コパ・アメリカ2021

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 コパ・アメリカ2021
CONMEBOL Copa América Brasil 2021
Copa América 2021 – Text logo.svg
大会概要
開催国 ブラジルの旗 ブラジル
日程 2021年6月13日 - 7月10日
チーム数 10 (1連盟)
開催地数(4都市)
大会結果
優勝  アルゼンチン (15回目)
準優勝  ブラジル
3位  コロンビア
4位  ペルー
大会統計
試合数 28試合
ゴール数 65点
(1試合平均 2.32点)
総入場者数 7,800人
(1試合平均 279人)
得点王 アルゼンチンの旗 リオネル・メッシ
コロンビアの旗 ルイス・ディアス(4点)
最優秀選手 アルゼンチンの旗 リオネル・メッシ
最優秀
ゴールキーパー
アルゼンチンの旗 エミリアーノ・マルティネス
フェアプレー賞  ブラジル
 < 20192024
最終更新日:2021年7月10日

コパ・アメリカ2021: Copa América 2021)は、2021年6月13日から7月10日にかけて開催される第47回目のコパ・アメリカである。もともと2020年コパ・アメリカ2020として開催する予定であったが、COVID-19が世界中で深刻に広がったため、EURO同様2021年に延期された[1]

当初はアルゼンチンコロンビアの共催予定であったが、2021年5月20日にコロンビアが同国の政情不安を理由に共催から離脱することを発表[2]。さらに、アルゼンチンもCOVID-19感染拡大の影響によるため、同月30日に開催権を返上[3]。急遽翌31日に、前回大会に続きブラジルでの開催が決定した[4]

もっとも、ブラジル国内でもCOVID-19の抑制に歯止めがかからず、当初から開催反対の声が根強く、自国代表も出場ボイコットを仄めかしていたものの、結局は前言撤回し、大会は開催。予定通りに開催した背景には経済的な面が大きく、仮に中止した場合には相当な負債が発生した可能性が高かったからだと言われている[5]

大会の変更点[編集]

2017年3月、CONMEBOLはコパ・アメリカの開催年をUEFA EUROと同年に変更すると発表[6]。2018年10月のFIFA評議会で承認した[7]。現時点ではアルゼンチンコロンビアの共催案が立候補されており、2019年4月にブラジルで行われるCONMEBOL総会で正式に承認する[8]

また大会形式も大きく変わり、それまでの3組によるグループステージを2組に変更。上位4チームが決勝トーナメントに進出する[9]

出場国[編集]

2019年6月13日に南米サッカー連盟は、今大会の招待国をオーストラリアならびにカタールとすることを発表した[10]。なお、他に招待の打診があったチームとしては中国[11][12]韓国[13][12]アイスランド[12]もあった。

2021年2月23日、オーストラリアとカタールの各サッカー協会は、2022 FIFAワールドカップのアジア2次予選の残りの試合が2021年6月に延期されたことを理由に、本大会の出場辞退を発表した[14]。これにより、今大会はCONMEBOL加盟の10カ国のみで行われることとなった。

開催地[編集]

リオデジャネイロ
エスタジオ・ド・マラカナン(決勝) エスタジオ・オリンピコ・ニウトン・サントス
Estádio Maracanã 1.jpg Rio2016 Gerais 030 8069 -c-2016 GabrielHeusi HeusiAction.jpg
ブラジリア クイアバ ゴイアニア
エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア アレーナ・パンタナール エスタジオ・オリンピコ・ペドロ・ルドヴィコ
Brasilia Stadium - June 2013.jpg Cuiaba Arena.jpg Estadio-olimpico-pedro-ludovico-teixeira-go-ii.jpg

グループステージ[編集]

グループステージは、CONMEBOL所属チームについては地理的に南北に5チームずつ分けるものとした[15]。招待国の割り当てについては抽選で決定されたが[10]、いずれも辞退したため10カ国のみの開催となった[16]

タイブレーカー[編集]

全試合での獲得勝ち点が並んだ場合の順位決定基準[17]

  1. 当該チームの全試合における、得失点差
  2. 当該チームの全試合における、ゴール数の多少
  3. 当該チーム同士の対戦における、獲得勝ち点の多少
  4. 当該チーム同士の対戦における、得失点差
  5. 当該チーム同士の対戦における、ゴール数の多少
  6. フェアプレーランキングの比較(控除あり)
  7. 抽選

このうち、3.〜7.の基準は1.〜2.の基準で順位が分けられないすべてのチームを、順位が分けられるまで3.から7.の順番に適用される。前の基準(基準3.など)のいずれかに従ってチームの1つが上位または下位にランク付けされるが、残りのチームは複数がある場合、次の基準(基準4.など)に従ってすべてのチームの順位が決定される。いずれの場合、ある基準が適用された後、残りの複数のチームに3.〜7.の基準が最初から再適用されることはない。

南ゾーン(Group A)[編集]

チーム 出場権
1  アルゼンチン 4 3 1 0 7 2 +5 10 決勝トーナメント進出
2  ウルグアイ 4 2 1 1 4 2 +2 7
3  パラグアイ 4 2 0 2 5 3 +2 6
4  チリ 4 1 2 1 3 4 −1 5
5  ボリビア 4 0 0 4 2 10 −8 0
出典: CONMEBOL

#07
チリ  1 - 0  ボリビア
ブレアトン 10分にゴール 10分 レポート
アレーナ・パンタナールクイアバ
観客数: 0人[注釈 1]
主審: スペインの旗 ヘスス・ヒル・マンサーノ

#11
ウルグアイ  1 - 1  チリ
スアレス 66分にゴール 66分 レポート 26分にゴール 26分 バルガス
アレーナ・パンタナールクイアバ
観客数: 0人[注釈 1]
主審: ブラジルの旗 ラファエル・クラウス


#20
ボリビア  1 - 4  アルゼンチン
サーベドラ 60分にゴール 60分 レポート 6分にゴール 6分 ゴメス
33分にゴール 33分 (pen.)42分 メッシ
65分にゴール 65分 La・マルティネス
アレーナ・パンタナールクイアバ
観客数: 0人[注釈 1]
主審: コロンビアの旗 アンドレス・ロハス

北ゾーン(Group B)[編集]

チーム 出場権
1  ブラジル (H) 4 3 1 0 10 2 +8 10 決勝トーナメント進出
2  ペルー 4 2 1 1 5 7 −2 7
3  コロンビア 4 1 1 2 3 4 −1 4
4  エクアドル 4 0 3 1 5 6 −1 3
5  ベネズエラ 4 0 2 2 2 6 −4 2
出典: CONMEBOL
(H) 開催地.


#10
コロンビア  1 - 2  ペルー
ボルハ 53分にゴール 53分 (pen.) レポート 17分にゴール 17分 ペーニャ
64分にオウンゴール 64分 (o.g.) ミナ
エスタジオ・オリンピコ・ペドロ・ルドヴィコゴイアニア
観客数: 0人[注釈 1]
主審: ウルグアイの旗 エステバン・オストジッチ


決勝トーナメント[編集]

90分以内に勝負がつかない場合[17]

  • 決勝以外に延長戦を行わず、直ちにPK戦を執行。
  • 決勝に延長戦を行い、それでも勝負がつかない場合はPK戦を執行。

トーナメント表[編集]

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
7月3日 – ブラジリア
 
 
 アルゼンチン3
 
7月6日 – ブラジリア
 
 エクアドル0
 
 アルゼンチン (p)1 (3)
 
7月3日 – ゴイアニア
 
 コロンビア1 (2)
 
 ウルグアイ0 (2)
 
7月10日 – リオデジャネイロ
 
 コロンビア (p)0 (4)
 
 アルゼンチン1
 
7月2日 – リオデジャネイロ
 
 ブラジル0
 
 ブラジル1
 
7月5日 – リオデジャネイロ
 
 チリ0
 
 ブラジル1
 
7月2日 – ゴイアニア
 
 ペルー0 3位決定戦
 
 ペルー (p)3 (4)
 
7月9日 – ブラジリア
 
 パラグアイ3 (3)
 
 コロンビア3
 
 
 ペルー2
 

準々決勝[編集]




準決勝[編集]


3位決定戦[編集]

決勝[編集]

TV中継[編集]

日本ではインターネットTV局のABEMAによる独占配信を行う。予選リーグを「ABEMA SPORTS LIVE1チャンネル」での無料生配信、決勝トーナメントを「ABEMA PPV ONLINE LIVE」での有料生配信としている[19]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Comunicado Oficial”. CONMEBOL.com (2020年3月17日). 2020年3月17日閲覧。
  2. ^ コロンビア、コパ・アメリカ2021の共催から離脱…反政府デモによる国内政情不安が理由”. サッカーキング (2021年5月21日). 2021年5月21日閲覧。
  3. ^ 感染拡大が理由でアルゼンチンでの開催も不可能に CONMEBOLは中止せず別の国での開催を模索”. Goleador (2021年5月31日). 2021年5月31日閲覧。
  4. ^ アルゼンチン開催の撤回から24時間以内に決まった急転直下の発表 2021年大会の開催国はブラジル”. Goleador (2021年5月31日). 2021年6月1日閲覧。
  5. ^ 今大会の開催は1,500万ドル以上の損失が確実 それでも中止より開催を選ぶしかなかった裏事情”. Goleador (2021年7月1日). 2021年7月4日閲覧。
  6. ^ Gonzalez, Roger (2017年3月20日). “The Copa America is reportedly coming back to the United States in 2020”. CBS Interactive. https://www.cbssports.com/soccer/news/the-copa-america-is-reportedlly-coming-back-to-the-united-states-in-2020/ 2018年10月26日閲覧。 
  7. ^ Gabilondo, Aritz (2018年10月26日). “Oficial: la Copa América será los años pares desde 2020” (Spanish). PRISA. https://as.com/futbol/2018/10/26/internacional/1540552736_779766.html 2018年10月26日閲覧。 
  8. ^ Argentina and Colombia to host 2020 Copa America”. Mundo Albiceleste Argentina (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  9. ^ コパアメリカ2020=開催方式の変更を決定==アルゼンチン、コロンビアの共催が有力 ニッケイ新聞
  10. ^ a b Australia y Qatar, invitadas a la CONMEBOL Copa América 2020” (スペイン語). 南米サッカー連盟 (2019年6月13日). 2019年6月25日閲覧。
  11. ^ 中国はコパ・アメリカ2020参加を断念…オーストラリアが出場へ”. サッカーキング. フロムワン (2019年6月5日). 2019年6月25日閲覧。
  12. ^ a b c China, Qatar invited to attend 2020 Copa América”. 中新網. 中国新聞社 (2019年4月12日). 2019年6月25日閲覧。
  13. ^ 金明昱 (2019年6月24日). “久保建英で注目のコパ・アメリカ、韓国代表が「格」を重んじて2020年大会を辞退した複雑な事情とは?”. Yahoo!ニュース(個人). 2019年6月25日閲覧。
  14. ^ 1年延期されたコパ・アメリカは6月に開催へ 招待国2カ国はCOVID-19の影響により不参加に”. Goleador (2021年3月15日). 2021年3月16日閲覧。
  15. ^ La Copa América 2020 en dos zonas de Sudamérica para acercar los partidos de selecciones a sus aficionados” (スペイン語). 南米サッカー連盟 (2019年4月9日). 2019年6月25日閲覧。
  16. ^ CONMEBOL Copa América 2021. Fixture | CONMEBOL”. www.conmebol.com. 2021年6月17日閲覧。
  17. ^ a b CONMEBOL Copa América 2021. Reglamento” (スペイン語). CONMEBOL (2021年5月12日). 2021年7月4日閲覧。
  18. ^ Final da Copa América opõe Brasil e Argentina em jogo com público no Maracanã”. CNN Brazil (2021年7月10日). 2021年7月10日閲覧。
  19. ^ コパ・アメリカ2021が『ABEMA』で全試合独占配信決定! 予選グループステージは無料放送 - サッカーキング、2021年6月11日(2021年6月12日閲覧)

外部リンク[編集]