サッカー南米選手権1955

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南米選手権1955
大会概要
開催国 チリの旗 チリ
日程 2月27日 - 3月30日
チーム数(1連盟)
大会結果
優勝  アルゼンチン
準優勝  チリ
3位  ペルー
4位  ウルグアイ
大会統計
試合数 15試合
ゴール数 73点
(1試合平均 4.87点)
得点王 アルゼンチン ロドルフォ・ミケーリ (8)

サッカーの南米選手権1955は、チリで開催され、アルゼンチンが優勝、チリが準優勝した。

1次ラウンド[編集]

チーム 勝点 試合 得点 失点
 ブラジル 12 7 6 0 1 39 7
 パラグアイ 12 7 6 0 1 21 6
 ペルー 10 7 5 0 2 20 13
 ボリビア 8 7 4 0 3 13 24
 チリ 5 7 2 1 4 10 14
 ウルグアイ 5 7 2 1 4 14 20
 エクアドル 2 7 1 0 6 7 21
 コロンビア 2 7 0 2 5 4 23
 アルゼンチン 0 0 0 0 0 0 0


1955年2月27日
ブラジル  9–1  エクアドル
Tesourinha 3分にゴール 3分42分
Octavio 10分にゴール 10分
Jair 13分にゴール 13分35分
Simão 16分にゴール 16分25分
ジジーニョ 67分にゴール 67分
アデミール 88分にゴール 88分
Sigifredo Cuchuca 18分にゴール 18分

1955年3月2日
ボリビア  3–2  チリ
Ugarte 59分にゴール 59分
Godoy 77分にゴール 77分
Gutiérrez 79分にゴール 79分
Riera 30分にゴール 30分
Salamanca 71分にゴール 71分


1955年3月9日
ペルー  4–0  コロンビア
Pedraza 22分にゴール 22分 90分にゴール 90分
Drago 47分にゴール 47分
Castillo 85分にゴール 85分


1955年3月13日
ブラジル  10–1  ボリビア
Nininho 16分にゴール 16分39分86分
Jair 17分にゴール 17分
ジジーニョ 25分にゴール 25分80分
Cláudio 49分にゴール 49分84分
Simão 71分にゴール 71分79分
Ugarte 75分にゴール 75分

1955年3月1e日
ブラジル  2–1  チリ
ジジーニョ 20分にゴール 20分
Cláudio 49分にゴール 49分 (PK)
López 89分にゴール 89分 (PK)


1955年3月18日
パラグアイ  3–1  ペルー
Barrios 38分にゴール 38分pen.分
Arce 56分にゴール 56分
López Fretes 67分にゴール 67分
Drago 89分にゴール 89分

1955年3月20日
ブラジル  5–0  コロンビア
Tesourinha 20分にゴール 20分
Canhotinho 24分にゴール 24分 (PK)
Orlando 44分にゴール 44分
アデミール 47分にゴール 47分87分




1955年3月30日
チリ  1–1  コロンビア
López 8分にゴール 8分 Berdugo 56分にゴール 56分
エスタジオ・サン・ジャヌアリオ, リオデジャネイロ
観客数: 7,000
主審: Mario Gardelli (BRA)

1955年3月30日
ウルグアイ  2–1  パラグアイ
García 22分にゴール 22分69分 Arce 65分にゴール 65分 (PK)

プレーオフ[編集]

外部リンク[編集]