ゴンサロ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロドリゲス第二姓(母方の)はプラドです。
ゴンサロ・ロドリゲス Football pictogram.svg
Gonzalo Javier Rodriguez 2.jpg
名前
本名 ゴンサロ・ハビエル・ロドリゲス・プラド
Gonzalo Javier Rodríguez Prado
ラテン文字 Gonzalo RODRÍGUEZ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1984-04-10) 1984年4月10日(32歳)
出身地 ブエノスアイレスの旗 ブエノスアイレス
身長 182cm
体重 79cm
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ
ポジション DF (CB)
背番号 2
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 57 (4)
2004-2012 スペインの旗 ビジャレアル 184 (6)
2012- イタリアの旗 フィオレンティーナ 137 (21)
代表歴2
2003- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 7 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月5日現在。
2. 2015年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゴンサロ・ハビエル・ロドリゲス・プラドGonzalo Javier Rodriguez Prado, 1984年4月10日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手セリエAACFフィオレンティーナ所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ビジャレアルCF時代の2006年8月、ラモン・デ・カランサ杯の試合中に右膝十字靱帯断裂の重傷を負い[1]、2006-07シーズンの大部分を棒に振った。2007年4月15日のヘタフェCF戦で戦線復帰したが、同年6月14日、再び右膝十字靭帯を負傷した[2]。2008年1月、長期離脱したファブリシオ・フエンテスと入れ替わるように7ヶ月ぶりに戦線に復帰した。それ以後はセンターバックのレギュラーとしてディエゴ・ゴディンとコンビを組み、チームの躍進に貢献した。

2012年夏、ビジャレアルの2部降格もあり、8シーズン在籍したチームを離れ、同僚のボルハ・バレロとともにイタリアACFフィオレンティーナへ移籍した[3]

代表[編集]

アルゼンチン代表には2003年ホンジュラス戦でデビューしている。彼はこの時僅か19歳であった。2005年のコンフェデレーションズカップでメンバー入りし、2006年ドイツW杯もメンバー入り濃厚であったが、2006年4月17日FCバルセロナ戦で左足首内側の靭帯断裂という大怪我を負い出場できなかった。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゴンサロ・ロドリゲス、7ヶ月の重傷”. livedoorスポーツ (2006年8月21日). 2009年7月11日閲覧。
  2. ^ ゴンサロ・ロドリゲス、再び膝を故障。6か月の戦列離脱へ”. livedoorスポーツ (2007年6月14日). 2009年7月11日閲覧。
  3. ^ Borja Valero, Gonzalo Rodriguez and Aquilani to Fiorentina”. ACF Fiorentina (2012年7月4日). 2012年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]