メスト・エジル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メスト・エジル Football pictogram.svg
Mesut Özil at Baku before 2019 UEFA Europe League Final.jpg
アーセナルFCでのエジル (2019年)
名前
愛称 居眠り El Búho (フクロウ)[1]
El Mago de Öz(オズの魔法使い[2]
ニモ(ニモ[3]
ラテン文字 Mesut Özil
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
トルコの旗 トルコ
生年月日 (1988-10-15) 1988年10月15日(33歳)
出身地 西ドイツの旗 西ドイツゲルゼンキルヒェン
身長 180cm[4]
体重 70kg[4]
選手情報
在籍チーム トルコの旗 フェネルバフチェSK
ポジション MF[4]
背番号 10
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008 ドイツの旗 シャルケ04 30 (0)
2008-2010 ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン 71 (13)
2010-2013 スペインの旗 レアル・マドリード 105 (19)
2013-2021 イングランドの旗 アーセナル 184 (33)
2021- トルコの旗 フェネルバフチェ 10 (0)
代表歴
2006-2007  ドイツ U-19 11 (4)
2007-2009  ドイツ U-21 16 (5)
2009-2018 ドイツの旗 ドイツ 92 (23)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

メスト・エジルMesut Özil, 1988年10月15日 - )は、西ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン出身のサッカー選手スュペル・リグフェネルバフチェ所属。元ドイツ代表。ポジションはMF

主にオフェンシブミッドフィルダーとしてプレーしている。トルコ系移民の3世で、両親はともに黒海沿岸のトルコ・ゾングルダク県にルーツを持つ[5][6]

経歴[編集]

クラブ[編集]

幼少期 - ユース - シャルケ時代[編集]

1988年10月15日[7]ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェンで生まれた[8]。祖父がトルコのゾングルダクからガストアルバイターとしてドイツに移住したことが始まり[9]。幼少期は、金網で囲まれた「サルの檻」と呼ばれるコートでストリートサッカーをしていた[10]。1995年、7歳の時にゲルゼンキルヒェンにあるクラブでサッカーを始め、様々なクラブのユースチームでプレーした後に、2000年から5年間ロートヴァイス・エッセンのユースに在籍した[11]。その後シャルケ04のユースに移った。2006年夏にトップチームに昇格し、2006-07シーズン第1節のアイントラハト・フランクフルト戦でデビューした。DFLリーガポカールバイエル・レバークーゼンバイエルン・ミュンヘン戦で出場停止であったリンコルンの代わりを務め、以来そのポジションでプレーした[12]。背番号は17番を着用した。シャルケのトップチームに昇格後は次の大物選手になる存在と評された。しかし、年俸150万ユーロでは不十分だとしてクラブからのオファーを辞退し、クラブ経営陣と対立、2008年1月にヴェルダー・ブレーメンに移籍することになった[13]ミルコ・スロムカ監督は「エジルがシャルケのために試合に出場することはないだろう」と述べた[14]

ブレーメン時代[編集]

ヴェルダー・ブレーメンでのエジル(2010年)

前述の通り契約問題でクラブと対立し[15]、2008年1月31日に移籍金500万ユーロでブレーメンへ移籍した[16][17]。ブレーメン以外にも、ハノーファー96VfBシュトゥットガルトも獲得に興味を示したとされているが、高額な移籍金を支払うことはなかった[16]。2011年6月30日までの契約を締結し、背番号11番を着用した[18]。ライバルクラブに移籍したことにより、マスコミからは金の亡者とのバッシングも受けた[11]。4月26日、カールスルーエSC戦でゴールを挙げたが[19]、これがブンデスリーガでの初ゴールだった。移籍初年度の半年間で、6試合の先発出場を含むリーグ戦12試合に出場し、チームはリーグ2位でシーズンを終えた[要出典]

2008年9月20日のバイエルン・ミュンヘン戦ではアウェーで5-2で圧勝し、エジルも1ゴールを挙げた[20]。一週間後の1899ホッフェンハイム戦では先制点と決勝点を決め、5-4の乱戦を制した[21]。チームは、ブンデスリーガでなかなか調子が上がらず、最終的には10位とリーグ戦は9年ぶりとなる二桁順位だったが、エジルはほとんどの試合で重要な役割を果たし、司令塔のMFジエゴと息の合ったプレーを見せ、2008-09シーズンは28試合で15アシストを記録した[22]。ベルリンでのバイエル・レバークーゼン戦に1-0で勝利し、DFBポカールのタイトルを獲得した。エジルはこの決勝戦でこの試合唯一の得点をジエゴのアシストから記録した[23][24]。また、ヨーロッパカップ戦でも活躍し、チームをUEFAカップの決勝に導いたが、決勝でシャフタール・ドネツクに敗れた[22]

2009-10シーズンは、ユヴェントスに移籍したジエゴの後を継いで、プレーメーカーとして重要な役割を果たし、ブンデスリーガ第1節のMVPに選出された[25]。2010年5月1日、古巣のシャルケ戦でブンデスリーガ100試合目の出場を果たし、古巣相手に先制点も記録した。チームはリーグ3位となり、DFBポカールも決勝まで進出したが、決勝でバイエル・ミュンヘンに0-4で敗れた。このシーズンは、「der neue Diego(新たなジエゴ)」と呼ばれ[26][27]、それまでジエゴが担ってきた4-3-1-2フォーメーションのトップ下を務めて9得点(チーム2位タイ)17アシスト(リーグトップ)と大活躍した。2009年には、ブンデスリーガの1stステージのMVPにも選ばれた[28]

レアル・マドリード時代[編集]

レアル・マドリードでのエジル(2010年)

2010 FIFAワールドカップでの活躍によってヨーロッパの若きトップタレントとしての地位を確立した。FCバルセロナアーセナルレアル・マドリードなどのクラブから関心を持たれた[29]イングランド代表ウェイン・ルーニーはワールドカップでのエジルの活躍を高く評価し、所属するマンチェスター・ユナイテッドFCアレックス・ファーガソン監督に獲得を要請したことすらあった[30]レアル・マドリードからオファーが届いたが、ブレーメンはこれを拒否[31]。このブレーメンの対応にエジルは不満を漏らした[32]。また、FCバルセロナへの移籍が決定したとも報じられたが、これはブレーメンが報道を否定した。その後、レアル・マドリードは最後のオファーとして再びオファーを出し、8月17日に移籍金1500万ユーロ[33]の6年契約でレアル・マドリードへの移籍が発表された[34][35]。移籍に際し、エジルは「レアル・マドリードから移籍のオファーが来たとき、決断することはなかった。正直に言うと、このクラブを拒否することはできなかった。ヴェルダー・ブレーメンを去ることを急いではいなかったが、このクラブはイエスと言うクラブです。素晴らしい歴史とスタジアムとワールドクラスの選手を擁するクラブですから。サンティアゴ・ベルナベウでのパフォーマンスの見通しは、とても素晴らしいです。」と述べた[36]。移籍決定当初は、エジルはまだ若く、スペイン語はもとより英語すら十分に話せなかったことから、多くのメディアから懐疑的な意見が聞こえた[37]

ACミラン戦でのエジルとセードルフ

2010年8月22日、エルクレスCFとの親善試合でレアル・マドリードデビューを果たした[38]。背番号は、プレシーズン中は26番、開幕戦では19番を着用した。しかし、ラファエル・ファン・デル・ファールトトッテナム・ホットスパーFCに移籍したことで空いた23番が与えられた[要出典]。当初カカのバックアッパーとして獲得されたが、カカの手術のためにスタメンの座を手にした。RCDマヨルカとの開幕戦にアンヘル・ディ・マリアとの交代で出場し、リーガ初出場を果たした[39]。ホーム初戦である第2節のCAオサスナ戦では先発に名を連ねて質の高いプレーを披露、交代の際には観客からスタンディングオベーションを浴びた[40]。9月15日、UEFAチャンピオンズリーグアヤックス戦で、ゴンサロ・イグアインのゴールをアシストし、レアルでの初アシストを記録した[41]。10月3日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で移籍後初ゴールを挙げた[42]。10月19日、チャンピオンズリーグのACミラン戦でレアルでのチャンピオンズリーグ初ゴールを挙げた[43]。初のコパ・デル・レイとなった12月22日のレバンテUD戦でも得点を挙げ、8-0での勝利に貢献した[44]。2011年3月6日のラシン戦では2つのアシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。この試合後、母国ドイツを始め欧州や南米のメディアから「フットボールのモーツァルト」と高い評価を受けた[45]。シーズンを通してプレーし、計53試合に出場し10得点を記録。特にアシストではリオネル・メッシを抑えて欧州最多となる26アシストを記録した[46]。レアルでの1年目のシーズンのプレーは、ファンやメディア、選手から称賛された[47][48]

サンティアゴ・ベルナベウに展示されるエジルのスパイク

2011年より、背番号を23番から10番に変更[49]ジョゼ・モウリーニョ監督は、メインのプレイメーカーとして起用することを明らかにした[50]。2011年8月14日、スーペルコパ・デ・エスパーニャFCバルセロナ戦1stレグで、シーズン初ゴールを挙げた[51]。8月17日の2ndレグでは、ダビド・ビジャと口論となり退場処分を受けた[52]。ドイツ紙のキッカーのインタビューで、レアル・マドリードでキャリアを終えたいとの願望を明らかにした。「レアル・マドリードでキャリアを終えたい。自分はまだ若いし若く優秀な選手がたくさん現れるでしょうから、難しいことだと思いますが、僕はクラブの未来になりたい。自分に能力があることを知っているし、レアル・マドリードに何年も居ることになると確信しています。」と述べた[53]FIFAバロンドールにもノミネートされた[54]。2011-12シーズンは不調や[55]カカの復調もあってベンチスタートも増えたが[56]、最終的にはリーガでは35試合に出場。2012年4月21日のFCバルセロナとのエル・クラシコクリスティアーノ・ロナウドの決勝点をアシストした。5月2日のアスレティック・ビルバオ戦では、先制ゴールをアシストした上、チーム2点目のゴールを挙げた。3-0で勝利し、レアル・マドリードの32回目のリーグ優勝に貢献した。11日後のリーグ最終節のRCDマヨルカ戦で2ゴールを挙げて、クラブでの素晴らしいパフォーマンスを確立した。この試合の勝利により、レアル・マドリードは勝ち点100を獲得したリーガ初のクラブとなった[57]。リーガ最多の17アシストを記録した[58]。クラブと代表での活躍により、UEFA欧州最優秀選手賞にノミネートされ、最年少でのトップ10入りとなる10位になった[59]。2012年には、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出された。

2012-13シーズンの開幕前にルカ・モドリッチが加入したことで、一部のメディアはエジルがクラブに不満を持っていると報じたが、後にそれを否定しれレアル・マドリードでの生活に満足しており、ポジション争いを楽しみしていると述べた[60]。シーズンが始まると、まずスーペルコパ・デ・エスパーニャのタイトルを獲得した。リーグ戦では、カンプ・ノウで行われたFCバルセロナ戦でクリスティアーノ・ロナウドの同点ゴールをアシストした[61]。11月6日、UEFAチャンピオンズリーグボルシア・ドルトムント戦では、89分に直接フリーキックでゴールを挙げて、引き分けに持ち込むことに貢献した[62]。リーグ戦でも好調を維持し、レアル・バリャドリード戦では2ゴールを挙げて勝利に貢献した[63]。このシーズン、公式戦で29アシストを記録した。レアル・マドリードはスーペルコパ・デ・エスパーニャのタイトルしか獲得できなかったが、エジルのパフォーマンスは称賛された。

アーセナル時代[編集]

2013年9月2日、アーセナルFCに移籍決定。移籍金はアーセナルFCのクラブ最高額とも言われる5000万ユーロで契約は5年間。移籍後に当時レアルの監督だったカルロ・アンチェロッティが自身を信頼していなかったために移籍したと明かし、このことについてチームメイトだったクリスティアーノ・ロナウドは首脳陣にエジル売却について苦言を呈している[64]。背番号は11番。9月14日のサンダーランドAFC戦でデビューすると、オリヴィエ・ジルーの得点をアシストした。FAカップ決勝のハル・シティAFC戦にもスターティングメンバーに名を連ね、延長戦前半終了までプレーした。アーセナルにとって2004-05シーズン以来のタイトルとなるFAカップを制し、エジルは2年連続となるUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

2015-16シーズンは最終的に2002-03シーズンのティエリ・アンリの20アシストに次ぐ、リーグ歴代2位の19アシストを記録するなど、キャリア最高のシーズンを送った。その活躍が評価され毎シーズンにファン投票で決めるアーセナルの年間最優秀選手に選ばれた[65]

2016-17シーズン、2016年10月19日、欧州CL第3節のPFCルドゴレツ・ラズグラド戦でプロ入り初のハットトリックを決めた[66]

2018-19シーズンにはジャック・ウィルシャーの退団に伴い、背番号を11番から10番に変更することが決定。10番はデニス・ベルカンプロビン・ファン・ペルシらが着用した番号である。2018年10月22日に行われたプレミアリーグ第9節、レスター・シティ戦で同点ゴールをマークし、プレミアリーグ通算30ゴールを達成。これが元ドイツ代表のユルゲン・クリンスマンの記録を抜き、プレミアリーグのドイツ人選手歴代最多得点記録を更新した。

2019-20シーズンにはウナイ・エメリ監督のチームの構想外となったが[67]、カラバオ杯のリヴァプール戦に先発し好プレーを見せると、プレミアリーグ11週、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦では先発出場した。2019年12月末にアルテタ監督が就任してからは積極起用され始めチームの構想に戻ったようにみえたが、新型コロナによるリーグ戦中断の再開後はシーズン終了まで一度も試合に出場することは無かった。

2020-21シーズン、アーセナルは夏の移籍市場で売却が進まず選手登録枠を超える人数の選手がチームに残留することになった。その結果、昨季の中断明けから構想外で出場のなかったエジルがヨーロッパリーグの選手登録リスト及びプレミアリーグの選手登録リストの双方から外れることとなりチームに所属していながらトップチームの試合に出場できない状況となった[68]

フェネルバフチェ時代[編集]

2021年1月24日、3年半の契約でフェネルバフチェSKへ移籍することが公式発表された[69]

代表[編集]

ドイツ代表でプレーするエジル

2007年に開催されたUEFA U-19欧州選手権ドイツ代表として出場し、グループリーグのロシア戦とフランス戦で得点した。ギリシャと戦った準決勝で敗れたが、アニス・ベン=ハティラに次ぐチーム2位の2得点を記録した。2009年初めにはトルコサッカー連盟からトルコ代表入りへの強い要望を受けたが、2月11日のノルウェーとの親善試合にドイツ代表として招集され、ピオトル・トロホウスキに代わって途中出場した。トルコのメディアは、両親の出身地のトルコではなくドイツを選択したエジルを「国家の裏切り者」だとして批判し、更に誹謗中傷コメントが殺到したために彼の公式ウェブサイトが一時閉鎖に追い込まれた[15]

2009年6月に開催されたUEFA U-21欧州選手権ではチーム事情によりフォワードでもプレーしたが、あまり良い出来ではなかった[70]。ユース時代にプレーしていたこのポジションで、決勝のイングランド戦ではゴンサロ・カストロの先制点をアシストした。更に35mの距離からフリーキックを決め[70]ザンドロ・ヴァーグナーの得点もアシストした。この1得点2アシストの活躍でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ[70]、ドイツ代表の優勝に貢献し、大会の最優秀選手にも選出された。同年9月5日、親善試合・南アフリカ戦で代表初ゴールを記録した[71]

2010年W杯[編集]

準々決勝・アルゼンチン戦でのエジル(左)とポドルスキ

2010年6月1日、2010 FIFAワールドカップに出場するドイツ代表メンバーに選出される[72]

6月13日のオーストラリア戦では前半31分にゴールライン上でクリアされるものの、惜しいループシュートを放った。その後も数々のチャンスを生み出し、ドイツの4点目となるカカウの得点をアシストし、4-0の快勝に貢献。6月23日ガーナ戦では決勝ゴールとなるミドルシュートを決め、ドイツのグループリーグ首位通過に貢献。大会選定のマンオブザマッチに選ばれた[73]

決勝トーナメント1回戦のイングランド戦ではトーマス・ミュラーの2点目をアシストし、ベスト8進出に貢献。準々決勝のアルゼンチン戦ではミロスラフ・クローゼの2点目をアシストしベスト4進出に貢献、同大会最多アシストを記録した。その活躍により、FIFAバロンドールの候補者10人にノミネートされた[28] 他、ドイツ国内ではバンビを受賞した[74]

決勝トーナメント1回戦のイングランド戦直前にトルコに住む祖母が死去、訃報をうけて「皆さんの大きな同情に感謝しています。この件に関してはこれ以上コメントをしたくはない」とコメントしている[75]。観戦に訪れていた父親は葬儀のため帰国したが[76]、エジル本人はチームに残留し3位決定戦までの決勝トーナメント4試合全てに先発出場した。

EURO2012[編集]

UEFA EURO 2012においては、ドイツ代表の主力として10試合全勝での予選勝ち抜けに貢献。本戦においても、オランダポルトガルデンマークと同じグループで「死のグループ」と呼ばれた[77] グループBを3戦全勝で勝ち抜けた。準決勝でイタリア代表に敗れたもののエジルはPKからその試合唯一の得点を記録し、大会優秀選手の一人に選ばれた。

2014年W杯[編集]

本戦でも7試合すべてに出場。決勝トーナメントアルジェリア戦では延長119分に決勝点を挙げた。エジルはこの大会でドイツ代表最多となる15回チャンスメイクをし、パス成功率78.6%を記録した[78]

EURO2016[編集]

準々決勝のイタリア戦でゴールを挙げたが、延長PK戦で敗れた。

2018年W杯[編集]

2018 FIFAワールドカップでは、うまく結果を残せず、チームもグループリーグ最下位で敗退した。大会終了後の2018年7月23日、人種差別などを理由に、ドイツ代表からの引退を発表した[79]

評価[編集]

左足の高いテクニックを持ち、正確なキックと広い視野を生かして2010-11シーズンにはヨーロッパ全体で最多のアシストを記録した[46]。フリーランニングも惜しまずに行うほか[80] 得点力もある。また、ジネディーヌ・ジダンを憧れの人物としており[81]、しばしば比較対象にも挙げられる[82][83]

U-21ドイツ代表の監督を務めたホルスト・ルベッシュは「ドイツ人は海外の選手を特に賞賛することが多い。我々は、ウェイン・ルーニークリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシらを讃える。しかし、ドイツにはそういった選手がいる。ドイツのメッシはエジルである」と語った[84]。ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、メスト・エジルをワールドクラスの選手であると評価。「エジルは、W杯でのパフォーマンス、そして、レアル・マドリードでの成長を見るにつけ、もちろん、ワールドクラスの選手といえる」「エジルは、半年の間に、あのカカを忘れさせてしまうような存在になった。カカは、W杯まえの何年もの間、あのポジションでは世界最高の選手と評されていた。けれども、今となっては、ほぼ皆がエジルの名前をあげるようになっている」と語った[85]レアル・マドリードでのチームメイトであるクリスティアーノ・ロナウドは、エジルの試合を読む力を評価し「エジルは僕をさらに良い選手にしてくれた。彼とプレーするのが好きだ」と賛辞を送った[86]

ジョゼ・モウリーニョはエジルを「フィーゴやジダンのような特徴を持つ、世界最高の10番」と賞賛。2013年夏にデンバ・バに対するアーセナルからのオファーを断った理由について「エジル加入によってタイトル争いをするライバルになるからである」と語った[87]

エピソード[編集]

  • イスラム教を信仰しており[88]、代表戦の試合前にドイツ国歌ではなく「心の平穏が得られる」としてクルアーンを心の中で唱えたことが話題になった[89]。また、サッカー選手として支障がない範囲でラマダーンも行っている[90]
  • 2014年6月、アメリカの経済誌フォーブス世界のアスリートの年収を公表した。エジルの年収は1850万ドル(約18億9000万円)であり、世界のアスリートの中で89位。サッカー選手の中では13位[91]
  • トルコ系ドイツ人として知られているが、本人は「別にイライラしたりはしないけど、不思議に思っている。なぜなら必ずそう呼ばれるからね」と語り、あまりトルコ系ドイツ人と呼ばれる事を好んではいない。一方でサッカー選手として2つの異なるルーツや文化を持つ事はポジティブな面が多いと語り、誇りに感じている、と発言している[92]
  • 2017年5月、ESPN世界で最も有名なアスリート100人を発表し、30位に選出された。サッカー選手としては9位[93]
  • 2018年5月、ロンドン市内にてトルコ大統領のレジェップ・タイイップ・エルドアンのもとを自身と同じトルコ系サッカー選手のイルカイ・ギュンドアンジェンク・トスンと共に訪問し、その写真が公にされた。ドイツでは独裁的と言われるエルドアンと会った事や、その写真でギュンドアンが持っていたマンチェスター・シティのユニフォームにトルコ語で「我が大統領に多大なる敬意を」と書かれていた事が問題視され、ドイツ代表としてプレーするエジルとギュンドアンは批判を浴びた。ドイツサッカー連盟は「我々は移民をルーツとする選手たちをリスペクトし、彼らの特殊な事情についても考慮している。だが、サッカーとドイツサッカー連盟は、エルドアン氏が十分に配慮していない価値を支持している。したがって、我々の代表選手が彼の政治活動に利用されかねない状況というのは、好ましいものではない」とコメントを発表し、ドイツ首相のアンゲラ・メルケルからも「疑問を呈し、誤解を招く状況であった」と言われた[94][95]。その件もあり、2018 FIFAワールドカップでグループリーグ敗退を喫した後に代表引退を表明した時には、代表で共に闘った移民系選手のジェローム・ボアテングルーカス・ポドルスキらからは、エジルを擁護する声が聞かれたものの、多くの純粋なドイツ人選手や代表監督・ヨアヒム・レーヴらとの確執が取り沙汰された。後にレーヴがアーセナルFCの練習施設を訪れた際、ベルント・レノシュコドラン・ムスタフィらがレーヴと面談したにもかかわらず、エジルはレーヴとの面談を拒否し、レーヴが不満をもらすなど、両者の関係は修復不可能と言われている。
  • 2019年、エジルは元ミストルコのアミネ・ギュルシェと婚約。エルドアン大統領に証人として結婚式に出席するよう依頼したことがドイツ国内で報じられると、ヘルゲ・ブラウン首相府長官などから批判の声が上がった[96]。2019年6月7日、トルコイスタンブールで結婚式を執り行った。物議を醸していたもののエルドアン大統領は付添人として式に参列した[97]
  • 2019年7月25日、ロンドンでエジルが運転中に刃物を持った複数の者にカージャックされそうになった[98]。このとき同乗していたセアド・コラシナツが単身で車外に飛び出し強盗威嚇して撃退する映像がネットに上げられた。幸いにも負傷者はいなかった。
  • エジルは、定期的にチャリティー活動を行い難民や難病の子供への支援に尽力しており、その姿勢は世界中から称賛されている。2014年、ブラジルW杯の前にブラジルの11人の子供の手術代をチャリティー団体と共同で支払い、さらにW杯優勝後にドイツ代表の選手と同じ数である23人を支援するため追加で12人に援助すると発表し合計約35万ポンドを寄付した[99]。2014年11月、この活動が評価されてローレウス・メディア賞を受賞した[100]。2017年5月、脳腫瘍を患う11歳の少年アーセナルFCの大ファンで中でもエジルに憧れており最近容体が良くないことなどをチャリティー団体がSNSで発信した。アーセナルのチェフがこの発信に反応して拡散したことによりこのことを知ったエジルは、少年を5月16日のホームでのサンダーランド戦にVIP席を用意して招待し、エジルのみならず他の選手との交流の場も設けた[101]。さらに、エジルは、クラブに相談して5月26日FAカップ決勝チケットプレゼントした。2018年10月23日、自身のSNS上でこの少年が亡くなったことに触れ冥福を祈った[102]2019年結婚式の際、参列者に対して祝儀を断る代わりに発展途上国の子供たちの手術費用へ募金することをお願いしており、1000人分の手術代を肩代わりすることを発表した[103]。また、結婚式ディナートルコの慈善団体を通じてシリア難民を含むホームレス16,000人に供給した[104]
  • 2021年1月11日にTwitterでファンからの質問に答える企画を行った際に、エジルは幼いころからフェネルバフチェのファンであったと述べた。「引退する前にプレーしたい国が二つあるんだ。トルコとアメリカだよ。もしトルコに行ったなら、フェネルバフチェにしか行けないね」と述べており[105]、同年1月21日に決定したフェネルバフチェへの移籍は幼い時からの夢をかなえたことになる。

個人成績[編集]

クラブ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 リーグカップ戦 欧州カップ戦 その他 通算
出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト
シャルケ04 2006-07 17 19 0 1 1 0 0 2 0 0 1 0 0 - 23 0 1
2007-08 11 0 4 1 1 0 0 0 0 4 0 0 - 16 1 4
合計 30 0 5 2 1 0 2 0 0 5 0 0 0 0 0 39 1 5
ブレーメン 2007-08 11 12 1 1 0 0 0 - 2 0 0 - 14 1 1
2008-09 28 3 15 5 2 1 - 14 0 7 - 47 5 23
2009-10 31 9 16 5 0 2 - 10 3 11 - 46 12 29
2010-11 0 0 0 1 0 1 - 0 0 0 - 1 0 1
合計 71 13 32 11 2 4 0 0 0 26 3 18 0 0 0 108 18 54
R.マドリード 2010-11 23 36 6 19 6 3 2 - 11 1 7 - 53 10 28
2011-12 10 35 4 19 5 0 4 - 10 2 5 2 1 0 52 7 28
2012-13 32 9 16 8 0 3 - 10 1 4 2 0 1 52 10 24
2013-14 2 0 0 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 2 0 0
合計 105 19 54 19 3 9 0 0 0 31 4 16 4 1 1 159 27 80
アーセナル 2013-14 10 26 5 10 5 1 2 1 0 0 8 1 2 - 40 7 14
2014-15 22 4 6 5 1 2 0 0 0 5 0 1 - 31 5 9
2015–16 35 6 19 1 0 1 0 0 0 8 2 0 - 44 8 20
2016–17 33 8 10 3 0 1 0 0 0 8 4 3 - 43 12 14
2017–18 26 4 9 0 0 0 2 0 0 7 1 5 - 35 5 14
2018–19 24 5 2 1 0 0 0 0 0 10 1 1 - 35 6 3
2019-20 18 1 1 0 2 0 0 2 0 0 - 23 1
合計 184 33 56 16 2 6 5 0 0 48 9 12 0 0 0 254 44 74
通算 390 65 147 48 8 19 7 0 0 110 15 46 5 1 1 560 89 213

代表歴[編集]

出場大会[編集]

代表での成績[編集]


ドイツ代表国際Aマッチ
出場得点
2009 7 1
2010 14 2
2011 9 5
2012 13 6
2013 9 3
2014 10 1
2015 8 0
2016 13 3
2017 5 1
2018 4 1
通算 92 23

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2009年9月5日 ドイツの旗レヴァークーゼンバイ・アレーナ 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 2–0 2–0 親善試合
2 2010年6月23日 南アフリカ共和国の旗ヨハネスブルグサッカー・シティ・スタジアム ガーナの旗 ガーナ 0–1 0–1 2010 FIFAワールドカップ
3 2010年10月8日 ドイツの旗ベルリンベルリン・オリンピアシュタディオン トルコの旗 トルコ 2–0 3–0 UEFA EURO 2012予選
4 2011年6月7日 アゼルバイジャンの旗バクートフィク・バフラモフ・スタジアム アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0–1 1–3
5 2011年6月22日 ドイツの旗ゲルゼンキルヒェンアレナ・アウフシャルケ オーストリアの旗 オーストリア 2–0 6–2
6 4–0
7 2011年10月11日 ドイツの旗デュッセルドルフエスプリ・アレーナ ベルギーの旗 ベルギー 1–0 3–1
8 2011年11月15日 ドイツの旗ハンブルクフォルクスパルクシュタディオン オランダの旗 オランダ 3–1 3–0 親善試合
9 2012年6月28日 ポーランドの旗ワルシャワワルシャワ国立競技場 イタリアの旗 イタリア 1–2 1–2 UEFA EURO 2012
10 2012年9月7日 ドイツの旗ハノーファーニーダーザクセンシュタディオン フェロー諸島の旗 フェロー諸島 2–0 3–0 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
11 3–0
12 2012年9月11日 オーストリアの旗ウィーンエルンスト・ハッペル・シュターディオン オーストリアの旗 オーストリア 0–2 1–2
13 2012年10月12日 アイルランドの旗ダブリンアビバ・スタジアム アイルランドの旗 アイルランド 0–3 1–6
14 2012年10月16日 ドイツの旗ベルリンベルリン・オリンピアシュタディオン スウェーデンの旗 スウェーデン 4–0 4–4
15 2013年9月10日 フェロー諸島の旗トースハウントースヴェリュール フェロー諸島の旗 フェロー諸島 0–2 0–3
16 2013年10月11日 ドイツの旗ケルンラインエネルギーシュタディオン アイルランドの旗 アイルランド 3–0 3–0
17 2013年10月15日 スウェーデンの旗ソルナフレンズ・アレーナ スウェーデンの旗 スウェーデン 2–1 3–5
18 2014年6月30日 ブラジルの旗ポルト・アレグレエスタジオ・ベイラ=リオ アルジェリアの旗 アルジェリア 2–0 2–1 2014 FIFAワールドカップ
19 2016年3月29日 ドイツの旗ミュンヘンアリアンツ・アレーナ イタリアの旗 イタリア 4–0 4–1 親善試合
20 2016年7月2日 フランスの旗ボルドースタッド・ド・ボルドー イタリアの旗 イタリア 1–0 1–1
(PK 6-5)
UEFA EURO 2016準々決勝
21 2016年8月31日 ドイツの旗メンヒェングラートバッハボルシア・パルク フィンランドの旗 フィンランド 2–0 2–0 親善試合
22 2017年9月4日 ドイツの旗シュツットガルトメルセデス・ベンツ・アレーナ ノルウェーの旗 ノルウェー 1–0 6–0 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
23 2018年6月2日 オーストリアの旗 クラーゲンフルトヴェルターゼー・シュターディオン オーストリアの旗 オーストリア 1–0 1–2 親善試合

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヴェルダー・ブレーメン
レアル・マドリード
アーセナルFC

代表[編集]

U-21ドイツ代表
ドイツ代表

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Real Madrid » Mesut Özil goal.com
  2. ^ El mago de Öz
  3. ^ Real Madrid find 'Nemo' to their liking as Mesut Ozil settles in well
  4. ^ a b c メスト・エジル”. ゲキサカ. 2017年2月21日閲覧。
  5. ^ Mesut Ozil 100 Per Cent Committed To Germany”. Goal.com (2009年2月18日). 2009年10月3日閲覧。
  6. ^ メスト オジル Archived 2010年6月28日, at the Wayback Machine.サウスアフリカ2010
  7. ^ Mesut Özil: Overview”. ESPN. 2020年6月27日閲覧。
  8. ^ Mesut Özil: Profile”. worldfootball.net. HEIM:SPIEL. 2020年6月27日閲覧。
  9. ^ Immigration: the rare success story of Mesut Ozil”. The Guardian (2010年11月15日). 2021年1月27日閲覧。
  10. ^ 「天才プレイヤーの創り方。」Number 771号、2011年1月27日
  11. ^ a b 「王様の後継者は夢を見る」footballista、ソルメディア、2009年8月5日号
  12. ^ Beer, Jean-Julien (2006年7月27日). “Ein 17-Jähriger soll Lincoln ersetzen” (ドイツ語). kicker. Olympia-Verlag. 2007年11月13日閲覧。
  13. ^ Mesut Özil Bio”. ESPN Soccernet. 2010年11月9日閲覧。
  14. ^ “Kurzpässe: Ewerthon nach Barcelona, Kuffour nach Amsterdam”. Der Spiegel. (2008年1月29日). http://www.spiegel.de/sport/fussball/kurzpaesse-ewerthon-nach-barcelona-kuffour-nach-amsterdam-a-531698.html 
  15. ^ a b 「いつか”ドイツのジダン”となり…」『ワールドサッカーダイジェスト』、日本スポーツ企画出版社、 2009年12月3日号、90-91頁
  16. ^ a b “Millionen-Deal: Bremen verpflichtet Schalker Özil” (ドイツ語). Der Spiegel. (2008年1月31日). ISSN 2195-1349. https://www.spiegel.de/sport/fussball/millionen-deal-bremen-verpflichtet-schalker-oezil-a-532301.html 2021年9月29日閲覧。 
  17. ^ Werder sign Schalke winger Ozil” (英語). REUTERS (2008年2月1日). 2021年9月29日閲覧。
  18. ^ Mesut Özil Werder Bremen'de” (トルコ語). Haberler.com (2008年2月1日). 2021年9月29日閲覧。
  19. ^ Karlsruher SC - Werder Bremen, 3:3, Bundesliga 2007/08 30. Spieltag” (ドイツ語). DFB Datencenter. 2021年9月29日閲覧。
  20. ^ Bayern München - Werder Bremen, 2:5, Bundesliga 2008/09 5. Spieltag” (ドイツ語). DFB Datencenter. 2021年9月29日閲覧。
  21. ^ Werder Bremen - 1899 Hoffenheim, 5:4, Bundesliga 2008/09 6. Spieltag” (ドイツ語). DFB Datencenter. 2021年9月29日閲覧。
  22. ^ a b Shapland, Dave (2009年11月28日). “Bundesliga player profile – Mesut Ozil, Werder Bremen”. adifferentleague.co.uk. 2010年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月9日閲覧。
  23. ^ Mesut Oezil”. 4to40.com (2015年3月26日). 2015年10月29日閲覧。
  24. ^ Zusammenspiel zwischen Vergangenheit und Zukunft” (ドイツ語). shz. 2021年9月29日閲覧。
  25. ^ Mesut Özil”. Real Madrid CF. 2012年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月27日閲覧。
  26. ^ Budding Germany Star Borrows Qualities From His Two Cultures”. ニューヨーク・タイムズ (2010年1月28日).[リンク切れ]
  27. ^ S.L.U, Unidad Editorial Información General. “Cuando Özil era 'el nuevo Diego'” (スペイン語). www.elmundo.es. 2021年9月29日閲覧。
  28. ^ a b MF - エジル”. レアル・マドリード日本語版公式サイト. 2010年8月24日閲覧。
  29. ^ ブレーメン エジルの移籍交渉に応じる構え AFP BB News、2010年7月19日
  30. ^ Gibson, Owen (2013年10月22日). “Sir Alex Ferguson: 'Wayne Rooney wanted me to sign Mesut Özil'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/football/2013/oct/22/ferguson-wayne-rooney-sign-mesut-ozil-book 2014年3月29日閲覧。 
  31. ^ レアル、独代表MFエジル獲得ならず ブレーメンが拒否”. mns産経ニュース (201-08-14). 2010年9月3日閲覧。
  32. ^ レアル・マドリー移籍を願うエジル「ブレーメンの対応には失望している」”. スポーツナビ (2010年8月15日). 2010年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月3日閲覧。
  33. ^ “Real Madrid confirm signing of Germany star Mesut Ozil”. BBC sport. (2010年8月17日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/8921836.stm 2010年8月17日閲覧。 
  34. ^ 公式声明:メスト・エジル獲得”. レアル・マドリード日本語版公式サイト (2010年8月17日). 2010年9月3日閲覧。
  35. ^ Mesut Özil to Play for Real Madrid”. Real Madrid CF. 2010年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月17日閲覧。
  36. ^ Mesut Ozil Interview: Real Madrid's new star”. ESPN Soccernet (2010年9月10日). 2012年4月22日閲覧。
  37. ^ 「魅惑のレフティー」『ワールドサッカーダイジェスト日本スポーツ企画出版社、2010年11月4日号
  38. ^ Madden, Paul (2010年8月22日). “Hercules 1–3 Real Madrid: Benzema Brace Seals Friendly Triumph”. Goal.com. 2010年8月23日閲覧。
  39. ^ Report: The Whites make their debut in the 2010/11 edition of La Liga”. Real Madrid CF (2010年8月29日). 2010年9月16日閲覧。
  40. ^ 早くもファンの心を掴んだR・マドリードのエジル「観客からの喝采に誇り高い気分だった」”. WOWOWリーガニュース (2010年9月15日). 2010年10月4日閲覧。
  41. ^ Report: The Whites earn a victory in their Champions League debut”. Real Madrid CF (2010年9月15日). 2010年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月16日閲覧。
  42. ^ Mondal, Subhankar (2010年10月3日). “Real Madrid 6–1 Deportivo La Coruna: Ronaldo Brace Sees Los Blancos Go Above Barcelona”. goal.com. 2010年10月20日閲覧。
  43. ^ Lutz, Tom (2010年10月19日). “Real Madrid v Milan – as it happened”. The Guardian. https://www.theguardian.com/football/2010/oct/19/real-madrid-milan-live 2010年10月20日閲覧。 
  44. ^ Real Madrid vs Levante Report”. Goal.com (2010年12月23日). 2010年12月23日閲覧。
  45. ^ エジル、世界の紙面をジャック レアル・マドリード日本語版公式サイト、2011年3月8日
  46. ^ a b レアルのエジルが欧州“アシスト王”に、フッキも3位にランクイン Archived 2011年6月4日, at the Wayback Machine.SOCCER KING 2011年6月1日
  47. ^ Praise for Mesut Ozil”. Real Madrid CF (2010年9月13日). 2010年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月4日閲覧。
  48. ^ Ozil's magic amazes the entire planet”. Real Madrid CF (2011年3月7日). 2011年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月7日閲覧。
  49. ^ エジル、マドリーの「10番」に”. Goal.com (2011年7月23日). 2011年8月24日閲覧。
  50. ^ Mesut Ozil To Wear No.10 Shirt For Real Madrid in 2011–12”. Goal.com (2011年7月23日). 2013年10月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月31日閲覧。
  51. ^ Real Madrid 2–2 Barcelona: All-square in thrilling Supercopa contest”. Goal.com (2011年8月14日). 2011年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月28日閲覧。
  52. ^ Barcelona 3–2 Real Madrid (Agg. 5–4): Lionel Messi brace wins Supercopa amid violent scenes at Camp Nou”. Goal.com (2011年8月17日). 2011年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月28日閲覧。
  53. ^ Ozil: "I'd like to end my career at Real Madrid"”. Real Madrid CF (2012年2月2日). 2012年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月2日閲覧。
  54. ^ Men's shortlists for FIFA Ballon d'Or Gala 2011 revealed”. FIFA (2011年11月1日). 2011年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月1日閲覧。
  55. ^ エジル:「マドリーで幸せ」”. Goal.com (2011年12月23日). 2011年12月27日閲覧。
  56. ^ レアル・マドリードの両ドイツ代表にイングランドの強豪がこぞって熱視線”. livedoor.com (2011年12月22日). 2011年12月27日閲覧。
  57. ^ Ton-up Real set new landmark”. ESPN Soccernet (2012年5月13日). 2012年5月13日閲覧。
  58. ^ 全50人の選手を発表! Goal.com 50 - 12位 メスト・エジル”. Goal.com. 2012年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月6日閲覧。
  59. ^ Iniesta, Messi, Ronaldo up for Best Player Award”. UEFA (2012年8月14日). 2017年6月8日閲覧。
  60. ^ “Mesut Ozil reiterates happiness”. ESPN Soccernet. (2012年10月11日). http://soccernet.espn.go.com/news/story/_/id/1186783/mesut-ozil-happy-with-competition-at-real-madrid 2012年10月12日閲覧。 
  61. ^ Ronaldo, Messi share spoils in draw”. ESPN FC (2012年10月7日). 2012年10月16日閲覧。
  62. ^ Lowe, Sid (2012年11月6日). “Mesut Ozil saves Real Madrid with late goal against Borussia Dortmund”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/football/2012/nov/06/real-madrid-borussia-dortmund-champions-league 2012年11月9日閲覧。 
  63. ^ Ozil nets 2 to give Madrid 3-2 win at Valladolid”. independent.com.mt (2012年12月9日). 2019年12月31日閲覧。
  64. ^ 失った頼れる“相棒”…C・ロナウド、レアルのエジル放出で激怒していた soccerking 2018年11月20日
  65. ^ “Mesut Ozil named Arsenal player of the year after record-breaking season”. EveningStandard. (2016年5月20日). https://www.standard.co.uk/sport/football/mesut-ozil-named-arsenal-player-of-the-year-after-recordbreaking-season-a3253056.html 2019年7月25日閲覧。 
  66. ^ “Arsenal news: Mesut Ozil becomes fifth Gunners player to bag a Champions League hat-trick”. Independent. (2016年10月20日). http://www.independent.co.uk/sport/football/european/arsenal-news-mesut-ozil-goals-hat-trick-champions-league-ludogorets-fifth-gunners-player-a7371296.html 2016年10月20日閲覧。 
  67. ^ エメリ監督、構想外状態のエジルに言及…公式戦2試合の出場のみで状況は変わらず? サンスポ 2019年10月5日
  68. ^ “'I failed with Mesut Ozil', says Arsenal boss Mikel Arteta”. (2020年10月21日). https://www.bbc.com/sport/football/54631791 2020年10月26日閲覧。 
  69. ^ “Thank you, Mesut”. (2021年1月24日). https://www.arsenal.com/news/thank-you-mesut-ozil-joins-fenerbahce 2021年1月24日閲覧。 
  70. ^ a b c ドイツを優勝に導いたオジル”. UEFA.com. 2010年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月12日閲覧。
  71. ^ Germany vs South Africa”. Goal.com (2009年9月5日). 2009年10月3日閲覧。
  72. ^ 負傷者続出ドイツ、W杯メンバー決定 Goal.com、2010年6月2日
  73. ^ 2010 FIFAワールドカップ公式サイト ガーナ対ドイツ   FIFA.com
  74. ^ Soccer stars steal show at Germany's Bambi Awards ロイター、2010年11月12日
  75. ^ ばあちゃん死んだ!ドイツ司令塔ショック”. 日刊スポーツ (2010年6月26日). 2014年7月12日閲覧。
  76. ^ メスート(メスト・エジル)の祖母死去、ゾングルダクで葬儀”. トルコHurriyet紙 (2010年6月26日). 2014年7月12日閲覧。
  77. ^ Netherlands, Germany drawn in Euro "Group of Death"
  78. ^ Germany vs Argentina: All the stats, facts and team news for the World Cup 2014 final”. デイリーメール (2014年7月13日). 2015年7月30日閲覧。
  79. ^ エジル、ドイツ代表引退表明…人種差別へ失望、連盟会長やメディアに怒り”. サッカーキング. 2021年9月27日閲覧。
  80. ^ 現代サッカーの理想形「うまくて走れる」独のエジルとミュラー Archived 2010年7月3日, at the Wayback Machine.スポニチ、2010年6月29日
  81. ^ Özil : «Zidane, mon modèle»”. レキップ (2010年8月19日). 2010年11月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月7日閲覧。
  82. ^ Ozil flattered by 'German Zidane' label ESPNsoccernet、2010年8月19日
  83. ^ Ozil flattered by 'German Zidane' label ESPNsoccernet、2010年8月19日
  84. ^ WORLD CUP 2010: England will end up in a Messi if they can't control Germany star Mesut Ozil デイリーメール、2010年6月24日
  85. ^ レーヴ代表監督:エジルはワールドクラス ドイツサッカーポータル フースバル、2011年3月22日
  86. ^ C・ロナウド:「メッシと僕はフェラーリとポルシェ」 Goal.com 2011年11月8日
  87. ^ モウリーニョ:「D・バへのアーセナルのオファーを断った」 goal.com 2018年2月27日閲覧
  88. ^ レアル入団のエジル「世界一の監督が率いる世界最高のチームでプレーしたかった」 Archived 2010年8月23日, at the Wayback Machine.スポーツナビ、2010年8月19日
  89. ^ 影薄いドイツ人メスト・エジル、レアルで大成できるか[リンク切れ]Zakzak、2010年8月24日
  90. ^ エジル:「マドリー以外の選択肢はなかった」 Goal.com、2010年8月18日
  91. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes.com 2014年6月発表。
  92. ^ トルコ系と呼ばれるエジル「僕はゲルゼンキルヒェン生まれでドイツ育ち」 サッカーキング 2015年3月27日
  93. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。
  94. ^ エジルらがトルコ大統領を表敬訪問…ドイツ連盟会長は否定的見解示す サッカーキング 2018年5月15日
  95. ^ ドイツのサッカー選手が巻き起こした「大スキャンダル」その善悪 現代ビジネス 2018年6月8日
  96. ^ エジルが結婚式にトルコ大統領を招待、ドイツ国内で再び批判集める”. AFP (2019年3月19日). 2019年3月19日閲覧。
  97. ^ エジルがイスタンブールで挙式、写真で物議のトルコ大統領が付添人に”. AFP (2019年6月8日). 2019年7月25日閲覧。
  98. ^ Arsenal's Mesut Ozil and Sead Kolasinac face carjacking gang”. BBC (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  99. ^ Mesut Özil donates World Cup winnings to 23 children's surgeries in Brazil, and not to Gaza, agent confirms” (2014年7月17日). 2019年7月28日閲覧。
  100. ^ Mesut Ozil receives honourary prize” (2014年11月13日). 2019年7月28日閲覧。
  101. ^ Arsenal star Mesut Ozil invites brain tumour boy into Emirates box after Facebook appeal” (2017年5月10日). 2019年7月26日閲覧。
  102. ^ 'REST IN PEACE' Arsenal ace Mesut Ozil left devastated after fan, 12, dies following battle with cancer” (2018年10月24日). 2019年7月26日閲覧。
  103. ^ エジルと嫁、結婚式で祝儀断る!逆に「子供1000人の手術費」 を寄付”. livedoornews (2019年6月8日). 2019年7月25日閲覧。
  104. ^ Mesut Ozil And His Wife Fed 16,000 Homeless People On Their Wedding Day” (2019年6月11日). 2019年7月26日閲覧。
  105. ^ https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20210112/1166967.html

外部リンク[編集]