アラン・シアラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・シアラー Football pictogram.svg
Alan Shearer 2008.jpg
名前
愛称 ビッグ・アル、
ザ・ライオン・オブ・ゴスフォース、
ザ・ゴールマシン、
スーパー・アル、メリーポピンズなど
ラテン文字 Alan Shearer
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1970年8月13日(43歳)
出身地 ニューカッスル
身長 183cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
000 Wallsend Boys Club
1986-1988 イングランドの旗 サウサンプトン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1992 イングランドの旗 サウサンプトン 118 (23)
1992-1996 イングランドの旗 ブラックバーン 138 (112)
1996-2006 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド 303 (148)
通算 559 (283)
代表歴
1990-1992  イングランド U-21 11 (13)
1992 イングランドの旗 イングランド B 1 (0)
1992-2000[1] イングランドの旗 イングランド 63 (30)
監督歴
2009 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アラン・シアラー OBEAlan Shearer OBE, 1970年8月13日 - )は、イギリスイングランド)・ニューカッスル出身の元サッカー選手、指導者。ポジションはフォワード1990年代のイングランドを代表するストライカーイングランド代表ではキャプテンも務めた。

経歴[編集]

サウサンプトンのユースチームを経て、1987年にトップチームに昇格。デビュー戦となったアーセナル戦でいきなりハットトリックを達成する活躍を見せた。以降、ゲーリー・リネカー引退後のエースストライカーとしてファンの期待を集め、イングランド代表にも招集。1992年2月19日フランス戦で代表デビューを果たす。同年プレミアリーグに昇格したばかりのブラックバーン・ローヴァーズへ移籍すると、クリス・サットンとの「SAS」(SASとSutton And Shealerをかけた愛称)コンビで1994-95シーズンにクラブを優勝に導くとともに自身も得点王に輝き、このシーズンでリーグ通算100ゴールを達成した。

その後活躍が認められ、ビッグクラブからのオファーが相次いだ(マンチェスターには家まで買っていたという)が、故郷であるニューカッスル・ユナイテッドでプレーすることを決意。自らが尊敬する元代表フォワード、ケビン・キーガンが監督を務めていたことも後押しとなった。ニューカッスル移籍後も順調に活躍し、3年連続プレミアリーグ得点王の快挙を達成した。1996年に地元開催となったEURO1996では、チームはベスト4に終わったものの得点王に輝いている。

キャリアの中で度重なる故障に見舞われたが、1998年フランスW杯ではキャプテンを務め、チームの柱として活躍。2000年EURO2000を最後に代表を引退したが、長らく代表復帰を望む声が根強かった。

2002年、プレミアリーグ創設10周年を記念して国内最優秀選手に選出。また2004年には、国際サッカー連盟(FIFA)創設100周年記念式典でペレが選出した、“偉大なサッカー選手100人” 「FIFA 100」のひとりに選ばれている。

2004-05シーズンでの引退を一度は発表していたが、ファンの強い要望からこれを撤回しもう1シーズンプレーすることを決意。2005-06シーズンはマイケル・オーウェンの加入により、新旧イングランド代表フォワードの2トップを形成した。2006年2月6日ポーツマス戦で、ニューカッスルの往年の名選手、ジャッキー・ミルバーンの持つ同チームでの通算200ゴールの記録を更新(但しミルバーンの記録は第二次大戦中のものが加算されていない)。同年5月11日、本拠地セント・ジェームズ・パークで引退試合が盛大に開催され、多くのファンが愛するストライカーとの別れを惜しんだ。

クラブで通算651試合出場、283得点。イングランド代表では通算63試合出場、30得点。

エピソード[編集]

  • 21歳の時に結婚し、1男2女の父である。結婚前の無名時代、週給40ポンド(約8000円)だった時代にデートで支払うのはいつも働いていた妻の方だったという。
  • 2005-06シーズン後半は前監督のグレアム・スーネスの更迭により、ユース監督のグレン・ローダーと共にニューカッスルの監督代行を務め、最終的にチームをリーグ7位まで引き上げたため、ファンの間には監督就任を望む声もあったが、本人は監督業に携わるには時期尚早であると語っていた(その後、ローダーが正式に監督就任)。
  • ニューカッスルの中でも労働者階級の街であるウォールズエンド(Wallsend)の出身で、特徴的なニューカッスル訛りが未だに抜けない。気性の激しさと人なつっこさ、兄貴肌の同居した、まさにジョーディ(ニューカッスルっ子)らしいジョーディと言われる。
  • 最後のシーズン、誰もが最終戦まで彼の姿を見たかったはずだが、怪我に悩まされ、シーズン中盤に椎間板ヘルニアの手術のため一時離脱するなど不運に見舞われた。そして4月17日サンダーランドAFC戦で206ゴール目を決めた直後に、フリオ・アルカによる激しいタックルによって膝の靱帯を負傷。残り3試合を待たず事実上の引退となってしまい、ファンは悲嘆に暮れた。しかし本人は、「それでこそタイン・ウェア・ダービーだ」とむしろすっきりした様子で語っていた。
  • ジャッキー・ミルバーンには直接会ったことがない(1980年代に亡くなっている)。しかしその家族とはニューカッスルの試合に招待されるなどして面識があり、またジャッキーの甥に当たるボビー・チャールトンとは交流が深い。
  • セルティックスコットランド)を迎えて行われた引退試合のチケットは数時間で売り切れ、52,000人の超満員だった。試合は2-2で終了かと思われたロスタイム、誰が見ても分かる反則でニューカッスルがペナルティーキックを獲得。副審が選手交替の電光表示板を掲げるまでもなくシアラーが登場し、痛む膝を引きずりながらPKを決めてみせると、満員の大観衆が一斉に立ち上がってシアラーのラスト・ゴールを大いに祝福した。試合後は家族と共に場内を一周。なお、この試合の収入は全て医療関係のチャリティに充てられた。
  • オーストラリアのサッカー教室に参加した際に、14歳のゴールキーパー相手に本気でボールを蹴り手首を骨折させた。シアラーは「“こいつはできる。ちょっとプロの実力を思い知らせてやろう”と思ったんだ」と申し訳なさそうに話した。
  • 高潔な人間性は広く知られており、殆どファウルは犯さなかった。
  • ドイツW杯の準々決勝のイングランドポルトガル戦において、リカルド・カルヴァーリョの局部を踏んだウェイン・ルーニーの行為を主審に訴え、ルーニーが退場になるとベンチに向かってウインクをしてみせたクリスティアーノ・ロナウドに大激怒し、「今度ルーニーがマンチェスター・ユナイテッドの練習グラウンドでロナウドと再会したら、彼を一発殴ってもらいたい」と批判した。
  • 映画出演は、「シーズンチケット Purely Belter」(2000)、「GOAL!」(2006)

獲得タイトル[編集]

出典[編集]