ホルヘ・バルダーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバルダーノ第二姓(母方の)はカステジャーノスです。
ホルヘ・バルダーノ Football pictogram.svg
Valdano.jpg
1985年のバルダーノ
名前
本名 ホルヘ・アルベルト・フランシスコ・バルダーノ・カステジャーノス
Jorge Alberto Francisco Valdano Castellanos
愛称 エル・フィロソフォ(哲学者)
ラテン文字 Jorge Valdano
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1955-10-04) 1955年10月4日(62歳)
出身地 ラス・パレハス
身長 188cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW/MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1975 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ 49 (12)
1975-1979 スペインの旗 デポルティーボ・アラベス 63 (21)
1979-1984 スペインの旗 レアル・サラゴサ 143 (47)
1984-1987 スペインの旗 レアル・マドリード 85 (40)
通算 340 (120)
代表歴
1975-1990[1] アルゼンチンの旗 アルゼンチン 23 (7)
監督歴
1988-1989 スペインの旗 レアル・マドリードB
1991-1994 スペインの旗 テネリフェ
1994-1996 スペインの旗 レアル・マドリード
1996-1998 スペインの旗 バレンシア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホルヘ・アルベルト・フランシスコ・バルダーノ・カステジャーノスJorge Alberto Francisco Valdano Castellanos1955年10月4日 - )は、アルゼンチン出身の同国代表サッカー選手

アルゼンチンが1986 FIFAワールドカップで優勝した時のストライカー[2]。大柄な体躯を生かした得点能力だけでなく、エースのディエゴ・マラドーナを生かすための献身的な動き、守備意識の高さでチームに欠かすことのできない存在となった[2]。引退後はサッカー指導者や、スポーツディレクターなどを務めている[2]

経歴[編集]

選手時代[編集]

ニューウェルズ・オールドボーイズでプロデビューを飾り、1975年にスペインリーグ2部のアラベスへ移籍[3]。1979年には1部のレアル・サラゴサへと移籍し通算143試合に出場し46得点を記録するなどチームのレギュラーとして活躍すると、1984年にはレアル・マドリードへ移籍[3]。バルダーノは1984-85シーズンは17得点を挙げると、翌シーズンも16得点を記録。1987年に現役を退くまでスペインでプレーを続け[3]エミリオ・ブトラゲーニョウーゴ・サンチェスミチェルらと共に、レアル・マドリードのリーグ優勝 (1985-86, 1986-87) やUEFAカップ優勝 (1984-85, 1985-86) に貢献した[4]

アルゼンチン代表としては1975年に開催されたコパ・アメリカ1975の代表メンバーに選ばれ、同年8月6日に行われたグループリーグのブラジル代表戦に出場した[5]

1982年スペインで開催された1982 FIFAワールドカップ1986年メキシコで開催された1986 FIFAワールドカップと2大会連続で代表メンバーに選出された。メキシコ大会では中盤のホルヘ・ブルチャガと共にエースのディエゴ・マラドーナをサポートし[6]、グループリーグ初戦の韓国代表戦で2得点を挙げると、ブルガリア代表戦、決勝の西ドイツ代表戦でそれぞれ1得点ずつの通算4得点を記録。全7試合にフル出場し優勝に貢献した[3][6]

1988年肝炎を患ったことで現役を引退[7][8]1990年、アルゼンチン代表監督のカルロス・ビラルドの意向により現役復帰し[9]、代表に合流すると国際親善試合2試合に出場したが[1]、同年に開催された1990 FIFAワールドカップの最終登録メンバーからは落選し、3度目のワールドカップ出場は逃した[2]

引退後[編集]

現役引退後は指導者に転じ、1988年にレアル・マドリード・カスティージャの監督を経て、1991年にCDテネリフェの監督に就任[10]。チームを初のUEFAカップ出場に導いた[11]。1994年にはレアル・マドリードの監督に就任[3]ラウル・ゴンサレスの才能を見抜きトップチームにデビューさせ[12][8]、1994-95シーズンにリーガ優勝を果たすと同時に[8]ヨハン・クライフの率いるFCバルセロナの連続優勝を阻止した[4]

バレンシアCFで監督を務めた後[3]2000年7月にレアル・マドリードの会長に就任したフロレンティーノ・ペレスに招かれて、同クラブのスポーツディレクターに就任[13]ルイス・フィーゴジネディーヌ・ジダンロナウドの獲得に成功しチームを世界一のスター軍団へと変貌させた。しかしリーグ優勝を果たしたにも関わらず対立のあったビセンテ・デル・ボスケ監督や主将フェルナンド・イエロを切ることで後の不振も招き[14]、2004年6月に責任をとる形で辞任した[13]

2006年3月には、プロモーション活動のため、訪れていたメキシコでヘリコプターの墜落事故に遭い、重傷を負った。2009年6月には盟友であるペレス元会長が、レアル・マドリード会長選挙に再選すると、副会長兼ゼネラルディレクターに就任。しかし2011年5月25日、前年より監督に就任したジョゼ・モウリーニョら現場のコーチングスタッフと、移籍戦略や現場干渉、在籍選手に対する姿勢などで見解に大きく隔たりができたことを理由に、ゼネラルディレクターを解任された[15][16][17]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[1]


アルゼンチン代表 国際Aマッチ
出場 得点
1975 2 2
1976 0 0
1977 0 0
1978 0 0
1979 0 0
1980 0 0
1981 0 0
1982 5 0
1983 0 0
1984 0 0
1985 5 1
1986 8 4
1987 1 0
1988 0 0
1989 0 0
1990 2 0
通算 23 7

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

ニューウェルズ・オールドボーイズ
レアル・マドリード

代表[編集]

アルゼンチン

指導者時代[編集]

レアル・マドリード
  • プリメーラ・ディビシオン : 1994-95

脚注[編集]

  1. ^ a b c Valdano, Jorge”. National-Football-Teams.com. 2017年4月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 週刊サッカーマガジン 編 『サッカーマルチ大辞典 改訂版』 ベースボール・マガジン社、2006年、367頁。ISBN 978-4583038803
  3. ^ a b c d e f Maradona, Mascherano and philosophy”. BBC Sport (2008年11月4日). 2017年10月13日閲覧。
  4. ^ a b Jorge Valdano, un filósofo de la pelota”. FIFA.com. 2017年10月13日閲覧。
  5. ^ Copa América 1975”. rsssf.com. 2017年4月6日閲覧。
  6. ^ a b ブライアン・グランヴィル著、田村修一 他訳 『決定版ワールドカップ全史』 草思社1998年、324-350頁。ISBN 978-4794208187
  7. ^ Argentina '86: Where are they now: Football”. Telegraph (2008年11月18日). 2017年4月6日閲覧。
  8. ^ a b c Jorge Valdano”. Real Madrid CF. 2017年10月13日閲覧。
  9. ^ 「連載・イタリア'90 強豪チームの全容を探る」『決定版ワールドカップ全史』1990年5月号、ベースボール・マガジン社、107頁。
  10. ^ Jorge Valdano ficha como entrenador del Tenerife”. Elpais.com (1992年4月15日). 2017年10月13日閲覧。
  11. ^ Valdano: "El Tenerife saldrá a ganar sin mirar el marcador simultaneo"”. Elpais.com (1993年6月19日). 2017年10月13日閲覧。
  12. ^ Raúl González: "Mi mujer ha sido y es el motor de mi casa"”. ELMUNDO.es (2016年4月23日). 2017年10月13日閲覧。
  13. ^ a b Valdano abandona el Madrid”. EL PAÍS (2004年5月28日). 2017年10月13日閲覧。
  14. ^ バルダーノにレアル・マドリーは似合わない。”. NumberWeb (2004年2月19日). 2017年10月13日閲覧。
  15. ^ El Madrid Fulmina a Valdano”. elpais.com (2011年5月25日). 2017年10月13日閲覧。
  16. ^ 不振に喘ぐレアルで繰り広げられる、モウリーニョ対GMの“仁義なき戦い””. NumberWeb (2011年2月11日). 2017年10月13日閲覧。
  17. ^ “レアルNo.2”バルダーノの追放完了! クラブを完全支配したモウリーニョ。”. NumberWeb (2011年6月1日). 2017年10月13日閲覧。