セルヒオ・ゴイコチェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セルヒオ・ゴイコチェア Football pictogram.svg
Sergio Goycochea (1).jpg
2011年のゴイコチェア
名前
本名 セルヒオ・ハビエル・ゴイコチェア
Sergio Javier Goycochea
愛称 エル・バスコ (El Vasco)[1]
ゴイコ (Goyco)[2]
ラテン文字 Sergio Goycochea
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1963-10-17) 1963年10月17日(54歳)
出身地 サラテスペイン語版
身長 185cm
体重 81kg
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1982 アルゼンチンの旗 デフェンソーレススペイン語版
1982-1988 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 58 (0)
1988-1990 コロンビアの旗 ミジョナリオス 39 (0)
1991 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 35 (0)
1992 フランスの旗 スタッド・ブレスト29 11 (0)
1993 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ
1993 パラグアイの旗 オリンピア
1993-1994 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 16 (0)
1994-1995 アルゼンチンの旗 マンディーユスペイン語版 30 (0)
1995-1996 ブラジルの旗 インテルナシオナル 22 (0)
1996-1997 アルゼンチンの旗 ベレス 2 (0)
1997-1998 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ 13 (0)
代表歴
1981 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ユース 3 (0)
1987-1994[3] アルゼンチンの旗 アルゼンチン 44 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セルヒオ・ゴイコチェアSergio Goycochea1963年10月17日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。選手時代はPKストップの名手として知られた[1]

経歴[編集]

1990年イタリアで開催された1990 FIFAワールドカップでは、グループリーグのソビエト連邦代表戦で正GKのネリー・プンピードが負傷するとレギュラーの座を掴んだ[4]。当初は不安定な守備を見せていたが[5]、準々決勝のユーゴスラビア代表戦、準決勝のイタリア代表戦と二度のPK戦において好守備を見せて、アルゼンチンの決勝進出に貢献した[4]

1991年にはFIFA選抜チームに選ばれ、同年10月8日ドイツミュンヘンで開催されたユニセフ・チャリティマッチのドイツ代表戦に出場した[6]

その後もアルゼンチン代表の正キーパーとしてコパ・アメリカ1991コパ・アメリカ1993連覇に貢献したが、1993年9月5日に行われた1994 FIFAワールドカップ・南米予選コロンビア代表戦では5失点を喫した[2][7]1994年アメリカ合衆国で開催された本大会ではルイス・イスラス英語版が全試合にスタメン出場したため、出場機会はなかった。1998年に現役を引退後、アルゼンチンでサッカーを中心にスポーツジャーナリストとして活動している[8][9]

人物[編集]

ゴイコチェアは選手時代、PK戦において強さを発揮していたが、「直前にピッチで小便をする」というゲン担ぎをしていた[10]。これは1990 FIFAワールドカップ準々決勝のユーゴスラビア代表戦においてPK戦に突入したため、競技場のトイレに行くことができず、仕方なくピッチ脇で用を足したところ勝利したことが由来となっている[10]

代表歴[編集]

試合数[編集]

出典[3]


アルゼンチン代表 国際Aマッチ
出場 得点
1987 1 0
1988 0 0
1989 0 0
1990 7 0
1991 13 0
1992 4 0
1993 16 0
1994 3 0
通算 44 0

脚注[編集]

  1. ^ a b Meet the penalty killers”. FIFA.com (2012年2月17日). 2017年10月13日閲覧。
  2. ^ a b Habló Goyco luego de que lo filmaran casi a las piñas en la calle”. muy.clarin.com (2016年7月28日). 2017年10月13日閲覧。
  3. ^ a b Goycochea, Sergio”. National-Football-Teams.com. 2017年10月13日閲覧。
  4. ^ a b ブライアン・グランヴィル著、田村修一 他訳 『決定版ワールドカップ全史』 草思社1998年、373-388頁。ISBN 978-4794208187
  5. ^ 『スマッシュ8月号増刊 ワールドカップITALY'90 1次リーグ完全速報号』 日本スポーツ企画出版社1990年、31頁。
  6. ^ FIFA XI´s Matches - Full Info”. rsssf.com. 2017年10月13日閲覧。
  7. ^ Un anivesario que duele: el 0-5 ante Colombia cumple 20 años”. lanacion.com (2016年9月5日). 2017年10月13日閲覧。
  8. ^ モウリーニョ:「リーガは失うのが早すぎた」”. goal.com (2013年4月7日). 2017年10月13日閲覧。
  9. ^ カフー、ダービッツ、ファン・デル・サール…往年の名選手たちもスタジアムに(8枚)”. ゲキサカ (2014年7月10日). 2017年10月13日閲覧。
  10. ^ a b FAカップの新星がソックスを下げてプレーする理由…選手独自のゲン担ぎとは?”. サッカーキング (2015年4月21日). 2017年10月13日閲覧。