テオドロ・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェルナンデス第二姓(母方の)はメイサンです。

ロロこと、テオドロ・フェルナンデス・メイサン (Teodoro Fernández Meyzán1913年5月20日-1996年9月17日)は、ペルー出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。元ペルー代表。22年間のキャリアをウニベルシタリオ・デポルテスで過ごし、同クラブでは彼のつけていた背番号9は永久欠番になっている[1]

テオドロ・フェルナンデス Football pictogram.svg
Lolo Fernández con Universitario de Deportes en 1953.jpg
名前
本名 テオドロ・フェルナンデス・メイサン
愛称 ロロ
ラテン文字 Teodoro Fernández Meyzán
基本情報
国籍 ペルーの旗 ペルー
生年月日 (1913-05-20) 1913年5月20日
出身地 ペルーの旗 サン・ビセンテ・デ・カニェテスペイン語版
没年月日 (1996-09-17) 1996年9月17日(83歳没)
身長 180cm
選手情報
ポジション フォワード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1931-1953 ペルーの旗 ウニベルシタリオ・デポルテス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴[編集]

幼少期[編集]

ロロは、母の Raymunda MeyzánとTomas Fernándezの八人の子供のうちの七番目の子供として生まれた。 ロロは、若い頃冷酷にもサッカーをすることを禁じられたが、家でこっそりと裸足でサッカーをしていた。荒れた土地だったので切り傷や怪我もあったが、サッカーをすることしかやることがなかったので、我慢をした。[2]

プロサッカー選手への道[編集]

ロロは16歳の時、両親に勉強を続けるためリマに送られ、サッカーチームのシクリスタ・リマスペイン語版でサッカー選手としてプレーしていた彼の兄のアルトゥーロ・フェルナンデススペイン語版と共に暮らしていた。 アルトゥーロが1部のウニベルシタリオ・デポルテスに移籍した際、ロロもクラブに入るため、兄と少しトレーニングを積み、ウニベルシタリオ・デポルテスの会長で、1930年ワールドカップのプレイヤーだったプラシード・ガリンドースペイン語版 にプレーを見せると、彼は契約することを決めた。

クラブでの活躍[編集]

ロロのプロサッカー選手としてのデビューは1931年11月29日、CDマガジャーネスとのフレンドリーマッチで、その試合唯一のゴールを決めた。 1932年、ファーストシーズンで得点王に輝くと、その後もプリメーラ・ディビシオンで、6度の得点王に輝く( 1934年, 1939年, 1941年, 1945年, 1946年, 1949年)。 ロロは、チリアルゼンチンヨーロッパなど様々な国から交渉を受けた。白紙の小切手を渡され、「欲しい金額を書け」という話まであったが、それらを受けることはなかった。

ロロの最後の試合は彼が40歳のときの1953年9月30日、ペルー最大のダービーマッチと言われている、アリアンサ・リマとウニベルシタリオ・デポルテスとの試合で、彼がハットトリックを決めて4-2で勝利した。 ロロは180試合、156ゴールでウニベルシタリオ・デポルテスで最も得点した選手である。

代表[編集]

ロロは1935年から1947年にかけてプレーし、32試合で24ゴールという結果を残している。

1936年、ペルー代表として出場した1936年ベルリンオリンピックでは、2試合で合計6得点を決めている。

1938年ボリバリアンゲームズではペルー代表のチームが優勝した。

1939年に行われたコパ・アメリカでは、1924年1928年アムステルダムオリンピック1930 FIFAワールドカップで優勝しているウルグアイ代表を2-1で破り、優勝した。

同大会では7ゴールで得点王に輝いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Universitario retira la camiseta número 9 en honor a 'Lolo'”. 2019年2月23日閲覧。
  2. ^ The first king of La U and Peru”. 2019年2月23日閲覧。