フェデリコ・バルベルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • フェデリコ・バルベルデ
  • フェデ・バルベルデ
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバルベルデ第二姓(母方の)はディペッタです。
フェデリコ・バルベルデ Football pictogram.svg
Federico Valverde 2021 (cropped).jpg
フェデリコ・バルベルデ(2021年)
名前
本名 Federico Santiago Valverde Dipetta
フェデリコ・サンティアゴ・バルベルデ・ディペッタ
愛称 ハヤブサ(Halcón)[1]、小鳥(Pajarito)[2]
ラテン文字 Federico Valverde
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1998-07-22) 1998年7月22日(24歳)
出身地 モンテビデオ
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション MF (DMF / CMF)、DF (SB / CB) FW(RWG)
背番号 15
利き足 右足
ユース
2008-2016 ウルグアイの旗 CAペニャロール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2016 ウルグアイの旗 CAペニャロール 12 (0)
2016-2017 スペインの旗 レアル・マドリードB 30 (3)
2017-2018 スペインの旗 デポルティーボ (loan) 24 (0)
2018- スペインの旗 レアル・マドリード 104 (5)
代表歴2
2012-2013  ウルグアイ U-15 25 (7)
2014-2015  ウルグアイ U-17 24 (11)
2015  ウルグアイ U-18 7 (3)
2015-2017  ウルグアイ U-20 15 (2)
2017- ウルグアイの旗 ウルグアイ 46 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年7月8日現在。
2. 2022年11月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フェデリコ・サンティアゴ・バルベルデ・ディペッタ( Federico Santiago Valverde Dipetta、1998年7月22日 - )は、ウルグアイモンテビデオ県モンテビデオ出身のサッカー選手レアル・マドリード所属。ウルグアイ代表。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

レアル・マドリード[編集]

2008年から2016年までウルグアイの名門CAペニャロールの下部組織で過ごし、当時からその才能は欧州にも知れ渡っており、練習に招待したこともあったアーセナルFCを始め複数のクラブが注目していたが、2015年5月にレアル・マドリード移籍が内定、しかしFIFAの未成年者移籍禁止ルールがあったため、18歳の誕生日を迎えた2016年7月22日に正式に加入した。移籍1年目の2016-17シーズンはBチームにあたるカスティージャでプレー、ペニャロールではトップ下であったが、カスティージャではセントラル・ミッドフィールダーにコンバートされ、時にはセンターバックとしても起用された。

デポルティーボ[編集]

後述のU-20ワールドカップでの活躍を受け、経験を積むために2017年6月22日、デポルティーボ・ラ・コルーニャへのレンタル移籍が発表された。しかしバルベルデ自身はこの移籍にショックを受けていたようで、のちにこのことについて見解を述べている[3]。9月10日、第3節のレアル・ソシエダ戦に途中出場し、デポルティーボと1部リーグデビューを飾った。

レアル・マドリード復帰[編集]

2018-19シーズンはデポルティボの降格もあってレアル・マドリードに復帰。カンテラ出身者を多く起用するサンティアゴ・ソラーリ監督の元、中盤でリーグ戦16試合に出場するなど上々の出来を見せ、契約更新の機会も掴んだ。

レアル・マドリードでのバルベルデ(2020年)

2019-20シーズン中にスペイン国籍を取得[4]。10月5日、第8節のグラナダ戦では2得点に絡む活躍で存在感を発揮した[5]。長年レギュラーが固定化され層が厚い中盤でも出場機会を増やし、ジネディーヌ・ジダン監督も「ボックストゥボックスのプレーはそんなに簡単じゃない。守備にも攻撃にもインパクトのある選手になる必要があるから。しかし、バルベルデは試合の度に成長していて、それを見るのは楽しい」と称賛。スペイン紙のエル・パイスもジダンが熱望するポール・ポグバを引き合いに出し、「欲しがっていたポグバが我々のチームにいた」と見出しを付けた記事を投稿した[6]

2020-21シーズン、ラ・リーガ第7節では豊富な運動量を買われ、エル・クラシコにて先発出場を果たした。前半5分には特徴を生かした中盤からの飛び出しから自身のエル・クラシコ初ゴールとなる先制点を記録した。第28節のセルタ・デ・ビーゴ戦では右ウィングとして先発出場し[7]、またUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝であるリヴァプールFC戦2ndレグではチーム事情により右サイドバックで起用されるも本職ではないポジションでも高い評価を得た[8][9]

2021-22シーズン、新たにカルロ・アンチェロッティ監督が就任。マドリーの中盤は、チャンピオンズリーグ3連覇メンバーであるルカ・モドリッチトニ・クロースカゼミロの3人で固定された。これにより、チーム事情も相まって4-3-3の右ウイングでスタメン出場することが多くなった。攻守のバランスが評価され、重要な試合ではロドリゴ・ゴエスより彼が重宝された。CL決勝リヴァプール戦でも先発。決勝点となったヴィニシウス・ジュニオールの得点をアシストし、自身初となるチャンピオンズリーグのタイトルを獲得。リーグとチャンピオンズリーグの2冠に貢献した。

2022-23シーズンも引き続きウイングとしての起用が多く、カリム・ベンゼマ不在時には2試合連続で得点も挙げるなどした[10][11]

代表[編集]

ウルグアイ代表でのバルベルデ(2017年)

各年代代表に選出されており、2015年の南米U-17選手権ではFIFA U-17ワールドカップの出場権こそ逃したが、得点ランキングで2位となる7ゴールを記録。2017年5月に行われた2017 FIFA U-20ワールドカップでは3位決定戦に敗れ、4位に終わったが、バルベルデ自身は大会シルバーゴールに選出された[12]。その活躍が認められ、2017年9月5日の2018 FIFAワールドカップ・南米予選パラグアイ代表戦でウルグアイ代表デビュー、デビューゴールとなる先制弾を挙げ2-1の勝利に貢献した[13]

プレースタイル、評価[編集]

同胞のルイス・スアレスからは「パンチ力があって、ボックス・トゥ・ボックスの選手でリズムを変えられる」と評価され、リヴァプールFCで共にプレーしたスティーヴン・ジェラードと比較された[14]。また、レアル・マドリードカルロ・アンチェロッティ監督も「バルベルデはジェラードのレベルに到達し、さらなる高みまでたどり着くためのすべてを持っている」とその意見に同意している[15]

守備力、パワー、スピード、パス能力の全てが高く、ジェラードの他にポール・ポグバとも比較される[16][17]。本職は中盤センターのポジションだが、チーム事情によっては右ウィングや右サイドバックでもその豊富な運動量で攻守に貢献する[18]。ウィングで出場した際には、大きなストライドを生かしたドリブル突破のほか、得点力でもチームに貢献できる[19]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ペニャロール 2016 プリメーラ 12 0 0 0 1 0 0 0 13 0
通算 12 0 0 0 1 0 0 0 13 0
デポルティーボ 2017-18 プリメーラ 24 0 1 0 - 0 0 25 0
通算 24 0 1 0 - 0 0 25 0
レアル・マドリード 2018-19 プリメーラ 16 0 5 0 4 0 0 0 25 0
2019-20 33 2 3 0 6 0 2 0 44 2
2020-21 24 3 1 0 7 0 1 0 33 3
2021-22 31 0 2 0 11 0 2 0 46 0
通算 104 5 11 0 28 0 5 0 148 5
総通算 140 5 12 0 29 0 5 0 186 5
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
レアル・マドリード・カスティージャ 2016-17 セグンダB 30 3 30 3
総通算 30 3 30 3

タイトル[編集]

クラブ[編集]

レアル・マドリード

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


ウルグアイ代表国際Aマッチ
出場得点
2017 4 1
2018 4 0
2019 12 1
2020 2 0
2021 10 1
通算 32 3

代表での得点[編集]

# 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会
1 2017年9月5日 パラグアイの旗 アスンシオン パラグアイの旗 パラグアイ 1-0 2-1 2018 FIFAワールドカップ・南米予選
2 2019年6月7日 ウルグアイの旗 モンテビデオ パナマの旗 パナマ 3-0 3-0 親善試合

脚注[編集]

  1. ^ レアル・マドリーMFバルベルデ、愛称が“小鳥”から“ファルコン”に変わる「頭も体もそうなる準備ができている」 ゲキサカ 2022年4月3日
  2. ^ ウルグアイの、Rマドリーの“小鳥”フェデリコ・バルベルデ footballista 2019年6月20日
  3. ^ レアルMFバルベルデ、自身の過去に言及「期限付き移籍はショックだったけど…」 サッカーキング 2019年11月12日
  4. ^ レアルのウルグアイ代表MFがスペイン国籍取得完了か。来季以降の久保建英にも朗報フットボールチャンネル 2019年9月5日
  5. ^ レアル・ジダン監督、圧巻のパフォーマンス見せたバルベルデを称賛”. サンケイスポーツ (2019年10月6日). 2019年11月30日閲覧。
  6. ^ フェデリコ・バルベルデ。レアルが欲した“ポグバ”となるか?football tribe 2019年11月30日
  7. ^ レアルに厚みをもたらすダイナモ バルベルデの復調がもたらす効果theWorld 2021年3月21日
  8. ^ レアル手薄右SBにバルベルデ起用「とても素晴らしい」とジダン監督日刊スポーツ 2021年4月15日
  9. ^ 本職じゃなくても最高評価!?攻守で輝き見せ納得のMOM獲得。右サイドバックの穴を埋めたバルベルデの凄いデータとは?【欧州CL】フットボールチャンネル 2021年4月15日
  10. ^ レアル指揮官、マジョルカ戦に続くゴールのバルベルデは「最低10点決めないと」/欧州CLサンスポ 2022年9月15日
  11. ^ ベンゼマの代わりにゴールを決めることも可能 “全能者”フェデリコ・バルベルデの可能性Yahoo!JAPAN 2022年9月16日
  12. ^ U-20W杯で活躍のバルベルデ、レアルBチームからデポルティボに移籍かサンケイスポーツ(2017年6月14日)
  13. ^ ルイス・スアレスが「あいつは化け物」と舌を巻く19歳、フェデリコ・バルベルデって?サッカーダイジェスト(2017年9月9日)
  14. ^ “ウルグアイのジェラード”になれる 攻守に大躍動のバルベルデ、恐ろしき成長スピードYahoo!JAPAN 2022年10月2日
  15. ^ アンチェロッティ「バルベルデにはスティーブン・ジェラード以上のレベルに到達するポテンシャルがある」Yahoo!JAPAN 2022年10月2日
  16. ^ ポグバ獲得は不要? スペイン紙、レアルMFバルベルデの今季の活躍に太鼓判サッカーキング 2019年10月8日
  17. ^ レアルにポグバは必要ないのでは? 白い巨人の中盤を変えた“万能MF”の存在theWorld 2019年11月30日
  18. ^ バルベルデは“便利屋”で終わってしまう? 本人が明かした快適にプレイできるポジションとはYahoo!JAPAN 2022年4月26日
  19. ^ レアル・マドリードの中盤を誇るバルベルデ「それぞれが唯一無二。クロースは落ち着きを与え、モドリッチは魔法のパスが出せる」 | ラ・リーガYahoo!JAPAN 2022年10月2日

外部リンク[編集]