国立競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本における国立競技場(こくりつきょうぎじょう)は、独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が管理運営する国立霞ヶ丘競技場国立代々木競技場・国立西が丘競技場(現味の素フィールド・西が丘)の総称。かつては特殊法人国立競技場が管理・運営していた。

なお、一般に「国立競技場」と指す場合は、国立霞ヶ丘陸上競技場を取り上げることが多い。

概要[編集]

航空写真に見る国立霞ヶ丘競技場付近。神宮球場なども至近にある。案内図は、ファイル:Jingu gaien air2.jpg

国立競技場は1964年東京オリンピックの競技会場として建設された。現在でも各国立競技場にはオリンピックマークと"Tokyo 1964" を合わせたエンブレムが残っており、東京オリンピックの会場であったことを偲ばせている。国立競技場で開催された競技は以下の通り。

  • メインスタジアム(国立霞ヶ丘陸上競技場)-陸上サッカー(決勝戦、3位決定戦)、馬術(大賞典障害飛越)
    • 秩父宮ラグビー場 - サッカー
  • 代々木会場(国立代々木競技場)

国立競技場は首都東京にある上に立地も良いことなどから、各種競技の全国大会の決勝などに使用されることが多い。競技者からみれば、これらの施設は憧れの的である。そのため、国立競技場は「聖地」と呼ばれる。また国立競技場でプレーした経験のある競技者といえば、各競技で相当レベルの高い部類に入る選手ということもできる。

国立西が丘競技場[編集]

国立西が丘競技場は、1960年代後半にアメリカ軍から東京兵器補給廠(東京都北区)として使用されていた土地の接収解除と返還を受け、その跡地に建設されて1972年に開場した競技場である。現在は国立西が丘サッカー場(味の素フィールド西が丘)となっている。

特殊法人「国立競技場」[編集]

1958年に設置された、国立競技場の管理、運営団体。1986年に日本学校健康会と統合し日本体育・学校健康センターとなり、2003年に現在の日本スポーツ振興センターとなった。

外部リンク[編集]