではスポークスマンを務めメディアに反論し続ける[71]。チームに与える影響も大きく、マルカ紙はラモス不在時にレアル・マドリードの勝率が下がる点を指摘している[85]
  • 2014年5月6日、恋人との間に第一子となる男児が生まれ[87]、その後も計3人の子供を儲けた。2019年6月、セビリアの大聖堂で式を挙げた[88]
  • ナイキとスポンサー契約を結んでいたが、2016年夏に発表された「エリートパック」(ナイキが選定した11人の選手のみが着用できるスパイクモデル)に選ばれなかったことに激怒し、黒塗りのスパイクを履いていた[89]。別ブランドへの乗り換えも噂されたが、11月にナイキとの契約更新が発表され、それ以降は黒塗りされていない通常のスパイクを着用している[90]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
セビージャ 2003-04 プリメーラ 7 0 0 0 0 0 0 0 7 0
2004-05 31 2 5 0 6 1 0 0 42 3
2005-06 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0
通算 39 2 5 0 6 1 0 0 50 3
レアル・マドリード 2005-06 プリメーラ 33 4 6 1 7 1 0 0 46 6
2006-07 33 5 3 0 6 1 0 0 42 6
2007-08 33 5 3 0 7 0 2 1 45 6
2008-09 32 4 0 0 8 1 2 1 42 6
2009-10 33 4 0 0 7 0 0 0 40 4
2010-11 31 3 7 1 8 0 0 0 46 4
2011-12 34 3 4 0 11 1 2 0 51 4
2012-13 26 4 3 0 9 1 2 0 40 5
2013-14 32 4 8 0 11 3 0 0 51 7
2014-15 27 4 2 1 8 0 5 2 42 7
2015-16 23 2 0 0 10 1 0 0 33 3
2016-17 28 7 3 1 11 1 2 1 44 10
2017-18 26 4 1 0 11 1 4 0 42 5
2018-19 28 6 6 3 5 0 3 2 42 11
2019-20 35 11 2 0 5 2 2 0 44 13
2020-21 15 2 0 0 5 2 1 0 21 4
通算 469 72 48 7 129 15 25 7 671 101
PSG 2021-22 リーグ・アン
通算
総通算 508 74 53 7 135 16 25 7 721 104
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
セビージャ・アトレティコ 2002-03 セグンダB 1 0 1 0
2003-04 25 2 25 2
総通算 26 2 26 2

代表歴[編集]

出場大会[編集]

UEFA EURO 2012フランス戦でのラモス

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ(2005年- 現在)180試合23得点[93]


スペイン代表国際Aマッチ
出場得点
2005 7 2
2006 13 0
2007 10 2
2008 15 0
2009 11 0
2010 16 1
2011 10 1
2012 16 2
2013 17 1
2014 9 1
2015 6 0
2016 10 0
2017 9 3
2018 12 4
2019 9 4
2020 8 2
2021 2 0
通算 180 23

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2005年10月13日 サンマリノの旗セラヴァッレオリンピコ サンマリノの旗 サンマリノ 0–3 0–6 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
2. 0–4
3. 2007年10月13日 デンマークの旗オーフスアトレティオン デンマークの旗 デンマーク 0–2 1–3 UEFA EURO 2008予選
4. 2007年11月17日 スペインの旗マドリードサンティアゴ・ベルナベウ スウェーデンの旗 スウェーデン 3–0 3–0
5. 2010年3月3日 フランスの旗サン=ドニスタッド・ド・フランス フランスの旗 フランス 0–2 0–2 親善試合
6. 2011年9月6日 スペインの旗ログローニョラス・ガウナス リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン 4–0 6–0 UEFA EURO 2012予選
7. 2012年10月16日 スペインの旗マドリード、ビセンテ・カルデロン フランスの旗 フランス 1–0 1–1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
8. 2012年11月14日 パナマの旗パナマ市ロンメル・フェルナンデス パナマの旗 パナマ 0–4 1–5 親善試合
9. 2013年3月22日 スペインの旗ヒホンエル・モリノン フィンランドの旗 フィンランド 1–0 1–1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
10. 2014年9月8日 スペインの旗バレンシアメスタージャ 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア 1–0 5–1 UEFA EURO 2016予選
11. 2017年9月5日 リヒテンシュタインの旗ファドゥーツラインパーク・シュタディオン リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン 0–1 0–8 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
12. 2017年11月14日 ロシアの旗サンクトペテルブルクガスプロム・アリーナ ロシアの旗 ロシア 0–2 3–3 親善試合
13. 2–3
14. 2018年9月11日 スペインの旗エルチェマルティネス・バレーロ クロアチアの旗 クロアチア 5-0 6-0 UEFAネーションズリーグ2018-19
15. 2018年10月11日 ウェールズの旗 カーディフミレニアム・スタジアム ウェールズの旗 ウェールズ 0-3 1-4 親善試合
16. 2018年10月15日 スペインの旗 セルビアエスタディオ・ベニート・ビジャマリン イングランドの旗 イングランド 2-3 2-3 UEFAネーションズリーグ2018-19
17. 2018年11月16日 クロアチアの旗ザグレブスタディオン・マクシミール クロアチアの旗 クロアチア 2-2 2-3
18. 2019年3月23日 スペインの旗メスタージャエスタディオ・デ・メスタージャ ノルウェーの旗 ノルウェー 2-0 2-1 UEFA EURO 2020予選

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ビッグイヤーを掲げるラモス(2016年)
レアル・マドリード

代表[編集]

U-19スペイン代表
スペイン代表

個人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 全体ではラウル・ゴンサレスイケル・カシージャスマノーロ・サンチスに次ぐ4番目。
  2. ^ フェルナンド・イエロは439試合で5度の退場処分を受けた。
  3. ^ UEFA主催試合では命名権名称であるアリアンツ・アレーナの名称は使用できない。
  4. ^ レアル・マドリードのガレス・ベイル、クルス・アスルのヘラルド・トラードも大会2得点を挙げて得点王となっている。

出典[編集]

  1. ^ REAL MADRID: Sergio Ramos cumplirá ante el Espanyol su centenar de encuentros con la elástica blanca”. noticias.info (2007年10月18日). 2012年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e Sergio Ramos”. Real Madrid CF - Official Cite. 2020年3月21日閲覧。
  3. ^ 仏誌がバロンドールの代わりに究極の「ドリームチーム」を発表! C・ロナウド&メッシは選出に喜びを爆発 サッカーダイジェストWeb、2020年12月15日
  4. ^ 【アスリートの原点】セルヒオ・ラモス:スペイン代表をけん引する「世界最高のセンターバック」……負けん気の強さは故郷セビージャの闘牛文化から OLYMPIC CHANNEL 2019年12月28日
  5. ^ インタビュー:レアル・ラモス realmadrid.jp、2011年2月25日
  6. ^ レアル・マドリードの補強資金総額が10億ユーロを突破 Total Football、2010年8月10日
  7. ^ 2008年バロンドール全順位 livedoorスポーツ、2008年12月3日
  8. ^ CLを見据えるセルヒオ・ラモス レアル・マドリード日本語公式サイト、2010年2月16日
  9. ^ a b c d Goal.com 50:セルヒオ・ラモス(24位) Goal.com、2010年7月25日
  10. ^ Masterful Madrid take top spot in style uefa.com、2010年11月23日
  11. ^ 【サッカー】故意に退場処分? UEFAがR・マドリー2選手調査へ searchina news、2010年11月24日
  12. ^ モウリーニョ監督に処分 1試合資格停止と罰金 47news.jp、2010年12月1日
  13. ^ モウリーニョ:「アルベロアはポジションを勝ち取った」 Goal.com、2010年12月13日
  14. ^ S・ラモスを不快に思うモウリーニョ livedoor.com、2010年12月16日
  15. ^ マドリー会長、S・ラモスに確執の真相を尋ねる”. goal.com (2011年1月24日). 2012年2月4日閲覧。
  16. ^ 優勝レアル、前代未聞の大失態、パレードで国王杯を落下→破壊 産経ニュース、2011年4月22日
  17. ^ http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2014/matches/round=2000483/match=2011883/postmatch/report/index.html”. UEFA. 2014年5月30日閲覧。
  18. ^ Ramos outshines the rest FIFA.com、2014年12月20日
  19. ^ 2016-17 REAL MADRID 世界最高のフットボールクラブの作り方『WORLD SOCCER KING No.316』、フロムワン、2017年、12頁。雑誌 19823-1
  20. ^ レアル、S・ラモスとの契約延長を正式発表…2020年までの新契約締結 soccerking 2015年8月17日
  21. ^ CL決勝で“2戦連続”ゴール…レアル主将S・ラモス、MVPに選出 soccerking 2016年5月29日
  22. ^ マドリー、PK戦を制し戴冠 UEFA.com 2016年5月28日
  23. ^ S・ラモスが偉業達成 DFが13シーズン連続ゴールはリーガタイ記録に soccerking(2016年9月12日)2016年9月12日閲覧
  24. ^ [UCL]6分間で2つのヘッド弾! セルヒオ・ラモス、あなたは神様ですか?”. the WORLD (2017年 -03-08). 2017年10月27日閲覧。
  25. ^ 鼻骨骨折のS・ラモス、先輩の助言によりフェイスガード着用で出場へ soccerking(2017年11月20日)
  26. ^ レアル・マドリードの主将セルヒオ・ラモス 鼻骨骨折も驚異の闘志見せる livedoor.com(2017年12月3日)
  27. ^ S・ラモス、CL決勝でのサラー負傷騒動で家族の『殺害予告』まで…電話番号変更の事態に livedoor.com、2018年6月3日
  28. ^ S・ラモスが批判続けるクロップを口撃「最優秀監督で投票すればおとなしくなるかな」
  29. ^ セルヒオ・ラモスがシーズン最多得点の自己記録を更新”. Real Madrid CF. 2019年2月9日閲覧。
  30. ^ セルヒオ・ラモス、レアル・マドリードで600試合出場”. Real Madrid C.F. (2019年2月13日). 2019年2月14日閲覧。
  31. ^ S・ラモス、レアル通算600試合出場…史上7人目、“イエロ氏超え”も目前”. サッカーキング (2019年2月14日). 2019年2月14日閲覧。
  32. ^ 「マドリーのためなら無給でも…」退団説浮上のS・ラモスが残留を宣言! ペレス会長との確執の真相は――”. サッカーダイジェスト (2019年5月31日). 2019年5月31日閲覧。
  33. ^ 欧州5大リーグワースト記録に続き…S・ラモス、CL史上最多タイ4度目の退場処分”. Goal.com (2020年2月27日). 2020年3月1日閲覧。
  34. ^ セルヒオ・ラモス、リーガ通算得点がDF歴代1位タイに。バルセロナのレジェンドに並ぶ”. www.footballchannel (2020年6月15日). 2020年6月17日閲覧。
  35. ^ a b レアル首位守る セルヒオラモスFK弾で69得点目”. www.nikkansports.com (2020年6月25日). 2020年6月27日閲覧。
  36. ^ セルヒオ・ラモス、DFとして1シーズン最多得点記録。最終節で650試合出場に!”. www.footballchannel (2020年7月21日). 2020年7月27日閲覧。
  37. ^ Sergio Ramos 2019-20”. www.transfermarkt.com. 2020年7月19日閲覧。
  38. ^ ラモスとマルセロのレアル・マドリードでの21タイトル”. Real Madrid CF. 2020年7月24日閲覧。
  39. ^ ラモスとマルセロ、レアル・マドリードで22タイトル獲得”. Real Madrid CF. 2020年7月24日閲覧。
  40. ^ 規格外のCB! 34歳DFセルヒオ・ラモスがレアルで通算100ゴールを達成【欧州CL】”. www.footballchannel (2020年11月4日). 2020年11月11日閲覧。
  41. ^ セルヒオ・ラモスの“最難関 ” キャリア最長の怪我&進展ない契約更新 livedoor.com、2021年2月7日
  42. ^ セルヒオ・ラモス、左ふくらはぎ負傷で1カ月離脱か…4月はバルセロナ戦やリバプール戦控える YAHOO!ニュース、2021年4月1日
  43. ^ レアル・マドリード、主将ラモスの新型コロナ陽性を発表…現在は負傷離脱中 soccerking、2021年4月13日
  44. ^ レアル主将S・ラモスが再び負傷…古巣セビージャ戦だけではなく今季絶望の可能性も soccerking、2021年5月9日
  45. ^ a b 負傷で無念のEURO2020欠場…S・ラモスが思いを綴る「辛いけど正直にならないと」 YAHOO!ニュース、2021年5月25日
  46. ^ 公式声明”. レアル・マドリード (2021年6月16日). 2021年6月17日閲覧。
  47. ^ マドリーがセルヒオ・ラモスの退団を発表…明日にもセレモニーを開催”. 超ワールドサッカー (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  48. ^ セルヒオ・ラモスへの敬意を表した退団セレモニー”. レアル・マドリード (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  49. ^ セルヒオ・ラモスがパリ・サン=ジェルマンに入団”. パリ・サンジェルマンFC (2021年7月8日). 2021年7月8日閲覧。
  50. ^ 代表チームだと「固有の背番号」をつける有名選手たち”. Qoly. 2020年10月8日閲覧。
  51. ^ セルヒオ・ラモス、プエルタに捧げる優勝 サポティスタ、2008年7月1日
  52. ^ Ramos pays tribute to Antonio Puerta Archived 2010年10月6日, at the Wayback Machine.レアル・マドリード公式サイト、2008年6月30日
  53. ^ S・ラモス、亡き友人プエルタに捧げる世界一 Total Football、2010年7月12日
  54. ^ Castrol Index Top 10 FIFA.com
  55. ^ セネガル:ワールドカップでスペインを優勝に導いたラモス選手。子どもたちに夢と勇気を unicef.or.jp、2010年7月20日
  56. ^ セルヒオ・ラモス、A代表70試合に最年少で到達 (欧州通信) infoseek.co.jp、2010年10月9日
  57. ^ 総合ランキング1位はラモス UEFA.com、2012年7月2日
  58. ^ スペイン、S・ラモス記念弾もフィンランドにまさかのドロー”. goal.com (2012年3月23日). 2012年3月23日閲覧。
  59. ^ セルヒオ・ラモス、代表勝利数“世界新記録”達成。カシージャス上回る122勝 フットボールチャンネル、2019年6月7日
  60. ^ “Norway 1-1 Spain: Sergio Ramos becomes Spain's record appearance maker in Norway draw” (英語). (2019年10月12日). https://www.bbc.com/sport/football/50029603 2019年10月13日閲覧。 
  61. ^ “S・ラモス、欧州最多キャップを更新した試合で…2018年以降25本連続で決めていたPKを2本連続失敗”. YAHOO!ニュース. (2020年11月15日). https://news.yahoo.co.jp/articles/2bfb6a5b32b39fd53aac74b56b29ca8357041cf5 2020年11月20日閲覧。 
  62. ^ 「マドリーは驚いている」S・ラモスに与えられたのは2試合で5分…スペイン代表でのまさかの扱いに現地騒然 ! サッカーダイジェストWeb、2021年4月1日
  63. ^ スペイン代表監督、S・ラモス落選に言及「彼を外すのは難しい決断」 soccerking、2021年5月25日
  64. ^ a b c DF 4 セルヒオ・ラモス realmadrid.jp
  65. ^ REAL MADRID レアル・マドリー セルヒオ・ラモス OCNスポーツ
  66. ^ 「世界のCB トップ10」を投票選出! 1位はS・ラモス? ボヌッチ? ピケ? サッカーダイジェスト、2017年6月30日
  67. ^ 【モダンCB論】S・ラモスやピケが頂点に君臨する理由。カンナバーロは現代なら困難も? サッカーダイジェストWeb、2017年6月20日
  68. ^ S・ラモス、ここ10年の欧州5大リーグの最多得点ディフェンダーに BIGLOBEニュース、2015年4月20日
  69. ^ 「S・ラモスの得点力はベッカムのおかげ」レアル元コーチが明かす ゲキサカ、2017年4月15日
  70. ^ “成功率は“C・ロナウド超え”の95%! レアル主将ラモスのPK技術にスペイン紙注目”. YAHOO!ニュース. (2020年7月9日). https://news.yahoo.co.jp/articles/9281fd687871e324ca146ef7e0928c78272fddeb 2020年8月14日閲覧。 
  71. ^ a b “今季12得点のDF。闘将セルヒオ・ラモスの影響力はピッチ外でもデカい”. Sportiva web. (2020年7月16日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2020/07/16/12df/ 2020年8月14日閲覧。 
  72. ^ アンチェロッティ:10度目のタイトルはサイクルの始まり realmadrid.jp、2014年6月4日
  73. ^ カンナバーロやバレージ以上、アンチェロッティがS・ラモスを絶賛「最も完璧なDF」 infoseek 楽天NEWS、2015年5月2日
  74. ^ S・ラモス:「ベッケンバウアーとの比較は光栄」 Goal.com、2011年11月17日
  75. ^ キエッリーニ、昨年CLのレアル敗退を回想「ラモスがいれば負けることは…」”. www.soccer-king (2020年5月17日). 2020年5月29日閲覧。
  76. ^ R・マドリーのセルヒオ・ラモスが不名誉すぎるリーガ記録を樹立 サッカーダイジェストWeb、2017年12月4日
  77. ^ 『トイレ問題』のS・ラモスが欧州CLで大記録を樹立していた…英紙「史上最高に“汚い”選手」 ゲキサカ、2018年3月13日
  78. ^ S・ラモスの怪…レアルでは23回の退場劇も、スペイン代表ではゼロ”. サッカーキング (2017年8月22日). 2019年2月14日閲覧。
  79. ^ レアル通算600試合出場に王手! S・ラモスにまつわる7つのトリビアを紹介”. サッカーキング (2019年2月13日). 2019年2月14日閲覧。
  80. ^ R・マドリー、セビージャ間でセルヒオ・ラモスの移籍合意へ livedoorスポーツ、2005年9月1日
  81. ^ セルヒオ・ラモス 「セルヒオ・ラモスのマドリディスモ向上委員会」 『WORLD SOCCER DIGEST No.287』 第15巻第6号、日本スポーツ企画出版社、2009年、80-81頁。雑誌 29893-3/19
  82. ^ マルディーニ、「私の後継者は彼しかいない!」 livedoorスポーツ、2008年1月25日
  83. ^ CBセルヒオ・ラモスを評価するバレージ氏 Goal.com、2012年2月8日
  84. ^ レアルのS・ラモス「マルディーニとイエロを手本にしてきた」 soccer king、2014年9月9日
  85. ^ “レアル・マドリー、主将セルヒオ・ラモス不在時の成績が悲惨なものに…CL直近7試合で6敗”. YAHOO!ニュース. (2020年8月10日). https://news.yahoo.co.jp/articles/11ab81b0e225b7778cb988ef0b25bc6eb89d43fd 2020年8月14日閲覧。 
  86. ^ 31歳になったセルヒオ・ラモスの輝かしい功績 uefa.com
  87. ^ セルヒオ・ラモスに男の子 レアル・マドリードCF公式サイト、2014年5月7日
  88. ^ セルヒオ・ラモスが結婚式、レアルの新旧スターら豪華ゲスト参列 afpbb.com、2019年6月16日
  89. ^ NIKEの契約選手で現役最強のベストイレブンを選んでみた Qoly.jp 2016年10月20日配信
  90. ^ S・ラモス、スパイク騒動が終焉!選んだのはあのブランドだった Qoly.jp 2016年11月27日配信
  91. ^ W杯外国選手に「日本語タトゥー」ブーム 「寒冷殺人魔」、「丹尼宗」…意味分かる? j-castニュース 2014年6月27日配信
  92. ^ レアルDFセルヒオ・ラモス、新たなタトゥーはマイケル・ジャクソン サッカーキング 2015年1月20日配信
  93. ^ Sergio Ramos - national football team player European Football

関連項目[編集]

外部リンク[編集]