アドルフォ・ペデルネラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドルフォ・ペデルネラ Football pictogram.svg
Pedernera argnationalteam.jpg
1945年のペデルネラ
名前
本名 アドルフォ・アルフレッド・ペデルネラ
Adolfo Alfredo Pedernera
愛称 El Maestro
ラテン文字 Adolfo PEDERNERA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1918-11-15) 1918年11月15日
出身地 アベジャネーダ
没年月日 (1995-05-12) 1995年5月12日(76歳没)
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1935-1946 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 278 (131)
1947 アルゼンチンの旗 アトランタ 28 (4)
1948-1949 アルゼンチンの旗 ウラカン 20 (2)
1949-1954 コロンビアの旗 ミジョナリオス 81 (33)
1954-1955 アルゼンチンの旗 ウラカン 10 (0)
通算 417 (170)
代表歴
1940-1946 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 21 (7)
監督歴
1951-1953 コロンビアの旗 ミジョナリオス(選手兼任)
1954 アルゼンチンの旗 ウラカン(選手兼任)
1955 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
1955 アルゼンチンの旗 ヒムナシア
1955-1956 アルゼンチンの旗 ウラカン
1957 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
1960-1961 コロンビアの旗 アメリカ・デ・カリ
1961-1962 コロンビアの旗 コロンビア
1962 アルゼンチンの旗 ヒムナシア
1963-1964 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
196-1967 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
1968 アルゼンチンの旗 キルメスAC
1969 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
1969 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
1970 アルゼンチンの旗 ウラカン
1975 アルゼンチンの旗 タジェレススペイン語版
1976 アルゼンチンの旗 バンフィエルド
1977 コロンビアの旗 アメリカ・デ・カリ
1978 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アドルフォ・アルフレッド・ペデルネラAdolfo Alfredo Pedernera, 1918年11月15日 - 1995年5月12日)は、アルゼンチンブエノスアイレス州アベジャネーダ出身のサッカー選手サッカー指導者。ポジションはフォワード1940年代La Maquina(機械)と呼ばれたCAリーベル・プレートの一員である。

2000年には、国際サッカー歴史統計連盟により20世紀最高の選手を決めるランキングにおいて南米部門で12位に選ばれた[1]

経歴[編集]

若い頃からサッカーの才能に恵まれていたペデルネラは、最初にクルセロス・デ・ラ・プラタというクラブに加入した。しかしすぐにCAウラカンに入団し、1933年にCAリーベル・プレートに加わった。1935年、16歳の若さのペデルネラは同クラブでデビューした。リーベル・プレートには1946年まで在籍し、リーグを5度制した。そのほかアルゼンチン代表でもコパ・アメリカで2度優勝した。

第二次世界大戦によってFIFAワールドカップに出場することはなかったが、リーベル・プレートではアンヘル・ラブルナホセ・マヌエル・モレノフェリックス・ロウストウスペイン語版フアン・カルロス・ムニョスらと共にプレーした。彼らが所属していた当時のリーベル・プレートは機械のように精密なコンビネーションからLa Maquina(機械)と呼ばれ、1942年には全32試合で84もの得点を挙げた。その後、100万ペソでCAアトランタスペイン語版からオファーを受けた。しかしアトランタに在籍した期間は短く、1年後にはキャリアをスタートさせたCAウラカンへと移った。その後、ミジョナリオスFCのトレーナーがブエノス・アイレスにやって来た時にミジョナリオスでプレーするようペデルネラを説得し、1949年6月8日にミジョナリオスの一員となった。6月10日に本拠地ボゴタに到着、5,000人のファンが歓迎した。

6月25日に行われたミジョナリオスでの初試合となるCDカルダス戦では3-0のスコアで勝利した。その試合後、ボゴタの報道機関はペデルネラについて「El Maestro巨匠)」と紹介した。アルフレッド・ディ・ステファノらと共に、1949年のリーグタイトル獲得に貢献。デポルティーボ・カリとのプレーオフでは、ペデルネラは2つの決定的なゴールを決めた。監督の退任後は選手兼任監督を務め、1951年からコロンビアリーグ3連覇を果たすと共に1953年にはコロンビアカップも手にした。この時期のミジョナリオスは、CAウラカンやクラブ・ボリバルSKラピード・ウィーン、1952年、1953年とアルゼンチンリーグを連覇したリーベル・プレートなどの強豪を破った。

1952年3月、当時33歳だったペデルネラはミジョナリオスのヨーロッパツアーに帯同し、エスタディオ・チャマルティンで行われたレアル・マドリードとの親善試合に参加し4-2のスコアで勝利。レアル・マドリードは再戦を求めたが、2度目の試合でも再び敗戦した。1953年、ペケーニャ・コパ・デル・ムンド(現在のインターコンチネンタルカップ)でもクラブを勝利に導いた。

1954年、不法な所属選手達は元々在籍したクラブに戻り、ペデルネラもCAウラカンへと戻った。1955年に現役を引退。

引退後はナシオナル・モンテビデオクラブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタCAインデペンディエンテボカ・ジュニアーズアメリカ・デ・カリ、そして現役時代に約10年所属したリーベル・プレートなどの指揮を執り、コロンビア代表やアルゼンチン代表などの監督も務めた。しかし、ペデルネラが率いたアルゼンチン代表は1970年W杯予選において敗退を喫し、参加大会ではアルゼンチン唯一の予選敗退をしてしまった。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

リーベル・プレート
ミジョナリオス

代表[編集]

アルゼンチン代表

脚注[編集]