ルーカス・トレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はトレイラ第二姓(母方の)はディ・パスクアです。(Template:スペイン語圏の姓名
ルーカス・トレイラ Football pictogram.svg
Lucas Torreira 2019.jpg
アーセナルFCでのトレイラ(2019年)
名前
本名 ルーカス・セバスティアン・トレイラ・ディ・パスクア
Lucas Sebastian Torreira Di Pascua
ラテン文字 Lucas Torreira
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1996-02-11) 1996年2月11日(25歳)
出身地 フライ・ベントス
身長 168cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ
ポジション MF
背番号 18
利き足 右足
ユース
2013 ウルグアイの旗 モンテビデオ・ワンダラーズFC
2014-2015 イタリアの旗 ペスカーラ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015 イタリアの旗 ペスカーラ 2 (0)
2015-2018 イタリアの旗 サンプドリア 71 (4)
2015-2016 イタリアの旗 ペスカーラ (loan) 26 (3)
2018- イングランドの旗 アーセナル 63 (3)
2020-2021 スペインの旗 アトレティコ・マドリード (loan) 19 (1)
2021- イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ (loan)
代表歴2
2018- ウルグアイの旗 ウルグアイ 23 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月7日現在。
2. 2019年11月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルーカス・セバスティアン・トレイラ・ディ・パスクアLucas Sebastian Torreira Di Pascua1996年2月11日 - )は、ウルグアイリオ・ネグロ県フライ・ベントス出身のサッカー選手ACFフィオレンティーナ所属。ウルグアイ代表。ポジションはミッドフィルダー

経歴[編集]

ユース[編集]

2013年、モンテビデオ・ワンダラーズのユースチームに加入し、2014年にペスカーラのユースチームに移籍した。

ぺスカーラ[編集]

2014-15シーズンにはトップチームに召集され、2014年10月25日には初めてベンチ入りした。2015年5月16日、セリエBヴェレーゼ・カルチョSSD戦にスタメン出場し、トップチームデビューを果たした。このシーズンは昇格プレーオフを含めて5試合に出場した。

サンプドリア[編集]

2015年6月1日にセリエAサンプドリアに移籍[1]。1年間はレンタルの形でペスカーラに残留した[2]

2015年8月9日、コッパ・イタリアズュートティロール戦でプロ初ゴールを決めた。リーグ戦で26試合3得点の成績を残し、昇格プレーオフでは3試合1得点の成績を残した。2016年8月21日、セリエA開幕節のエンポリ戦にフル出場し、セリエAデビューを果たした[3]

アーセナル[編集]

2018年7月10日、プレミアリーグアーセナルへ移籍することが発表された。背番号はメスト・エジルの背番号変更で空き番となった11番に決定[4]

2018年12月2日、トッテナム・ホットスパー戦で初ゴールを決めた。1週間後の12月8日、ハダースフィールド・タウン戦では、オーバーヘッドキックでクラブ2ゴール目を決めた[5]。この試合で、5試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。2018-19シーズンは、全リーグ戦34試合に出場し続けるなど適応力の高さを見せた。2019-20シーズンは怪我の影響やミケル・アルテタの下で出場機会に苦しみ、リーグ戦29試合のみの出場となった。

アトレティコ・マドリード[編集]

2020年10月6日、アトレティコ・マドリードへの1シーズンのローン移籍が発表された[6]。アーセナル側の希望により、買取オプションは付けられなかった。背番号は5番。

10月17日、セルタ・ビーゴ戦にスタメンで出場し、アトレティコ、リーガデビューをした。10月21日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのバイエルン・ミュンヘン戦に後半途中から出場し、チャンピオンズリーグデビューをした。

しかし、監督ディエゴ・シメオネからの信頼を得る事は出来ず、トレイラの不満は増加。2021年3月に実母がCOVID-19により他界。それに乗ずる形で南米への帰還とボカ・ジュニアーズへの移籍を要求し[7]、これに対し実父がトレイラの発言に否定的な見解を示すなど、迷走を極めた[8]。2020-21シーズン、アトレティコはリーグ優勝を果たしたものの、優勝が決まった最終節のレアル・バリャドリード戦も出場無しに終わり、トレイラは最後まで構想外の状態で終わった。

フィオレンティーナ[編集]

2021年8月25日、ACFフィオレンティーナへの買取オプション付きの1年間のローン移籍が発表された[9][10]

ウルグアイ代表[編集]

ウルグアイ代表でのトレイラ(2018年)

2018年3月23日、チャイナカップ2018のチェコ戦で代表デビューした。

2018 FIFAワールドカップメンバーに選ばれた[11]

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 デルフィーノ・ペスカーラ1936 2015-2016 (loan)
スペインの旗 アトレティコ・マドリード 2020-2021 (loan)
イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ 2021- (loan)

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ペスカーラ 2014-15 セリエB 5 0 0 0 - - 3 0 8 0
2015-16 29 4 2 1 - - 3 1 34 6
通算 34 4 2 1 - - 6 1 42 6
サンプドリア 2016-17 セリエA 35 0 1 0 - - 0 0 36 0
2017-18 36 4 2 0 - - 0 0 38 4
通算 71 4 3 0 - - 0 0 74 4
アーセナル 2018-19 プレミアリーグ 34 2 1 0 3 0 12 0 0 0 50 2
2019-20 29 1 2 0 2 1 6 0 0 0 39 2
通算 63 3 3 0 5 1 18 0 0 0 89 4
アトレティコ・マドリード 2020-21 プリメーラ 19 1 2 0 - 5 0 0 0 26 1
通算 19 1 2 0 - 5 0 0 0 26 1
総通算 187 12 10 1 5 1 23 0 6 1 231 15


代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 31試合0得点(2018年 - )


ウルグアイ代表国際Aマッチ
出場得点
2018 13 0
2019 10 0
2020 3 0
2021 5 0
通算 31 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アーセナル

代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “DONE DEAL: Sampdoria sign Pescara midfielder Lucas Torreira” (english). tribalfootball.com. (2015年7月1日). http://www.tribalfootball.com/articles/done-deal-sampdoria-sign-pescara-midfielder-lucas-torreira-4083811 
  2. ^ アトレティコ、先週末超FKを決めたウルグアイ人MF獲得間近か”Qoly、2017年11月1日
  3. ^ U.C. Sampdoria – Serie A TIM 2016/2017: Empoli – Sampdoria”. sampdoria.it. 2016年12月23日閲覧。
  4. ^ Lucas Torreira to join Arsenal”. Arsenal.com. 2018年7月10日閲覧。
  5. ^ アーセナルがトレイラ弾で無敗維持、トッテナムは孫興民の活躍で快勝” (日本語). www.afpbb.com. 2020年10月3日閲覧。
  6. ^ Lucas Torreira ya es rojiblanco” (2020年10月6日). 2020年10月6日閲覧。
  7. ^ アトレティコで苦境に陥るトレイラがボカ移籍を志願…「欧州でプレーしたくない」と語る理由とは?”. サッカーキング (2021年4月2日). 2021年7月28日閲覧。
  8. ^ トレイラは来季居場所なし? アーセナルもアトレティコも嫌、ボカ移籍を公言も現実は厳しいものに”. 超ワールドサッカー (2021年5月1日). 2021年7月28日閲覧。
  9. ^ フィオレンティーナがアーセナルで構想外のトレイラを獲得! 買取OP付きの有償レンタル”. 超ワールドサッカー (2021年8月25日). 2021年8月26日閲覧。
  10. ^ TORREIRA IS A NEW FIORENTINA PLAYER” (2021年8月25日). 2021年8月26日閲覧。
  11. ^ “ウルグアイ代表W杯メンバー23人が発表…スアレス、カバーニら選出”. サッカーキング. (2018年6月3日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180603/768714.html 2018年6月5日閲覧。 

外部リンク[編集]