マヌエル・ペレグリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペレグリーニ第二姓(母方の)はリパモンティです。
マヌエル・ペレグリーニ Football pictogram.svg
Manuel Pellegrini (24107037853) (cropped).jpg
マンチェスター・シティ監督時代の
ペレグリーニ (2016年)
名前
本名 マヌエル・ルイス・ペレグリーニ・リパモンティ
Manuel Luis Pellegrini Ripamonti
ラテン文字 Manuel PELLEGRINI
基本情報
国籍 チリの旗 チリ
生年月日 (1953-09-16) 1953年9月16日(63歳)
出身地 首都州(チリ)の旗 首都州サンティアゴ
身長 185cm
選手情報
ポジション DF (CB)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1986 チリの旗 ウニベルシダ・デ・チレ 451 (1)
代表歴
1986 チリの旗 チリ 1 (0)
監督歴
1988-1989 チリの旗 ウニベルシダ・デ・チレ
1990-1992 チリの旗 パレスティーノ
1991 チリの旗 チリ U-20
1992-1993 チリの旗 オヒギンス
1994-1996 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ
1998 チリの旗 パレスティーノ
1999-2000 エクアドルの旗 LDUキト
2001-2002 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
2002-2003 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2004-2009 スペインの旗 ビジャレアル
2009-2010 スペインの旗 レアル・マドリード
2010-2013 スペインの旗 マラガ
2013-2016 イングランドの旗 マンチェスター・シティ
2016- 中華人民共和国の旗 河北華夏幸福
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マヌエル・ペレグリーニManuel Luis Pellegrini Ripamonti, 1953年9月16日 - )は、チリ・首都サンティアゴ出身の元サッカー選手サッカー指導者。中国サッカー・スーパーリーグ河北華夏幸福足球倶楽部監督。現役時代のポジションはディフェンダースペイン語の発音の関係で「マヌエル・ペジェグリーニ」と表記されることもある。

経歴[編集]

現役時代[編集]

イタリアにルーツを持つ。サンティアゴに生まれ、チリ・カトリック大学スペイン語版で土木技師の資格を取得して卒業した[1]。その後はCFウニベルシダ・デ・チレ一筋であり、センターバックとして451試合に出場して1得点を挙げた。1986年にはチリ代表として1試合に出場している。現役引退を決意したのは当時無名で17歳だったイバン・サモラーノに空中戦で競り負け衰えを感じただからという。

指導者時代[編集]

チリ時代[編集]

1988年シーズン中にCFウニベルシダ・デ・チレ監督に就任したが、チームはプリメーラ・ディビシオンB(2部)に降格した[2]。1990年にアルトゥーロ・サラスペイン語版チリ代表監督に就任すると、ペジェグリーニがサラのテクニカル・アシスタントに登用され、さらにU-20チリ代表監督に就任した[2]。1990年から1992年にはCDパレスティーノの監督を、1992年から1993年にはCDオヒギンスの監督を務めた[3]。1993年にはチリで人気のあるクラブのひとつであるウニベルシダ・カトリカの監督に就任し、アルベルト・アコスタネストル・ゴロシートらを擁したが、1994年シーズンと1995年シーズンにリーグ戦で準優勝するのが精いっぱいであった。1999年にはエクアドルのLDUキト監督に就任し、同年にセリエAのタイトルを獲得した。コパ・リベルタドーレスでも良い成績を収め、他の南米のクラブのチーム編成者の目に留まる存在となった。

アルゼンチン時代[編集]

ウニベルシダ・カトリカで指導を受けたゴロシートがCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ監督にペジェグリーニを推薦し、2001年にサン・ロレンソの監督に就任した。同年のコパ・メルコスールではクラブ初の国際タイトルを獲得し、クラウスーラ2001でも優勝した。2002年にCAリーベル・プレート監督に就任し、同年のクラウスーラ2003ではマラドーナ2世と呼ばれたアンドレス・ダレッサンドロらを擁して優勝した。しかし、ダレッサンドロがVfLヴォルフスブルクに移籍したことでチームの舵取りが難しくなり、アペルトゥーラ2003ではタイトル防衛に苦しんだ。そのシーズン終了後にリバープレート監督を辞任した。

ビジャレアル[編集]

2004年7月1日、スペイン・リーガ・エスパニョーラビジャレアルCF監督に就任した。指揮を執った最初のシーズンにはフアン・ロマン・リケルメディエゴ・フォルランの活躍で3位に躍進し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。同シーズンのUEFAカップでは準々決勝に進出した。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではインテルなどを破って準決勝に進出したが、準決勝でアーセナルFCに敗れた。リーグ戦では7位に終わり、欧州カップ戦出場権を逃した。2006-07シーズンのリーグ戦は5位であったが、シーズン途中には主力選手であるリケルメと対立し、2007年に入ってからはリケルメをベンチからも外したことが論争を呼んだ[4]。2007年末にはクラブとの契約を2011年まで延長した。2007-08シーズンはロベール・ピレスサンティ・カソルラをチームの中心に据え、FCバルセロナを上回る2位でシーズンを終えた。2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではグループリーグを勝ち抜き、決勝トーナメント1回戦でパナシナイコスFCを破って準々決勝に進出した。準々決勝では再びアーセナルと対戦し、2試合合計1-4で敗れて敗退した。ビジャレアル在任期間中には56.67%の勝ち点を獲得し、ペジェグリーニはヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ(レアル・マドリード、勝ち点獲得率69.52%)に次いで過去25年のプリメーラ・ディビシオンで2番目に成功を収めた南米出身監督である[5]

レアル・マドリード[編集]

2009年6月1日にはビジャレアルがペジェグリーニの退任を発表し[6][7]、6月2日にはレアル・マドリードが公式にペジェグリーニと2年契約を結んだことを明らかにした。ビジャレアルからはフィジカルトレーナーのホセ・カベージョ、ヘッドコーチのルベン・コウシージャスもレアル・マドリードのスタッフに加わった[8][9]。再就任したフロレンティーノ・ペレス会長が初めて選んだ監督となり、「もしUEFAチャンピオンズリーグで優勝したいのならば、世界最高の選手が必要だ」と述べ、就任から数日後にはACミランからカカを獲得した[10]。2009年夏の移籍期間中には、マンチェスター・ユナイテッドFCに移籍金8000万ポンドを支払ってクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、オリンピック・リヨンからカリム・ベンゼマ(移籍金3000万ポンド)を、リヴァプールFCからシャビ・アロンソ(移籍金3000万ポンド)を獲得した。期間中に支払った移籍金の総額は約2億ポンドとなった。7月20日に行われたアイルランドのシャムロック・ローヴァーズFCとの親善試合 (1-0) が初采配試合となり、87分のベンゼマの得点で勝利したが、ペレス会長にこの試合のプレースタイルと選手の疲労具合を批判された。7月には就任後初となる大会(ピースカップ)に挑んだが、準決勝でイタリアのユヴェントスFCに1-2で敗れてベスト4に終わった。2009-10シーズンのリーグ開幕戦はデポルティーボ・ラ・コルーニャとの対戦となり、3-2で勝利して初勝利を挙げた。10月27日、コパ・デル・レイのラウンド16ではセグンダ・ディビシオンB(3部)に在籍するADアルコルコンに2試合合計1-4で敗れ、早くも大会からの敗退が決まった。2010年3月10日には再度打撃を受けた。UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でフランスのリヨンと対戦し、2試合合計1-2で敗れ去った。この敗北の後、ペレス会長はペジェグリーニ監督に最後通牒を突きつけ、リーグタイトルを獲得できなければ解任すると警告した[11]

リーグ戦では38試合でクラブ記録の勝ち点96を獲得したが、勝ち点99を稼いだFCバルセロナには及ばず2位に終わった。2010年夏には幾度も解任の噂が流れ、5月26日に解任されてジョゼ・モウリーニョが後任監督に就任した[12]。しかし、もしモウリーニョの招聘に失敗した場合はペジェグリーニを留任させる予定であった[13]。解任の際には、ペレス会長とは2009年8月からまともな話をしていなかったことを明かした[14]

マラガ[編集]

2010年7月22日には、ハビエル・アギーレ監督が辞任したメキシコ代表からの監督就任オファーを受け取ったが[15]、この申し出を断った。その直後にはイングランド・プレミアリーグリヴァプールFCがペジェグリーニの監督登用に興味を持っていると報じられた[16]。さらに、8月には日本代表監督候補にも名前が挙がったが、交渉はまとまらなかったと報じられている[17]。日本代表監督選定を担いペレグリーニと会談した日本サッカー協会技術委員長原博実によれば、ペレグリーニ自身は日本代表にも興味を示していたが、チリ代表監督が空位となりそうだった(マルセロ・ビエルサ監督の退任が囁かれていた)ことが影響して代理人との交渉が進まなかったという[18]。結局、2010年夏にはどのチームの監督にも就任せず、11月5日になってスペインのマラガCFと3年契約を結んだ[19][20]。マラガは下位に低迷し、ジェズアウド・フェレイラ監督が解任されていた。11月14日のレバンテUD戦が初采配試合となり、ホームのエスタディオ・ラ・ロサレーダで1-0で勝利した[21]

マンチェスター・シティ[編集]

2013年6月14日、ロベルト・マンチーニの後任としてマンチェスター・シティFCの監督就任が決定。契約は3年間[22]

就任初年度の2013-14シーズンにUEFAチャンピオンズリーグではクラブ史上初のグループステージ突破に導くが、決勝トーナメント1回戦でFCバルセロナに2試合合計1-4と敗れ敗退した。しかし、国内戦ではリーグ最多得点の攻撃サッカーでチームをフットボールリーグカッププレミアリーグのニ冠を達成した。プレミア初挑戦でのリーグ制覇は09-10のカルロ・アンチェロッティ以来となった。また彼自身も欧州の主要リーグにおける初のメジャータイトル獲得となった。

2016年2月1日、2016-17シーズンからジョゼップ・グアルディオラが監督を務めることが決定したのに伴い、2015-16シーズンでシティの監督を退任することが決定した[23]

河北華夏幸福[編集]

2016年8月27日、中国サッカー・スーパーリーグ河北華夏幸福足球倶楽部の監督に就任することが発表された。

戦術[編集]

ペジェグリーニの志向するサッカーは超攻撃的なポゼッションサッカーである。攻守に隙のない陣形で、長短のパスを織り交ぜながら、素早く、かつ幅のある攻撃を展開し、FWには「オフザボールでの動きの良さ」、パスのオプションを確保するために、目敏いスペースへの動きが求められる。[24]。 システムはマンチェスター・シティFCでは4-2-3-1と4-4-2を使い分ける。

タイトル[編集]

※いずれも指導者として

クラブ[編集]

チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ
エクアドルの旗 LDUキト
アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
スペインの旗 ビジャレアル
イングランドの旗 マンチェスター・シティ

個人[編集]

個人成績[編集]

指導者としての記録[編集]

2016年6月30日更新
チーム 就任 退任 記録
試合数 勝率
アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 2001年6月1日 2002年5月26日 50 21 17 12 42.00
アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 2002年6月30日 2003年6月30日 53 35 7 11 66.04
スペインの旗 ビジャレアル 2004年7月1日 2009年5月31日 259 123 72 64 47.49
スペインの旗 レアル・マドリード 2009年6月2日 2010年5月26日 48 36 5 7 75.00
スペインの旗 マラガ 2010年11月5日 2013年6月1日 129 53 30 46 41.09
イングランドの旗 マンチェスター・シティ 2013年6月14日 2016年6月30日 167 100 28 39 59.88
期間通算 706 368 159 179 52.12

脚注[編集]

  1. ^ Pellegrini no para: Ahora es elegido "ex alumno distinguido" de la PUC Emol.com
  2. ^ a b Pellegrini visto desde ChileJugadores de fútbol.es (スペイン語)
  3. ^ Pellegrinimadridadas Blog Real Madrid (スペイン語)[リンク切れ]
  4. ^ “リケルメがボカへ期限付き移籍”. UEFA.com. (2007年2月9日). http://jp.uefa.com/footballeurope/news/kind=2/newsid=505372.html 2009年7月13日閲覧。 
  5. ^ Pellegrini es el 2º mejor DT sudamericano de los últimos 25 años en España(スペイン語)
  6. ^ “Pellegrini denies Madrid talks”. USA Today. (2009年5月30日). http://www.usatoday.com/sports/soccer/2009-05-30-4071733870_x.htm 2010年5月12日閲覧。 
  7. ^ Pellegrini neuer Real-Coach (ドイツ語)
  8. ^ “ペレス会長が推し進めるR・マドリーの歴史的な大改革”. OCNスポーツ. http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/soccer090707_1_1.html 2009年11月14日閲覧。 
  9. ^ “ペジェグリーニ氏がマドリー監督に就任”. UEFA.com. (2009年6月2日). http://jp.uefa.com/footballeurope/news/kind=2/newsid=835534.html 2009年7月13日閲覧。 
  10. ^ “Real appoint Pellegrini as coach”. BBC Sport. (2009年6月1日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/europe/8078185.stm 2009年6月2日閲覧。 
  11. ^ “Manuel Pellegrini's nightmare becomes Real as Madrid begin blame game”. Guardian (The Guardian). (2010年3月10日). http://www.guardian.co.uk/football/blog/2010/mar/11/real-madrid-pellegrini-champions-league 2010年3月11日閲覧。 
  12. ^ “マドリーがペジェグリーニ解任を発表、モウリーニョ招へいへ”. Goal.com. (2010年5月27日). http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2010/05/27/1944161/%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%83%9A%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E8%A7%A3%E4%BB%BB%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%83%A2%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7%E6%8B%9B%E3%81%B8%E3%81%84%E3%81%B8 2010年5月28日閲覧。 
  13. ^ “Real Madrid clear the way for Jose Mourinho”. BBC Sport (BBC). (2010年5月26日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/europe/8706918.stm 2010年6月17日閲覧。 
  14. ^ “レアル解任のペジェグリーニ前監督「ペレス会長とは8月から話をしていない」”. スポーツナビ. (2010年5月28日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0910/headlines/20100528-00000004-spnavi-socc.html 2010年8月25日閲覧。 
  15. ^ “Former Real Madrid Coach Manuel Pellegrini Has Mexico Offer”. Goal.com. (2010年5月26日). http://www.goal.com/en/news/468/internationals/2010/07/22/2037735/former-real-madrid-coach-manuel-pellegrini-has-mexico-offer 2011年2月5日閲覧。 
  16. ^ “Manuel Pellegrini's Agent Confirms Liverpool Talks”. Goal.com. (2010年6月18日). http://www.goal.com/en/news/9/england/2010/06/18/1982600/manuel-pellegrinis-agent-confirms-liverpool-talks 2011年2月5日閲覧。 
  17. ^ “やっと日本代表監督「世界で取り合いになる人に」” (日本語). 読売新聞. (2010年8月30日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/representative/news/20100830-OYT1T00993.htm 2010年8月30日閲覧。 
  18. ^ 小宮良之 『おれは最後に笑う -サッカーが息づく12の物語-』 東邦出版2015年、161-162頁。
  19. ^ Manuel Pellegrini agrees to coach Malaga in La Liga coup”. ESPNsoccernet. 2010年11月5日閲覧。
  20. ^ “マラガ新監督にペジェグリニ氏” (日本語). スポーツナビ. (2010年11月5日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20101105-00000035-jij-spo.html 2010年11月6日閲覧。 
  21. ^ Manuel Pellegrini continued his winning start as new coach of Malaga by beating Levante 1-0 in his league debut”. ESPNsoccernet. 2010年11月5日閲覧。
  22. ^ シティ、ペジェグリーニ招へいを正式発表”. Goal. 2013年6月15日閲覧。
  23. ^ Pep Guardiola to succeed Manuel Pellegrini as Manchester City boss
  24. ^ http://number.bunshun.jp/articles/-/660296?page=2

外部リンク[編集]