ロベルト・ドナドーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。
  • ロベルト・ドナドニ
ロベルト・ドナドーニ Football pictogram.svg
Roberto Donadoni - SSC Neapel (2).jpg
名前
愛称 Bone[1]
ラテン文字 Roberto Donadoni
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1963-09-09) 1963年9月9日(58歳)
出身地 チザーノ・ベルガマスコ
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1986 イタリアの旗 アタランタ 96 (5)
1986-1996 イタリアの旗 ACミラン 261 (18)
1996-1997 アメリカ合衆国の旗 NYメトロスターズ 49 (6)
1997-1999 イタリアの旗 ACミラン 24 (0)
1999-2000 サウジアラビアの旗 アル・イテハド 15 (0)
通算 445 (29)
代表歴
1986-1996[2] イタリアの旗 イタリア 63 (5)
監督歴
2001-2002 イタリアの旗 レッコ
2002-2003 イタリアの旗 リヴォルノ
2003 イタリアの旗 ジェノア
2004-2006 イタリアの旗 リヴォルノ
2006-2008 イタリアの旗 イタリア
2009 イタリアの旗 ナポリ
2010-2011 イタリアの旗 カリアリ
2012-2015 イタリアの旗 パルマFC
2015-2018 イタリアの旗 ボローニャ
2019-2020 中華人民共和国の旗 深圳
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・ドナドーニイタリア語: Roberto Donadoni, 1963年9月9日 - )は、イタリアベルガモ県チザーノ・ベルガマスコ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。しばしばドナドニとも表記される。現役時代のポジションはミッドフィールダー(主に左右のサイドハーフ)。

クラブ経歴[編集]

1982年8月18日コッパ・イタリアアヴェッリーノ戦でプロデビュー。9月12日ピストイエーゼ戦セリエAデビューを果たし、1984年5月27日ヴァレーゼ戦でセリエA初ゴールを決めるなど、アタランタの主力選手として活躍した。その活躍から、1986-87シーズンよりユヴェントスFCとの争奪戦を制したACミランに移籍[3]、すぐにレギュラーを掴み、1986年10月26日第7節ブレシア戦にて移籍後初ゴールを決めた。翌1987-88シーズン、リーグ制覇を果たす。

ACミラン在籍時には6度のセリエA制覇、3度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇(前身のチャンピオンズカップを含む)、2度のトヨタカップ制覇に貢献。ミランには不可欠な存在で[4]、得点こそ少なかったが、当時のミランのかなりの得点チャンスが彼のクロスやパスから生まれている[4]。クラブの黄金時代を支えた選手であり、ミランの殿堂入りも果たしている[5]

1988-89シーズン、チャンピオンズカップ2回戦2ndレグのレッドスター戦ではバシリエビッチのラフプレーで[1]、呼吸困難に陥ったが、顎に穴を開ける手術を受け、選手生命の危機を脱した[6]。準決勝のレアル・マドリード戦では1ゴール1アシストを決めて[7] 決勝進出に貢献、決勝のブカレスト戦ではルート・フリットのゴールをアシストした[7]

1989-90シーズン、 トヨタカップ優勝、チャンピオンズカップ準々決勝第2戦メヒェレン戦ではドリブルで相手守備陣を翻弄していたが、延長戦も残り5分程度を残す中、相手から酷いラフプレーを受け、これに報復してし3試合の出場停止処分を受け、チームは決勝でベンフィカを破り優勝したが、準決勝、決勝への出場を逃した[8]

1991-92シーズン、リーグ無敗優勝を果たす。1992-93シーズン、リーグ優勝を果たすが、このシーズン、レンティーニエラーニオらの加入や負傷離脱で出場機会を減らした。チャンピオンズリーグ決勝では先発し58分までプレーするも、マルセイユに0-1と敗れた[9]

1993-94シーズンは、前シーズンから出場機会を増やし、スクデットとUEFAチャンピオンズリーグの二冠獲得に貢献、UEFAチャンピオンズリーグ決勝FCバルセロナ戦ではドリブルでサイドを突破し、マッサーロの得点をアシストした[10]

1994-95シーズン、第16節のバーリ戦ではサビチェビッチの4ゴールのうちの2ゴールをアシスト、第28節のトリノ戦ではセリエAでキャリア初の2ゴールを決めた。UEFAチャンピオンズリーグ決勝のアヤックス戦で先発出場、正確なクロスでモーネのシュートチャンスを演出したが、シモーネが決め切れず、終了間際にクライファートにゴールを許し1-0と破れた[11]

1995-96シーズン、第27節のパルマ戦でゴールを決め、勝利に貢献、第32節フィオレンティーナ戦に先発出場、ミランはセリエA優勝を決めたため、その試合を最後にミランを離れ、1996年途中よりMLSNYメトロスターズでプレー、1996年にはMLSベストイレブンに選出された[12]。1996年、1997年と2度オールスターゲームにも出場した[13]

1997-98シーズン途中ミランに復帰[14]、6節レッチェ戦に先発出場し復帰を果たす。

1998-99シーズンは限定された出場機会であったが、リーグ優勝を果たす。最後のミラノダービーとなった第25節では、60分にボバンとの交代で出場、ミランでの最後の試合出場は、第28節のパルマ戦、76分からボバンとの途中交代で出場したのが最後となった。

2000年にサウジアラビアのアル・イテハドで最後にプレー、リーグ優勝を成し遂げ、現役を引退した[14]

代表経歴[編集]

イタリア代表としては、U-18代表、U-21代表を経て、1986年10月8日のギリシャとの親善試合でA代表デビュー[15][14]、代表2戦目となった11月15日のスイス戦でA代表初ゴールを決めた[15]。以降中心選手の一人として、UEFA欧州選手権1988ベスト4進出、1990 FIFAワールドカップ3位、1994 FIFAワールドカップ準優勝に貢献した。

1990 FIFAワールドカップでは大会を通じて好調なプレーを見せ[16][17][18][19]、2アシストを記録した。また準決勝、アルゼンチン戦では、イタリア代表の中で最も高い評価を得るプレーをしたが[19]、PK戦ではセレーナと共にPKを失敗、イタリアは敗退、3位決定戦のイングランド戦は怪我のため欠場した。

1994 FIFAワールドカップでもノルウェー戦以外の全試合に出場し、2アシストを記録。決勝トーナメント1回戦のナイジェリアとの対戦では、絶妙なスルーパスをオーバーラップしたロベルト・ムッシに送り、ムッシの折り返しからR.バッジオのゴールが生まれ、1-1に追いつき、延長戦の末に勝利した[20][21]。負傷で決勝への出場さえも危ぶまれたが[22]、決勝のブラジル戦に出場、DF以外の選手のプレーが軒並み低調な中、孤軍奮闘したが[23]、PK戦の末ブラジルに敗れた。前回大会でPKを失敗したためかPKのキッカーとしての登場はなかった。1994年11月16日UEFA EURO 1996予選、クロアチア戦で後半開始から交代出場でプレーしたが、以降しばらくの間代表を遠ざかった。

1996年ユーロ1996の代表として代表に復帰、全3試合でプレーした[24][25]UEFA EURO 1996、初戦のロシア戦はデル・ピエロとの交代で、後半開始から出場、以降先発の座を奪い、チェコ戦、グループリーグ最終戦、ドイツ戦では先発出場、ドイツ戦ではケプケを脅かすシュート、サイドを崩しフゼールへのクロスなどの見せ場を作ったが、ゾラのPK失敗で引き分け、イタリアはチェコと勝ち点で並ぶも、チェコとの直接対決で敗れていたため、グループリーグで敗退。そのドイツ戦でのプレーを最後に代表を引退した[26]

代表では63試合出場5ゴールの記録を残した[15][26]

指導者歴[編集]

2001年からは指導者として活動を始めた。ASリヴォルノ・カルチョジェノアCFCで監督を務める。2005年から再びリヴォルノを率い、降格候補筆頭のクラブを中位まで押し上げるなど手腕を発揮していたが、アルド・スピネッリ会長ら首脳陣との対立から2006年春に辞任した。

その後、2006 FIFAワールドカップで優勝したマルチェロ・リッピの後任として、イタリア代表の監督に就任。トップにルカ・トーニを置くフォーメーションとして、そのトーニへロングボールを放り込む戦術を取った。UEFA EURO 2008ではグループリーグでオランダに30年ぶりに大敗、準々決勝でスペインに20年ぶりに(親善試合を除く)公式戦で敗れ、大会終了後の同年6月26日に監督を解任された[27]

2009年3月10日エドアルド・レヤの後任としてSSCナポリ監督に就任。2009-10シーズンは2勝4敗1分と開幕から不振が続き、10月6日に解任された。

2010年11月16日ピエルパオロ・ビーゾリの後任としてカリアリ・カルチョの監督に就任[28]。低迷していたチームを一時9位まで押し上げ残留に導いたが(最終順位は14位)、マッシモ・チェッリーノ会長と対立してセリエA開幕前の2011年8月12日に解任された[29]

2012年1月9日フランコ・コロンバの監督解任を受けてパルマFCの監督に就任。2013-14シーズンにはパルマFCをUEFAヨーロッパリーグ出場圏内である6位に導いたものの、所得税の納付遅延を理由にUEFAライセンスが降りず、パルマFCはヨーロッパリーグ出場権を剥奪された。2015年6月にパルマFCの破産が確定したことでリーグの規定により、監督としての契約が失効した[30]

2015年10月28日、成績不振により解任されたデリオ・ロッシ監督の後任としてボローニャFCの監督に就任[31]2016年2月19日のユヴェントスとの一戦でスコアレスドローに終わり、セリエA15連勝中のユヴェントスの連勝記録を止めることに成功した[30]。以降2017-2018年までボローニャの監督を務めた。

2014年、2018年のワールドカップ後には日本代表監督候補として名前が挙げられた[32]

2019年中国1部、深圳の監督に就任したが[32]指揮した14試合で2勝しか挙げることが出来ず[33]2020年事実上解任される形で退任した。

プレースタイル[編集]

確かなテクニックを持った選手で、ドリブルからのパスやクロスで多くのチャンスを演出した[4]。コーナキックやフリーキックを任されることも多く、左右のキックが可能で、初期はウィングとして、その後は左右サイドハーフとして主にプレーした。ライカールトデメトリオ・アルベルティーニの代役として、ボランチとして、プレーすることもあった。またプラティニからは1990年代イタリアで最も優れたミッドフィルダーと評された[34]。サッキのゾーンプレスには欠かせない存在であった[1][4]。サッキは「練習から手を抜かず、常に全力を出し切り、与えられた役割を全うするハードワーカーで、自分のサッカー概念を最も体現できる選手である。」と評価していた[1]

背番号[編集]

ACミランでは背番号が固定される以前、7番を付けてプレーすることが多かったが(1992-93シーズンはジャンルイジ・レンティーニが主に7番を着用していたため、7番を着用する事は少なかった。)、10番、8番、4番などを付けてプレーすることも度々あった。背番号固定制度後は、1995-96シーズンは11番。1997-98シーズンは32番、1998-99シーズンは8番。メトロスターズでは7番。

イタリア代表では、UEFA欧州選手権19881990 FIFAワールドカップ時は17番、1994 FIFAワールドカップでは16番、UEFA EURO 1996時は7番。

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[2]


イタリア代表国際Aマッチ
出場得点
1986 3 1
1987 9 0
1988 9 0
1989 7 0
1990 8 0
1991 1 2
1992 8 1
1993 2 1
1994 12 0
1995 0 0
1996 4 0
通算 63 5

代表歴[編集]

イタリア代表

獲得タイトル[編集]

クラブ
ACミラン:1987-88, 1991-92, 1992-93, 1993-94, 1995-96, 1998-99
ACミラン:1988,1992,1993,1994
アル・イテハド:1999-2000
ACミラン:1988-89, 1989-90, 1993-94
ACミラン:1989, 1990, 1994
ACミラン:1989, 1990

出典[編集]

  1. ^ a b c d AC Milan v Red Star Belgrade: Arrigo Sacchi's 'Immortals' & their brush with death” (英語). bbc. 2022年3月15日閲覧。
  2. ^ a b “Roberto Donadoni - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/donadoni-intl.html 
  3. ^ Calciatori ‒ La raccolta completa Panini 1961-2012, vol. 3 (1986-1987), Milano, La Gazzetta dello Sport, 2012
  4. ^ a b c d ACミラン・レジェンドの横顔 第18回 ロベルト・ドナドーニ-toyo tires 2016年3月11日
  5. ^ AC Milan Hall of Fame Roberto Donadoni -ac.milan.com
  6. ^ トヨタカップ 1989年 大会公式パンフレット p.26-27
  7. ^ a b “Roberto Donadoni 1988/89”. https://www.transfermarkt.com/roberto-donadoni/leistungsdatendetails/spieler/102474/plus/0?saison=1988&verein=&liga=&wettbewerb=&pos=&trainer_id= 2020年6月7日閲覧。 
  8. ^ トヨタカップ 1990年 大会公式パンフレット P.26-27
  9. ^ Marseille - Milan 1992 History”. UEFA.COM. 2022年2月2日閲覧。
  10. ^ Barcelona mesmerised by magic of Milan: Italians champions ignore their status as underdogs to reach Olympian heights in the humiliation of Spaniards , The Independent, 19 May 1994
  11. ^ 週刊 サッカーダイジェスト NO.268 1995.6.14 124~131ページ
  12. ^ New York/New Jersey MetroStars 1996”. MLS Soccer. 2015年12月1日閲覧。
  13. ^ All-Star Game flashback, 1996: East wins inaugural event”. MLS Soccer (2012年7月12日). 2015年12月1日閲覧。
  14. ^ a b c Roberto Donadoni-Biografieonline
  15. ^ a b c Roberto Donadoni” (イタリア語). イタリアサッカー協会. 2022年3月12日閲覧。
  16. ^ Mondiali 1990: Italia-Stati Uniti 1-0|publisher=Storie di Calcio - storiecalcio30 July 2015
  17. ^ Mondiali 1990: Italia-Eire 1-0|publisher=Storie di Calcio - storiecalcio30 July 2015
  18. ^ Mondiali 1990: Italia-Austria 1-0|publisher=Storie di Calcio - storiecalcio30 July 2015
  19. ^ a b La notte degli errori|publisher=Storie di Calcio - storiecalcio30 July 2015
  20. ^ “WORLD CUP USA ’94: ROUND OF 16 : Italy’s Baggio Finishes Off Nigeria With Superstar Finish of His Own : Soccer: Forward scores his first goal of tournament in final minutes to tie, then wins game with penalty kick in overtime”. ロサンジェルスタイムズ. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-1994-07-06-sp-12268-story.html 2022年2月2日閲覧。 
  21. ^ “R. BAGGIO KNOCKS OUT NIGERIA, 2-1”. ワシントンタイムズ. https://www.washingtonpost.com/archive/sports/1994/07/06/r-baggio-knocks-out-nigeria-2-1/6c12feab-b030-4cc3-a378-c78f6fc4c5b0/ 2022年2月2日閲覧。 
  22. ^ WORLD CUP '94; Italian Injury List Grows After Plane Ride”. ニューヨークタイムズ. 2022年2月23日閲覧。
  23. ^ Mondiali 1994: Brasile-Italia 0-0; 3-2 d.c.r-strie dicalcio 2018年1月8日
  24. ^ Italy pay penalty for Germany stalemate”. UEFA.com (2003年10月6日). 2015年7月30日閲覧。
  25. ^ "Nazionale in cifre: Roberto Donadoni" http://www.figc.it/nazionali/DettaglioConvocato?codiceConvocato=21&squadra=1
  26. ^ a b Happy birthday Roberto Donadoni-Vivoazzurro
  27. ^ “Donadoni axed as Italy boss”. Sky Sports. (2008年6月26日). http://www.skysports.com/story/0,19528,11095_3741690,00.html 2017年5月13日閲覧。 
  28. ^ “Roberto Donadoni nuovo tecnico azzurro” (イタリア語). SSC Napoli. (2009年3月10日). http://www.sscnapoli.it/client/render.aspx?root=707&fwd=2367&content=0 2017年5月13日閲覧。 
  29. ^ “Comunicato della Società” (Italian). Cagliari Calcio. (2011年8月12日). http://www.cagliaricalcio.net/news/11761/comunicato-della-societa.html 2011年8月12日閲覧。 
  30. ^ a b 15連勝の絶対王者を止めた男。グランデ・ミラン支えた“伝説”が繰り出す珠玉の采配に注目せよ”. フットボールチャンネル. 2016年2月20日閲覧。
  31. ^ Donadoni: 'Bologna need anger'”. Football Italia (2015年10月29日). 2017年5月13日閲覧。
  32. ^ a b 元イタリア代表監督ドナドーニ氏、初のアジアへ 中国1部・深圳の新監督就任が決定”. Z (2019年7月31日). 2019年8月1日閲覧。
  33. ^ “深センFCがドナドーニ監督の退任を発表、メディアは解任と報道”. AFP BB News. (2020年8月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/3298694 2022年1月26日閲覧。 
  34. ^ Roberto Donadoni” (Italian). Il Corriere della Sera (2014年1月29日). 2015年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]