ダヴィド・トレゼゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダヴィド・トレゼゲ Football pictogram.svg
David Trezeguet became Save the Dream Ambassador, 2017.jpg
2017年のトレゼゲ
名前
本名 ダヴィド・セルジオ・トレゼゲ
David Sergio Trézéguet
愛称 トレゼゴール、ゼゲット
ラテン文字 David TRÉZÉGUET
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1977-10-15) 1977年10月15日(39歳)
出身地 ルーアン
身長 190cm
体重 85kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1985-1995 アルゼンチンの旗 CAプラテンセ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1995 アルゼンチンの旗 CAプラテンセ 5 (0)
1995-2000 モナコの旗 ASモナコ 93 (52)
2000-2010 イタリアの旗 ユヴェントスFC 245 (138)
2010-2011 スペインの旗 エルクレスCF 31 (12)
2011 アラブ首長国連邦の旗 バニーヤースSC 3 (0)
2011-2014 アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 35 (16)
2013-2014 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ (loan) 24 (7)
2014 インドの旗 FCプネー・シティ 9 (2)
代表歴2
1998-2008 フランスの旗 フランス 71 (34)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月22日現在。
2. 2014年9月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダヴィド・トレゼゲDavid Trézéguet, 1977年10月15日 - )は、フランス共和国ルーアン出身の元サッカー選手。元フランス代表。現役時代のポジションはフォワード

出生地はフランスだが両親は共にアルゼンチン人で、2歳の時にアルゼンチンに移住。フランスとアルゼンチンの国籍を所有している。

経歴[編集]

クラブ[編集]

17歳でアルゼンチンプロサッカーリーグCAプラテンセにてプロデビュー。出場機会は少なかったが、ASモナコのスカウトの目に留まり、自らの出生地であるフランスの地を再び踏むこととなった。モナコでは移籍当初は苦労したものの、徐々に頭角を表し、1999-2000シーズンに22得点を挙げてリーグ優勝に貢献。ビッグクラブから注目される存在になっていった。

2000年、イタリアの名門、ユヴェントスFCへ移籍。移籍金は2800万ユーロ。1年目に14得点を挙げ、翌年には24得点で得点王に輝いた。このタイトルは全て流れの中から決めた(PKなしの)得点であることから、大いに賞賛を浴びた。以降、怪我が多くフルシーズン出場する機会は多くないものの、出場すれば抜群の決定力を見せている。2005-06シーズンにはルカ・トーニの31得点に次ぐ23得点を挙げ、スクデットに貢献した(その後カルチョ・スキャンダルにより取消)。2006年、ユヴェントスのセリエB降格に当たり、移籍は確実かと思われていたが、結局残留している。

セリエAに復帰した2007-08シーズンは開幕戦でのハットトリックなど、序盤から絶好調でチームを牽引、中盤以降調子を落としたが結局20得点を記録。また、第4節のローマ戦でセリエA通算100得点を達成した。

2010年8月にユヴェントスとの契約を解除し、スペインのエルクレスCFへ2年契約で移籍した。2桁得点をあげたが、2部に降格したことで契約は1年で解除された。

2011年8月、UAEリーグバニーヤースSCへ移籍したが、11月に契約解除。

12月にアルゼンチン・プリメーラB・ナシオナルCAリーベル・プレートに移籍。

2014年7月にインドのFCプネー・シティに移籍した。

2015年1月20日、現役を引退することを発表した[1][2]。また、合わせて古巣ユヴェントスの幹部入りを予定しているとも述べている。

代表[編集]

代表デビューは20歳、1998年1月28日に行われたスペイン戦。同年に行われたフランスW杯のメンバー入りも果たし、見事優勝を飾る。 2年後のEURO2000では控えの立場だったが、イタリアとの決勝戦の延長でゴールデンゴールを決め優勝に導いた。この活躍が認められ、大会後にユヴェントスと契約を結んでいる。このゴールデンゴールを決めたことで移籍当初はイタリア国内では民衆に目の敵にされたことがあるという。

しかしその後の代表歴は思わしいものではない。セリエA得点王として臨んだ日韓W杯ではセネガル戦ではシュートがバー直撃、そしてEURO2004にはクロアチア戦において疑惑のゴールを決めたものの、ブレイクすることはなかった。

自身3度目となるドイツW杯では、1トップを布くドメネク監督の戦術方針からベンチに座る機会も多く、決勝のPK戦ではPKを失敗する等、失意のうちに大会は終了した。

代表ゴール数34は歴代3位(2008年7月現在)だが、W杯後は招集すらされないことが多く、EURO2008のメンバーからも落選した。2008年7月9日、ドメネク監督の続投を受けて代表引退を発表している。

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1993-94 プラテンセ プリメーラ 3 0 0 0 0 0
1994-95 2 0 0 0 0 0
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
1995-96 モナコ リーグ・アン 4 0 1 0 0 0
1996-97 9 5 0 0 0 0 0
1997-98 27 18 5 2 9 4
1998-99 27 12 3 0 5 2
1999-00 30 22 2 0 6 2
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
2000-01 ユヴェントス 17 セリエA 25 14 2 0 5 1
2001-02 34 24 2 0 10 8
2002-03 17 9 1 0 10 4
2003-04 25 16 4 2 5 4
2004-05 18 9 1 1 5 4
2005-06 32 23 1 0 9 6
2006-07 セリエB 31 15 1 0
2007-08 セリエA 36 20 3 0
2008-09 8 1 1 0 4 0
2009-10 19 7 0 0 8 3
2010-11 0 0 0 0 1 0
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2010-11 エルクレス 17 プリメーラ 30 12 0 0
UAE リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 バニーヤースSC 99 UAEリーグ 3 0
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
2011-12 リーベル・プレート 7 プリメーラB 19 13 2 1
2012-13 プリメーラ 11 1
通算 アルゼンチン 35 14 2 1 0 0 37 15
フランス 93 52 10 2 21 8 145 70
イタリア 245 138 18 3 57 30 370 197
スペイン 31 12 0 0 0 0 31 12
UAE 3 0 0 0 0 0 3 0
総通算 407 216 30 6 78 38 586 294

代表での成績[編集]

出典[3]


フランス代表 国際Aマッチ
出場 得点
1998 12 2
1999 2 1
2000 12註1 9註1
2001 7 5
2002 7 3
2003 8 8
2004 7 1
2005 5 2
2006 8 3
2007 2 0
2008 1 0
合計 71 34

註1 フランスサッカー連盟2000年8月16日に行われたFIFA選抜戦を国際Aマッチとして認めている[3]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

個人[編集]

  • セリエA得点王 (2002)
  • セリエA最優秀選手 (2002)
  • セリエA最優秀外国人選手 (2002)
  • UEFAベストイレブン (2001)

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]