ピーター・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピーター・リード Football pictogram.svg
Peter Reid Sunderland 1998small.jpg
名前
カタカナ ピーター・リード
ラテン文字 Peter Reid
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス(イングランドの旗 イングランド)
生年月日 (1956-06-20) 1956年6月20日(61歳)
出身地 マージーサイド, フイトン
身長 172cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1974-1982 イングランドの旗 ボルトン 225 (23)
1982-1989 イングランドの旗 エヴァートン 159 (8)
1989-1990 イングランドの旗 QPR 29 (1)
1990-1993 イングランドの旗 マンチェスター・C 103 (1)
1993-1994 イングランドの旗 サウサンプトン 7 (0)
1994 イングランドの旗 ノッツ・カウンティ 5 (0)
1994-1995 イングランドの旗 バリー 1 (0)
1974-1995 通算 529 (33)
代表歴
1977-1978 イングランドの旗 イングランド U-21 6 (0)
1985-1988 イングランドの旗 イングランド 13 (0)
監督歴
1990-1993 イングランドの旗 マンチェスター・C
1995-2002 イングランドの旗 サンダーランド
1999 イングランドの旗 イングランド U-21
2003 イングランドの旗 リーズ
2004-2005 イングランドの旗 コヴェントリー
2008-2009 タイ王国の旗 タイ
2010-2011 イングランドの旗 プリマス
2012 インドの旗 カメリアンズ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピーター・リード(Peter Reid、1956年6月20日 - )は、イングランドマージーサイドフイトン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションは守備的ミッドフィールダー

選手としては守備的ミッドフィールダーとして一時代を築いた。1974年にボルトン・ワンダラーズFCからデビュー。1982年にはエヴァートンFCに移籍し、選手生活で最も輝かしい期間を過ごした。国内外でいくつものタイトルを獲得し、1985年にはPFA年間最優秀選手賞を受賞した。この年には初めてイングランド代表に招集され、1986 FIFAワールドカップUEFA欧州選手権1988に出場した。イングランド代表では通算13試合に出場している。1989年には短期間だがクイーンズ・パーク・レンジャーズに在籍し、同年末にはマンチェスター・シティFCに移籍し、選手兼任監督として2度の5位に導いた。マンチェスター・C退団後には選手復帰を説得され、短期間だがサウサンプトンFCノッツ・カウンティFCバリーFCでプレーした。

1995年には完全に選手経歴を退き、サンダーランドAFCの監督に就任。2度のプレミアリーグ(1部)昇格を果たし、プレミアリーグでは2度7位となった。2002年にはサンダーランド監督を退任し、リーズ・ユナイテッドAFCフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)降格から救った。2004年にコヴェントリー・シティFC監督に就任したが、在任期間は1年に満たなかった。2008年から2009年にはタイ代表監督を務め、2009-10シーズンにはストーク・シティFCでアシスタントコーチを務めた。2010-2011シーズンにはプリマス・アーガイルFCの監督を務めた。

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

1974年、セカンドディヴィジョン(2部)のボルトン・ワンダラーズFCとプロ契約を交わした。1977-78シーズンにはセカンドディヴィジョンで優勝して初タイトルを獲得し、ファーストディヴィジョン(1部)昇格を果たした。リード自身は当時のイングランドで最高の中盤のタレントという名声を得たが[1]、ボルトンは1979-80シーズン終了後にセカンドディヴィジョン降格となった。

1982年、ファーストディヴィジョンのエヴァートンFCに移籍した。度重なる負傷の影響で移籍金は6万ポンドに抑えられ、わずか12ヶ月前には史上最高額の移籍金が取り沙汰されていたことを考えれば安価だった。1983-84シーズンにはFAカップ、1984-85シーズンにはファーストディヴィジョンとUEFAカップウィナーズカップ、1986-87シーズンにはファーストディヴィジョンで優勝し、FAチャリティ・シールドでは計4回優勝した。1984-85シーズンにはPFA年間最優秀選手賞に選出され、1985年のワールドサッカー誌選定世界最優秀選手賞では、ミシェル・プラティニユヴェントスFC)、プレーベン・エルケーア・ラルセンエラス・ヴェローナ)、ディエゴ・マラドーナSSCナポリ)に次ぐ第4位にランクインした。1986-87シーズンのFAカップでは決勝に進出したが、マンチェスター・ユナイテッドFCに敗れて準優勝に終わった。この試合でリードに無鉄砲なタックルを仕掛けたケヴィン・モーランは、FAカップ決勝史上初の退場処分を受けている。エヴァートンでは167試合に出場(うち8試合は途中出場)し、2006年にはエヴァートン・ジャイアント(エヴァートンにおける殿堂入り選手/監督)に選出されている。1989年にはフリートランスファーでクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに移籍したが、1シーズンプレーしただけで退団した。

代表[編集]

イングランド代表としては13試合に出場している。1985年に代表デビューし、1986年にはメキシコで開催された1986 FIFAワールドカップに出場した。イングランドはグループリーグを2位で通過し、リードは準々決勝のアルゼンチン代表戦にも先発出場したが、この試合の後半にはディエゴ・マラドーナが「神の手」ゴールと「5人抜き」ゴール(ゴール・オブ・ザ・センチュリー)を決め、リード自身はマラドーナに2番目に抜かれた選手となった。イングランドはゲーリー・リネカーが1点を返したものの、1-2で敗れて大会からの敗退が決まった。1988年にはUEFA欧州選手権1988に出場した。ソビエト連邦代表オランダ代表アイルランド共和国代表と同組となり、

選手兼任指導者時代[編集]

マンチェスター・シティ[編集]

1990年11月7日、エヴァートンFCに旅立ったハワード・ケンドール監督の後任として、マンチェスター・シティFCの暫定監督に就任[2]。11月15日には選手兼任監督(プレーイング・マネージャー)として正式な監督に就任した[3]。1990-91シーズンのマンチェスター・Cは5位となり、ライバルのマンチェスター・ユナイテッドFC(6位)の上に立った。1991-92シーズンも再び5位につけた。1991年夏にはキース・カールを、1992年夏にはテリー・フェランをそれぞれ250万ポンドで獲得し、ともにチームの主力に育て上げている。コリン・ヘンドリーを売却してマイケル・ヴォンクを獲得し、1991年12月にはクライヴ・アレンも放出した。1992年にはプレミアリーグ(1部)が創設されたが、初年度の1992-93シーズンはますます過去の遺物になりかけたロングボール戦術が機能せず、9位に順位を落とした。1993-94シーズンは序盤から低迷し、1993年8月26日に解任された。

サウサンプトン[編集]

1993年10月、イアン・ブランフット監督に説得され、専任の選手としてサウサンプトンFCに移籍した。しかし、クラブは危機の真っただ中にあり、セインツ(サウサンプトンの愛称)のファンは開幕9戦で8敗を喫したブランフットの解任を叫んだ。8試合にしか出場していないが、リードは重要な貢献を果たし、チームに狡猾さや安定性をもたらした。10月24日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦ではマット・ル・ティシエの2得点で勝利するなど、クラブをいくつかの重要な勝利に導いた。セインツでの最終戦は1993年12月28日のチェルシーFC戦であり、3-1で勝利を飾った[4]。この数日後、ノリッジ・シティFCにホームで敗れるとブランフットが解任され、リードは監督就任を強く要請された。その後はノッツ・カウンティFCバリーFCで短期間プレーし、現役引退を発表した。

専任指導者時代[編集]

サンダーランド[編集]

1995年3月、ファーストディヴィジョン残留を争っていたサンダーランドAFCの監督に就任した。1994-95シーズンは20位で残留を果たすと、1995-96シーズンは勝ち点83を獲得して優勝し、プレミアリーグ昇格を決めた。1996年、「シンプリー・レッド&ホワイト」というサンダーランドのサポーターグループは、モンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」の替え歌として「チアー・アップ・ピーター・リード」という曲を制作して人気を博した。1996-97シーズンは勝ち点3差に7クラブがひしめき合う熾烈な残留争いとなったが、最終節のウィンブルドンFC戦に敗れ、18位でファーストディヴィジョン降格となった。1997-98シーズンはスタジアム・オブ・ライト移転初年度だったが、2位のミドルズブラFCと勝ち点1差の3位で自動昇格を逃し、ウェンブリーで行なわれた昇格プレーオフ決勝ではチャールトン・アスレティックFCと4-4で引き分けた。勝負の行方はPK戦に持ち込まれたが、7-6で敗れて昇格を逃した。1998-99シーズンのサンダーランドは昇格プレーオフ敗退から立ち直り、リーグ記録の勝ち点105を獲得してファーストディヴィジョン優勝とプレミアリーグ昇格を決めた。1999-2000シーズンのサンダーランドは欧州カップ戦出場権を争い、7位で惜しくも出場権を逃した。このシーズンのサンダーランドは、プレミアリーグ昇格初年度としてはもっとも良い順位を記録したクラブのひとつである。ストライカーのケヴィン・フィリップスは30得点を挙げてリーグ得点王となり、ヨーロッパ・ゴールデンシューも獲得した。このシーズン中には短期間ながらU-21イングランド代表監督も兼任した。2000-01シーズンのリーグ戦では一時期2位に付け、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を争ったが、シーズン終盤戦に調子を落として7位に終わった。2001-02シーズンには38試合で28得点(リーグ最下位)しか挙げられず、17位でかろうじて降格を回避した。クラブ史上最高額の675万ポンドをレンジャーズFCに支払い、ノルウェー人ストライカーのトーレ・アンドレ・フローを獲得したが、フローは活躍できずに終わった。2002年10月、約8年間指揮したサンダーランドの監督の座を離れた。リード退任後、2002-03シーズンのサンダーランドは勝ち点19(当時のリーグ最低記録)しか獲得できず、最下位でチャンピオンシップ降格となっている。

リーズとコヴェントリー[編集]

しばらくの間仕事から離れていたが、2003年3月、テリー・ベナブルズ監督が辞任したリーズ・ユナイテッドAFCの暫定監督に就任した。リーズは過去5シーズンの移籍市場で1億ポンドもの大金を投じたが、ひとつのトロフィーも獲得できず、8000万ポンドの負債を抱えていた。アウェーでのチャールトン戦で6-1と快勝するなど、リードのリーズは低迷からの脱却を予感させ、アウェーでのアーセナルFC戦には3-2で勝利し、アーセナルを優勝争いから引きずり下ろした。リーズは順位を維持し、リードは暫定監督から正式な監督に昇格した。リーズの財政状況は依然として厳しく、ハリー・キューウェルなど主力選手の放出を余儀なくされたが、代役は国外から獲得した安価な選手であり、彼らはチームに溶け込めずに終わった。2003年11月には昇格組のポーツマスFCに1-6と大敗し、リードは解任された。リーズは2003-04シーズン終了後にチャンピオンシップ降格となり、リードが獲得した選手の多くがチームを離れた。2004年、リードの下でアシスタントコーチを務めたケヴィン・ブラックウェルが監督に就任した。

2004年5月、プレミアリーグ昇格を狙うファーストディヴィジョンのコヴェントリー・シティFC監督に就任した。しかし、ハイフィールド・ロードでの采配期間は8カ月に終わり、20位と低迷していた2005年1月6日に退任した。2006年後半には、新しくサンダーランドのチェアマンに就任したナイアル・クインの下でフットボールディレクター(FD)に就任するのではないかという噂が流れた。クインはマンチェスター・Cとサンダーランドでリードの指導を受けていた。

タイ代表[編集]

2006 FIFAワールドカップの際にはBBCで解説者を務め、またSky SportsESPNでも働いた。4年近く指導者の仕事から離れていたが、2008年9月、年初から噂されていたタイ代表の監督に就任[5][6]2014 FIFAワールドカップ・アジア予選での指揮を念頭に置いて4年契約を結んだ[7]。タイのサッカーについて多くを知っていないことを認め、代表選手を名前ではなく背番号で呼んだ。リードは「選手の能力に驚いており、プレミアリーグでは学べなかったことを学んでいるところだ。この仕事は良い経験だ。ここには私の好きな純粋なフットボールがある」[8]と述べた。初仕事はベトナムで開催されたVFFカップ(2008年のみはT&T Cupという名称)であり、ホスト国のベトナム北朝鮮、タイの3ヶ国が総当たり方式で対戦した。タイは初戦で北朝鮮を破り、次戦でベトナムに引き分けて優勝を飾った[9]。2009年9月9日、タイサッカー協会 (FAT) はリードがタイ代表監督の職を離れることを発表した。わずか1年指揮を執っただけであり、契約は双方合意の上で解除された[10]

ストークとプリマス[編集]

2009年9月10日にタイ代表の職を離れ、ストーク・シティFCと契約を結んでトニー・ピューリス監督のアシスタントコーチを務めた[11]。2009-10シーズンは11位でシーズンを終えた。2010年6月24日、フットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)からリーグ1(3部相当)に降格したプリマス・アーガイルFCの第34代監督に就任した[12]。2010-11シーズンは23位でリーグ2(4部相当)に降格した。2011年9月18日、クラブを離れることが発表された[13]

コルカタ・カメリアンズ[編集]

2012年のシーズン開幕前に行なわれた監督オークションで12万8000ポンドの値が付けられ、インドのベンガル・プレミアリーグ・サッカーコルカタ・カメリアンズの監督に就任[14]。このリーグは2012年に始まったユニークなサッカーリーグであり、監督や選手の一部をオークションで選ぶ形式が採用された。監督としてはフェルナンド・コウトジョン・バーンズ、選手としてはエルナン・クレスポファビオ・カンナヴァーロロビー・ファウラーロベール・ピレスジェイジェイ・オコチャフアン・パブロ・ソリンなどが参加した。

タイトル[編集]

選手時代[編集]

イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズFC
イングランドの旗 エヴァートンFC

指導者時代[編集]

イングランドの旗 サンダーランドAFC
タイ王国の旗 タイ代表
  • VFFカップ優勝 : 2008

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

選手としての出場記録[編集]

[2]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ FAカップ FLカップ ヨーロッパ 通算
1974-75 ボルトン セカンドディヴィジョン 27 0
1975-76 42 2
1976-77 42 5
1977-78 38 9
1978-79 ファーストディヴィジョン 14 0
1979-80 17 3
1980-81 セカンドディヴィジョン 18 2
1981-82 12 1
1982-83 15 1
1982-83 エヴァートン ファーストディヴィジョン 7 0
1983-84 35 2
1984-85 36 2
1985-86 15 1
1986-87 16 1
1987-88 32 1
1988-89 18 1
1988-89 QPR ファーストディヴィジョン 14 1
1989-90 15 0
1989-90 マンチェスター・シティ ファーストディヴィジョン 18 1
1990-91 30 0
1991-92 31 0
1992-93 プレミアリーグ 20 0
1993-94 4 0
1993-94 サウサンプトン プレミアリーグ 7 0
1993-94 ノッツ・カウンティ ファーストディヴィジョン 5 0
1994-95 バリー サードディヴィジョン 1 0
通算 イングランド 529 33
総通算 529 33

指導者としての成績[編集]

2011年9月18日時点[15]
チーム 就任 退任 記録
試合 勝利 引分 敗北 勝率
イングランドの旗 マンチェスター・シティ 1990年11月15日 1993年8月26日 131 56 31 44 042.75
イングランドの旗 サンダーランド 1995年3月29日 2002年10月7日 353 159 95 99 045.04
イングランドの旗 U-21イングランド代表 1999年6月 1999年6月 1 1 0 0 100.00
イングランドの旗 リーズ 2003年3月21日 2003年11月10日 22 6 4 12 027.27
イングランドの旗 コヴェントリー 2004年6月5日 2005年1月6日 31 10 8 13 032.26
タイ王国の旗 タイ代表 2008年9月2日 2009年9月9日 17 9 4 4 052.94
イングランドの旗 プリマス 2010年6月24日 2011年9月18日 61 16 9 36 026.23
通算 616 257 151 208 41.72

脚注[編集]

  1. ^ "Peter Reid" BBC Sport、2002年5月14日
  2. ^ [1]Google.com
  3. ^ Managers Peter ReidSoccerbase.com
  4. ^ Holley, Duncan; Chalk, Gary (2003). In T hat Number – A post-war chronicle of Southampton FC. Hagiology. pp. 569–570. ISBN 0-9534474-3-X. 
  5. ^ Chase, Graham (2008年7月10日). “Peter Reid to be named Thailand manager”. London: The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/sport/main.jhtml?xml=/sport/2008/07/10/sfntha110.xml 2008年7月10日閲覧。 
  6. ^ Reports: Thailand To Unveil Reid This Month”. www.goal.com (2008年7月10日). 2008年7月10日閲覧。
  7. ^ “Reid confirmed as Thailand boss”. BBC Sport. (2008年9月2日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/internationals/7497000.stm 2008年9月2日閲覧。 
  8. ^ Bright, Richard (2009年2月10日). “Peter Reid happy to coach by numbers in Thailand”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/4581907/Peter-Reid-happy-to-coach-by-numbers-in-Thailand.html 2010年5月22日閲覧。 
  9. ^ T&T Cup Vietnam 2008Goalzz.com
  10. ^ “Reid named Stoke assistant boss”. BBC Sport. (2009年9月10日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/s/stoke_city/8247407.stm 2009年9月10日閲覧。 
  11. ^ “New Stoke assistant Peter Reid steps down as Thailand national coach”. The Guardian (London). (2009年9月9日). http://www.guardian.co.uk/football/2009/sep/09/peter-reid-thailand-stoke-city 2009年9月10日閲覧。 
  12. ^ “A Good Reid”. Plymouth Argyle F.C. (2009年6月24日). オリジナル2010年6月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100628020943/http://www.pafc.co.uk/page/NewsDetail/0%2C%2C10364~2077415%2C00.html 2010年6月24日閲覧。 
  13. ^ Riach, James (2011年9月8日). “Plymouth Argyle announce departure of manager Peter Reid”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/football/2011/sep/18/peter-reid-leaves-plymouth-argyle 2011年9月18日閲覧。 
  14. ^ “Hernán Crespo fetches most money in auction for Indian football league”. The Guardian (London). (2009年9月9日). http://www.guardian.co.uk/football/2012/jan/30/hernan-crespo-indian-football-league 2012年1月30日閲覧。 
  15. ^ "Peter Reid's managerial career". Soccerbase. Retrieved 7 August 2010.

外部リンク[編集]