ディエゴ・ゴディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴディン第二姓(母方の)はレアルです。
ディエゴ・ゴディン Football pictogram.svg
U03 Diego Godín 7530.jpg
ウルグアイ代表でのコディン (2014年)
名前
本名 ディエゴ・ロベルト・ゴディン・レアル
Diego Roberto Godín Leal
ラテン文字 Diego GODIN
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-02-16) 1986年2月16日(31歳)
出身地 ロサリオスペイン語版
身長 187cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アトレティコ・マドリード
ポジション DF (CB)
背番号 2
利き足 右足
ユース
ウルグアイの旗 デフェンソール・スポルティング
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 ウルグアイの旗 セロ 63 (6)
2006-2007 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ 26 (0)
2007-2010 スペインの旗 ビジャレアル 91 (4)
2010- スペインの旗 アトレティコ・マドリード 186 (14)
代表歴2
2005- ウルグアイの旗 ウルグアイ 99 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年6月5日現在。
2. 2016年6月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
ウルグアイ代表でのゴディン

ディエゴ・ロベルト・ゴディン・レアル(Diego Roberto Godín Leal, 1986年2月16日 - )は、ウルグアイコロニア県出身の同国代表サッカー選手。ポジションはディフェンダー(センターバック)。リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリード所属。スピードがあって組み立て能力の高いディフェンダーであり、高い身体能力も兼ね備える。

経歴[ソースを編集]

クラブ[ソースを編集]

コロニア県・ロサリオに生まれ、17歳の時にCAセロからデビュー。2006年には強豪ナシオナルに移籍し、プロ意識の高さからすぐにキャプテンに任じられた。

2007年8月2日、チリ人のマヌエル・ペレグリーニ監督率いるリーガ・エスパニョーラビジャレアルCFに移籍し、5年契約を結んだ[1]。2試合目となる10月7日のCAオサスナ戦 (2-3) で移籍後初得点を記録した[2]。移籍初年度の2007-08シーズンのビジャレアルはFCバルセロナを抑え、優勝したレアル・マドリードに次ぐ2位と躍進。自身は24試合に出場した。2008-09シーズンはUEFAチャンピオンズリーグに出場し、準々決勝に進出した。ゴディンは守備の要として活躍し、ビジャレアルでは主にアルゼンチン代表ゴンサロ・ロドリゲスとセンターバックのコンビを組んだ。2009-10シーズンは36試合に出場して3得点を挙げた。

2010年8月4日、アトレティコ・マドリードに移籍して5年契約を結んだ[3]。基本となる移籍金は800万ユーロ(約660万ポンド)と報じられており[4]、3年前にゴディンと同じようにビジャレアルからアトレティコに移籍したディエゴ・フォルランとチームメイトになった。8月27日、UEFAスーパーカップインテル(イタリア)戦 (2-0) でデビューしてフル出場し、ヨーロッパ到着後初のタイトルを獲得した。9月26日のレアル・サラゴサ戦で左膝靭帯を痛めて3週間離脱し[5]、10月30日には虫垂炎の手術を受けて1ヶ月離脱[6][7]したものの、2010-11シーズンは25試合に出場した。2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦・SSラツィオ戦セカンドレグ (1-0) ではヘディングで決勝点を挙げた[8][9]

代表[ソースを編集]

19歳の時、グアダラハラで行われたメキシコとの親善試合でウルグアイ代表としての初キャップを刻み、その後代表に定着。2007年にはコパ・アメリカ2007に出場した。

2010年には南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップのメンバーに選出され、グループリーグ初戦のフランス戦 (0-0) では3バックの左、2戦目の南アフリカ戦は4バックの中央でフル出場したが、コンディション不良のために最終戦のメキシコ戦には出場しなかった。決勝トーナメント1回戦の韓国戦は前半45分間の出場にとどまり、準々決勝のガーナ戦は欠場した。準決勝のオランダ戦、3位決定戦のドイツ戦にはフル出場したが、いずれも2-3で敗れた。

2011年にはコパ・アメリカ2011に出場するウルグアイ代表に選出されたが、負傷の影響もあって若手のセバスティアン・コアテスにポジションを譲り、決勝のパラグアイ戦の終盤に途中出場した1試合の出場に留まった。チームは優勝したが、本人としては悔いの残る大会となった。

2014 FIFAワールドカップのメンバーに選出され、グループリーグ第2戦のイングランド戦、第3戦のイタリア戦ではキャプテンとしてプレー。イタリア戦ではウルグアイの決勝トーナメント進出を決める決勝点を挙げた。

タイトル[ソースを編集]

クラブ[ソースを編集]

ナシオナル
アトレティコ・マドリード

代表[ソースを編集]

ウルグアイ代表

個人[ソースを編集]

個人成績[ソースを編集]

代表での得点[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ UEFA.com (2007年8月2日). “ビジャレアルがゴディンを獲得”. 2009年7月13日閲覧。
  2. ^ Osasuna 3–2 Villarreal ESPN Soccernet、2007年10月7日
  3. ^ UEFA.com (2010年8月5日). “アトレティコ、CBゴディンを獲得”. 2010年8月5日閲覧。
  4. ^ Atlético get Godín from Villarreal; UEFA.com, 4 August 2010
  5. ^ アトレティコのゴディンが3週間離脱へ UEFA.com、2010年9月28日
  6. ^ アトレティコのゴディン、盲腸で離脱 UEFA.com、2010年10月30日
  7. ^ ゴディンが虫垂炎で離脱 Goal.com、2010年10月30日
  8. ^ ゴディンのヘッドでアトレティコが2連勝 UEFA.com、2012年2月23日
  9. ^ 先を見据えるUEL初代王者のアトレティコ UEFA.com、2012年2月24日

外部リンク[ソースを編集]