ルイス・アルベルト・スアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Spain.svg この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はスアレス第二姓(母方の)はディアスです。
ルイス・スアレス Football pictogram.svg
2015 UEFA Super Cup 82.jpg
バルセロナでのスアレス (2015年)
名前
本名 ルイス・アルベルト・スアレス・ディアス
Luis Alberto Suárez Diaz
愛称 ルチョ、エル・ピストレロ、ゴルド(太っちょ)[1]
カタカナ ルイス・スアレス
ラテン文字 Luis SUAREZ
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 1987年1月24日(29歳)
出身地 Flag of Salto Department.pngサルト県サルト
身長 182cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 FCバルセロナ
ポジション FW (CF/RWG/LWG)
背番号 9
利き足 右足
ユース
2003-2005 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ 27 (10)
2006-2007 オランダの旗 フローニンゲン 29 (10)
2007-2011 オランダの旗 アヤックス 110 (81)
2011-2014 イングランドの旗 リヴァプール 110 (69)
2014- スペインの旗 バルセロナ 72 (59)
代表歴2
2006-2007 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-20 4 (2)
2012 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-23 3 (3)
2007- ウルグアイの旗 ウルグアイ 83 (45)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年8月31日現在。
2. 2016年3月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・アルベルト・スアレス・ディアスLuis Alberto Suárez Diaz1987年1月24日 - )は、ウルグアイサルト出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラFCバルセロナ所属。ウルグアイ代表。ポジションはフォワード(FW)

クラブ経歴[編集]

初期の経歴[編集]

フローニンゲン時代のスアレス

少年時代はゴールキーパーもやっており、ボールを弾くのが好きだったという[2]ナシオナルに所属していた2006年シーズンは29試合で12得点を決め、プリメーラ・ディビシオン優勝を果たした。この時期、母国時代から交際のあった女性(現夫人)がスペインに引っ越し、シーズン終了後、オランダのフローニンゲンに移籍金80万ユーロで移籍した。2006-07シーズンは27試合に出場して10得点した。

アヤックス[編集]

2007年8月、移籍金750万ユーロ(約8億4000万円)でアヤックスに移籍した。移籍初年度の2007-08シーズンは17得点し、得点ランク3位に入った。国内カップ戦と欧州カップ戦も含めると41試合出場20得点を記録した[3]。2008-09シーズンは終盤までムニル・エル・ハムダウィと得点王争いをし、最終的に22得点で得点ランク2位に入った。

2009-10シーズンはアヤックスのキャプテンとして臨んだ。2009年8月8日RKCヴァールヴァイク戦で残り20分からハットトリックを達成し、歴代10位の若さでのエールディヴィジ通算50得点を達成した[4]。上位にはヴィム・キーフト(1位)、マルコ・ファン・バステンなどがいる。8月20日、UEFAカップ予選プレーオフ・ŠKスロヴァン・ブラチスラヴァ戦1stレグでは4得点する活躍を見せた。2009-10シーズンは開幕からゴールを量産し、1シーズンに4度もハットトリックを達成した(そのうちの2試合は4得点)。ヴァールヴァイク戦での2点目は25mの距離からのミドルシュートであった[5]。14-1と大勝したKNVBカップ4回戦のWHCウェゼプ(アマチュアクラブ)戦ではダブルハットトリックを記録した[6]。最終的にこのシーズンはリーグ戦で35得点を挙げ、得点王となった。

2010-11シーズンはアヤックスがUEFAチャンピオンズリーグに予備予選3回戦から参加した。スアレスは予備予選3回戦のPAOKテッサロニキ戦とプレーオフのFCディナモ・キエフ戦で得点を挙げ、4シーズンぶりのグループリーグ出場に貢献した。本戦ではグループリーグ第3節のオセール戦でUEFAチャンピオンズリーグ初ゴールを決めた。国内リーグではデ・フラーフスハップ戦でシーズン初のハットトリックを達成した。2010年11月21日のPSVアイントホーフェン戦では終了間際に相手選手のオトマン・バッカルの左肩に噛み付き、7試合の出場停止処分を受けた[7]

リヴァプールFC[編集]

2011年1月28日、5年半契約でイングランド・プレミアリーグリヴァプールFCへ移籍し、AFCアヤックスには移籍金2280万ポンド(約29億8000万円)が支払われた[8]。移籍した直後のリーグ戦であるストーク・シティFC戦で後半途中から出場し、移籍後初ゴールを決めた。第29節のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では鋭いドリブル突破からディルク・カイトの先制点をアシストするなど3得点全てに絡む活躍を見せ、チームの勝利に大きく貢献した。第36節のフラム戦ではチームメイトでキャプテンのスティーヴン・ジェラードに絶賛される程の活躍を見せ、マン・オブ・ザ・マッチに選出された[9]。2011-12シーズンの第8節マンチェスター・ユナイテッド戦ではパトリス・エヴラに人種差別発言をしたとして8試合の出場停止処分を受けた。

2012-13シーズンは得点王争いでトップに立つなど活躍していたが、第34節チェルシー戦でブラニスラヴ・イヴァノヴィッチの腕に噛み付き、直後に謝罪したが[10]FAから10試合の出場停止処分を受けた[11]

2013-14シーズンは開幕から6試合出場停止だったが、そのハンデを乗り越えてリーグ戦31ゴール、12アシストという獅子奮迅の活躍を見せ得点王に輝き、チームの優勝争いに貢献した。

FCバルセロナ[編集]

2014年7月、FCバルセロナはスアレスの移籍についてリヴァプールと合意したと発表。契約は5年間。移籍金は8100万ユーロである。同じく南米出身のメッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)との3トップはトリデンテ(Tridente)、または頭文字を合わせたMSNの愛称で呼ばれる。 2014 FIFAワールドカップでの噛み付き行為(後述)により当初はあらゆるサッカー活動が禁止されていたが、スポーツ仲裁裁判所の裁定により処分が一部緩和され、練習参加とスタジアムへの立ち入りは認められた[12]。10月24日に処分が終了し、リーグ戦第9節のレアル・マドリード戦で右WGとして先発デビュー。開始3分で先制点をアシストした。11月25日のチャンピオンズリーググループステージのAPOELニコシア戦にて先制点を挙げ公式戦初得点を記録した。12月20日、第16節のコルドバCF戦でリーグ戦初ゴール。シーズン前半はアシストなどで貢献するものの得点は伸び悩んだが、シーズン後半からは持ち前の得点感覚を発揮。デビュー戦以来のエル・クラシコとなる2015年3月22日のレアル・マドリード戦ではダニエウ・アウヴェスからのロングパスからの裏抜けで決勝点を決めた。5月2日のコルドバ戦では移籍後初のハットトリックを達成した。チャンピオンズリーグでは決勝戦でユヴェントス相手に決勝ゴールを決め、シーズン途中からの参加でありながら公式戦25ゴール21アシストを記録しチームの三冠達成に大きく貢献した。

2015-16シーズンは10月31日のヘタフェ戦にて先制点を決め、欧州デビュー後300得点を記録した。11月21日、のレアル・マドリード戦では2得点を決める活躍をして2年連続で2桁得点を記録した。12月17日のFIFAクラブワールドカップ広州恒大戦では大会史上初のハットトリックを達成した。さらに、20日に行われた決勝、リーベル・プレート戦でも2ゴールを挙げてチームの優勝に貢献。自身も大会通算5ゴールで得点王、大会MVPに輝いた。2016年2月3日の国王杯、バレンシア戦では1試合4得点を記録した。4月23日のスポルティング・ヒホン戦では2試合連続4得点を挙げ、1シーズンに公式戦50ゴールを達成したリーガ史上3人目の選手となった。5月14日のグラナダ戦ではシーズン6度目のハットトリックを達成してリーガ史上3人目のシーズン40ゴールを記録し、リーガ・エスパニョーラ連覇に大きく貢献した。最終的にリーグ戦40ゴール、公式戦59ゴールを記録してメッシとクリスティアーノ・ロナウド以外では7シーズンぶりのリーグ得点王に輝き、ヨーロッパ・ゴールデンシューも獲得した。

代表経歴[編集]

ウルグアイ代表でのスアレス (2014年)

2007年2月8日のコロンビア戦でウルグアイ代表デビューした。2010 FIFAワールドカップ予選では、ボリビア戦とチリ戦で得点している。

2010 FIFAワールドカップ本大会では、グループリーグ第3戦のメキシコ戦で決勝ゴールを挙げ、グループリーグ首位通過に貢献した。決勝トーナメント1回戦の韓国戦ではチーム全得点となる2得点を挙げ、チームを40年ぶりとなるベスト8進出に導いた。準々決勝のガーナ戦では1-1の同点で迎えた延長戦終了間際、相手セットプレーからの枠内に飛んだドミニク・アディアーの決定的なシュートをハンドで阻止。決定的な場面での故意に手を使った得点機会阻止のため、レッドカードを受け退場した。しかし、直後のアサモア・ギャンのPKはクロスバーに弾かれ、得点にはならなかった。結局同点のまま延長戦は終了、PK戦にもつれこんで最終的にウルグアイが勝利した。しかし、準決勝でチームはオランダに敗れ、決勝進出は成らなかった。前述のギャンのPKがクロスバーに弾かれた瞬間、スアレスがピッチの外でガッツポーズをして喜んだこととあいまって、この故意のハンドは大会期間中、多くのメディアに取り上げられ、「スポーツマンシップの根幹を揺るがすあるまじき行為だ」と非難する声と、「勝利を追及するための勇敢な手段だ」という称賛の声の二つに分かれた。このシーンはFIFAワールドカップ・南アフリカ大会のハイライトシーンの1つにあげられた。出場停止から復帰した3位決定戦のドイツ戦ではエディンソン・カバーニの同点弾をアシストし、チームもディエゴ・フォルランが逆転ゴールを決め一時はリードするも最終的に逆転負け。チームは4位入賞を果たした。

同年10月8日、インドネシアとの親善試合では代表で初めてのハットトリックを達成した[13]コパ・アメリカ2011では準決勝のペルー戦で2得点を挙げ、決勝のパラグアイ戦でも決勝点を挙げるなど、大会2位の4得点を記録。ウルグアイの15回目の優勝に貢献。大会最優秀選手に選出された[14]。2011年11月11日に行われた2014 FIFAワールドカップ・南米予選チリ戦では1人で4得点を挙げ、チームの勝利に貢献した[15]

2014年6月24日、2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第3戦対イタリア戦において、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの左肩に、試合中としては通算3度目となる噛み付きを行い[16]、FIFAによる調査と審議の結果、同月26日に、ウルグアイ代表としての公式戦9試合出場停止、スタジアムへの入場禁止を含むサッカーに関するあらゆる活動の4カ月間禁止、ならびに10万スイスフランの罰金という処分が下された。これによりスアレスは、ウルグアイ代表が決勝トーナメント進出を決めた同大会のみならず、所属する英プレミアリーグでの公式戦も10月まで出場が不可能となった。この処分はFIFA傘下の全てのリーグに及ぶため、プレミアリーグ内の他クラブや他国のリーグに移籍した場合でも有効となる非常に重い処分である[17]。チームも決勝トーナメントでコロンビアに0-2で敗れ、ベスト16で敗退した。

2016年3月に1年4ヶ月ぶりにウルグアイ代表に復帰し、3月25日の2018 FIFAワールドカップ・南米予選ブラジル戦でチームを引き分けに導く同点ゴールを挙げた[18]

コパ・アメリカ・センテナリオでは大会前の負傷によってGLでは控えとなり、チームも復帰を待たずに敗退した。

エピソード[編集]

  • 貧しい家庭の7人兄弟の1人として育ち、幼少期には裸足でプレイしていたと本人は語っている[19][20]。イギリスの心理学者はこのような幼少期の貧困体験が噛み付き行為の一因の可能性があるとして、再発の可能性の高さや治療の困難さを語っている[20]
  • 上記の噛み付き、人種差別発言など問題行動の多さもありイギリスのサッカーサイト”Football Fan Cast”において「プレミアリーグで最も嫌われているサッカー選手[21]」に選ばれた。
  • 兄のパオロ・スアレス英語版もサッカー選手であり、帰化先のエルサルバドル代表でプレーしている[22]
  • 2015年6月、アメリカの経済誌フォーブスは最新の世界のアスリートの年収ランキングを発表した。スアレスの年収は2100万ドル(約26億円)であり、世界の10位にランクインした[23]。だが、バロンドールの授賞式には参加しなかった。
  • バルセロナの同僚のメッシとは家も近く、家族ぐるみの付き合いをしている。チームメートからは「ゴルド(太っちょ)」のあだ名で呼ばれている。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2005-06 ナシオナル - プリメーラ 29 12 - - 29 12
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2006-07 フローニンゲン 20 エールディヴィジ 29 10 - 4 3 33 13
2007-08 アヤックス 16 33 17 - 4 2 37 19
2008-09 31 22 - 1 1 32 23
2009-10 33 35 - 5 6 38 41
2010-11 13 7 - 1 1 14 8
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2010-11 リヴァプール 7 プレミア 13 4 0 0 0 0 13 4
2011-12 31 11 4 3 4 3 39 17
2012-13 33 23 2 2 1 1 36 26
2013-14 33 31 1 0 3 0 37 31
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2014-15 FCバルセロナ 9 リーガ・エスパニョーラ 27 16 6 2 10 7 43 25
2015-16 35 40 4 5 9 8
通算 ウルグアイ プリメーラ 29 12 - - 29 12
オランダ エールディヴィジ 139 91 - 15 13 154 104
イングランド プレミア 110 69 7 5 8 4 125 78

代表歴[編集]

出場大会[編集]

2010 FIFAワールドカップでのスアレス(後列左)とフォルラン

試合数[編集]

国際Aマッチ 83試合 45得点(2007年- )


ウルグアイ代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 6 2
2008 10 4
2009 12 3
2010 11 7
2011 13 10
2012 8 4
2013 16 9
2014 6 5
2016 1 1
通算 83 45

ゴール[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
オランダの旗 アヤックス・アムステルダム
イングランドの旗 リヴァプールFC
スペインの旗 FCバルセロナ

代表[編集]

ウルグアイの旗 ウルグアイ代表

個人[編集]

著書[編集]

  • 『ルイス・スアレス自伝 理由』(ソル・メディア、2015年、ISBN 978-4905349235

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ L・スアレス、バルサでの愛称は「メタボ」ハット達成記念のボールにメッシやネイマールがメッセージ記す YAHOO!ニュース 2015年10月28日
  2. ^ ワールドサッカーダイジェスト 2010年10月21日号 「ルーツを訪ねて 第73回 ルイス・スアレス」
  3. ^ Ajax beats RKC Waalwijk 4-1 in Dutch leagueEtaiwannews.com、2009年8月9日
  4. ^ Suarez in rijtje jongste topscorers”. Telegraaf.nl (2009年8月10日). 2009年8月12日閲覧。
  5. ^ Ajax beats RKC Waalwijk 4-1 in Dutch leagueEtaiwannews.com、2009年8月9日
  6. ^ WHC 1 - 14 Ajax AmsterdamESPN Soccernet
  7. ^ スアレスに国内7試合の出場停止処分”. UEFA.com (2010年11月24日). 2012年1月1日閲覧。
  8. ^ Reds agree Suarez deal - リヴァプールFC公式サイト、2011年1月28日
  9. ^ ジェラード:「L・スアレスは中盤の夢」”. Goal.com (2011年5月10日). 2012年1月1日閲覧。
  10. ^ L・スアレス、かみつきを謝罪”. Goal.com (2013年4月22日). 2013年4月22日閲覧。
  11. ^ かみつきL・スアレス、出場停止は10試合”. Goal.com (2013年4月24日). 2013年4月25日閲覧。
  12. ^ スアレスの処分が確定…出場停止期間は変わらずも練習参加が可能にSOCCER KING 2014年8月14日
  13. ^ ウルグアイ7発、インドネシアに快勝 国際親善試合”. AFP BB News (2010年10月9日). 2012年1月1日閲覧。
  14. ^ サッカー南米選手権、ウルグアイがパラグアイ下し優勝”. ロイター (2011年7月25日). 2012年1月1日閲覧。
  15. ^ スアレスの4ゴールの活躍でウルグアイが首位浮上/W杯予選SOCCER KING 2011年11月12日
  16. ^ ウルグアイ代表のスアレスにかみつき疑惑=FIFAが調査、出場停止も(時事ドットコム)
  17. ^ L・スアレス、代表戦9試合&4カ月間の活動停止処分 - Goal.com 2014年06月26日
  18. ^ “スアレスが代表復帰戦で同点弾…ウルグアイ、敵地でブラジルとドロー/W杯南米予選”. サッカーキング. (2016年3月26日). http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160326/414752.html 2016年3月28日閲覧。 
  19. ^ リヴァプールのスアレスが自身の軌跡を語る「ここにいるのはテベスのおかげ」”. サッカーキング (2012年8月25日). 2014年7月12日閲覧。
  20. ^ a b 英心理学者、スアレスのかみつきは「幼少期に起因」”. フランス通信社 (2014年6月26日). 2014年7月12日閲覧。
  21. ^ http://www.footballfancast.com/premiership/the-most-hated-player-in-the-premier-league
  22. ^ マティッチの弟がマケドニア代表に招集…新たな“兄弟別代表”選手が誕生”. サッカーキング (2015年3月18日). 2015年3月18日閲覧。
  23. ^ 米経済誌発表のスポーツ選手長者番付…C・ロナウドがサッカー界のトップに
  24. ^ UEFA Champions League squad of the season”. Union of European Football Associations (2015年6月9日). 2015年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]