ヌーノ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はペレイラ第二姓(父方の)はリベイロです。
ヌーノ・ゴメス Football pictogram.svg
Nuno Gomes (1388215345).jpg
名前
本名 ヌーノ・ミゲル・ソアレス・ペレイラ・リベイロ
Nuno Miguel Soares Pereira Ribeiro
ラテン文字 NUNO GOMES
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1976-07-05) 1976年7月5日(41歳)
出身地 アマランテ英語版
身長 181cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
ポルトガルの旗 アマランテ英語版
1990-1994 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1997 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ 79 (23)
1997-2000 ポルトガルの旗 ベンフィカ 101 (60)
2000-2002 イタリアの旗 フィオレンティーナ 53 (14)
2002-2011 ポルトガルの旗 ベンフィカ 192 (65)
2011-2012 ポルトガルの旗 ブラガ 20 (6)
2012-2013 イングランドの旗 ブラックバーン 18 (4)
1994-2013 合計 463 (158)
代表歴2
1990 ポルトガルの旗 ポルトガル U-15 3 (3)
1991-1992 ポルトガルの旗 ポルトガル U-16 9 (4)
1992-1993 ポルトガルの旗 ポルトガル U-17 5 (2)
1993-1994 ポルトガルの旗 ポルトガル U-18 15 (5)
1995-1996 ポルトガルの旗 ポルトガル U-20 13 (9)
1995-1997 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 14 (5)
1996 ポルトガルの旗 ポルトガル U-23 5 (1)
1996-2011 ポルトガルの旗 ポルトガル 79 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年5月21日現在。
2. 2014年5月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヌーノ・ゴメス (Nuno Gomes) こと、ヌーノ・ミゲル・ソアレス・ペレイラ・リベイロ(Nuno Miguel Soares Pereira Ribeiro, 1976年7月5日 - )はポルトガル出身、同国代表の元サッカー選手。ポルトガルスーペル・リーガSLベンフィカでは主将も務めた。現役時代のポジションはフォワード

「ゴメス」は愛称であり、FCポルトのストライカー、フェルナンド・ゴメスにちなんで名づけられた。

経歴[編集]

1995年ワールドユース選手権と1996年オリンピックでも出場経験があるが、彼が国際的に注目を浴びるきっかけとなったのはポルトガルが準決勝に進んだユーロ2000である。この大会で4得点を決めたが、フランスに敗れた準決勝で判定(フランス側に与えられたPK)に抗議した結果7ヵ月の出場停止処分を受けてしまい、パウレタにスタメンの座を奪われてしまった。しかしユーロ2000での活躍を買われてイタリア・セリエAACFフィオレンティーナに移籍した。移籍1年目(2000-01シーズン)は同胞の司令塔ルイ・コスタ、復活したエンリコ・キエーザとのトライアングルが機能し9得点を挙げたものの、ルイ・コスタが去った2年目は目立った活躍はできずにポルトガルに戻った。

地元開催のユーロ2004ではスペイン戦で決勝点を決めている。決勝トーナメント進出には勝利が必要な状況下、値千金のゴールであった。2006 FIFAワールドカップでは、三位決定戦でヌーノ・ヴァレンテに代わって出場。ルイス・フィーゴのクロスを頭で合わせ、得点を決めた。

ユーロ2008予選では主将であるジョルジュ・アンドラーデが怪我などで不在の時は主将代理を務めた。(ゴメスが交代した場合はクリスティアーノ・ロナウドが代理を務めた。)クラブレベルより、代表チームの大舞台での勝負強さが目立っている(ちなみに出場したW杯・EUROの5大会のうち実に4大会で得点を挙げている)。しかし年齢に加えて、怪我も多くリーグでは決定力不足で決められない事も多いため(特に本来サイドのクリスティアーノ・ロナウドが通常のCFより得点を決めているというのもあって)かポルトガルのメディアでたびたび叩かれるようになり、代表チームの主将代理という扱いについてはファンからも疑問視されることもあった。

ユーロ2008ではアンドラーデの怪我が治らず復帰できなかったことにより、主将として正式に任命される。ポルトガルは準々決勝のドイツ戦で敗退したものの、1得点をあげた。

2002-03シーズンにベンフィカに復帰し、公式戦292試合に出場し、126得点を記録している文字どおりチームの顔として活躍した。

2011年7月5日、自身35歳の誕生日にSCブラガと1年契約を結んだ。

2009年を最後に代表から遠ざかっていたが、2011年8月10日のルクセンブルクとの親善試合で2年ぶりとなる復帰を果たした。

2012年7月3日、フットボールリーグ・チャンピオンシップブラックバーンにフリーで移籍[1]。 契約期間は2年。2013年6月28日、話し合いの末契約を解除することで合意しクラブを退団した[2]。翌年4月、現役を引退しベンフィカにスタッフとして舞い戻った[3]

備考[編集]

美形選手として知られ、ポルトガルでは女性だけでなくゲイからも人気がある(ユーロ04の時のゲイサイトでの人気投票はクリスティアーノ・ロナウドに次いでの2位だった。)。日本を含めた国外でも知られている。国内限定でマクドナルドアディダスなどのCMに出演していたり、時々サッカーに関係ないテレビ番組のゲストとしても出演していたりしている。男女問わずファンにはとても親切で、マスコミにも誠意を持って受け答えしている。

2007、2008年の夏に行われていたポルトガルのCorreio da Manhã紙のポルトガルの芸能人とスポーツ選手の「セクシーな人物ランキング」の投票の男性部門では2位に大差をつけて2年連続第1位に輝いており、30歳を過ぎても根強い人気を誇る。(他のサッカー関係者ではフィーゴモウリーニョロナウドなどが上位にあった)

サッカー誌ではU2の熱狂的ファンであることを熱く語っていた。

幼馴染の前妻イズメリアとの間にローラという小学生の娘がおり、溺愛している。2006年7月に弁護士のパトリシア・アギラルと再婚して2010年7月4日に息子が生まれている。5つ下の弟チアゴ・リベイロ(ポルトガル語)はポジションは兄と同じくFW、下部リーグのクラブ所属の選手だった。

脚注[編集]

  1. ^ ブラックバーン、N・ゴメス加入を発表Goal.com 2012年7月4日
  2. ^ Nuno departs ブラックバーン・ローヴァーズFC公式ウェブサイト 2013年6月28日付
  3. ^ Nuno Gomes retires, returns to Benfica in non-playing role Allsports 2014年4月1日付

外部サイト[編集]