エディンソン・カバーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカバーニ第二姓(母方の)はゴメスです。
エディンソン・カバーニ Football pictogram.svg
PSG-Shakhter15 (8).jpg
パリ・サンジェルマンでのカバーニ(2015年)
名前
本名 エディンソン・ロベルト・カバーニ・ゴメス
愛称 "エル・マタドール"(闘牛士)
カタカナ エディンソン・カバーニ
ラテン文字 Edinson Roberto Cavani Gómez
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1987-02-14) 1987年2月14日(29歳)
出身地 Flag of Salto Department.png サルト県サルト
身長 184cm[1]
体重 71kg[1]
選手情報
在籍チーム フランスの旗 パリ・サンジェルマン
ポジション FW(CF)
背番号 9
利き足 右足
ユース
2000-2005 ウルグアイの旗 ダヌービオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 ウルグアイの旗 ダヌービオ 25 (9)
2006-2010 イタリアの旗 パレルモ 109 (34)
2010-2013 イタリアの旗 ナポリ 104 (78)
2013- フランスの旗 パリ・サンジェルマン 97 (53)
代表歴2
2006-2007 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-20 14 (10)
2008- ウルグアイの旗 ウルグアイ 89 (37)
2012 ウルグアイの旗 ウルグアイ オリンピック 5 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月27日現在。
2. 2016年11月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エディンソン・ロベルト・カバーニ・ゴメスEdinson Roberto Cavani Gómez1987年2月14日 - )は、ウルグアイサッカー選手ウルグアイ代表リーグ・アンパリ・サンジェルマン所属。ポジションはFW。名前は雑誌などでもエジソンやエディソンと記されることが多いがエディンソン(Edinson)である。

クラブ経歴[編集]

ウルグアイ時代[編集]

ダヌービオでデビューし、同年には19歳ながらレギュラーとして13得点を記録した。2006年2月にはイタリアで行われたビアレッジョ・トーナメントに出場して活躍し、インテルが獲得に乗り気だったが、設定された移籍金50万ユーロが高すぎるとして獲得には至らなかった[2]ユヴェントスレアル・マドリードPSVアイントホーフェンパレルモが争奪戦を繰り広げ、激しい争奪戦の末、2007年1月31日、移籍期限最終日に移籍金500万ユーロでパレルモに移籍した[2]

USチッタ・ディ・パレルモ[編集]

セリエAデビュー戦となるフィオレンティーナ戦で相手のクリアボールをペナルティーエリア外からワンタッチボレーシュートで直接決め、その試合の後、ファン・バステンの再来と評された。その後も出番を与えられこのシーズン2得点(7試合)の活躍を見せた。

ただ、2007-08シーズンは3トップのサイドで起用されたため期待に応えられなかった。

2008-09シーズンはアマウリの移籍によりレギュラーとして3トップの中央や2トップでプレーし好調を維持、リーグ戦チームトップタイの14得点を記録した。

SSCナポリ[編集]

2010-11シーズン前に同じセリエAの古豪ナポリに500万ユーロでレンタル移籍した(1600万ユーロでの買取りオプション付き)[3]。移籍後はセリエA第19節のユヴェントス戦や第31節のラツィオ戦でハットトリックを達成するなどゴールを量産し続け、最終的にシーズン通して35試合に出場し26ゴールをあげ自身は得点ランキング2位となった。この活躍もありチームはリーグ戦を3位で終え、2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。シーズン終了後、ナポリは買取りオプションを行使し、完全移籍となった。
また、このシーズンはUEFAヨーロッパリーグにも出場しグループリーグ第5節のユトレヒト戦ではハットトリックを達成した。勝たなければグループリーグ敗退という状況で迎えた最終節のステアウア・ブカレスト戦では後半ロスタイムにコーナーキックからヘディングシュートで決勝ゴールをあげ、チームを決勝トーナメントへ導いた。しかし、決勝トーナメント1回戦のビジャレアル戦ではゴールを奪うことは出来ずチームも敗退した。

2011-12シーズンもゴールを量産し続け、最終的にシーズン通して35試合に出場し23ゴールをあげ自身は得点ランキング3位となった。

2012-13シーズンは、29ゴールを挙げる活躍を見せ、初のセリエA得点王に輝いた。

パリ・サンジェルマン[編集]

その活躍から、レアル・マドリードマンチェスター・シティチェルシーユヴェントスといった国内外の強豪が獲得に興味を示したが、6300万ユーロとも言われる高額な契約解除金に躊躇するクラブが多かった。

2013年7月16日、パリ・サンジェルマンはカバーニの獲得を発表[4]。契約は5年間で移籍金は6300万ユーロと推定される。背番号は9番である。

代表経歴[編集]

代表でのカバーニ

ウルグアイU-20代表として背番号9とキャプテンマークを背負い臨んだ南米ユース選手権において7得点を記録し、ブラジルのアレシャンドレ・パトなどを抑えて得点王に輝く。チームは3位に終わりU-20ワールドカップへの出場権は得たものの北京オリンピックへの出場権は逃した。

セリエAでの初年度を終えた後の2007 FIFA U-20ワールドカップでは不本意な成績に終わったチームにおいて3得点をマークし実力を見せつけた。

U-20やクラブでの活躍を受けて2008年2月6日のコロンビア戦でウルグアイ代表デビューを果たし、この試合で代表初得点を挙げた。

FIFAワールドカップ・南アフリカ大会ではディエゴ・フォルランルイス・スアレスに次ぐFWとして出場。3位決定戦のドイツ戦では同点ゴールを挙げた。2010年7月27日、親善試合のアンゴラ戦で途中出場で83分にチームの先制ゴールを記録した。

2010年10月8日のインドネシアとの親善試合で代表で初めてのハットトリックを達成。

人物[編集]

2007年に結婚し、妻との間に2児を儲けたが、自身の浮気が原因で2012年末に破局。離婚調停の結果、月に2万5000ユーロの慰謝料を支払うこととなった[5]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ダヌービオ 2005 10 4 5 3 15 7
2005-06 15 5 15 5
通算 25 9 5 3 0 0 30 12
パレルモ 2006-07 7 2 7 2
2007-08 33 5 2 0 2 0 37 5
2008-09 35 14 1 1 36 15
2009-10 34 13 3 2 37 15
通算 109 34 6 3 2 0 117 37
ナポリ 2010-11 35 26 2 0 10 7 47 33
2011-12 35 23 5 5 8 5 48 33
2012-13 34 29 2 2 7 7 43 38
通算 104 78 9 7 25 19 138 104
パリ・サンジェルマンFC 2013-14 30 16 5 5 8 4 43 25
2014-15 35 18 8 7 10 6 53 31
2015-16 27 14 6 3 7 2 40 19
通算 92 48 19 15 25 12 136 75
通算 330 170 39 28 52 31 421 229

代表での成績[編集]

代表国 出場 得点
2008  ウルグアイ 6 1
2009 9 3
2010 12 2
2011 12 7
2012 8 0
2013 13 7
2014 10 4
2015 8 4
2016 11 9
通算 89 37

代表での得点[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ウルグアイの旗 ダヌービオ
イタリアの旗 ナポリ
フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]