ハットトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハットトリック: hat trick)とは、スポーツの試合中に一人の選手がゴールなど勝利に繋がるプレーを3回以上達成すること、もしくは同じ選手やチームが選手権を3連覇すること。

クリケット[編集]

ハットトリックは元来、クリケットで1つの回の中で3球で3人の打者をアウトにすることで、これを達成したボウラー(投手)に帽子(ハット)が贈られ、その名誉が讃えられたことに因む。現代では様々なスポーツに転用されるようになった。ボウラー(投手)が打者を三者連続ウィケット(アウト)にすること。クリケットは野球と似たルールであるが、クリケットで打者をアウトにすることは野球よりも難易度が高く、これを成し遂げたボウラーには賞として帽子(ハット)が贈られていた。スポーツでいうハットトリックの元はクリケット用語であり、その後サッカーなど他のスポーツでも用いられる様になった。

サッカー[編集]

サッカーでは一人の選手が1試合に(厳密にはその試合中連続で)3点以上得点することをハットトリックと呼ぶ。サッカーのストライカーにとって、ハットトリックを決めることは実力を証明する勲章としての意味合いを持ち、全世界で定着している。ただし、プロリーグや国際試合ではハットトリックの達成は非常に難しく、目にする事はまれである。そのため、公式戦ではハットトリックを達成した選手がボールを記念に持ち帰ることがある。

イタリア語では、トリプレッタとも表記される[1]。同一選手が同一試合に6点を挙げることはダブルハットトリックと呼ばれるが、プロのトップレベルの試合では不可能に近いとされている[2]。また、右足・左足・頭でそれぞれ1点以上を挙げた場合は、パーフェクト・ハットトリックと呼ばれる[3]

記録[編集]

FIFAワールドカップ


ドッピエッタ

ドッピエッタは、サッカーで一度の試合で同じ選手が2得点決める事でハットトリックと並んで使用頻度が高い。

イタリア語の綴りは「dippietta」で、数字の「2(ダブル)」を意味する「ドッピオ(doppio)」に由来[6]

イタリア以外でドッピエッタに相当する言葉として、ドイツでは「ドッペルパック(doppelpack)」、スペインでは「ドブレーテ(doblete)」、フランスでは「ドゥーブレ(double)」と表現される。

他のサッカー用語として、主に以下のような表現がある。

トリプレッタ(tripletta):一度の試合で同じ選手が3得点決める事

カテナチオ(catenaccio):守備に重きを置く戦術

レジスタ(regista):守備に重きを置くミッドフィルダー

リベロ(libero):臨機応変に守備する選手

バンディエラ(bandiera):チームの中心となる選手

フェノーメノ(fenomeno ):怪物(と形容されるほどすごい選手)


備考

ラグビー[編集]

ラグビーユニオンラグビーリーグの2つのコードの両方において、選手が1試合で3回以上のトライドロップゴールを記録することをハットトリックと呼ぶ。ラグビーユニオンでは、似た概念に「フルハウス」(1試合でトライ、コンバージョン、ペナルティゴール、ドロップゴールを決めること)がある。トライを2回記録した場合は、ブレイス(: brace、2つの物を固定する留め具)と呼ばれることが多い。サッカーと同様に、ハットトリックを記録した選手には試合のボールが贈られる。なお、ケン・アーヴァイン英語版フランク・バーグ英語版は、オーストラリアのラグビーリーグ1部で16回のハットトリックを記録した。

モータースポーツ[編集]

モータースポーツでは、1つのレースにおいて「ポールポジション獲得」「決勝レースでのファステストラップ記録」「優勝」の3つを成し遂げることをハットトリックと呼ぶ場合がある[9][10]。さらに上記の3つに「決勝レースでの全周回トップ走行」が加わると、「グランドスラム」と呼ばれる[9]

その他の競技[編集]

フィールドホッケーアイスホッケーでは、1人の選手が1試合に3得点以上することをハットトリックと呼ぶ。ダーツ競技においては、1スローの3本をすべてブルエリアに入れることをいう。なお、3本ともインブルに入れると「スリー・イン・ザ・ブラック」となる。

脚注[編集]

  1. ^ トリプレッタとは - SPORT.es
  2. ^ a b 管野浩編 『雑学おもしろ事典』 p.158 日東書院 1991年
  3. ^ “パーフェクト・ハット”のエースをトットナム監督称賛 「C・ロナウド以上」と語る理由とは”. Football ZONE Web (2017年9月27日). 2020年10月19日閲覧。
  4. ^ “ゴンのギネス超えられた~クロアチアで5戦連続ハット”. スポニチアネックス. (2016年11月10日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/10/kiji/K20161110013695530.html 2016年11月10日閲覧。 
  5. ^ ウィキペディア英語版「List of FIFA World Cup hat-tricks」による
  6. ^ 「ドッピエッタ」とは?意味と例文が3秒でわかる!”. 2022年10月4日閲覧。
  7. ^ 第9回極東選手権大会 (1930.5.25)”. 日本サッカー協会. 2015年5月8日閲覧。
  8. ^ 2018明治安田生命J1リーグ 第6節 ディエゴ オリヴェイラ 選手(FC東京)ハットトリック達成”. Jリーグ.jp. 日本プロサッカーリーグ (2018年4月8日). 2018年9月7日閲覧。
  9. ^ a b ハットトリック”. portf.co (2015年9月7日). 2018年11月9日閲覧。
  10. ^ ハットトリックはF1でも通じる言葉?”. f1express.cnc.ne.jp (2004年1月19日). 2018年11月9日閲覧。

関連項目[編集]