オリバー・ビアホフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリヴァー・ビアホフ Football pictogram.svg
Oliver Bierhoff.jpg
名前
愛称 ジャーマンタワー、ゴールデンボーイ
ラテン文字 Oliver BIERHOFF
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1968-05-01) 1968年5月1日(48歳)
出身地 カールスルーエ
身長 191cm
体重 90kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1996-2002 ドイツの旗 ドイツ 70 (37)[1]
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オリバー・ビアホフOliver Bierhoff, 1968年5月1日 - )は、ドイツカールスルーエ出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはセンターフォワード。現職はドイツ代表チームマネージャー。愛称は「ジャーマンタワー」、「ゴールデンボーイ」。日本語表記ではビエルホフとも。

略歴[編集]

1986年、バイエル・ユルディンゲンでキャリアをスタート。その後西ドイツオーストリアのクラブを経て、1991年セリエBアスコリに移籍し得点を量産。活躍が認められて1995年ウディネーゼへ移籍し、ドイツ代表にも選抜され、1996年2月21日ポルトガル戦でデビューを飾った。

その後、ACミランへ移籍してからはフォワードの一角として活躍し、数々のタイトルをもたらした。しかしアンドレイ・シェフチェンコの加入で出場機会が減り、2001年リーグ・アンモナコへ移籍。翌年ACキエーヴォ・ヴェローナへ移籍した後、現役を引退した。

現在はドイツA代表のチームマネージャー職に就いている。

エピソード[編集]

  • 1996年欧州選手権決勝、1点ビハインドの後半24分に途中出場したビアホフはその4分後に頭で同点ゴールを決め、延長戦にゴールデンゴールを決める。このゴールでドイツを欧州チャンピオンに導いたビアホフは、ヨーロッパにその名を広く知らしめることになった。
  • アビトゥア資格(ドイツの大学入学資格)を持っており、ドイツで有名なハーゲン通信大学経営学を専攻、2005年に卒業した。
  • 引退試合は日本(仙台)で行われている。その際、仙台市から日本のを贈られた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 期間通算
1986-87 バイエル・ユルティンゲン ブンデスリーガ 19 3
1987-88 12 1
1988-89 ハンブルガーSV 24 6
1989-90 10 0
1989-90 ボルシアMG 8 0
オーストリア リーグ戦 リーグ杯 期間通算
1990-91 アウストリア・ザルツブルク ブンデスリーガ 33 23
イタリア リーグ戦 イタリア杯 期間通算
1991-92 アスコリ セリエA 17 2
1992-93 セリエB 35 20
1993-94 32 17
1994-95 33 9
1995-96 ウディネーゼ セリエA 33 9
1996-97 23 13
1997-98 32 27
1998-99 ACミラン 34 20
1999-00 30 11
2000-01 27 6
2001-02 0 0
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 期間通算
2001-02 モナコ リーグ・アン 18 4
イタリア リーグ戦 イタリア杯 期間通算
2002-03 キエーボ セリエA 26 7
通算 ドイツ ブンデスリーガ 73 10
オーストリア ブンデスリーガ 33 23
イタリア セリエA・B 320 149
フランス リーグ・アン 18 4
総通算 444 186

獲得タイトル[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]