アンドリー・シェフチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドリー・シェフチェンコ Football pictogram.svg
Andriy Shevchenko Nike Clash Collection.JPG
名前
本名 アンドリー・ムィコラーヨヴィチュ・シェフチェンコ
愛称 シェバ、シェヴァ、ウクライナの矢、ハラーショ
ラテン文字 Andriy Shevchenko
ウクライナ語表記 Андрій Миколайович Шевченко
基本情報
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
生年月日 1976年9月29日(39歳)
出身地 キエフ州ヤッホーイ地区・ドヴィルキウシュチナ
身長 183cm
体重 83kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1994-95 ウクライナの旗 ウクライナ U-18 8 (5)
1994-95 ウクライナの旗 ウクライナ U-21 7 (6)
1995-2012[1] ウクライナの旗 ウクライナ 111 (48)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドリー・ムィコラーヨヴィチ・シェフチェンコまたはアンドレイ・ニコラーエヴィチ・シェフチェンコ[2]ウクライナ語: Андрій Миколайович Шевченко 発音例, ラテン文字表記:Andriy Mykolaiovych Shevchenko, ロシア語: Андрей Николаевич Шевченко, 1976年9月29日 -)は、ウクライナキエフ州ドヴィルキウシュチナ村出身の元サッカー選手である。ポジションはFWCFLWG)。

愛称はシェバSheva)。ヘブライ語で数字の7を意味するため、本人も背番号は7番(もしくは7の入る数字)にこだわりがある。 トップスピードから矢のようにゴールを奪うスタイルから「ウクライナの矢」とも称される。

2004年にバロンドールを受賞。UEFAチャンピオンズリーグにおいて歴代10位タイとなる147試合に出場し、歴代5位の67得点を記録した。そのほか、ミラノダービーでは歴代最多得点となる14得点を挙げている。

略歴[編集]

ディナモ・キエフ時代[編集]

6歳でウクライナの名門、ディナモ・キエフのサッカースクールに入団。10歳児頃、チェルノブイリ原子力発電所事故で罹災し一家で避難、幼年期を育った土地を離れて移住[3]1992年にディナモ・キエフユースに昇格、1994年にトップチームでデビューを果たす。最初のクラブであるディナモ・キエフではチームを5年連続リーグタイトルに導き、自身は116試合で60得点した。

シェフチェンコが国際的な注目を集めたきっかけは1997-98シーズンのUEFAチャンピオンズリーグにおける大活躍である。特にFCバルセロナとアウェーのカンプ・ノウで対戦した試合では、バルセロナの圧倒的優位という下馬評の中、シェフチェンコのハットトリックを含む0-4でディナモ・キエフが圧勝という番狂わせの立役者となった。シェフチェンコは次シーズンのチャンピオンズリーグでも大活躍し、10得点を挙げて1998-99シーズンのCL得点王を獲得。ディナモ・キエフをCLベスト4に押し上げる原動力となった。

ACミラン時代[編集]

1999-00シーズンからは推定移籍金2600万ユーロでACミランに移籍を果たす。移籍初年度から高い順応性を見せた彼は、鋭い突破力と高い決定力で32試合で24得点を挙げていきなりセリエA得点王を獲得。ミランにおいてグンナー・ノルダールに次いで2人目、セリエA全体では6人目となる移籍初年度に得点王に輝いた外国人選手となった。また、シェフチェンコは1999年、2000年と2年連続でヨーロッパ年間最優秀選手の最終候補3名に名を連ねた。

ACミランでプレーするシェフチェンコ

2002-03シーズンは開幕前に負傷したこともあってか期待された活躍は見られなかったものの、ACミラン在籍時に「不振」と言われるような成績を残したのは僅かこのシーズンのみである。2003-04シーズンには再び24得点を挙げて得点王に輝き完全復活を果たし、ACミランのスクデット獲得に大きく貢献。この年、ポルトガルのデコとブラジルのロナウジーニョを抑えてヨーロッパ年間最優秀選手を受賞した。ウクライナ人でこの名誉を授かったのは、オレグ・ブロヒン(1975年)、イーゴル・ベラノフ(1986年)に次いで3人目である。

2006年2月8日、FCトレヴィーゾ戦で得点を挙げたことにより、ノルダールに次ぐクラブ史上2番目の得点数を記録した選手となった。最終的に、7年間で296試合に出場して175得点を記録した。

チェルシー移籍[編集]

2005-06シーズン終了後、ACミランからの退団とFAプレミアリーグへの移籍を表明。5月31日、4500万ユーロ(約63億円)の移籍金、年俸900万ユーロ(約13億円)の4年契約でチェルシーFCへ移籍した。しかし、プレミアリーグのサッカーやチェルシーの戦術に馴染めなかったためか、本来の実力を発揮したとは言えないパフォーマンスであった。ディディエ・ドログバは、巨額な移籍金に見合った働きをするために利己的なプレーをしていると批判した[4]

2008年1月にニコラ・アネルカが加入してからは更に出場の機会がなくなっていき、リザーブチームの試合に出場することもあった[5]

ミランへのレンタル[編集]

その後もなかなかチームに馴染めず出場機会が限られていたため何度も古巣ミラン復帰の噂がされていたが、2008年夏、得点力不足や前線のメンバーの負傷が相次ぐなど前線に問題をかかえていたミランがレンタル移籍のかたちで獲得を希望する。交渉は難航するが8月23日、レンタル移籍で両クラブ間の合意に達し、2シーズン振りの復帰となった。また、背番号は、すでにパトが背番号7を背負っていたため、自身が1976年生まれであること、且つ彼の好む「7」という数字が入っていることから「76」となった。

しかし一旦狂った歯車は中々好転せず、慣れ親しんだミランでも往時の輝きは取り戻せないままレンタル期間は終了。2009-2010シーズンの開幕はチェルシーで迎えることとなった。

ディナモ・キエフ復帰[編集]

ディナモ・キエフへ復帰したシェフチェンコ

2009年8月29日、10年ぶりにディナモ・キエフへ復帰することが発表された[6]。2年契約で背番号は7。2009-10シーズンからキャプテンに就任したアルテム・ミレフスキーのサポート役として、シェフチェンコは副キャプテンに就任。11月4日のチャンピオンズリーグ・インテル戦では華麗なボレーシュートを決めてみせた。

ウクライナ代表[編集]

ウクライナ代表でプレーするシェフチェンコ

ウクライナ代表としては111試合に出場して48得点を記録。同国の最多得点記録を保持している。

2006年のワールドカップにおいては、ヨーロッパ予選で6得点を挙げる活躍を見せ、ウクライナ史上初となる本大会出場へと導いた。本大会グループリーグでもチュニジア代表戦での決勝点となるPKを決めるなどし、初出場ながらベスト8まで駒を進めた。

ウクライナがポーランドと共催するUEFA EURO 2012を最後に現役から引退することを大会前に発表。サッカー界から退いた後は、ゴルファーへ転向を果たす計画であり、ゴルフが112年ぶりに正式競技に復活した2016年のリオデジャネイロ五輪への出場を目指す構えだという。

そうして臨んだEURO 2012ではグループリーグ初戦のスウェーデン戦で2得点を挙げ、ウクライナのEURO初勝利に貢献した。しかし、フランス、イングランドには敗れ、グループリーグ敗退に終わった。

エピソード[編集]

  • 子供のころ、サッカークラブから家に帰るときは走って帰って行った。その理由は道が暗く、練習場から家までの道のりが、街灯もなく暗くて怖かったから[7]
W杯ドイツ大会出場を記念して発行された切手
UEFA創立50周年を記念して発行された切手
  • 2004年3月ペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人に選出され、同年度のバロンドールを受賞するなど、ウクライナの英雄的存在。実際に2004年にはウクライナレオニード・クチマ前大統領から「ウクライナの英雄」として表彰されている。
  • 同じく2004年にアメリカ人モデルのクリステン・パツィクと結婚。長男はアメリカの元バスケットボール選手マイケル・ジョーダンにちなんでジョーダンと名付けられた。同時期にイングランドへ移籍した理由は、家族のために英語圏で生活するためとも言われている。
  • 2005年6月2日にウクライナ大統領ユシチェンコの非常勤顧問に就任した(2004年大統領選挙では、彼は対立候補であったヤヌコーヴィチの応援CMに出演している)。
  • 2005-06シーズン末に長年契約していたロットとの用具契約を終了し、日本のミズノと用具契約をしたが、シーズン終了後、チェルシーに移籍し、同チームがユニフォーム以外のシャツを着てのスパイク等の広告を禁止した為、クラブのスポンサーであるアディダスの子会社リーボックがミズノに金銭を支払うという形で契約を買い取り、同社のスパイクを使用していた。その後はナイキのスパイクを使用していた。
  • 幼少時代、キエフ郊外のクレシュチェチュクに住んでおりチェルノブイリ原発事故に遭遇している。事故後は黒海に面した港町に疎開している[8]

所属クラブ[編集]

→ 2008-09 イタリアの旗 ACミラン(レンタル移籍

経歴・タイトル[編集]

クラブ[編集]

初出場 1994年10月28日 対シャフタール・ドネツク戦
初得点 1994年12月1日 対ドニプロ・ドニプロペトロウシク戦
ウクライナの旗 ディナモキエフ
イタリアの旗 ACミラン
イングランドの旗 チェルシー

代表[編集]

初出場 1995年3月25日クロアチア代表
初得点 1996年5月1日トルコ代表

ワールドカップ戦績[編集]

初出場 2006年6月14日スペイン代表
初得点 2006年6月18日サウジアラビア代表

個人[編集]

  • ウクライナ・プレミア・ディビジョン得点王:1999
  • CISカップ得点王:1997
  • セリエA得点王:2000, 2004
  • UEFAチャンピオンズリーグ得点王:1999, 2006
  • バロンドール:2004
  • ウクライナ最優秀選手:1997, 1999, 2000, 2001, 2004, 2005
  • セリエA最優秀外国人選手:2000
  • UEFAチャンピオンズリーグ最優秀FW:1999
  • ゴールデンフット賞:2005
  • FIFA 100
  • 20世紀の偉大なサッカー選手100人 60位(ワールドサッカー誌選出 1999)
  • ウクライナ代表歴代最多得点記録

個人成績[編集]

チェルシーでのシェフチェンコ
2010年9月26日現在
クラブ シーズン リーグ カップ1 国際大会2 合計
Apps Goals Apps Goals Apps Goals Apps Goals
ディナモ・キエフ 1994-95 17 1 4 1 2 1 23 3
1995-96 31 16 5 1 2 2 38 19
1996-97 20 6 0 0 0 0 20 6
1997-98 23 19 8 8 10 6 41 33
1998-99 26 18 4 5 14 10 44 33
Total 117 60 21 15 28 19 166 94
ACミラン 1999-00 32 24 5a 4 6 1 43 29
2000-01 34 24 3 1 14 9 51 34
2001-02 29 14 3 0 6 3 38 17
2002-03 24 5 4 1 11 4 39 10
2003-04 32 24 2a 0 11b 5b 45 29
2004-05 29 17 1c 3c 10 6 40 26
2005-06 28 19 0 0 12 9 40 28
Total 208 127 18 9 70 37 296 173
チェルシーFC 2006-07 30 4 11d 7d 10 3 51 14
2007-08 17 5 3e 2e 4 1 24 8
Total 47 9 14 9 14 4 75 22
ACミラン 2008-09 18 0 1 1 7 1 23 2
Total 18 0 1 1 7 1 23 2
ディナモ・キエフ 2009-10 21 7 2 0 6 1 29 8
2010-11
Total 21 7 2 0 6 1 29 8
Career Totals 398 203 56 34 125 62 589 299

背番号[編集]

  • 10(1995年 - 1999年)
  • 7(1999年 - 2008年8月、2009年9月 - 2012年)
  • 76(2008年9月 - 2009年8月)

スポンサーシップ[編集]

  • リーボック2006年) - サッカーキャンペーン「So you think you know me?」のイメージキャラクターとして複数年契約[9]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Andriy Shevchenko - Century of International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/shevchenko-intlg.html 
  2. ^ ウクライナ語名の日本語表記アンドリー・ムィコラーヨヴィチ・シェウチェンコロシア語名の日本語表記アンドレイ・ニコラーエヴィチ・シェフチェンコ。ウクライナの独立以後はウクライナ語のみが同国の公用語となっており、人名についてもウクライナ語名が公式。日本メディアではロシア語名に準じた「アンドレイ・シェフチェンコ」が用いられることが多かった。最近では、ウクライナ語名のロシア語訛りに準じた表記「アンドリー・シェフチェンコ」が用いされることも多くなってきている。ウクライナ語の標準語に準じた表記では「アンドリー・シェウチェンコ」(アンドリイ、アンドリーイ、シェヴチェンコ、シェウチェーンコ、シェヴチェーンコなどのバリエーションあり)となる。「アンドリーイ・シェウチェーンコ」などとなるのは、発音上のアクセントを長音で表すという慣例に従った表記である。また、父称はスポーツ関係では無視されて書かれないことが多い。
  3. ^ Andrei Shevchenko: The making of Sheva
  4. ^ livedoor.com (2007年1月28日). “ドログバ不満爆発「シェフチェンコは自己中」”. 2015年11月20日閲覧。
  5. ^ Number Web (2008年4月11日). “シェフチェンコの生き地獄は続く。”. 2015年11月20日閲覧。
  6. ^ uefa.com (2009年8月29日). “シェフチェンコがディナモに復帰”. 2009年8月30日閲覧。
  7. ^ 『サッカーの大常識』111頁。
  8. ^ 金子義仁 『ワールドサッカーすごいヤツ全集』 フットワーク出版、1999年、p.46-50。ISBN 4-87689-330-6
  9. ^ アンドリー・シェフチェンコがReebokと契約 Rbkが素顔のシェフチェンコの素顔を紹介 , リーボック、 2006年9月5日のリリース

外部リンク[編集]