ホルヘ・ブルチャガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホルヘ・ブルチャガ Football pictogram.svg
Burruchaga gritando gol de argentina.JPG
1986 FIFAワールドカップ決勝でのブルチャガ (中央)
名前
本名 ホルヘ・ルイス・ブルチャガ
Jorge Luis Burruchaga
愛称 エル・ブル
ラテン文字 Jorge BURRUCHAGA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1962-10-09) 1962年10月9日(56歳)
出身地 グアレグアイスペイン語版
身長 177cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF (OH) / FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1981 アルゼンチンの旗 アルセナル 49 (7)
1982-1985 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 146 (53)
1985-1992 フランスの旗 ナント 140 (27)
1992-1993 フランスの旗 ヴァランシエンヌ 32 (10)
1995-1998 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 89 (19)
通算 456 (116)
代表歴
1981 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 2 (0)
1983-1990 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 57 (13)
監督歴
2002-2005 アルゼンチンの旗 アルセナル
2005-2006 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス
2006-2007 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
2008-2009 アルゼンチンの旗 バンフィエルド
2009-2010 パラグアイの旗 アルセナル
2011-2012 パラグアイの旗 リベルタ
2012-2014 アルゼンチンの旗 アトレティコ・デ・ラファエラ
2015-2016 アルゼンチンの旗 アトレティコ・デ・ラファエラ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホルヘ・ルイス・ブルチャガ(Jorge Luis Burruchaga, 1962年10月9日 - )は、アルゼンチンエントレ・リオス州出身のサッカー選手、サッカー指導者。ニックネームはブル (Burru) 。ポジションはミッドフィールダーオフェンシブハーフ)。1986年メキシコワールドカップでは先制点をアシスト、さらに決勝点を決め、アルゼンチンを優勝に導いた。アルゼンチン代表ではマラドーナとのプレーの相性がとてもよく、マラドーナはブルチャガのことを、自分の副官の様な存在であったとしている[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

CAインデペンディエンテでは、1983年にアルゼンチンリーグ優勝、1984年にコパ・リベルタドーレスインターコンチネンタルカップを制した。1985年からはフランスのFCナント、1992年からはヴァランシエンヌFCに在籍、二桁ゴールの活躍をしていたが、八百長疑惑に巻き込まれ、2年間の長期出場停止処分を受けた[2]。 処分が明けてからは古巣インデペンディエンテでプレーし、1996年の南米スーパーカップ制覇[3]や1995年レコパカップ(JAL CUP)の優勝に貢献し[4][5](1996年神戸開催のグレミオ戦ではPKで1ゴールを決めている。)、1998年のアルゼンチンリーグ前期リーグ、ベレス・サルスフィエルド戦を最後に引退した。

代表[編集]

1983年から1990年にかけてアルゼンチン代表でプレーし、1983年のコパ・アメリカで大会得点王になった。

1986年のメキシコワールドカップでは、グループリーグ最終戦のブルガリア戦でゴール、決勝戦の西ドイツ戦ではFKからブラウンの先制点をアシスト、さらに決勝点となる3点目のゴールを決めアルゼンチンに優勝をもたらした[6]

アルゼンチンが準優勝した1990年のイタリアワールドカップでも全試合に出場、グループリーグ第2戦ソビエト連邦戦でゴールを決めた。1994年のアメリカ大会ワールドカップの時も代表候補になるが、最終的にはメンバーから外れた。代表では57試合に出場13ゴールを挙げた[7]

指導者[編集]

現役引退後は指導者として国内クラブの監督を歴任している。2005年、レイナルド・メルロの後継としてエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタの監督に就任した。2006年にCAインデペンディエンテの監督に就任したが、2007年4月に更迭された。2008年にCAバンフィエルドの監督に就任したが、2009年3月に辞任した。

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

クラブ リーグ カップ リーグ杯 国際大会 合計
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ カップ リーグ杯 国際大会 合計
1980 アルセナル プリメーラB 15 1 15 1
1981 34 6 34 6
1982 インデペンディエンテ プリメーラ 52 17
1983 55 23
1984 29 10
1985 10 3
1985–86 0 0
フランス リーグ カップ リーグ杯 国際大会 合計
1985–86 ナント ディヴィジオン1 36 9
1986–87 30 6
1987–88 10 2
1988–89 6 2
1989–90 27 4
1990–91 3 0
1991–92 28 4
1992–93 ヴァランシエンヌ 32 10
アルゼンチン リーグ カップ リーグ杯 国際大会 合計
1994–95 インデペンディエンテ プリメーラ 11 1
1995–96 27 6
1996–97 31 9
1997–98 20 3
小計 アルゼンチン 284 79
フランス 140 37
合計 424 116

代表での成績[編集]

出典[8]


アルゼンチン代表国際Aマッチ
出場得点
1983 7 3
1984 12 2
1985 9 3
1986 10 2
1987 1 1
1988 0 0
1989 7 0
1990 11 2
通算 57 13

脚注[編集]

  1. ^ マラドーナ独白 東洋館出版社 248ページから
  2. ^ Adams, Tom (2011年3月10日). “The shame of Marseille”. ESPN FC. 2015年6月11日閲覧。
  3. ^ Bobrowsky, Josef (2001年4月11日). “Supercopa Libertadores 1995 – Full Details”. RSSSF. 2015年6月11日閲覧。
  4. ^ Un estigma que se reitera” (スペイン語). Lá Nación. 2015年6月11日閲覧。
  5. ^ Garin, Erik (2003年7月3日). “Recopa 1994”. RSSSF. 2015年6月11日閲覧。
  6. ^ World Cup 2014: 100 great World Cup moments – 41 days to go”. BBC Sport (2014年5月2日). 2017年4月11日閲覧。
  7. ^ Mamrud, Roberto (2015年1月8日). “Argentina - Record International Players”. RSSSF. 2015年6月11日閲覧。
  8. ^ Burruchaga, Jorge”. National-Football-Teams.com. 2017年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]