テオフィロ・クビジャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はクビジャス第二姓(母方の)はアリサガです。
テオフィロ・クビジャス Football pictogram.svg
Teófilo Cubillas.JPG
2009年のクビジャス
名前
本名 テオフィロ・フアン・クビジャス・アリサガ
Teófilo Juan Cubillas Arisaga
愛称 El Nene(エル・ネネ、坊や)
ラテン文字 Teófilo Cubillas
基本情報
国籍 ペルーの旗 ペルー
生年月日 (1949-03-08) 1949年3月8日(69歳)
出身地 リマ
身長 173cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF (OH)
代表歴
1968-1982 ペルーの旗 ペルー 81 (26)
監督歴
1988 アリアンサ・リマ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

テオフィロ・クビジャススペイン語発音: [teˈofilo kuˈβiʎas], 1949年3月8日 - )は、ペルーリマプエンテ・デ・ビエドラ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー

ペルー代表としては81試合に出場し、史上最多の26得点を挙げた。1970 FIFAワールドカップでは準々決勝進出に貢献し[1]コパ・アメリカ1975では優勝した[2]1978 FIFAワールドカップでは再び準々決勝に進出した[3]FIFAワールドカップ本大会では2大会で5得点ずつ、計10得点を挙げた。

国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の投票によってペルー史上最高の選手に選出されており、またIFFHSは世界トップ50にクビジャスを含めている[4]。1972年には南米年間最優秀選手賞を受賞した。2004年には、ペレによってペルー人選手で唯一FIFA 100に選出された[5]。2008年2月、ブラジルのFIFAワールドカップ初優勝からの50周年を記念して選考された「過去50年の南米ベストイレブン」に選出された[6]

経歴[編集]

クラブ[編集]

その少年のような風貌からエル・ネネ(El Nene、坊や)というニックネームを持つ。16歳だった1966年、アリアンサ・リマからデビュー[7]。アリアンサ在籍時の1966年と1970年にはプリメーラ・ディビシオンの得点王に輝いた[8]。1972年にはコパ・リベルタドーレスで得点王となり、南米年間最優秀選手賞を受賞[9]

1973年、スイス・スーパーリーグFCバーゼルに移籍金9万7000ポンドで移籍[10]。1973-74シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは2得点を挙げた[11]。1974年夏、ポルトガル・スーペル・リーガFCポルトに移籍金20万ポンドで移籍[10]

1979年、北米サッカーリーグ(NASL)のフォートローダーデール・ストライカーズと契約し、リーグ戦5シーズンで59得点を挙げた。1981年のロサンゼルス・アステクス戦では7分間でハットトリックを達成している[12]。1984年にアリアンサ・リマに復帰し、ユナイテッドサッカーリーグ(USL)のサウスフロリダ・サンフォートラーダーデールを経て、1987年5月、アメリカン・サッカーリーグ(ASL)のフォートローダーデール・ストライカーズと契約[13]。1988年にはタイトル獲得まであと一歩に迫ったが、ワシントン・ディプロマッツに敗れて優勝を逃した[14]。ディプロマッツ戦後、ストライカーズはクビジャスを放出[15]。1989年3月、マイアミ・シャークスと契約したが、8試合に出場してわずか1得点に終わり、7月3日に放出された[16]。その後はオーストラリアに渡り、ゴールドコースト・リーグのミラマール・イルシオネスでアマチュア選手としてプレーを続けた[17]

代表[編集]

3度のFIFAワールドカップに出場し、最初の2大会では5得点ずつを挙げている。5ゴール以上を記録した大会が2度以上ある選手は他にミロスラフ・クローゼトーマス・ミュラーのみである。1970年代のFIFAワールドカップの歴史を象徴する選手のひとりに数えられている[18]。メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップでは4試合すべてで得点し、ペルー代表の上位進出に貢献した。1次リーグではブルガリア戦、モロッコ戦(2得点)、西ドイツ戦で得点し、準々決勝では結果的に優勝するブラジル相手に得点したが、ブラジルに敗れて準々決勝敗退となった。クビジャス自身は5得点で得点ランキング3位となった[1]。大会の最優秀若手選手賞を受賞し、ジャイルジーニョゲルト・ミュラーに次ぐ得点数でブロンズブーツ(得点ランキング3位)を受賞した。クビジャスは大会のオールスターチームに選ばれ、ブラジル代表のペレは自身の後継者とみなした。

1974 FIFAワールドカップは南米予選で敗退したが、翌年のコパ・アメリカ1975ではペルー代表に2度目のタイトルをもたらした。クビジャスは準決勝のブラジル戦で得点し、決勝プレーオフにも出場した[2]。アルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップでは5得点を挙げ、アルゼンチン代表マリオ・ケンペスに次いで得点ランキング2位となった。1次リーグ初戦のスコットランド戦では直接フリーキックによる得点を含めて2得点を挙げ[19]イラン戦では2つのPK成功を含む3得点を挙げてハットトリックを達成した。ペルー代表は準々決勝に駒を進めたが、8年前のメキシコの時と同様に、ブラジルポーランド、アルゼンチンと強豪が揃った2次リーグでは3戦全敗に終わった。クビジャスは1次リーグからの6戦全てに出場している[3]

1982 FIFAワールドカップに出場したペルー代表にはクビジャスの他にセサル・クエトホセ・ベラスケスフリオ・セサル・ウリベなどの選手を擁していたが、1次リーグではカメルーン戦 (0-0) とイタリア戦 (1-1) に引き分け、ポーランド戦(1-5)に敗北。3試合で勝ち点2を獲得したのみで、1次リーグ敗退となった。敗退から1ヶ月後、クビジャスはペルー代表からの引退を発表した。

現役引退後[編集]

アメリカ・フロリダ州コーラルスプリングスに在住し、少年サッカースクールを運営している。また、サッカー解説者としても活動している。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • アリアンサ・リマ
プリメーラ・ディビシオン 優勝 (2) : 1977, 1978
  • FCバーゼル
スイス・リーグカップ 優勝 (1) : 1973
  • FCポルト
スーペル・リーガ 準優勝 (1) : 1975
タッサ・デ・ポルトガル 優勝 (1): 1977
  • FLストライカーズ
北米サッカーリーグ 準優勝 (1) : 1981
  • サウスフロリダ・サン
ユナイテッドサッカーリーグ 優勝 (1): 1985

代表[編集]

  • ペルー代表
コパ・アメリカ 優勝 (1) : 1975

個人[編集]

タイトル
選出

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズンクラブリーグ 出場得点出場得点 出場得点 出場得点
ペルー リーグカップ 南米 通算
1966 アリアンサ・リマ プリメーラ ? ? ? ? ? ?
1967 ? ? ? ?
1968 ? ? ? ?
1969 ? ? ? ?
1970 ? ? ? ?
1971 ? ? ? ?
1972 ? ? ? ? ? ?
1973 ? ? ? ?
スイス リーグスイス杯 ヨーロッパ 通算
1973-74 FCバーゼル スーパーリーグ ? ? ? ? ? 2[11] ? ?
ポルトガル リーグポルトガル杯 ヨーロッパ 通算
1973-74 FCポルト スーペル・リーガ 12 4 2 2 - 14 6
1974-75 30 9 4 4 4 2 38 15
1975-76 29 28 5 3 4 4 38 35
1976-77 14 7 2 1 2 1 18 9
ペルー リーグカップ 南米 通算
1977 アリアンサ・リマ プリメーラ 32 23 32 23
1978 15 12 10 7 25 19
アメリカ リーグUSオープン杯 北中米カリブ海 通算
1979[27] FLストライカーズ 北米サッカーリーグ 32 16 32 16
1980[27] 34 18 34 18
1981[27] 34 19 34 19
1982[27] 18 4 18 4
1983[27] 23 8 23 8
ペルー リーグカップ 南米 通算
1984 アリアンサ・リマ プリメーラ 4 4 4 4
アメリカ リーグUSオープン杯 北中米カリブ海 通算
1985[28] サウスフロリダ・サン USL 2 1 2 1
ペルー リーグカップ 南米 通算
1987 アリアンサ・リマ プリメーラ 13 3 13 3
アメリカ リーグUSオープン杯 北中米カリブ海 通算
1988[29] FLストライカーズ ASL ? 7 ? 7
通算 ペルー 233 152 0 0 16 13 249 165
スイス 10 3 2 2 2 2 14 7
ポルトガル 85 48 13 10 10 7 108 65
アメリカ 163 75 0 0 0 0 163 75
総通算 491 278 15 12 28 22 534 312

注記: 国内リーグの記録にはNASLのプレーオフの出場試合数も含む。

代表での得点[編集]

[30]

脚注[編集]

  1. ^ a b Group D”. World Cup 1970 results and line-ups. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  2. ^ a b Martin Tabeira (12 August 2009 (last updated)). “Copa América 1975”. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  3. ^ a b Group D”. World Cup 1978 finals - results and line-ups. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  4. ^ Karel Stokkermans (2000年1月30日). “World Player of the Century”. IFFHS' Century Elections. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  5. ^ Pele's list of the greatest”. BBC (2004年3月4日). 2011年8月19日閲覧。
  6. ^ All-Star First Team Selection (1958-2008) Retrieved on January 17, 2009. Archived 2008年12月31日, at the Wayback Machine.
  7. ^ Clemente Lisi (2012年2月14日). “What Ever Happened To... Teofilo Cubillas”. US Soccer Players. 2012年3月18日閲覧。
  8. ^ a b Peruvian Championship: Top Scorer Retrieved on January 3, 2009
  9. ^ José Luis Pierrend (22 December 2000 (updated)). “South American Player of the Year 1972”. RSSSF. 2012年1月15日閲覧。
  10. ^ a b Jan Alsos. “Teofilio Cubillas (Peru)”. Planet World Cup. 2012年1月15日閲覧。
  11. ^ a b Antonio Zea and Marcel Haisma (9 January 2008 ( updated)). “European Champions' Cup 1973-74 – Details”. RSSSF. 2012年3月18日閲覧。
  12. ^ Team Records and League Honors”. Fort Lauderdale Strikers. 2012年3月18日閲覧。
  13. ^ CUBILLAS SIGNS WITH STRIKERS Miami Herald, The (FL) - Saturday, May 7, 1988
  14. ^ The Year in American Soccer - 1988
  15. ^ STRIKERS LOSE FINAL, RELEASE CUBILLAS Miami Herald, The (FL) - Sunday, August 28, 1988
  16. ^ SHARKS OWNER CUTS CUBILLAS , CLAIMS POOR PLAY, LITTLE EFFORT Miami Herald, The (FL) - Monday, July 3, 1989
  17. ^ BACK TROUBLE - GOLD COAST SOCCER Sun-Sentinel - Friday, JUNE 21, 1991
  18. ^ Teofilo Cubillas: Legends of the Football World Cup Retrieved on April 8, 2009
  19. ^ David Edbrooke (2008年2月1日). “The 25 best free-kicks of all-time (#11)”. The Telegraph. 2011年3月29日閲覧。
  20. ^ CONMEBOL All-Star Team Retrieved on January 3, 2009
  21. ^ NASL All-Star teams, all-time Retrieved on January 3, 2009
  22. ^ France Football's World Cup Top-100 1930-1990 Retrieved on January 3, 2009
  23. ^ World Soccer: The 100 Greatest Footballers of All Time Retrieved on January 3, 2009
  24. ^ Placar's 100 Craques do Século Retrieved on January 3, 2009
  25. ^ Os 100 Craques das Copas (Placar Magazine) Retrieved on January 3, 2009
  26. ^ CONMEBOL All-Star first team 1958-2008 Retrieved on January 3, 2009
  27. ^ a b c d e David Litterer. “Part 1: Player Biographies, A-H”. TOP INTERNATIONAL STARS IN THE NASL, 1967-1984. American Soccer History Archives. 2012年3月17日閲覧。
  28. ^ Teofilo Cubillas”. North American Soccer League Players. Nasljerseys.com. 2012年3月18日閲覧。
  29. ^ Ft. Lauderdale Strikers”. American Soccer League 1988 Season. A-League Archives. 2012年3月18日閲覧。
  30. ^ Teófilo Cubillas - Goals in International Matches”. Rsssf.com (2006年11月3日). 2009年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]