ルイス・イスラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はイスラス第二姓(母方の)はラニエリです。
ルイス・イスラス Football pictogram.svg
名前
本名 ルイス・アルベルト・イスラス・ラニエリ
Luis Alberto Islas Ranieri
ラテン文字 Luis Islas
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1965-12-22) 1965年12月22日(53歳)
出身地 ブエノスアイレス
身長 192cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982 アルゼンチンの旗 チャカリタ・ジュニアーズ 21 (0)
1983-1986 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス 107 (0)
1986-1988 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 48 (0)
1988-1990 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 0 (0)
1989-1990 スペインの旗 ログロニェス(loan) 35 (0)
1990-1994 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 141 (0)
1995 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ 15 (0)
1996 アルゼンチンの旗 プラテンセ 10 (0)
1996-1997 メキシコの旗 トルーカ 53 (0)
1998-1999 メキシコの旗 ウラカン 19 (0)
2000 アルゼンチンの旗 ティグレ 12 (0)
2000-2001 メキシコの旗 レオン 44 (0)
2002-2003 アルゼンチンの旗 タジェレス 34 (0)
2003 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 8 (0)
代表歴
1984-1994 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 30 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・イスラスLuis Alberto Islas Ranieri1965年12月22日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の元サッカー選手、指導者[1] 。ポジションはゴールキーパーアルゼンチン代表であった。

略歴[編集]

クラブではCAインデペンディエンテで約半分のキャリアを過ごし、241試合に出場[2] 、1994年のスーペルコパ・スダメリカーナ、1995年日本開催のレコパ・スダメリカーナで優勝している。 2003年にCAインデペンディエンテにて引退した[2]

1984年にアルゼンチン代表デビューを果たし、1986年のメキシコワールドカップでは出場機会は無かったが、優勝メンバーとなる。1990年イタリアワールドカップのメンバーからは大会直前に外れた。1994年のアメリカワールドカップでは正GKを務めたがベスト16でルーマニアに敗戦した。その他1993年のコパ・アメリカ優勝メンバーである、1984年から1994年までアルゼンチン代表として30試合に出場した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Diario Olé
  2. ^ a b c Luis Islas - National-Football-Teams.com