クラブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒムナシア・イ・エスグリマ(LP)
原語表記 Club de Gimnasia y Esgrima La Plata
愛称 El Lobo (狼)
El Los Triperos (大食漢)
Basureros (掃除屋)
Subcampeones (万年2位)[1]
クラブカラー 白・青
創設年 1887年
所属リーグ アルゼンチンリーグ
所属ディビジョン スーペルリーガ・アルヘンティーナ
ホームタウン ラ・プラタ
ホームスタジアム エスタディオ・フアン・カルメロ・セリージョ
収容人数 21,500[2]
代表者 アルゼンチンの旗 ガブリエル・ペジェグリーノ
監督 アルゼンチンの旗 マリアーノ・メッセーラ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

クルブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタスペイン語: Club de Gimnasia y Esgrima La Plataスペイン語発音: [ˈkluβ ðe ximˈnasja i ezˈɣɾima la ˈplata], 英語: La Plata Gymnastics and Fencing Club)、通称ヒムナシア・ラ・プラタGimnasia La Plata)は、アルゼンチンブエノスアイレス州ラ・プラタを本拠地とするサッカークラブである。単にヒムナシアGimnasia)、またはCGEと表記されることもある。アルゼンチンサッカー界の英雄ディエゴ・マラドーナが死去する2020年11月25日まで監督を務めていたクラブとして知られる[3]

2020-21シーズンはスーペルリーガ・アルヘンティーナ(1部)に所属する。ヒムナシア・ラ・プラタはアルゼンチン最古のクラブで1887年に設立された。また、ペルーリマ・クリケット・アンド・フットボール・クラブ1859年に設立)のように設立年が、ヒムナシア・ラ・プララタよりも古いクラブが南米には存在するが、自分たちが南米最古のクラブでもあると宣言している。

名称[編集]

名前は日本語に訳すと「ラ・プラタ・器械体操とフェンシング・クラブ」という名前である。これは設立当時、この2つのスポーツが主体のクラブだったからである。

ニックネーム[編集]

El Lobo

ヒムナシア・ラ・プラタの愛称で最もよく使われるのは、El Lobo(ロボ、狼の意)である。この愛称は1962年シーズンに、チームが素晴らしいフットボールを見せたことから生まれた。このシーズンは9連勝して15節まで無敗であった。最終的には3位という成績であったが優勝争いをする活躍をした。この愛称のアイディアはヒムナシアのスタジアムがラ・プラタ市の森の中にあり、豊かな自然の中にあったことと、このチームが抜け目なく、素早く、動物的でまるで狼のようであったからである。この愛称はクラブを象徴するような呼び名となった。

あとLos Triperos(ロス・トリペロス:大食漢の意)という愛称も持つ。これはクラブの初期、サポーターに屠畜場で働く人が多く、彼らが自分達のことをこう呼んだからである。

ライバル[編集]

ヒムナシア・ラ・プラタのライバルは、同じラ・プラタを本拠地とするエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタである。このクラシコクラシコ・プラテンセスペイン語版(又はクラシコ・デ・ラ・プラタ)と言われている。 オレ紙の2005年の統計によると、このクラシコはアルゼンチンで5番目に関心を持たれているクラシコである。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

現所属メンバー[編集]

2019年8月3日現在[10]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK アルゼンチン トマス・ドゥルソ
2 DF アルゼンチン パオロ・ゴルツ
4 DF アルゼンチン レオナルド・モラレス
5 MF コロンビア アリンソン・マンシージャ
7 MF アルゼンチン フランコ・ムシス
8 FW アルゼンチン クラウディオ・スピネッリ
9 FW アルゼンチン ニコラス・コンティン
10 MF アルゼンチン アリエル・マティアス・ガルシア
11 FW アルゼンチン オラシオ・ティヤノビッチ
12 GK アルゼンチン ネルソン・インスフラン
13 MF ベネズエラ ヘスス・バルガス
14 MF アルゼンチン アグスティン・ボリバル
15 DF アルゼンチン マクシミリアーノ・カイレ
16 MF パラグアイ ビクトル・アヤラ
17 FW コロンビア ジョナタン・アグデロ
18 FW パラグアイ ルーカス・バリオス
No. Pos. 選手名
19 GK アルゼンチン ホルヘ・ブラウン
20 MF ウルグアイ ブライアン・アレマン
21 MF アルゼンチン ラウタロ・チャベス
22 MF アルゼンチン マティアス・ミランダ
23 DF アルゼンチン マクシミリアーノ・コロネル
24 DF アルゼンチン ヘルマン・ギフレイ
25 DF アルゼンチン ルーカス・リヒト キャプテン
26 MF アルゼンチン ホセ・パラデラ
28 DF アルゼンチン マヌエル・グアニーニ
30 MF アルゼンチン マクシミリアーノ・コンバ
31 MF アルゼンチン マティアス・ペレス・ガルシア
32 DF アルゼンチン マティアス・メジューソ
33 FW アルゼンチン パブロ・クアドラ
34 MF アルゼンチン パトリシオ・モンティ
43 FW アルゼンチン エリック・ラミレス

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gimnasia: Historia de una Pasión, by Héctor Collivadino. Publisher: Editorial Deportiva Bonaerense & Diario El Día (2005) – ISBN 987-43-0446-4
  2. ^ CLUB DE GIMNASIA Y ESGRIMA LA PLATA”. www.gimnasia.org.ar. 2018年4月17日閲覧。
  3. ^ “マラドーナ氏、母国アルゼンチンで入院”. AFP通信. (2020年11月3日). https://www.afpbb.com/articles/-/3313529 2021年6月2日閲覧。 
  4. ^ Gorgazzi, Osvaldo José (2008年10月23日). “Argentina 1929”. RSSSF. 2018年5月3日閲覧。
  5. ^ Episcopio, Walter (2004年). “Gimnasia con su Copa más preciada”. El Día. 2009年3月20日閲覧。
  6. ^ Final Tables Argentina Second Level 1937–2000”. RSSSF. 2008年5月1日閲覧。
  7. ^ Gorgazzi, Osvaldo José (2008年). “Argentina – Second Level Champions”. RSSSF. 2008年5月1日閲覧。
  8. ^ Ciullini, Angelo (2007年). “Argentina Second Level 1947”. RSSSF. 2008年5月1日閲覧。
  9. ^ Ciullini, Angelo (2006年). “Argentina Second Level 1952”. RSSSF. 2008年5月1日閲覧。
  10. ^ “Gimnasia y Esgrima squad”. Soccerway. https://int.soccerway.com/teams/argentina/gimnasia-y-esgrima-la-plata/99/squad/ 2018年10月7日閲覧。 

外部リンク[編集]