ルチアーノ・スパレッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルチアーノ・スパッレッティ Football pictogram.svg
Spalletti.JPG
名前
ラテン文字 Luciano Spalletti
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1959-03-07) 1959年3月7日(58歳)
出身地 チェルタルド
身長 180cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1986 イタリアの旗 エンテッラ 27 (2)
1986-1990 イタリアの旗 スペツィア・カルチョ 120 (7)
1990-1991 イタリアの旗 ヴィアレッジョ 29 (1)
1991-1993 イタリアの旗 エンポリFC 60 (3)
通算 236 (13)
監督歴
1995-1998 イタリアの旗 エンポリFC
1998-1999 イタリアの旗 UCサンプドリア
1999-2000 イタリアの旗 SSCヴェネツィア
2001 イタリアの旗 ウディネーゼ・カルチョ
2001-2002 イタリアの旗 ACアンコーナ
2002-2005 イタリアの旗 ウディネーゼ・カルチョ
2005-2009 イタリアの旗 ASローマ
2010-2014 ロシアの旗 FCゼニト・サンクトペテルブルク
2016-2017 イタリアの旗 ASローマ
2017- イタリアの旗 インテル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルチアーノ・スパッレッティLuciano Spalletti1959年3月7日 - )は、イタリアフィレンツェ県チェルタルド出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現在はセリエAインテルの監督を務めている。

来歴[編集]

現役サッカー選手時代は3部リーグに当たるセリエCでプレーしていた。ポジションは守備的MFで主に相手のエースを追いかけまわす役割をしていた。

引退後、所属クラブであったエンポリFCで指導者の道を歩み始め、下部組織のコーチなどを経て、1995/1996シーズンに昇格する形で監督に就任した。その後、UCサンプドリア、ヴェネツィアの監督を歴任するが、いずれもセリエB降格の憂き目に遭っており、続くウディネーゼでも降格の危機に瀕したことから「降格請負人」という有り難くない異名を持ってしまった。

監督としての評価を確固たるものにしたのは、2002年の2回目のウディネーゼの監督就任以降である。2004-2005シーズン、ウディネーゼは3位でシーズンを終え、クラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を手にしたが、スパッレッティ自身はそのシーズンで監督を辞した。その後、監督交代を繰り返して同シーズン7位に沈んだASローマの監督に就任した。

ASローマ

ASローマでは、トップ下の攻撃的MFとして地位を固めていたフランチェスコ・トッティセンター・フォワード(CF)にコンバートし、代わりにシモーネ・ペッロッタにトップ下を任せた。さらにダニエレ・デ・ロッシアルベルト・アクイラーニといった若手を積極的に起用、チームの再建を成功させた。生粋のストライカーを起用せず細かなパス回しとMFの走り込みを組み合わせた攻撃サッカーは、0トップと呼ばれ、セリエAで最も美しいサッカーと言われた。そしてその新戦術はFCバルセロナなど現在の強豪クラブにも大きな影響を与えている。

2005-2006シーズンには、セリエA新記録となる11連勝を成し遂げた。2006-07、2007-08シーズンと2年連続でローマをセリエA2位、チャンピオンズリーグベスト8の好成績に導くが、2008-09シーズンは怪我人の続出や新戦力の不発などで6位に後退。「(チャンピオンズリーグ出場圏内の)4位以内に入れなかったら辞任する」との考えを示しており、ユヴェントスFCへの監督就任の噂もされたが、選手やフロントの強い支持もあり残留を表明した。しかし新たに迎えた2009-10シーズンでは開幕から2連敗。その責任を取り辞任した。選手補強に対するセンシ会長や、一部選手への試合スタイルへの非難などを、辞任後に発言していることから、チームとの確執はシーズン前からあったと見られている。しかしながら、悲願のリーグ優勝はならなかったものの、ローマのティフォージに常に支持され、それは辞任後も変わっていない。

FCゼニト

2009年12月からロシアサッカー・プレミアリーグFCゼニト・サンクトペテルブルクの監督に就任。個に依存していたチームに戦術を植え付け、連動性に優れた組織的完成度の高い集団へと生まれ変えた。結果にこだわる「イタリア式」も取り入れ、イタリア式をよく知るアレッサンドロ・ロジーナ、ウディネーゼ時代の教え子アレクサンダル・ルコヴィッチ(2010年8月加入)を獲得した。2008年夏のUEFAスーパーカップ制覇を機に下降線を辿っていたゼニトに早速効果が表れ、ロシア・カップ制覇に導くと、過去2年優勝争いにすら絡めなかったリーグ戦でも好調をキープし、3年ぶり3度目となるリーグ制覇へと導いた。しかし、2014年になると不振が続き、3月に解任された。

ASローマ(2回目)

2016年1月13日、成績不振により解任されたリュディ・ガルシアの後任として、約7年ぶりに古巣ASローマの監督に復帰した[1]。2015-16シーズンはチームを3位に導き、チャンピオンズリーグプレーオフへの出場権を勝ち取った。2016-17シーズンはチャンピオンズリーグプレーオフで敗退、ヨーロッパリーグに回るもベスト16で敗退。リーグ戦ではクラブ最多勝ち点となる勝ち点87でチームを2位に導き、チャンピオンズリーグ出場権に導いた。2016-17シーズン終了後、ローマからの退団を発表した。

インテル・ミラノ

2017年6月6日、イタリア・インテルの監督に就任。

監督として[編集]

鋭い戦術眼でゲーム展開を読み、その時々の状況に対して的確な指示を出し、勝利を目指すことのできる戦術家である。ASローマ時代に、生粋のセンターフォワードを置かない戦術「ゼロトップ・システム」を考案した第一人者でもある[2]

そのASローマ監督として采配を振るった、07-08チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦では、強豪レアル・マドリードとの対戦を鋭い戦術眼で2戦とも制し、元チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョや元マンチェスター・ユナイテッドFC監督のアレックス・ファーガソンを大いにうならせた。

前日の対戦相手のビデオなどによる戦術的分析をかかさず、手持ちの駒で非常に効果的な戦いを見せることが多い。それが裏目に出ることもあり、読みをはずしてシーズンに1度か2度は格下相手に足をすくわれることもある。彼の非常にプロフェッショナルな発言やチームに尽くす姿勢から、フロントをはじめ選手からの信頼が非常に厚い。

ヴェネツィア監督時代に名波浩が在籍していた。

エピソード[編集]

故郷トスカーナ州でブドウ農園を営んでおり、オフ期間には自ら農機械を運転し労働に勤しむ[3]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

タイトル[編集]

ローマ
ゼニト

脚注[編集]