ペドロ・トログリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペドロ・トログリオ Football pictogram.svg
Pedro Troglio.jpg
名前
本名 ペドロ・アントニオ・トログリオ
Pedro Antonio Troglio
ラテン文字 Pedro TROGLIO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1965-07-28) 1965年7月28日(52歳)
出身地 ルハンスペイン語版
身長 172cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1988 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 59 (3)
1988-1989 イタリアの旗 ヴェローナ 32 (1)
1989-1991 イタリアの旗 ラツィオ 40 (1)
1991-1994 イタリアの旗 アスコリ 106 (13)
1994 日本の旗 中央防犯 0 (0)
1995-1996 日本の旗 アビスパ福岡 56 (20)
1997-2002 アルゼンチンの旗 ヒムナシア 124 (4)
2002-2003 アルゼンチンの旗 ビジャ・ダルミネ 31 (4)
通算 448 (46)
代表歴
1987-1990 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 21 (2)
監督歴
2004-2005 アルゼンチンの旗 ゴドイ・クルス
2005-2007 アルゼンチンの旗 ヒムナシア・ラ・プラタ
2007-2008 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
2008-2010 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ
2010-2011 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス
2011-2016 アルゼンチンの旗 ヒムナシア・ラ・プラタ
2016 アルゼンチンの旗 ティグレ
2017- ペルーの旗 ウニベルシタリオ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ペドロ・アントニオ・トログリオPedro Antonio Troglio, 1965年7月28日 - )はアルゼンチンブエノスアイレス州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

現役時代[編集]

CAリーベル・プレートでキャリアを始める。リーベルでは、リーグ優勝や、コパレベルタドーレスの優勝を経験。1986年のトヨタカップでも来日した。 1990 FIFAワールドカップアルゼンチン代表の一員として出場し、ソビエト連邦戦ではゴールを挙げた。 イタリアではラッイオ、アスコリ、ベローナで4シーズンをセリエA、2シーズンをセリエBでプレーした。ベローナではカニ―ヒャと共にプレーした。

その後はアビスパ福岡でプレーし、1997年にはJリーグで10ゴールを挙げた。

選手生活の晩年は母国で過ごし、クラブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタから移籍した4部所属のクラブ・ビジャ・ダルミネスペイン語版で現役を引退した。

指導者時代[編集]

プリメーラB・ナシオナルCDゴドイ・クルスで初めて監督を務めるがシーズン途中に退任。2005年3月、不振に喘ぐヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタの指揮官の座に就きクラブをプリメーラ・ディビシオンに残留させることに成功した[1]。翌シーズンのアペルトゥーラではクラブを過去最高タイの2位に導いた。同年6月、ヒムナシアで自身が着けていた背番号である21番がクラブ初の永久欠番に指定された。以降クラブはエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタとのダービーマッチでは0-7の大敗を喫するなど再び下降線を辿り、2007年7月に辞任した。しかしファンからの支持は根強く、成績低迷に関する批判はフアン・ホセ・ムニョススペイン語版会長に向けられた。

同年、ホルヘ・ブルチャガが退任したCAインデペンディエンテの監督に就任したが、翌年3月には成績不振により解任された。セロ・ポルテーニョの監督として2009年のアペルトゥーラを制すると、翌年5月30日にはクラウディオ・ボルギに代わってAAアルヘンティノス・ジュニアーズを率いることになった[2]。2011-12アペルトゥーラでは開幕以来低迷し、2011年9月18日に辞任することを発表した[3]

2016年3月22日、CAティグレの監督に招聘された[4]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1994 中央防犯 JFL 0 0 - 1 0 1 0
1995 福岡B 8 29 10 - 3 1 32 11
1996 福岡 - J 27 10 14 2 1 0 42 12
通算 日本 J1 27 10 14 2 1 0 42 12
日本 JFL 29 10 - 4 1 33 11
総通算

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pedro Troglio regresa a Gimnasia y Esgrima como técnico”. 2005年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月24日閲覧。
  2. ^ Presentación de Troglio”. Asociación Atlética Argentinos Juniors (2010年5月30日). 2016年9月25日閲覧。
  3. ^ El adiós de Pedro”. Asociación Atlética Argentinos Juniors (2011年9月18日). 2016年9月25日閲覧。
  4. ^ PRESENTACIÓN PEDRO TROGLIO”. Club Atlético Tigre (2016年3月22日). 2016年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]