ジネディーヌ・ジダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジネディーヌ・ジダン Football pictogram.svg
Zinedine Zidane by Tasnim 03.jpg
2017年のジダン
名前
本名 ジネディーヌ・ヤジッド・ジダン
Zinedine Yazid Zidane
愛称 ジズー (Zizou)
ラテン文字 Zinedine Zidane
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1972-06-23) 1972年6月23日(46歳)
出身地 マルセイユ
身長 185cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1982-1983 フランスの旗 USサン=タンリ
1983-1986 フランスの旗 SOセプテーム・レ・ヴァロン
1986-1988 フランスの旗 カンヌ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1992 フランスの旗 カンヌ 61 (6)
1992-1996 フランスの旗 ボルドー 139 (28)
1996-2001 イタリアの旗 ユヴェントス 151 (24)
2001-2006 スペインの旗 レアル・マドリード 155 (37)
代表歴
1988-1989 フランスの旗 フランス U-17 4 (1)
1989-1990 フランスの旗 フランス U-18 6 (0)
1990-1994 フランスの旗 フランス U-21 20 (3)
1994-2006[1] フランスの旗 フランス 108 (31)
監督歴
2013-2014 スペインの旗 レアル・マドリードアシスタント
2014-2016 スペインの旗 レアル・マドリード・カスティージャ
2016-2018 スペインの旗 レアル・マドリード
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジネディーヌ・ヤジッド・ジダン: Zinedine Yazid Zidane 発音例, カビル語Zinəddin Lyazid Zidan1972年6月23日 - )は、マルセイユ生まれの元サッカー選手。現サッカー指導者。愛称はジズーZizou[2][3]。選手としては1989年から2006年まで攻撃的ミッドフィルダーとして司令塔の役割だった。

FIFA最優秀選手賞バロンドール、ゴールデンボール賞などの個人タイトルに加え、所属チームではワールドカップ欧州選手権トヨタカップチャンピオンズリーグなどの主要タイトルをすべて獲得した。UEFAゴールデンジュビリーポールでは、過去50年(1954年〜2003年)の欧州のサッカー選手として、フランツ・ベッケンバウアーヨハン・クライフらを抑えて最も優れた選手に選ばれた[4]FIFA100選にも名を連ねている。

監督としてもレアル・マドリードの助監督やBチームの監督を務めた後にトップチームの監督に就任。就任1年目でクラブをチャンピオンズリーグ制覇に導いた。2017年には、史上初めてとなるチャンピオンズリーグ連覇を達成し、選手、監督双方でオンズドールFIFA最優秀賞を受賞した初めての人物となった。

アルジェリアの少数民族カビール人(→ベルベル人)の両親の元に生まれたため、フランスでは「北アフリカ移民の星」としての象徴的な人気もある[5][6]

誕生から幼少期[編集]

ジダンは、兄5人と姉1人の5人兄弟の末っ子として生まれた。ジダンの両親は、アルジェリア独立戦争が起きる少し前の1953年にフランス領アルジェリアからパリに移住してきた少数民族ベルベル人で、一家は1968年から港町マルセイユ北部の北アフリカ移民が集まって住む一角で暮らし始めた。そして72年にジダンが生まれた。

父のイスマイルは倉庫番とデパートの夜間警備員で、母のマリカは主婦だった。一家が居住していたカステラン地区という場所は、失業率が高く、犯罪発生率も高い区域だったが、一家の暮らしは快適な方だった。ジダンは5歳頃、兄や近所の子どもたちと家の近くにあった800平米ほどの広場でサッカーを始めた。これがジダンとサッカーの出会いだった[7]。兄たちのうち、3男のノルディーヌはジダンと同じくらいサッカーの素質があったという[8]

当時、ジダンはオリンピック・マルセイユのファンであり、特にブラジュ・スリスコヴィッチ、エンツォ・フランチェスコリジャン=ピエール・パパンがお気に入りだった[9]。子供時代は父親の影響で柔道もしており[10]、11歳の時に茶帯になった[11]

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

プロ入り前[編集]

9歳で地元クラブのASフォレスタに加入すると、すぐにその才能を認められチームキャプテンに抜擢された。10歳の時には隣の地域にあるUSサン=タンリというASフォレスタよりも格上のチームの一員となった。

1983年に、SOセプテーム・レ・ヴァロンに加入した。しばしばプロヴァンス地方の選抜チームでもプレーしたが、多くの出場機会には恵まれなかった[12]。14歳の時に参加したエクス=アン=プロヴァンスでの3日間のトレーニングキャンプで、ASカンヌのスカウトであるジャン・ヴァローの目に止まった。再びヴァローが見に来た試合、ジダンは他選手の欠場によってリベロのポジションに入り、決していいプレーを見せることはできなかったものの、ヴァローはカンヌでのトレーニングをジダンに提案した[13]。マルセイユを離れてカンヌでホームステイをする提案にジダンの父親は反対したが、貧しかった一家では受けられない教育を受けさせることができると考えた母親はこれに賛同し、ジダンはマルセイユを離れることになった[14]

カンヌ[編集]

家族の元を離れてカンヌのユースに加入し、1988年にトップチームとプロ契約した。しかし1988-89シーズンのカンヌに当時16歳のジダンを出場させる余裕はなく、経験豊富な選手を重宝した。残留を確保し、リーグ戦残り2試合で迎えたFCナント戦で初招集を受け、試合時間残り12分のところで初出場を果たした。ジダンはゴールポストに直撃するシュートを放ち、資質の片鱗を見せた[10][15]。翌シーズン、ジダンはリザーブチームと共に4部リーグでプレーするよう命じられた[16]

3年目の第3節AJオセール戦で先発出場したが、ジダンはパスミスによって観客からブーイングを受けるなどし、0-3で敗戦した。その後4試合先発から外された後にFCナント戦で復帰。1990年9月23日、地元クラブでありサポーターもしていたオリンピック・マルセイユとの試合でも活躍を見せ、この試合をきっかけにジダンは輝きを取り戻した。オセールとの2試合目では3-0で勝利して雪辱を果たし、11月24日から3月23日まで14連勝した。1991年2月10日のナント戦でプロ初得点を挙げ、それに対する特別ボーナスとして会長からルノー・クリオをプレゼントされた。3月24日のオリンピック・マルセイユ戦では試合にこそ敗れたものの、フランス・フットボールから「ディビジョン1で最も才能に恵まれた選手」と評された[17]。1991-92シーズンは、UEFAカップでの躓きがきっかけでチームは勢いを失い、リーグの前半戦終了時で17位と低迷。パリ兵役に参加していたジダンの疲労も深刻であったが、それでも試合によっては輝きを放った。

ボルドー[編集]

シーズン終了後、350万フラン+4選手でFCジロンダン・ボルドーへ移籍[18]

移籍初シーズンは、左の守備的MFとしてプレー。35試合に出場して10得点を挙げ、UEFAカップ出場権を得た。1994年にはリーグ・アンの最優秀若手選手に選ばれた。1995年ブラックバーン・ローヴァーズFCの監督をしていたケニー・ダルグリッシュがジダンとクリストフ・デュガリーの獲得に興味を示すも、会長は「ティム・シャーウッドがいるのに何故ジダンを欲しがるのか?」と語り、獲得することはなかった[19]1996年にはインタートトカップを勝ち上がり出場したUEFAカップで決勝まで進出。4回戦レアル・ベティス戦での35メートルのシュートや3-0で勝利を収めた準々決勝ACミラン戦2nd legなど好調なプレーを披露。決勝では敗れたものの、ユヴェントスの首脳陣をして「ミシェル・プラティニの後継者をみつけた」と言わしめた[10]

ユヴェントス[編集]

1996年7月、移籍金3,500万フランでユヴェントスへ移籍。「海兵隊長」のニックネームで呼ばれるフィジカルコーチのジャンピエロ・ヴェントローネのフィジカルトレーニングとメディカルスタッフのケアによって強靭な肉体を手に入れた[20]。移籍当初は低調であり多くの批判を受けたものの、当時監督だったマルチェロ・リッピはジダンを起用し続けた[21][22]。リッピはジダンの最も適したポジションを試行錯誤し、当初のセントラルMFから2トップの下の攻撃的なポジションに置いた。そのことから徐々にチームに順応し、10月20日のインテル戦をきっかけにユヴェントスのファンから認められ始めた。試合前にチームメイトのラファエレ・アメトラーノ英語版から「今日、お前はゴールを決めて俺達を勝たせる」と言われていたジダンは、得点を決めた後ベンチのアメトラーノを指さして駆け寄り抱擁を交わした[23]。このシーズン、ユヴェントスはセリエAインターコンチネンタルカップ優勝を飾り、ジダンはキャリア初のメジャータイトルを獲得した。

その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ[24]。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた[25]。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月25日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた[26]

レアル・マドリード[編集]

2000年8月23日、モナコで行われた欧州サッカー連盟のレセプションで偶然レアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレスが同じテーブルとなった。その際にペレスは「レアル・マドリードに来たいか?」と英語で書いた紙ナプキンをジダンに見せて問い、ジダンはそれに「イエス」となぐり書きして答えた[27]2001年7月、当時史上最高額となる9000万ユーロの移籍金でレアル・マドリードに移籍[10]

レアル・マドリードでのジダン(2005年)

ジダンはユヴェントス時代と同じ背番号21を望んでいたが、サンティアゴ・ソラーリがすでに使用していたため、前年に引退したキャプテンであるマヌエル・サンチスの5番を継いだ[28]。当時のクラブと代表双方でキャプテンを務めていたフェルナンド・イエロやツートップを組んでいたラウル・ゴンサレスフェルナンド・モリエンテス、また超攻撃的左サイドバックのロベルト・カルロスや自身と同じくバロンドール受賞経験者のルイス・フィーゴら豪華なタレントを擁し、銀河系軍団と称されたチームの攻撃陣の中心として活躍した[29]。また、当時のレアル・マドリードの補強、チーム作りの方針は「ジダネス&パボネス」(ジダンなどのスター選手とフランシスコ・パボンなどのカンテラ選手の共存)と呼ばれた。

加入当初は親しい友人に「こんなことなら引退してしまいたい」とこぼしたほどマスコミからのプレッシャーに追い詰められ、スペインでの生活への順応にも苦戦していたが徐々にチームに馴染み、特に2001-02シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦、バイエル・レバークーゼン戦での決勝点となったボレーシュートは、CNNなどのメディアでサッカー史上最も素晴らしいゴールの一つと評価され[30]、「永遠に伝説として語られることになるゴール」(レキップ)、「ジダンは神に祝福されている」(フランス・フットボール)と賞賛された[31]。1対1の同点で迎えた前半44分、ロベルト・カルロスが左サイドから送った山なりのボールを、ペナルティエリアの外から左足でダイレクトボレーシュート。ボールは綺麗な弧を描きゴール左上隅に突き刺さった。このゴールが決勝点となり、ジダンはキャリア初のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた[32]

2002-03シーズンは自身と同じくバロンドール受賞経験者のロナウドが加入し、リーガ・エスパニョーラUEFAスーパーカップ、インターコンチネンタルカップ制覇の3冠を達成。2003年は自身3度目となるFIFA最優秀選手賞を受賞した。

彼はボールを支配し、スペクタクルに動き、両足にシルクの手袋をつけているかのようにプレーする。 彼を観るためにスタジアムに足を運ぶ価値がある、私が今まで見た中で最高の選手の一人だ。 — アルフレッド・ディ・ステファノ

2003-04シーズンは2試合合計4-2でRCDマヨルカを下しスーペルコパ・デ・エスパーニャを手にしたが、それがレアル・マドリードにおいてジダンの最後のタイトルとなった。

ジダンの最終シーズン、セビージャFCを相手にキャリア初のハットトリックを達成した[33]。2005-06シーズンの途中に、2006 FIFAワールドカップでの引退を発表。2006年5月7日、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでの最終戦となるビジャレアルCF戦前に行われた引退式では8万人を超えるファンが集まり、クラブもその日のために「Zidane 2001-2006」と刺繍されたユニフォームを用意した。その試合ではデビッド・ベッカムのクロスから得点も決めた。試合終了1分前にフアン・ラモン・ロペス・カロはジダンを交代させ、花道を提供した。その後、スタンド下の通路でフアン・ロマン・リケルメと抱擁し、ユニフォーム交換を行った[34]。ジダンの最終シーズンは、リーグ28試合でチームトップであるロナウドに次ぐ9得点、デビッド・ベッカムと並んでチームトップタイの10アシストを記録した[35]。ワールドカップ後に現役を引退した。

フランス代表[編集]

1988年スペインマラガで行われたU-16欧州選手権で、初めてフランス代表としてプレーした。しかし、フランスは予選落ちしてしまい、ジダン自身も良い結果を残すことができなかった[36]。その後も様々なカテゴリでフランス代表に選ばれた。

ジダンのフランス代表ユニフォーム

1994年8月17日チェコ戦でA代表デビュー。ユーリ・ジョルカエフの負傷によって追加招集されたジダンは、2点ビハインドの状態でコランタン・マルタンに代わり後半18分から出場。途中出場ながら2得点を挙げ[37]、この試合をきっかけに代表に定着した。UEFA EURO '96予選、ジダンは最初の2試合に途中出場したが、2試合とも引き分けに終わり、その後の数試合は出場機会を与えられなかった。1995年4月26日スロバキア戦で再び招集されると、「キャリアの中で最も重要な試合になる」と語ったこの試合で正ポジションを得たジダンは、フランスの4得点のうち2得点に絡んだ[38]10月11日ブカレストでのルーマニア戦では、ジダンのハーフボレーでのゴールなどで3-1とホームで5年間無敗を誇ったルーマニアを破った。最終戦サッカーイスラエル代表戦でも2-0で勝利し、UEFA EURO '96出場権を得た。これらの活躍によってジダンは代表での地位を磐石のものとした[39]

1996年EURO1996直前、ジダンはBMWを運転中に時速100kmでガードレールにぶつかる事故を起こしてしまった。大会までに怪我は回復したもののコンディションは悪かったが、エメ・ジャケ監督はエリック・カントナを代表から外してジダンに背番号10に据える決断をした。チームはベスト4に進んだが、自身は「ずっと痛みを抱えながらプレーしており、準決勝では出場を自ら辞退しようとした」と語っている[40]

1998年1月28日スタッド・ド・フランスのこけら落としとなるスペイン戦ではその日唯一の得点を挙げた。同年地元フランスで開催されたワールドカップに出場。グループステージ初戦南アフリカ戦は勝利を収めたが、ジダンは2戦目サウジアラビア戦で相手キャプテンのフアド・アミンを踏みつけ、一発退場となってしまう[41]。ジダンを欠いたフランス代表であったがグループリーグ最終戦でデンマークを2-1で下し、3戦全勝でグループリーグ突破。その後もフランス代表は勝ち進み、決勝戦でジダンはヘディングで2得点をあげるなどの活躍をし、フランスの初優勝に大きく貢献した。その後、優勝のお祝いの際にエッフェル塔にジダンの顔が掲げられた[42]。この活躍で名を上げたジダンは、この年のバロンドール、FIFA最優秀選手賞を受賞。W杯で優勝した22人のメンバー、監督はレジオンドヌール勲章のシュヴァリエ(Chevalier、騎士)の階級を与えられた[43]UEFA EURO 2000でも優勝し、大会最優秀選手、そして2度目のFIFA最優秀選手賞を受賞した。

前回王者として臨んだ2002年FIFAワールドカップ・日韓大会では大会直前の韓国との親善試合で左太もも肉離れを起こし、さらにその試合で受けたタックルによって膝も痛めてしまった[44]。その影響でワールドカップ本戦には包帯を巻いて強行出場したデンマーク戦1試合の出場にとどまり、フランス代表も2敗1分の成績でグループリーグで敗退した[45]

2004年に行われたEURO2004初戦のイングランド戦では、1点をリードされて迎えた後半90分にジダンのフリーキックから同点にすると、その2分後にティエリ・アンリの得たPKをジダンが決めて劇的な逆転勝利を果たした。しかしその後のフランスは精彩を欠き、ジダンは大会3得点を挙げるも、代表はベスト8で敗退。大会終了後の8月、自身のホームページでのインタビューにて、有望な若手選手に道を譲るために代表引退を発表した[46]

2006W杯決勝

2005年、フランスがFIFAワールドカップ・ドイツ大会予選敗退の危機に陥るとレイモン・ドメネク監督やキャプテンのパトリック・ヴィエラの説得を受け、ジダンを代表デビューさせたジャケが公式の場で引退を悔やみ、更にはジャック・シラク大統領やスポーツ大臣のジャン=フランソワ・ラムールが代表復帰のために尽力すると言った。そうした後押しの中でクロード・マケレレリリアン・テュラムと共にフランス代表に復帰することをオフィシャルサイトで表明[47][48]。携帯電話会社のオレンジグループは、代表復帰発表の翌日に、フランスの新聞各紙に「Tu nous as tellement manque! (あなたがいなくてどれだけ寂しかったか!)」という広告と共にジダンのインタビューが有料で聞くことができる電話番号を掲載[49]レキップ紙は「彼が戻ってくる!」と見出しを掲げ、国家的な大事件として扱われた[50]。復帰発表の2週間後に行われたフランス世論研究所の調査では、73%の人がワールドカップ本大会に出場できると答えた。復帰後初戦のコートジボワール戦では3-0での勝利に貢献。アンリは「神が帰ってきた」とコメントした[51]。ヴィエラからキャプテンマークを譲り受け、予選敗退危機にあったフランスを本大会出場へ導いた。

大会後の引退を公言して臨んだ本大会では、グループリーグ序盤では低調だったものの、試合を重ねるごとに復調し、フランスも決勝戦まで進出した。準々決勝ブラジル戦ではアンリの決勝ゴールをアシストし、この試合のMVPに選ばれた。これまでジダンのアシストからアンリがゴールを決める場面は、共に出場したフランス代表55試合で1つもなく、メディアからの批判を受けていた[52]が、これが初めてにして唯一のアシストとなった。試合後、ペレはジダンについて「魔法使いだった」と賞賛した。準決勝はリカルド・カルヴァーリョがアンリを倒したことによって得たPKを決め、その得点が決勝点となってポルトガル代表を下した。これによりポルトガル代表の19連勝及び前回大会でブラジル代表を率いていたルイス・フェリペ・スコラーリのワールドカップ12試合負けなしの記録をストップさせた[53]。試合後は、レアル・マドリード時代のチームメイトであり共にキャプテンを務めていたルイス・フィーゴとユニフォーム交換を行った。

決勝イタリア戦ではジャンルイジ・ブッフォンに対してパネンカと呼ばれるチップキックでPKを決め、キャリア最後となる得点で先制点を挙げた。延長戦後半、マルコ・マテラッツィから何事か挑発された際に頭突きを食らわせ、一発退場となって、現役最後の試合を終えた。試合はPK戦になりフランス代表は負けて準優勝に終わったが、大会中の活躍が評価されMVPを受賞した。また、試合後にはジャック・シラク大統領もコメントを残した。

昨夜の試合ではたくさんの才能とプロフェッショナリズムを見せてくれた。私はあなたが悲しみ失望していることを知っているが、私があなたに伝えたいのは、全国民があなたを非常に誇りに思っているということだ。勝利した時だけでなく、難しい時もあなたの卓越したクオリティと素晴らしい闘志によってこの国に名誉を与えてくれた。 — ジャック・シラク[54]

この2006年ワールドカップ後の一連の騒動では、マテラッツィがジダンの人種や家族を侮辱した発言をしたという疑惑が上がり、ジダンの人種問題が取り上げられた[55][56]

ワールドカップ通算12試合5得点、欧州選手権通算13試合5得点。ワールドカップ決勝通算3得点はヴァヴァ、ペレ、ジェフ・ハーストと並び史上最多タイ、また2大会に渡る決勝戦でのゴールはヴァヴァ、ペレ、パウル・ブライトナーに続き史上4人目。

現役引退後[編集]

ワールドカップ決勝での頭突きにより、暴力行為の罰として国際サッカー連盟から7500スイス・フラン(約70万円)の罰金と3日間の社会奉仕活動の処分を科せられる[57]。2006年11月に、同年ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスに招かれるとともに、両親の出身地であるアルジェリアの大統領であるアブデルアジズ・ブーテフリカの元を訪ねた。ブーテフリカからは、公式に面会の場を設けられた。

ダノンネーションズカップに出席したジダン(2008年)

引退後はフランスのテレビ放送局Canal+で解説者を務めていたが、2009年6月1日、自身を呼び寄せたフロレンティーノ・ペレスが再びレアル・マドリードの会長となったことを受け、クラブアドバイザーに就任した[58]。その後、ジョゼ・モウリーニョにチームの近くにいることを要請され[59]、それを快諾。UEFAチャンピオンズリーググループリーグのアヤックス戦よりチームに同行することとなった[60]。2011年5月、モウリーニョとの対立からクラブのゼネラルディレクターを務めていたホルヘ・バルダーノが解任され、レアル・マドリードはゼネラルディレクター職を廃止。それまでスポーツディレクターの職に就いていたホセ・アンヘル・サンチェスがクラブの強化部門における最高責任者を務めることとなった[61]。その後任として、ジダンはスポーツディレクターに就任した[62]

2009年、1998年に拝受したレジオンドヌール勲章のシュヴァリエの階級からオフィシエ(Officier、将校)に昇格した。UEFA EURO 2016誘致の際には、ニコラ・サルコジ大統領と共にフランスのプレゼンテーションを行った[63]。また、2022年のFIFAワールドカップでは、カタールの招致アンバサダーとして招致活動を行った[64]。2011年2月、サッカー選手としてはペレ、ヨハン・クライフフランツ・ベッケンバウアーに次いで4人目となるローレウス世界スポーツ賞の生涯功労賞を受賞した[65]

2012-13シーズンにはスポーツディレクターの職をフェルナンド・イエロに譲り、レアル・マドリードの下部組織に重点を置いた活動を行った[66]。2013年にUEFA公認の指導者ライセンスを取得し[67]、レアル・マドリードにてかつての恩師であったカルロ・アンチェロッティのアシスタントコーチとして2013-14シーズンよりレアル・マドリードのトップチームの副監督に就任した[68]

2014年7月、レアル・マドリード・カスティージャの助監督に就任した[69]。ジダンはスペインリーグ2部B以上のチームを率いるために必要なレベル3のコーチライセンスを取得していなかったため、名目上はサンティアゴ・デニア・サンチェス監督を補助する助監督という立場であったが、実質的に監督としての振る舞いをしていたことが問題視された[70]2014年10月27日、正しい指導ライセンスを所有していないとして、スペイン・サッカー協会から3か月間の活動停止処分を受けた[71]。その後レアル・マドリードの上訴がスポーツ仲裁裁判所に受け入れられ、スペインサッカー連盟も処分を撤回した。

2015年にUEFAプロライセンスを獲得した[72]

レアル・マドリード監督[編集]

セルヒオ・ラモスビッグイヤーを掲げるジダン(2016年)

2016年1月に、解任されたラファエル・ベニテスの後釜としてレアル・マドリードの監督に就任。初陣となった9日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦ではギャレス・ベイルのハットトリックを含む5-0で勝利した[73]。レアルの監督となって初となるUEFAチャンピオンズリーグの試合ではクリスティアーノ・ロナウドヘセ・ロドリゲスのゴールでASローマに2-0で勝利した[74]。 4月2日にカンプ・ノウで行われたエル・クラシコでは2-1で勝利した[75]。 5月28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ 2015-16 決勝では、アトレティコ・マドリードをPK戦の末に下し、優勝を達成した。この優勝で、史上7人目となる選手・監督の両方でUEFAチャンピオンズリーグ(旧チャンピオンズカップも含む)優勝を達成した人物となった[76]

2016年11月2日のUEFAチャンピオンズリーグレギア・ワルシャワ戦で監督として100試合を達成した[77]クラウディオ・ラニエリレスター・シティFC)、フェルナンド・サントスポルトガル代表)とともにFIFAより年間最優秀監督の最終候補に選出された[78]。リーガ15節のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦での勝利により連続無敗記録を35試合とし、クラブ記録を樹立した[79]。その後も無敗記録を40試合に伸ばしてFCバルセロナが保持していたスペイン記録を更新した[80][81]。2016-2017シーズンは、過密日程も考慮してローテーションを敷いて選手の体調管理に気を配り、欠場を嫌うことで有名なエースのFWロナウドですら例外なく休養を与えた[82][83]。その結果、大事なシーズン終盤戦でもチームは息切れすることなく、リーグ戦を逃げ切り、2011-2012シーズン以来、5年ぶりのプリメーラ・ディビシオン優勝に導いた。その勢いのまま史上初の二連覇を目指すUEFAチャンピオンズリーグでも勝ち進み、決勝戦の相手は奇しくもジダンの古巣ユヴェントスFCであったが、4-1で勝利し、UEFAチャンピオンズリーグ改称後初の二連覇という快挙を成し遂げた。またレアル・マドリードは1957-58シーズン以来、59年ぶりの二冠達成であった[84]。同年、オンズドール年間最優秀監督賞、FIFA最優秀監督賞を受賞した。

2017-18シーズンは国内ではスーペルコパ・デ・エスパーニャを制したが[85]、コパ・デル・レイでは準々決勝で敗退し[86]、リーグ戦では3位であった。 しかし、UEFAチャンピオンズリーグでは3年連続で決勝に勝ち進みリヴァプールFCを下して優勝した。 これにより、チームが持つ大会最多優勝回数を更新し、大会初の3連覇を成し遂げた[87]。 2017-18シーズンをもって監督を退任した[88]

人物[編集]

人となり[編集]

ダノンネーションズカップでスタジアムを訪れたジダン(2008年)

頭突きで退場になった例はマテラッツィへの頭突きの他に、ユヴェントス時代の2000年チャンピオンズリーグ対ハンブルガーSV戦、レアル・マドリード時代の2004年リーガ・エスパニョーラムルシア戦がある[89]

2006 FIFAワールドカップグループリーグの第二戦の韓国戦ではチームが同点ゴールを決められ、本人もイエローカードを受けて累積警告によって次戦の出場停止が決まり、同点のままロスタイムにトレゼゲと交代させられると、ロッカールームのドアを蹴って壊したこともある。(なお、その扉は「ジダンに壊された扉」としてスタジアムに保存されている[90]。)

一方で、普段の性格は寡黙で内気と言われる[91]。引退後に競技テニスをしたいと言っていた頃、ホテルに宿泊した際に、アンドレ・アガシとたまたま隣の部屋になった事があったが、内気さゆえに会いに行けなかったというエピソードや[92]、2010年にフランス代表の一日コーチを引き受けて1998 FIFAワールドカップUEFA EURO 2000のビデオを観賞してスピーチを行った際に、ガエル・クリシーに「自分のビデオを見せながら照れていた」と明かされる[93]といったエピソードがある。

ジダンとは対照的におしゃべりで気さくなクリストフ・デュガリーとは親友である[94]

2003年からはダノンネーションズカップの公式アンバサダーを務めるなど多くのチャリティーイベントに参加し、慈善活動にも熱心である。

マルセイユ出身のジダンはオリンピック・マルセイユのファンだが[95]、父親がフランスに移住して初めて生活した場所であり、スタッド・ド・フランスもあるパリ郊外のサン=ドニには第2の故郷と語るほど愛着を感じている[96]

フランス語以外に両親の母語であるベルベル語も話せる。また夫人がスペイン系であり、スペイン語も習得している[97]。イタリアで5年間生活をしていたことから、イタリア語も理解できる[14]

家族[編集]

3人の兄弟のうち、ファリッドとノルディーヌは、マルセイユ北部でジネディーヌの肖像権放映権の管理会社を経営している[98]。17歳の時に出会った(ASカンヌ時代)スペイン系フランス人のヴェロニックと1994年5月24日に結婚。4人の子供がおり、長男エンツォの名は地元オリンピック・マルセイユに所属し、幼少時からのアイドルであったウルグアイ人エンツォ・フランチェスコリに因んでいる[99][10]。4人の息子たちはレアル・マドリードの下部組織に所属しており、前述のエンツォは父親と同じ攻撃的ミッドフィルダーで2014年にジネディーヌが監督を務めるレアル・マドリード・カスティージャに昇格している。次男のルカゴールキーパーでレアル・マドリードのフベニールA(U-19)に所属。この二人は母国フランスの年代別代表にも選ばれている。三男テオ、四男エリアスはジュニアチームに所属している。

叔父のジャメル・ジダンも元サッカー選手でアルジェリア代表だった。

評価[編集]

選手としての評価[編集]

チャリティーマッチに出場したジダン

1990年代後半から2000年代前半にかけて「世界最高のサッカー選手」と称えられた[100]

ジダンと1980年代に活躍したミシェル・プラティニは、フランスの2大スター選手とされる[101]。そのプラティニからは「コントロールやパスなど、基本的な技術に関してジダンは王だ。ボールを受け、コントロールすることにおいて誰も彼と同じことは出来ないだろう」と言われている[102]

ケビン・キーガンは、「誰もこんな選手は見たことがないと思うだろう。マラドーナは名選手だった。クライフも名選手だった。彼らは他と違っていた。だが似てはいた。ジダンはかけ離れている。ジダンのボールさばきは、まるで彼が通り抜けていく道を買っているようだ。彼を非常に特別にしているのは彼のヴィジョンだ」[103]と語った。

ズラタン・イブラヒモビッチは、「ジダンは抜きん出ている。ジダンがピッチに入ると、その瞬間から他の10人が「上手だな」程度の選手に見えてくる。他の星から来たようだ。魔法だ。」[104]と語った。

パレイラからは怪物と呼ばれ、フランツ・ベッケンバウアーは「史上最高のプレイヤーの一人、本当に素晴らしい選手」とした[105]

アルフレッド・ディ・ステファノはジダンを「真の天才」と賞賛し、「少なくとも40歳まではプレーをしてほしい」と語った[106]

レアル・マドリードで共にプレーしたロベルト・カルロスは、2010年のレキップ紙のインタビューで「今まで見てきた中で一番の選手」と話し[107]ベッカムは「史上最高の選手」と語った[108]

FCバルセロナなどで対戦したシャビは2010年のインタビューで、エル・クラシコにおいて最も苦労した選手に挙げて「1990年代から2000年代前半にかけてのベストプレイヤー」と語り[109]ロナウジーニョは「歴代最高の選手で、自分のなかでのアイドルの1人」とし、ベストプレイヤーに名前を挙げた[110]

イタリアのマルチェロ・リッピは、「私たちがこの20年間で見てきた中で、最も才能ある選手だ。」とした。

ティエリ・アンリは、2005年にジダンが代表復帰を発表したとき、「ジダンが国際代表チームに戻ってくると知って、フランスの誰もが神の存在に気づいた。神が帰ってくる。これに尽きる。」と言った。

指導者としての評価[編集]

レアル・マドリードを率いるジダン(2018年)

現役時代にマルチェロ・リッピビセンテ・デル・ボスケの下で指導を受け、引退後もジョゼ・モウリーニョカルロ・アンチェロッティといった名監督を近い位置で見てきたこともあり、幅広い戦術オプションを有している[111]。また、必要最低限の言葉を用いて選手たちをモチベートすることでロッカールームをうまくコントロールし[112]、起用する選手のローテーションも積極的に行う[113]

デル・ボスケは「柔軟さにくわえ、思い切りもある」と評価し、デル・ボスケのアシスタントを長年務めたトニ・グランデはデル・ボスケとの特に人間的な部分での共通点を指摘し、「あれほどの選手だったのに、監督になってからもエゴを出さずに、発言も態度も常に柔らかい。冷静で、好戦的な発言をすることもない。」とし、銀河系軍団時代のレアル・マドリードで広報部長をしていたホアキン・マロートもUEFAチャンピオンズリーグで優勝する監督の共通点として「好戦的でないこと。監督として自分を押し出しすぎないこと。人としてまっすぐであること。」の3つを挙げ、ジダンの人となりがチームを率いることにも活かされていると語った[114]。アンチェロッティは、常に学び続け、最新の情報を取り入れ、自身で経験を積んでおり偉大な指導者であると評価した[115]

エピソード[編集]

ジダンの得意技「ルーレット」とは、ドリブルの途中、両足の裏でボールを転がしながら一回転をし、プレスに来た相手選手をかわす技である。彼が考案した技ではないが、トッププレーヤーでこの技を試合中に頻発させるのは彼以外にいないため、ジダンの代名詞ともなっている[116]。日本においては、ジダンの出身地がマルセイユであることから、「マルセイユ・ルーレット」とも呼ばれ、少年サッカーのための指導材料としても使われている[117]

世界的な人気、知名度から、アディダスフランステレコムアウディボルヴィッククリスチャン・ディオールなど多くの企業と広告契約を結び、日本でも2002年日清食品のCMへ、2003年と2009年にACジャパン[118]のCMに出演している。また、2005年のビジャレアルCF戦におけるジダンを捉えたフランスのドキュメンタリー映画ジダン 神が愛した男』が制作され、第59回カンヌ国際映画祭で招待上映された。

ユヴェントス時代に禁止薬物エリスロポエチン(EPO)摂取のドーピング疑惑をかけられ、ジダンの頭を悩ませた。ユヴェントスの医師の裁判中、血液学者はアントニオ・コンテアレッシオ・タッキナルディのEPO使用痕跡を認めたが、ジダンには「特別なことは何もなかった。大きな変化も認められなかった」とし、引退後に放送されたフランス3での検証番組でミシェル・オードラン教授も同様の内容を語った。ジダンはフランスでは禁止薬物だった[119]ビタミンクレアチンの使用に関しては認めていた[120]

アルジェリア系フランス人であるジダンは、代表戦前の国歌斉唱を行わなかった。フランス国歌であるラ・マルセイエーズフランス革命時に制作された軍歌であり、その中の「穢れた血」というフレーズは人種差別を連想されるという声が挙がっている。同様にミシェル・プラティニ(イタリア系)、パトリック・ヴィエラ(セネガル出身)、クリスティアン・カランブー(ニューカレドニア出身)らも国歌を歌わなかった[101][121]

自身がプラティニの後継者と言われたように、ジダン2世またはジダンの後継者と称される選手も数多く存在する。フランス国内ではヨアン・グルキュフ[122]サミル・ナスリ[123]ムラド・メグニらがそう呼ばれるほか、アレックス・ファーガソンカリム・ベンゼマについて「身体の使い方がジダンを思わせる」と語った[124]。また、現役時代に所属したレアル・マドリードにおいても、ホセ・マヌエル・フラドカンテラ時代に「カンテラのジダン」と呼ばれていた。メスト・エジルがレアル・マドリードに移籍した時には「ドイツのジダン」と紹介され[125]、同じくヌリ・シャヒンは「左利きのジダン」と呼ばれた[126]。長男エンツォも父親と同様攻撃的MFとしてプレーし、レアル・マドリードの下部組織で10番を背負っている。将来フランススペインどちらの代表を選ぶかが両国で大きな関心を集めるなど、名実ともにジダン2世として注目を集めている[127][128]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ[129] カップ[129] CL*[129] UC*[129] 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1988-89 ASカンヌ リーグ・アン 2 0 - - - 2 0
1989-90 0 0 - - - 0 0
1990-91 28 1 - - - 28 1
1991-92 31 5 - - 4 0 35 5
1992-93 FCジロンダン・ボルドー 35 10 - - - 35 10
1993-94 34 6 - - 6 2 40 8
1994-95 37 6 3 2 - 4 1 44 9
1995-96 7 33 6 14 3 - 8 1 55 10
1996-97 ユヴェントス 21 セリエA 29 5 9 1 10 2 - 48 8
1997-98 32 7 5 1 11 3 - 48 11
1998-99 25 2 6 0 10 0 - 41 2
1999-00 32 4 4 0 - 4 0 40 4
2000-01 33 6 2 0 4 0 - 39 6
2001-02 レアル・マドリード 5 プリメーラ 31 7 9 1 9 3 - 49 11
2002-03 33 9 1 0 14 3 - 48 9
2003-04 33 6 7 1 10 3 - 50 7
2004-05 29 6 0 0 10 0 - 39 6
2005-06 29 9 5 0 4 0 - 38 9
通算 フランス 200 34 17 5 - 22 4 239 43
イタリア 151 24 26 2 45 5 4 0 226 31
スペイン 155 37 23 2 47 9 - 224 48
合計 506 95 66 9 92 14 26 4 689 122

* CLはUEFAチャンピオンズリーグ、UCはUEFAカップを指す。

代表での成績[編集]

2006年W杯ポルトガル戦でPKを蹴るジダン
出典[1]
親善試合 ヨーロッパ ワールドカップ 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1994 1 2 1 0 - 2 2
1995 1 0 5 2 - 6 2
1996 7 1 5 0 - 12 1
1997 8 1 - - 8 1
1998 7 3 3 0 5 2 15 5
1999 3 0 3 1 - 6 1
2000 8註1 2 5 2 - 13 4
2001 8 2 - - 8 2
2002 5 1 3 0 1 0 9 1
2003 3 0 4 3 - 7 3
2004 3 1 4 3 - 7 4
2005 1 1 4 1 - 5 2
2006 4 0 - 6 3 10 3
合計 59 14 37 12 12 5 108 31

註1 フランスサッカー連盟2000年8月16日に行われたFIFA選抜戦を国際Aマッチとして認めている[1]

代表でのゴール[編集]

出典[1]

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

FCジロンダン・ボルドー
ユヴェントス
レアル・マドリード
フランス代表

指導者時代[編集]

レアル・マドリード

個人タイトル[編集]

選手時代[編集]

指導者時代[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • バティスト・ブランシェ,チボー・フレ=ビュルネ著、陣野俊史,相田淑子訳 『ジダン』 白水社2007年ISBN 978-4-560-04979-2
  • ルーカ・カイオーリ著、片野道郎訳 『ジダン Ten Minutes To Glory』 ゴマブックス、2006年ISBN 4-7771-0539-3

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “Zinedine Zidane - Century of International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/zidane-intl.html 
  2. ^ Zizou top”. guardian. 2016年4月20日閲覧。
  3. ^ Zinedine Zidane”. expertfootball.com. 2016年4月20日閲覧。
  4. ^ “Zinedine Zidane voted top player by fans”. uefa.com. (2004年4月22日). http://www.uefa.com/newsfiles/171606.pdf 
  5. ^ ジダンの涙 - 大野元裕コラム”. goo.ne.jp (2006年7月13日). 2010年5月19日閲覧。
  6. ^ フランスW杯決勝敗北。ジダンの悲劇。多民族同化統合の夢も終わった”. 朝日新聞出版 (2006年7月28日). 2010年5月19日閲覧。
  7. ^ ジダンがサッカーを始めたきっかけについて、日本では人気少年漫画のキャプテン翼の影響とする話があり、これは漫画好きで有名な政治家の麻生太郎が著書「とてつもない日本」(2007年)で、キャプテン翼を見てサッカーを始めた選手の1人として挙げたこともあり、2016年4月頃までは、テレビ番組などで出演した芸人がそのような話をしていたこともあった。しかし、ジダンがサッカーを始めたのは77年頃であり、キャプテン翼の連載開始は81年である。フランスで翼のアニメが放送された88年には、ジダンは16歳でプロ契約をしており、それ以前からユースに所属している。ジダンがキャプテン翼の放送を視聴していた可能性はあるが(BS日テレ「「キャプテン翼の情熱」~漫画家・高橋陽一~ 」(2010年)の紹介でも「アノ〝ジダン〟・・・もキャプテン翼の大ファンだった。」と書くなどされている)、サッカーとの出会いの方が早かったと思われる。
  8. ^ ブランシェ、ビュルネ 31頁
  9. ^ “Zidane: Slišković mi je bio idol, uživao sam gledati ga”. klix sport. (2011年7月2日). http://www.klix.ba/sport/nogomet/zidane-sliskovic-mi-je-bio-idol-uzivao-sam-gledati-ga/110702058 
  10. ^ a b c d e “英雄ジダンの6つのキーポイント”. livedoor.com. (2006年4月26日). http://news.livedoor.com/article/detail/1893893/ 
  11. ^ カイオーリ 255-256頁
  12. ^ ブランシェ、ビュルネ 34-36頁
  13. ^ ブランシェ、ビュルネ 39頁
  14. ^ a b “ジダン頭突きの真相は母入院が関係か”. nikkannsports.com. (2006年7月21日). http://germany2006.nikkansports.com/paper/p-sc-tp3-20060712-0008.html 
  15. ^ ブランシェ、ビュルネ 52-53頁
  16. ^ ブランシェ、ビュルネ 55頁
  17. ^ ブランシェ、ビュルネ 57-59頁
  18. ^ ブランシェ、ビュルネ 63頁
  19. ^ “The Ones That Got Away...Zidane”. VitalFootball.co.uk. http://www.blackburn.vitalfootball.co.uk/article.asp?a=47576 
  20. ^ カイオーリ 147頁
  21. ^ リッピは後に、マラドーナに次ぐ過去20年で最高の選手はジダンと発言している。[1]
  22. ^ “ジダンがジエゴにエール 「私もイタリアでは苦しんだ」”. livedoor.com. (2010年1月22日). http://news.livedoor.com/article/detail/4564158/ 
  23. ^ カイオーリ 148-149頁
  24. ^ カイオーリ 154頁
  25. ^ ブランシェ、ビュルネ 104頁
  26. ^ カイオーリ 44頁
  27. ^ ブランシェ、ビュルネ 116頁
  28. ^ カイオーリ 46頁
  29. ^ “ワールドサッカーキング 10.01.21(No.134)掲載”. OCNスポーツ. (2010年1月21日). http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/soccer100113_2_1.html 
  30. ^ Football First XI: Best goals ever”. cnn.com (2009年3月12日). 2010年5月30日閲覧。
  31. ^ “「ジダンこそカギを握る男」”. スポーツナビ. http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/zidane/zidane_05.html 
  32. ^ “マドリーの逆転突破を信じるジダン氏”. Goal.com. (2010年3月9日). http://www.goal.com/jp/news/175/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0/2010/03/09/1824356/%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%80%86%E8%BB%A2%E7%AA%81%E7%A0%B4%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8B%E3%82%B8%E3%83%80%E3%83%B3%E6%B0%8F 
  33. ^ “ジダンが初のハットトリック”. uefa.com. (2006年1月16日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=385478.html 
  34. ^ カイオーリ 38頁
  35. ^ "Real Madrid Squad Stats (Spanish Primera División) – 2005–06"” (英語). ESPN. 2014年10月28日閲覧。
  36. ^ ブランシェ、ビュルネ 45頁
  37. ^ Zinedine Zidane's career timeline and detailed statistics” (英語). footballdatabase.com. 2010年5月19日閲覧。
  38. ^ ブランシェ、ビュルネ 165-166頁
  39. ^ ブランシェ、ビュルネ 167-168頁
  40. ^ カイオーリ 143頁
  41. ^ “France - Saudi Arabia”. FIFA.com. (1998年6月18日). オリジナル2013年10月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131022071519/http://www.fifa.com/worldcup/archive/edition%3D1013/results/matches/match%3D8745/report.html 
  42. ^ “ジダン「今はW杯のことだけに集中している」”. スポーツナビ. (2010年9月4日). http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/column/200605/at00009156.html 
  43. ^ “France honors World Cup winners”. CNN/SI. (1998年9月1日). http://sportsillustrated.cnn.com/soccer/world/news/1998/09/01/france_legionhonor/ 
  44. ^ “「レ・ブルーへの想い」”. ocnスポーツ. http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/soccer100113_2_2.html 
  45. ^ “仏にジダンの悪夢再び、FWシセ骨折で出場絶望”. Yomiuri Online. (2006年6月8日). オリジナル2006年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060618180323/http://www.yomiuri.co.jp/wcup2006/news/20060608iew5.htm 
  46. ^ ブランシェ、ビュルネ 236頁
  47. ^ “Zidane et Makélélé reviennent” (フランス語). lequipe. (2005年8月3日). http://www.lequipe.fr/Football/20050803_170859Dev.html 
  48. ^ ブランシェ、ビュルネ 246頁
  49. ^ カイオーリ 97頁
  50. ^ ブランシェ、ビュルネ 238頁
  51. ^ カイオーリ 99-100頁
  52. ^ “アンリとジダン 共存しつつあるふたりのスター”. Yahooスポーツナビ. (2006年6月6日). http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/column/200606/at00009323.html 
  53. ^ カイオーリ 76頁
  54. ^ “World Cup stunning moments: Zinedine Zidane's head-butt”. The guardian. (2014年3月11日). https://www.theguardian.com/football/blog/2014/mar/11/world-cup-moments-zinedine-zidane-head-butt 
  55. ^ “ジダン選手とフランスの人種問題”. livedoor.com. (2006年7月17日). http://news.livedoor.com/article/detail/2209431/ 
  56. ^ “ワールドカップ狂騒曲(1)ジダン頭突き/マラドーナ空気銃乱射”. 読売新聞. (2018年7月12日). https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/710/ 
  57. ^ 実際は罰金と3試合の出場停止処分であったが、ジダンはすでに引退したため社会奉仕活動へと変更された。[2]
  58. ^ “ジネディーヌ・ジダン”. OCNスポーツ. (2009年7月7日). http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/soccer090707_2_1.html 
  59. ^ “サッカー=モウリーニョ監督、ジダン氏に協力求める”. ロイター. (2010年10月11日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-17606920101011 
  60. ^ “ジダン「大きな意欲を持って臨む」”. realmadrid.jp. (2010年11月22日). http://www.realmadrid.jp/news/2010/11/news_13586.html 
  61. ^ “レアル・マドリーのペレス会長、バルダーノGDの解任を発表”. スポーツナビ. (2011年5月26日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1011/headlines/20110526-00000012-spnavi-socc.html 
  62. ^ “レアル・マドリー、ジダン氏がスポーツディレクターに就任へ”. スポーツナビ. (2011年5月27日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1011/headlines/20110527-00000008-spnavi-socc.html 
  63. ^ “EURO2016開催地はフランスに決定”. livedoor.com. (2010年5月28日). http://news.livedoor.com/article/detail/4796453/ 
  64. ^ “中東初 W杯カタール決定、ジダン氏も喜び”. asahi.com. (2010年12月3日). http://www.asahi.com/sports/fb/TKY201012030104.html 
  65. ^ “ジダン「生涯功労賞」受賞 ペレ、クライフ、ベッケンバウアーに次ぎ4人目”. BIGLOBEニュース. (2011年2月8日). http://news.biglobe.ne.jp/sports/0208/osy_110208_3629284384.html 
  66. ^ “ジダン氏、モウ監督との不仲説を否定”. デイリースポーツ. (2012年9月29日). http://www.daily.co.jp/soccer/2012/09/29/0005414616.shtml 
  67. ^ “最終試験に合格!ジダン氏 UEFA指導者ライセンスを取得”. Sponichi Annex. (2013年7月8日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/07/08/kiji/K20130708006178740.html 
  68. ^ “アンチェロッティ新監督、会見でジダン氏を右腕に指名”. soccer king. (2013年6月29日). http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20130629/119688.html 
  69. ^ ジダンが2014−15シーズン、カスティージャを指揮realmadrid.com 2014年6月25日
  70. ^ 「実質監督」のジダン氏、3カ月の停止処分も”. msnニュース. 2014年10月15日閲覧。
  71. ^ ジダン氏、3カ月活動停止=指導ライセンス不備で-スペイン・サッカー時事通信 2014年10月28日
  72. ^ ジダン監督が正式誕生へ…欧州最高位のUEFAプロライセンス取得soccer king 2015年5月9日
  73. ^ ジダン監督の新生レアル、5発大勝で初陣飾る…ベイルがハットの大活躍”. サッカーキング (2016年1月10日). 2016年1月10日閲覧。
  74. ^ レアル・マドリー、ジダン監督体制初となるCLで白星 C・ロナウド&ヘセのゴールでローマに先勝”. Goal.com (2016年2月18日). 2016年5月20日閲覧。
  75. ^ クラシコ勝利のジダン、「チームメート、監督のために戦ってくれるチームは素晴らしい」”. Goal.com (2016年4月3日). 2016年4月29日閲覧。
  76. ^ 選手・指揮官両方でのCL制覇…ジダン監督、史上7人目の快挙達成”. サッカーキング (2016年5月29日). 2016年5月29日閲覧。
  77. ^ ジダン、指揮官としての100戦目へ トップチームではわずか2敗、驚異の戦績は?”. サッカーキング (2016年11月2日). 2016年11月3日閲覧。
  78. ^ FIFA男子最優秀監督賞の最終候補が発表 ラニエリ、ジダン、サントスの3名”. サッカーキング (2016年12月3日). 2017年1月3日閲覧。
  79. ^ レアルのジダン監督、公式戦無敗記録更新に満足「選手へ感謝したい」”. サッカーキング (2016年12月11日). 2017年1月3日閲覧。
  80. ^ レアル、17年リーグ戦初戦ゴールラッシュで5-0完勝! 昨季バルサ樹立の連続不敗記録「39」に並ぶ”. YAHOO!JAPANニュース (2017年1月8日). 2017年2月19日閲覧。
  81. ^ レアルの無敗記録が40で途絶える…セビージャ、終盤の2ゴールで逆転勝利”. @niftyニュース (2017年1月16日). 2017年2月19日閲覧。
  82. ^ 「ジダンのローテーションは芸術的」 二冠に近づくレアル監督の手腕をスペイン紙が称賛”. FOOTBALL ZONE (2017年5月17日). 2017年6月6日閲覧。
  83. ^ ジダン監督、就任512日目で名将の領域に到達 スペイン紙も手腕称賛「完璧なローテーション」”. FOOTBALL ZONE (2017年6月5日). 2017年6月6日閲覧。
  84. ^ レアルがCL史上初の連覇で12度目の欧州制覇! ユーベに4-1完勝、59年ぶりにリーガとの二冠達成”. FOOTBALL ZONE (2017年6月4日). 2017年6月6日閲覧。
  85. ^ レアル、早くも今季2冠!…圧倒のクラシコ連勝で5年ぶりのスーペルコパ制覇”. サッカーキング (2017年8月17日). 2018年3月3日閲覧。
  86. ^ 「とても消耗する。レアルにおいては特にね」…ジダン監督が“激務”に言及”. サッカーキング (2018年2月18日). 2018年3月3日閲覧。
  87. ^ レアルが史上初のCL3連覇!…ベイルのオーバーヘッド&無回転弾でリヴァプール破る”. サッカーキング (2018年5月27日). 2018年5月31日閲覧。
  88. ^ レアル、ジダン監督が電撃退任「勝ち続けるためには変化が必要」”. フットボールチャンネル (2018年5月31日). 2018年5月31日閲覧。
  89. ^ ジダンの頭突きに見る、サッカーの醜さ(1/2) 木村浩嗣の「誘惑と憂鬱のスペインサッカー」”. スポーツナビ. 2012年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月20日閲覧。
  90. ^ “W杯エピソード:ジダンが韓国戦で控え室のドアを破壊した理由”. livedoor.com. (2010年6月2日). http://news.livedoor.com/article/detail/4803043/ 
  91. ^ “「多民族統合の象徴」としてのフランス代表――そしてジダン”. スポーツナビ. オリジナル2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222114241/http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/zidane/zidane_01.html 
  92. ^ ZINEDINE ZIDANE:Did you know?”. bbc.co.uk. 2010年5月30日閲覧。
  93. ^ フランス代表、ユーロ予選突入直前の“ジダン効果”に沸く”. livedoor.com. 2010年9月4日閲覧。
  94. ^ ブランシェ、ビュルネ 78頁
  95. ^ ジダン氏、ベッカムのPSG入りの噂に「私は祝えないな。なぜなら…」” (日本語). livedoor.com. 2014年10月28日閲覧。
  96. ^ “フランス代表の新たな聖地「スタッド・ド・フランス」”. スポーツナビ. http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/zidane/zidane_03.html 
  97. ^ “「スペイン系の妻を」ジダンが後輩ベンゼマに珍アドバイス?”. livedoor.com. (2010年2月22日). http://news.livedoor.com/article/detail/4617618/ 
  98. ^ ブランシェ、ビュルネ 274頁
  99. ^ 同選手とトヨタカップで対戦した際に、ユニフォーム交換を実現させた。(FIFA公式サイトより、2010年6月11日閲覧)
  100. ^ 「W杯、それは私の人生のすべてだった」、『Sportiva6月号』、集英社、2010年4月。
  101. ^ a b 国歌を歌わないベンゼマに非難…過去にはプラティニやジダンも”. サッカーキング. 2014年10月15日閲覧。
  102. ^ JERE LONGMAN. “Brazil's Fans Lament Demise of the Beautiful Game”. NYタイムズ. http://www.nytimes.com/2006/07/03/sports/soccer/03brazil.html 2016年4月閲覧。 
  103. ^ Patrick Barclay. “Zidane has the measure of true greatness”. デイリー・テレグラフ. http://www.telegraph.co.uk/sport/football/international/4769833/Zidane-has-the-measure-of-true-greatness.html 2016年4月閲覧。 
  104. ^ Ifreke Inyang. ““Messi plays as if he’s on PlayStation, Zidane made other players look good” – Ibrahimovic”. デイリー・ポスト. http://dailypost.ng/2012/12/19/messi-plays-hes-playstation-zidane-made-players-look-good-ibrahimovic/ 2016年4月閲覧。 
  105. ^ “Zidane's lasting legacy”. BBC SPORT. (2006年7月5日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/world_cup_2006/teams/france/5147908.stm 
  106. ^ カイオーリ 15頁
  107. ^ Roberto Carlos : «Zizou était à part»”. L'equipe. 2011年6月9日閲覧。
  108. ^ Zidane is the best player ever, says Beckham”. soccernews.com. 2011年6月9日閲覧。
  109. ^ Xavi: “Winning el Clasico is like having an orgasm””. total Barca. 2011年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月9日閲覧。
  110. ^ ロナウジーニョが選ぶトップ10プレイヤーは”. livedoor.com. 2011年6月9日閲覧。
  111. ^ なぜジダン監督は多彩な戦術を繰り出せるのか”. Goal.com. 2017年4月7日閲覧。
  112. ^ ジダンの監督としての“見えざる手腕” 遠ざかっているリーガ優勝へ好発進”. スポーツナビ. 2016年9月18日閲覧。
  113. ^ ジダン監督が積極的な選手起用…2試合で24選手中19選手が試合に出場”. サッカーキング. 2017年2月20日閲覧。
  114. ^ 監督・ジダンのサッカーとは何か。恩師デルボスケたちに聞いてみた。”. Number Web. 2017年2月14日閲覧。
  115. ^ アンチェロッティ監督、ジダン監督について語る”. UEFA.com. 2017年4月6日閲覧。
  116. ^ “ジダン氏「マルセイユ・ルーレット」披露”. 日刊スポーツ. (2009年10月31日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20091031-561572.html 
  117. ^ ジダンのルーレット”. 学研. 2010年5月19日閲覧。
  118. ^ 2003年当時の団体名は公共広告機構
  119. ^ イタリアやイギリスなどでは自由に売買され、IOCにも認められている。
  120. ^ ブランシェ、ビュルネ 111-114頁
  121. ^ ジダンが仏国歌を歌わずドイツの先生が国歌の1番歌わぬ理由”. infoseek.co.jp. 2014年10月15日閲覧。
  122. ^ “「ジダン後継」期待熱く/グルキュフ=23歳・フランスMF”. 毎日jp. (2010年6月11日). オリジナル2012年7月15日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120715030554/http://mainichi.jp/sports/soccer/ 
  123. ^ “フランス代表の新星(1):ナスリ「ジダンと比べないで」”. livedoor.com. (2007年3月22日). http://news.livedoor.com/article/detail/3085827/ 
  124. ^ “サッカー=マンU・ファーガソン監督、ジダン2世は「グルキュフよりベンゼマ」”. livedoor.com. (2009年2月23日). http://news.livedoor.com/article/detail/4029595/ 
  125. ^ Ozil flattered by 'German Zidane' labelsoccernet.espn.go.com、2010年8月19日
  126. ^ “マドリー、シャヒン本人と合意か”. Goal.com. (2011年5月2日). http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2011/05/02/2467793/マドリーシャヒン本人と合意か 2011年5月10日閲覧。 
  127. ^ “西仏両国が注視する、将来渇望のジダン2世。〜代表はスペインか、フランスか?〜”. Number.com. (2010年10月9日). http://number.bunshun.jp/articles/-/52106 2012年7月21日閲覧。 
  128. ^ “U-17スペイン代表、ジダン長男を招集へ”. Goal.com. (2010年9月22日). http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2010/09/22/2131117/u17スペイン代表ジダン長男を招集へ 2012年7月21日閲覧。 
  129. ^ a b c d Zinedine Zidane Football Profile- Yahoo! Eurosport UK

外部リンク[編集]