ラウル・アマリージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアマリージャ第二姓(母方の)はベラです。
ラウル・アマリージャ Football pictogram.svg
名前
本名 ラウル・ビセンテ・アマリージャ・ベラ
Raúl Vicente Amarilla Vera
愛称 バンブ
ラテン文字 Raúl AMARILLA
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1960-07-19) 1960年7月19日(57歳)
出身地 ルケ
身長 189cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1980 パラグアイの旗 スポルティボ・ルケーニョ
1980-1981 スペインの旗 スポルティボ・ルケーニョ
1980-1985 スペインの旗 レアル・サラゴサ 126 (47)
1985-1988 スペインの旗 FCバルセロナ 35 (9)
1988-1989 パラグアイの旗 オリンピア・アスンシオン
1989-1990 メキシコの旗 クラブ・アメリカ
1990-1993 パラグアイの旗 オリンピア・アスンシオン
1993-1994 日本の旗 横浜フリューゲルス 26 (15)
代表歴
1982-1983 スペインの旗 スペイン U-21 2 (0)
監督歴
2006-2007 パラグアイの旗 パラグアイ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラウル・アマリージャ(Raúl Vicente Amarilla Vera、1960年7月19日 - )は、パラグアイ・ルケ出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはフォワードであり、長身を生かしたヘディングを最大の武器としていた[1]。息子のラウル・アマリージャ・ロメロ英語版もサッカー選手である[2]

経歴[編集]

パラグアイ、スペインの二重国籍を持ち、本来の母国であるパラグアイ代表入りを目指したが レアル・サラゴサ在籍時にスペインU-21代表として公式戦に出場していたため、当時の国際サッカー連盟の規定によりパラグアイ代表としてプレーすることができなかった[3]

1990年にはオリンピア・アスンシオンリベルタドーレス杯制覇に貢献。大会得点王にも輝き、南米年間最優秀選手賞を受賞[3]。同年12月のトヨタカップで訪日し、イタリアのACミランと対戦した(試合は0-3でオリンピアの敗退)[4]

1993年から日本の横浜フリューゲルスに入団し、第73回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝に貢献[3]1994年シーズンは開幕からゴールを量産して得点王を狙える位置にいたが、シーズン半ばに恥骨結合炎を発症し、そのまま引退に至った。現在は指導者として活動している。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 横浜F - J 7 3 4 0 5 3 16 6
1994 19 12 0 0 - 19 12
通算 日本 J1 26 15 4 0 5 3 35 18
総通算

その他の公式戦

指導歴[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 著者・国吉好弘『サッカーマルチ大辞典』2006年、56頁。
  2. ^ Raúl Vicente Amarilla (h), del fútbol al básquetbol”. abc.com (2013年9月27日). 2016年10月15日閲覧。
  3. ^ a b c ラウル・ビセンテ・アマリージャ・ヴェラ”. 超WORLDサッカー!. 2016年10月15日閲覧。
  4. ^ More Than A Game: Cerro Porteno vs Olimpia”. FourFourTwo (2006年12月1日). 2016年10月15日閲覧。