ジャンニ・リベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンニ・リベラ Football pictogram.svg
Rivera Gianni 02.jpg
名前
本名 ジョバンニ・リベラ
愛称 超頭脳
ラテン文字 Giovanni Rivera
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1943-08-18) 1943年8月18日(73歳)
出身地 ピエモンテ州
アレッサンドリア県アレッサンドリア
身長 175cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1959-1960 イタリアの旗 アレッサンドリア 26 (6)
1960-1979 イタリアの旗 ACミラン 501 (122)
代表歴
1962-1974[1] イタリアの旗 イタリア 60 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャンニ・リベラGianni Rivera, 1943年8月18日 - )は イタリア出身の元サッカー選手。ポジションはMF

人物・経歴[編集]

1953年地元クラブ・アレッサンドリアと契約。1959年に15歳288日でセリエAデビューを果たした(アメデオ・アマデイの15歳281日に次ぐセリエA歴代2位の年少記録)。

1960年に名門ACミランへ移籍。1961-62シーズンにはスクデット、翌季にはチャンピオンズカップ優勝に貢献、この年のバロンドールの投票ではレフ・ヤシンに次ぐ第2位に選出された。その後もスクデット2回、コパ・イタリア優勝4回、チャンピオンズカップ優勝1回、得点王1回(72-73 17得点)を記録。 1969年には遂にバロンドールを獲得した。 ちなみにデメトリオ・アルベルティーニは、彼の再来とまで言われた。

母国のお家芸でもあるカテナチオを痛烈に批判した事から地元メディアや監督と対立する事がしばしばあり、「走らない、守備をしない、泥まみれにならない、リアリストでない」などといった批判記事が新聞に書きたてられた。

イタリア代表としては1962年5月13日ベルギー戦で代表デビューを飾り、1974年に退くまで代表通算60試合出場14得点を記録した。1968欧州選手権では優勝。ワールドカップには、1962年1966年1970年1974年と4大会出場。通算9試合出場3得点を記録した。1970年メキシコワールドカップではサンドロ・マッツォーラとの熾烈なポジション争いに敗れ控えに回ったが、準決勝の西ドイツ戦で決勝ゴールを決め、イタリアの決勝進出に貢献した。

2004年ペレが選んだ「偉大なサッカー選手100人」(FIFA 100)の一人に選出された。

所属クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

出典[編集]