デメトリオ・アルベルティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デメトリオ・アルベルティーニ Football pictogram.svg
Demetrio Albertini.JPG
名前
愛称 コンダクター、デミー
プレーテ(司祭)、メトロノーム
ラテン文字 Demetrio Albertini
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1971-08-23) 1971年8月23日(46歳)
出身地 ベザーナ・イン・ブリアンツァ
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF(DH, CH)
利き足 右足
ユース
1985-1988 イタリアの旗 ミラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1990 イタリアの旗 ミラン 2 (0)
1990-1991 イタリアの旗 パドヴァ 28 (5)
1991-2002 イタリアの旗 ミラン 293 (21)
2002-2003 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 28 (2)
2003-2004 イタリアの旗 ラツィオ 23 (2)
2004 イタリアの旗 アタランタ 14 (1)
2005 スペインの旗 バルセロナ 5 (0)
代表歴
1989 イタリアの旗 イタリア U-18 7 (0)
1990-1992 イタリアの旗 イタリア U-21 17 (0)
1992 イタリアの旗 イタリア オリンピック代表 5 (2)
1991-2002 イタリアの旗 イタリア 79 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デメトリオ・アルベルティーニ(Demetrio Albertini, 1971年8月23日-)はイタリアロンバルディア州出身の元同国代表サッカー選手ポジションMFレジスタ)。1990年代のACミランとイタリア代表のレギュラーを務め[1]セリエA制覇と2度のUEFAチャンピオンズリーグなど、多くのタイトルを獲得した。また、キャリア終盤にはスペインのFCバルセロナに移籍し、最終シーズンにはリーガ・エスパニョーラを制覇した。

イタリア代表では、FIFAワールドカップUEFA欧州選手権にそれぞれ2度出場し、共に1度決勝に進出した。2005年12月引退し、2006年7月にイタリアサッカー連盟(FIGC)副会長に就任した。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ACミラン[編集]

パドヴァでプレーするアルベルティーニ。

モンツァ・エ・ブリアンツァ県ベザーナ・イン・ブリアンツァで生まれ、10歳でイタリアの名門ACミランの入団テストに合格。1989年1月15日のホームのコモ戦で、わずか17歳でセリエAデビューを果たした。しかしその後は出場機会に恵まれず、1990年からセリエBパドヴァにレンタルで移籍した。パドヴァでは28試合に出場して5得点を挙げ、最も有望な若手イタリア人選手に送られるディアドラ賞を獲得した[2]。その活躍が認められて翌シーズンにミランに復帰すると、その年から中盤のレギュラーの地位を確立した[3][4]

1991-91シーズンのセリエA優勝を喜ぶアルベルティーニ

アルベルティーニはミランで、1992年からの3連覇を含むセリエAを5度、公式戦出場406試合(セリエA293試合、コッパ・イタリア46試合、ヨーロッパ・カップ戦67試合)28得点(セリエA21得点、コパ・イタリア2得点、UEFAチャンピオンズリーグ5得点)の記録を残し、イタリア・スーパーカップを3度、UEFAチャンピオンズリーグUEFAスーパーカップをそれぞれ1度ずつ獲得している[3][4]。ミランでの406試合出場は歴代8位の記録である。

ミラン退団後[編集]

2002年からは、スペインの強豪アトレティコ・マドリードに移籍し、28試合に出場して2得点を挙げた。しかし1年後の2003年、ジュゼッペ・パンカロがミランへ去った母国イタリアのSSラツィオに移籍した[5]。このシーズン、アルベルティーニは28試合に出場して2得点を挙げ、ラツィオのコッパ・イタリアでの優勝に貢献した。2004年からはアタランタBCに移籍し14試合に出場した後、2005年、元チームメイトのフランク・ライカールトが指揮するスペインの名門FCバルセロナに移籍[4]し、5試合に出場した後に引退した[4]

代表[編集]

代表では、サッカーイタリア代表として1991年12月21日にイタリアのフォッジャで行われたキプロス戦でデビューし、2-1で勝利を飾った。その後、2002年まで歴代8位の79試合に出場して3得点を挙げた他[6]、6試合でキャプテンを務めた。1992年にはUEFA U-21欧州選手権1992バルセロナオリンピックにそれぞれ出場し、U-21欧州選手権ではチームの優勝に貢献した。1994年1998年のワールドカップ、1996年2000年UEFA欧州選手権に出場した。2002年のワールドカップにも出場する予定だったが、直前にイギリスのリーズで行われたイングランドとの親善試合で負傷したため、出場できなかった。

1994 FIFAワールドカップ[編集]

1994年、アルベルティーニは初のメジャー大会となる1994 FIFAワールドカップに出場した。彼はロベルト・ドナドーニディノ・バッジョらと共に「エンジン・ルーム」と呼ばれる強固な中盤を形成し、グループリーグ第3戦のメキシコ戦ではマッサーロの決勝ゴールをアシストし、チームのグループリーグ敗退の聞きを救った[7]。また、準決勝のブルガリア戦では、ロバルト・バッジョの決勝ゴールをアシストし、チームを決勝に導いた[8]。決勝のブラジル戦では、バランスのとれたプレーでブラジルを無得点に抑えたが、PK戦の末に敗れた[9][10]

UEFA EURO '96[編集]

1996年に出場したUEFA EURO '96では、イタリア代表は準世界チャンピオンとしてドイツと共に本命視され、アルベルティーニは背番号10番を付けていた。しかし、初戦のロシア戦には勝利したものの、2戦目のチェコとの試合で敗れると、3戦目のドイツ戦で引き分けたため、グループリーグ敗退が決まった。アルベルティーニ自身も良いプレーができず、大会後のインタビューで、監督のアリーゴ・サッキは「このチームは今までで最高のチームだったが、アルベルティーニの復帰を急がせたことはミスだった」と話した[11]

1998 FIFAワールドカップ[編集]

1998年、アルベルティーニはチェーザレ・マルディーニの下、再びワールドカップに出場した。チームはベスト8まで進出し、準々決勝ではジネディーヌ・ジダンが出場停止で不在のフランスと対戦したが、PK戦でアルベルティーニはPKを外し、チームは敗れた[12]。その後、フランス代表は大会で優勝した。

UEFA EURO 2000[編集]

2000年、アルベルティーニはディノ・ゾフの下で4度目のメジャー大会であるUEFA EURO 2000に出場した。アルベルティーニは中盤の明確なリーダーと位置付けられ、ルイジ・ディ・ビアジョの隣、ステファノ・フィオーレフランチェスコ・トッティの後ろでプレーした。彼の攻撃のテンポのコントロールとチャンスの創出、イタリアの中盤を制御する上での創造的な役割は、イタリアにとってとても重要な役割だった[13]。アルベルティーニはグループリーグのベルギー戦ではトッティの先制点を[14]、準々決勝のルーマニア戦ではフィリッポ・インザーギの2得点目を[15]それぞれアシストし、最終的には決勝でフランスに敗れて準優勝に終わった[16]ものの、チームの中で「創造者」として高い評価を得て[17]、大会選定のベストチームにも選ばれた。

引退後[編集]

2005年12月5日、アルベルティーニは現役引退を表明し、指導者としての道に進む意志があることを伝えた。2006年3月15日には、ACミランの選手とFCバルセロナの選手による引退試合が行われた。試合はアルベルティーニが直接フリーキックを決めたACミランが3-2で勝利した。試合後、アルベルティーニはファンから万雷の拍手を受けた[18]

2006年には、ベルガモセルヴィーノに彼の名前からとったサッカーアカデミー「“スクオーラ・カルチョ・デメトリオ・アルベルティーニ」の創設にも携わった。ミラノレッチェで開催された第1回のアカデミーには、1000以上の若い選手達が参加した[19]。9月19日

2006年5月18日、イタリアサッカー界の相次ぐスキャンダルによる混乱を防ぐために、アルベルティーニはイタリアサッカー連盟の副会長に就任した。9月19日に、臨時会長のグイド・ロッシイタリア語版が辞任すると、アルベルティーニも辞任を発表した。その後彼は、会長に就任したジャンカルロ・アベーテによって再び副会長に任命され、2013年に再選された[20]

2016年、アルベルティーニは破産したパルマFCの経営面でのサポートを請け負い、2015-16シーズンにセリエBへの降格にとどまるようにするために、新たな受け皿となるスポンサーや選手の確保などの最善策を講じる考えを示していた[21]が、6月22日午後2時の締め切り時刻までオファーがなく破産が確定し、パルマFCは消滅した[22]。しかしその後もアルベルティーニはアドバイザーとして、パルマFCの後身であるSSDパルマ・カルチョ1913に留まり、クラブをサポートする意志を表明した[23]

また、アルベルティーニは、サッカー指導者の研究者でもあり、サッカー経営シミュレーションゲームのフランチャイズでもある[24]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

シーズン 所属クラブ 所属リーグ リーグ戦 カップ戦 ヨーロッパ戦 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 得点 Goals
1988–89 ミラン セリエA 1 0 - - - - - - 1 0
1989-90 1 0 - - - - - - 1 0
1990-91 - - 2 0 - - - - 2 0
1990-91 パトヴァ セリエB 28 5 - - - - - - 28 5
1991-92 ミラン セリエA 28 3 5 0 - - - - 33 3
1992-93 29 2 6 0 7 1 1 0 43 3
1993-94 26 3 0 0 13 1 2 0 41 4
1994-95 30 2 4 0 11 0 2 0 47 2
1995-96 30 0 3 0 5 0 - - 38 0
1996-97 29 8 2 0 5 1 1 0 37 9
1997-98 28 0 9 2 - - - - 37 2
1998-99 29 2 3 0 - - - - 32 2
1999-00 26 1 1 0 5 0 1 0 33 1
2000-01 12 0 2 0 11 2 - - 25 2
2001-02 24 0 4 0 8 0 - - 36 0
2002-03 アトレティコ・マドリード リーガ・エスパニョーラ 28 2 2 1 - - - - 30 3
2003-04 ラツィオ セリエA 23 2 4 0 8 0 - - 35 2
2004-05 アタランタ 14 1 2 1 - - - - 16 2
2004-05 バルセロナ リーガ・エスパニョーラ 5 0 - - 1 0 - - 6 0
ミランでの通算 293 21 41 2 65 5 7 0 406 28
キャリア通算 391 31 49 4 74 5 7 0 521 40

※ヨーロッパ戦は、UEFAチャンピオンズリーグUEFAカップUEFAスーパーカップを含む。

代表[編集]

イタリア代表[25]
出場 得点
1991 1 0
1992 4 0
1993 6 0
1994 14 0
1995 8 2
1996 7 0
1997 9 0
1998 10 0
1999 6 0
2000 11 0
2001 2 0
2002 1 0
Total 79 2

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ACミラン[3][4]
SSラツィオ[3][4]
FCバルセロナ[3][4]

代表[編集]

イタリア[3][4]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AC Milan bid farewell to legend Albertini”. ESPN FC. 2013年8月4日閲覧。
  2. ^ demetrio albertini” (Italian). 2014年7月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g AC Milan Hall of Fame: Demetrio Albertini” (Italian). 2015年3月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h Demetrio ALBERTINI: "Metronomo"” (Italian). 2015年3月19日閲覧。
  5. ^ Albertini addio al veleno "Milan sei stato ingrato". Parigi vende Ronaldinho”. 2014年7月20日閲覧。
  6. ^ Nazionale in cifre: Convocazioni e presenze in campo (Albertini, Demetrio)” (Italian). FIGC. 2015年4月9日閲覧。
  7. ^ Massaro, nove minuti di felicità” [Massaro, nine minutes of happiness] (Italian). Il Corriere della Sera (1994年6月29日). 2015年5月18日閲覧。
  8. ^ Roby Baggio ci porta in Paradiso” [Roby Baggio leads us to Paradise] (Italian). Il Corriere della Sera (1994年7月14日). 2014年8月1日閲覧。
  9. ^ Sconfitti, a testa alta” [Defeated, with our heads held high] (Italian). La Repubblica (1994年7月18日). 2015年5月18日閲覧。
  10. ^ Even great players can miss penalties”. 2016年1月7日閲覧。
  11. ^ Ferrato, Luca. “Interview with Arrigo Sacchi”. World Socer. 2013年8月2日閲覧。
  12. ^ Match Report”. FIFA.com. 2013年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。
  13. ^ Gli Azzurri non sbagliano contro la Romania”. 2015年1月29日閲覧。
  14. ^ L'Italia non si ferma Totti illumina, chiude Fiore”. La Repubblica. 2015年1月29日閲覧。
  15. ^ Gli Azzurri non sbagliano contro la Romania”. 2015年1月29日閲覧。
  16. ^ Abilash Nalapat (2012年6月8日). “Blast from the past: Euro 2000 Final: France-Italy 2-1”. goal.com. 2013年8月4日閲覧。
  17. ^ Euro 2000 Goals & Assists”. 2015年1月12日閲覧。
  18. ^ Addio Albertini, vincono le stelle”. 2014年7月20日閲覧。
  19. ^ Scuola Calcio Albertini, buona la prima settimana a Moggio” (Italian) (2011年8月3日). 2015年4月6日閲覧。
  20. ^ Figc:Tavecchio-Albertini vicepresidenti” (Italian) (2013年4月5日). 2016年11月23日閲覧。
  21. ^ “アルベルティーニ氏、パルマ支援に尽力「セリエBからの再出発に全力尽くす」”. サンケイスポーツ. (2015年4月4日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20150404/ser15040415300012-n1.html 2015年6月23日閲覧。 
  22. ^ “パルマが破産発表。来季からアマリーグの4部へ”. フットボールチャンネル. (2015年6月22日). http://www.footballchannel.jp/2015/06/22/post93994/ 2015年6月23日閲覧。 
  23. ^ Albertini explains Parma role”. Football Italia (2015年4月3日). 2015年4月6日閲覧。
  24. ^ 7 things we learned from the Football Manager film”. Redbull UK (2014年10月13日). 2015年11月12日閲覧。
  25. ^ Demetrio Albertini - International Appearances”. Rsssf.com. 2016年11月23日閲覧。
  26. ^ UEFA Euro 2000 team of the tournament”. UEFA (2011年1月1日). 2015年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]