USチッタ・ディ・パレルモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USチッタ・ディ・パレルモ
原語表記 Unione Sportiva Città di Palermo
愛称 Rosanero (ピンクと黒),
Aquile (鷲)
クラブカラー ピンクと黒
創設年 1900年
所属リーグ セリエB
所属ディビジョン 2部
ホームタウン パレルモ
ホームスタジアム スタディオ・レンツォ・バルベラ
収容人数 36,349
代表者 イタリアの旗 マウリツィオ・ザンパリーニ
監督 イタリアの旗 ブルーノ・テディノイタリア語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ユニオーネ・スポルティーヴァ・チッタ・ディ・パレルモUnione Sportiva Città di Palermo)は、イタリアパレルモを本拠地とするサッカークラブチーム。

概要[編集]

シチリア州の州都、パレルモを本拠地とする。主な愛称はエンブレムやユニフォームなどからロザネーロ(イタリア語で「ピンクと黒」)。クラブのサポーターは「パレルモ人」を意味するパレルミターノと呼ばれている。同じくシチリア島を本拠とするカターニャとの対戦はデルビー・ディ・シチリアと呼ばれるイタリア屈指の有名カードである。その他、ナポリとの対戦はデルビー・デル・スッド(「南部のダービー」)、カリアリとの対戦はデルビー・デッレ・イーゾレ(「島のダービー」)と呼ばれ、毎年白熱した試合が繰り広げられている。

欧州では珍しいピンクをクラブカラーとしていることで知られるが、1900年の設立から7年間は「赤と青」を採用していた。現在のカラーを採用するに至った経緯は明確になっておらず諸説あるが、ユニフォームを漂白する過程で誤ってピンクと黒になってしまったという説や、創設者の一人ジョセフ・ウィテカーが勝利あるいは敗北の試合後に飲んだリキュールと薬草酒の「甘みと苦味」を表現したという説が最も有名である[1][2]

多くをセリエAで過ごした1940~50年代を除いて長らく下部リーグに所属していたが、2002年にマウリツィオ・ザンパリーニが会長に就任すると、積極的な補強などが実を結び2004年に33季ぶりのセリエA昇格を果たし、さらに欧州カップ戦への出場を成し遂げるなどクラブの地位を著しく向上させた。現在までに通算26シーズンをセリエAで過ごしている。また2006年のイタリア代表ワールドカップ制覇にはアンドレア・バルツァッリクリスティアン・ザッカルドファビオ・グロッソシモーネ・バローネの4名を送り込み、ユベントスの5名に次ぐ2番目の勢力として代表チームに貢献した。2008年にG-14(ヨーロッパビッグクラブ連合体)の後継組織であるECA(欧州クラブ協会)に加盟。

名物オーナー[編集]

2002年にASローマのフランコ・センシ会長からクラブを買収した現会長マウリツィオ・ザンパリーニは、イタリア最大のスーパーマーケットチェーン、エンメゼータのオーナーであった(2005年所有する全株を多国籍企業に売却)。同氏はパレルモを買い取るまでSSCヴェネツィアで20年(1987年〜2002年)会長を務めた他、セリエC1やC2のさまざまなクラブでオーナー経験を持つ。本業であるエンメゼータを重点出店したい地域のチームを買収し、「あなたの買い物がチームを強くする」と看板広告に記載し、サポーターのチームに対しての忠誠を巧みにスーパーの売り上げに利用すると言うユニークな手法で本業を大きくした。

「スクデットを獲得するまで財布の紐を締めない」という発言の通り巨万の富を投入し積極的な補強を行いクラブを強化する。シチリアの州都である大都市パレルモを本拠地に持ちながらセリエC1に甘んじていたパレルモをセリエAに定着させ、人気クラブへと成長させた功績は非常に大きい。一方で成果が出なければ短期間で監督を解任する短気さで有名であり、25年を超えるクラブオーナー生活で支払った違約金は合計で1000万ユーロを超えるという[3]。また監督交代で成果が出なければ呼び戻すことも多く、フランチェスコ・グイドリンなどは4度も解任されている。近年は南米からタレントを発掘し高額で売却する移籍方針に代わり、「もう広告としてのチームは必要では無くなった」と売却を示唆したり、自身が担う役割を任せられる優秀なディレクターを求めるなど一線から退きたい意向を示している。実際に2012年にCEOに就任したピエトロ・ロ・モナコはクラブ株式の10%を保有しており、後継者として期待されていたが、一躍名を上げたカターニャ時代と同様の極端な南米路線はチームの崩壊を招き低迷。ザンパリーニの就任10シーズン目の節目の一年は久々のセリエB降格という結果に終わり、ロ・モナコはシーズン終了を待たずしてクラブを去った。

サプライヤーとスポンサー[編集]

期間 サプライヤー スポンサー
1999–00 Kronos Tele+
2000–01 ロット アリタリア
2001–02 LTS
2002–06 プロビンチャ・ディ・パレルモ
2006–08 なし
2008 プラマック
2008–09 なし
2009–10 ベットショップ
2010 ユーロベット
2010–11 レゲア
2011–12 ユーロベット & バーガーキング
2012–13 プーマ ユーロベット
2013–14 シグマ
2014–15 Joma Rosanero Cares
2015– なし

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 試合数 得点 失点 勝ち点
1959-60 セリエA 16位 34 06 15 13 27 40 27
1960-61 セリエB 03位 38 13 20 05 46 27 46
1961-62 セリエA 08位 34 13 09 12 30 35 35
1962-63 セリエA 18位 34 05 10 19 18 54 20
1963-64 セリエB 12位 38 09 17 12 25 28 35
1964-65 セリエB 11位 38 12 12 14 43 43 36
1965-66 セリエB 15位 38 09 16 13 34 34 34
1966-67 セリエB 09位 38 12 14 12 34 26 38
1967-68 セリエB 01位 40 18 16 06 40 23 52
1968-69 セリエA 11位 30 07 11 12 21 32 25
1969-70 セリエA 15位 30 05 10 15 23 45 20
1970-71 セリエB 13位 38 08 21 09 33 33 37
1971-72 セリエB 03位 38 17 14 07 35 22 48
1972-73 セリエA 15位 30 03 11 16 13 41 17
1973-74 セリエB 07位 38 09 21 08 35 42 39
1974-75 セリエB 05位 38 13 17 08 31 25 43
1975-76 セリエB 11位 38 11 06 11 34 35 38
1976-77 セリエB 13位 38 08 17 13 29 41 33
1977-78 セリエB 06位 38 12 16 10 42 36 40
1978-79 セリエB 07位 38 11 19 09 38 34 41
1979-80 セリエB 10位 38 12 14 12 29 35 38
1980-81 セリエB 14位 38 09 21 08 35 33 34
1981-82 セリエB 06位 38 15 12 11 52 42 42
1982-83 セリエB 15位 38 11 12 15 36 46 34
1983-84 セリエB 17位 38 09 16 13 30 32 34
1984-85 セリエC1/ジローネB 02位 38 16 13 05 41 24 45
1985-86 セリエB 16位 38 07 20 11 27 35 34
1986-87 Club cancelled, did not play in any league
1987-88 セリエC2/ジローネD 01位 34 19 11 04 57 21 49
1988-89 セリエC1/ジローネB 03位 34 11 18 05 31 19 40
1989-90 セリエC1/ジローネB 05位 34 14 15 05 34 19 43
1990-91 セリエC1/ジローネB 02位 34 15 13 06 40 24 43
1991-92 セリエB 17位 38 11 13 14 41 43 35
1992-93 セリエC1/ジローネB 01位 34 16 14 04 46 25 46
1993-94 セリエB 14位 38 12 12 14 32 38 36
1994-95 セリエB 12位 38 10 14 14 33 35 44
1995-96 セリエB 07位 38 12 16 10 36 35 52
1996-97 セリエB 19位 38 06 17 15 40 55 35
1997-98 セリエC1/ジローネB 14位 34 08 13 13 32 37 37
1998-99 セリエC1/ジローネB 02位 34 15 11 08 36 30 56
1999-2000 セリエC1/ジローネB 06位 34 13 13 08 30 23 52
2000-01 セリエC1/ジローネB 01位 34 18 10 06 47 31 64
2001-02 セリエB 11位 38 12 12 14 47 54 48
2002-03 セリエB 06位 38 15 13 10 45 42 58
2003-04 セリエB 01位 46 22 17 07 75 39 83
2004-05 セリエA 06位 38 12 17 09 48 44 53
2005-06 セリエA 05位 38 13 13 12 50 52 52
2006-07 セリエA 05位 38 16 10 12 55 46 58
2007-08 セリエA 11位 38 12 11 15 47 47 47
2008-09 セリエA 08位 38 17 06 15 57 50 57
2009-10 セリエA 05位 38 18 11 09 59 47 65
2010-11 セリエA 08位 38 17 05 16 58 63 56
2011-12 セリエA 16位 38 11 10 17 52 62 43
2012-13 セリエA 18位 38 06 14 18 34 54 32
2013-14 セリエB 01位 42 25 11 06 62 28 86
2014-15 セリエA 11位 38 12 13 13 53 55 49
2015-16 セリエA 16位 38 10 09 19 38 65 39
2016-17 セリエA 19位 38 06 08 24 33 77 26

現所属メンバー[編集]

2017年6月15日現在

No. Pos. 選手名
1 クロアチアの旗 GK ヨシップ・ポサヴェツ
2 イタリアの旗 DF ロベルト・ヴィティエッロ (Captain sports.svg)
3 イタリアの旗 DF アンドレア・リスポリ
4 スロベニアの旗 DF シニシャ・アンジェルコヴィッチ
5 セルビアの旗 DF スロボダン・ライコヴィッチ
6 イタリアの旗 DF エドアルド・ゴルダニガ
8 マケドニア共和国の旗 FW アレクサンダル・トライコフスキ
9 スウェーデンの旗 FW ステファン・シルバ
11 ギニアビサウの旗 FW カルロス・エンバロ (Flag of Portugal.svg)
14 イタリアの旗 MF アレッサンドロ・ガッツィ
15 ポーランドの旗 DF チアゴ・チョネク (Flag of Brazil.svg)
18 ブルガリアの旗 MF イヴァイロ・チョチェフ
No. Pos. 選手名
19 ノルウェーの旗 DF ハイタム・アレーサミ
20 ハンガリーの旗 FW ロランド・サライ
22 ハンガリーの旗 FW ノルベルト・バログ
23 イタリアの旗 FW アレッサンドロ・ディアマンティ
25 ブラジルの旗 MF ブルーノ・エンリケ
28 クロアチアの旗 MF マト・ヤヤロ
30 マケドニア共和国の旗 FW イリヤ・ネストロフスキ
55 イタリアの旗 GK レオナルド・マルゾン
56 イタリアの旗 DF アンドレア・プンジ
68 イタリアの旗 GK アンドレア・フリニャーティ
70 イタリアの旗 DF シモーネ・ジュリアーノ
89 スイスの旗 DF ミシェル・モルガネッラ (Flag of Italy.svg)

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

期限付き移籍選手[編集]

in

No. Pos. 選手名
20 ハンガリーの旗 FW ロランド・サライ (プスカシュ・アカデーミアFC)
No. Pos. 選手名

out

No. Pos. 選手名
9 ブラジルの旗 FW マテウス・カッシーニ (シラキュース)
10 スウェーデンの旗 MF オスカル・ヒリェマルク (ジェノア)
19 ベネズエラの旗 FW マヌエル・アルテアガ (ザ・ストロンゲスト)
24 スイスの旗 FW セファス・マレレ (レイションイスSC)
27 イタリアの旗 FW アックルシオ・ベンティヴェーニャ (アスコリ)
34 モロッコの旗 DF アブデルハミド・エル・カウタリ (SCバスティア)
No. Pos. 選手名
94 イタリアの旗 MF ダヴィデ・ペテルマン (SSテーラモ・カルチョ)
98 イタリアの旗 FW シモーネ・ロ・ファーゾ (フィオレンティーナ)
-- スロベニアの旗 DF アリアジュ・ストゥルナ (カルピFC)
-- アルゼンチンの旗 DF フリアン・ベラスケス (クルス・アスル)
-- デンマークの旗 FW シモン・マキーノク (プレストン・ノースエンドFC)

歴代監督[編集]

詳細はit:Allenatori dell'Unione Sportiva Città di Palermoを参照。

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Records fall for plucky Palermo” (英語). FIFA.com. (2006年11月8日). http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=107432.html 2013年1月5日閲覧。 
  2. ^ “BUON COMPLEANNO, PALERMO 108 ANNI E BELLO COME SEMPRE” (イタリア語). パレルモ公式サイト. (2008年11月1日). http://palermocalcio.it/it/0809/news/scheda.php?id=11220 2013年1月5日閲覧。 
  3. ^ “Palermo, Zamparini: "Allenatori esonerati? Se penso a tutto quello che ho speso mi sparo"” (イタリア語). TUTTOPALERMO.net. (2012年9月22日). http://www.tuttopalermo.net/?action=read&idnotizia=48689 2013年1月5日閲覧。 

外部リンク[編集]