シモーネ・ペッロッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シモーネ・ペッロッタ Football pictogram.svg
Simone Perrotta 2007.jpg
2007年のペッロッタ
名前
ラテン文字 Simone Perrotta
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1977-09-17) 1977年9月17日(40歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド アッシュトン=アンダー=リン
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1998 イタリアの旗 レッジーナ 77 (1)
1998-1999 イタリアの旗 ユヴェントス 5 (0)
1999-2001 イタリアの旗 バーリ 56 (1)
2001-2004 イタリアの旗 キエーヴォ 95 (6)
2004-2013 イタリアの旗 ローマ 246 (36)
代表歴
1998-2000 イタリアの旗 イタリア U-21 6 (1)
2002-2009[1] イタリアの旗 イタリア 48 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シモーネ・ペッロッタ(Simone Perrotta, 1977年9月17日 - )は、イングランドグレーター・マンチェスターアッシュトン=アンダー=リン出身の元イタリア代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

中盤ならどこでもこなすユーティリティ・プレイヤー。豊富な運動量を生かした激しい当たりと、鋭い読みでの潰しを得意とする。

経歴[編集]

2004年ASローマに移籍してからは攻撃面において進歩し、特にペナルティエリア付近に飛び込んでのシュートを得意とする。2007-08シーズンから2シーズンは、CFにコンバートされたフランチェスコ・トッティに代わり攻撃的MFのポジションを任され、ローマのゼロトップシステムの要として活躍した。トッティとのコンビネーションはゼロトップシステムの核ともいえる。ゲームメイキング能力は突出しているとは言えないが、展開を読み、それに応じたプレーをする頭のいい選手であり、ユーティリティ・プレイヤーであることから、監督から重宝される選手と評価されている。イタリア代表でもトップ下を務めることがあった。

ユヴェントスFCやイタリアU-21代表などでは期待に応えられなかったが、ACキエーヴォ・ヴェローナ時代にその才能を開花させた。

2006年ワールドカップドイツ大会のイタリア代表メンバーに選出。ヨーロッパ予選ではほとんど出番はなかったものの、本大会ではレギュラーメンバーとして活躍。1次リーグから決勝まで全試合に出場し、チームの優勝に貢献した。

2013年6月29日、現役引退を公表した[2]。引退後は、イタリアサッカー連盟の職員として、テレビなどで活躍している[3]

マンチェスター出身のため英語が流暢に話せる。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]