1986 FIFAワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1986 FIFAワールドカップ
1986 FIFA World Cup
Copa Mundial de Fútbol de 1986
大会概要
開催国 メキシコの旗 メキシコ
日程 1986年5月31日 - 6月29日
チーム数 24 (5連盟)
開催地数 12 (9都市)
大会結果
優勝 アルゼンチンの旗 アルゼンチン (2回目)
準優勝 西ドイツの旗 西ドイツ
3位 フランスの旗 フランス
4位 ベルギーの旗 ベルギー
大会統計
試合数 52試合
ゴール数 132点
(1試合平均 2.54点)
総入場者数 2,393,331人
(1試合平均 46,026人)
得点王 イングランドの旗 ゲーリー・リネカー(6点)
最優秀選手 アルゼンチンの旗 ディエゴ・マラドーナ
 < 19821990

1986 FIFAワールドカップ: 1986 FIFA World Cup)は、1986年5月31日から6月29日にかけて、メキシコで開催された第13回目のFIFAワールドカップである。アルゼンチンが決勝で西ドイツを3対2で下し、2回目の世界王者となった。

予選[編集]

出場国[編集]

出場選手は1986 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
CONCACAF 1+1 開催国 メキシコの旗 メキシコ 2大会ぶり9回目
最終予選 1位 カナダの旗 カナダ 初出場
UEFA 1+12.5 前回優勝国 イタリアの旗 イタリア 7大会連続11回目
欧州予選 1組 1位 ポーランドの旗 ポーランド 4大会連続5回目
2位 ベルギーの旗 ベルギー 2大会連続7回目
2組 1位 西ドイツの旗 西ドイツ 9大会連続11回目[1]
2位 ポルトガルの旗 ポルトガル 5大会ぶり2回目
3組 1位 イングランドの旗 イングランド 2大会連続8回目
2位 北アイルランドの旗 北アイルランド 2大会連続3回目
4組 1位 フランスの旗 フランス 3大会連続9回目
2位 ブルガリアの旗 ブルガリア 3大会ぶり5回目
5組 1位 ハンガリーの旗 ハンガリー 3大会連続9回目
6組 1位 デンマークの旗 デンマーク 初出場
2位 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 2大会連続6回目
7組 1位 スペインの旗 スペイン 3大会連続7回目
2位 スコットランドの旗 スコットランド 4大会連続6回目
CONMEBOL 4 南米予選 1組 1位 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 4大会連続9回目
2組 1位 ウルグアイの旗 ウルグアイ 3大会ぶり8回目
3組 1位 ブラジルの旗 ブラジル 13大会連続13回目
2位 パラグアイの旗 パラグアイ 7大会ぶり4回目
CAF 2 最終予選 1組 1位 アルジェリアの旗 アルジェリア 2大会連続2回目
2組 1位 モロッコの旗 モロッコ 4大会ぶり2回目
AFC 2 最終予選 A組 1位 イラクの旗 イラク 初出場
B組 1位 韓国の旗 韓国 8大会ぶり2回目
OFC 0.5 地区予選 出場国無し
  • 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。

本大会[編集]

概要[編集]

当初はコロンビアで開催される予定であったが、経済状態の悪化から1983年にコロンビアの大会組織委員会が開催権を返上、メキシコが代わりに主催することになった。これにより、メキシコは1970年以来、16年ぶり2回目のワールドカップ開催地となった。その代替開催となったメキシコも前年の1985年大地震に見舞われ一時は不安視されたが、大会は無事に開催された。

大会の方式は1982年大会から変更された。前回と同じく24チームが大会に参加し、4チームごと6つのグループに分けられた。しかし、2次リーグは実施せず、16カ国によるトーナメント方式に変更された。各グループの1位と2位、それに3位のチームが勝ち点の多い順に4チーム、合計16チームが選ばれることとなった。

この大会はディエゴ・マラドーナの大会として人々に記憶されている。選手として絶頂期にあったマラドーナがアルゼンチン代表のエースとしてチームを優勝に導いたからである。その中で最も有名な試合は、準々決勝のイングランド戦である。マラドーナは2点を決め、チームも2-1で勝利した。1点目は、マラドーナが後日インタビューに「神の手」と語る通り、ヘディングを狙いにいったマラドーナの手に当たってゴールに入った点である。審判はマラドーナのハンドを確認することができず、イングランド代表の抗議も実らず、得点は認められた。イングランドでは、この得点は逆に「悪魔の手」と呼んでいる。2点目は、マラドーナがセンターライン付近からドリブルを始め、ゴールキーパーのシルトンを含めて5人のイングランド選手をドリブルで抜いて決めた。

イングランドは、グループリーグ初戦のポルトガル戦を落とすなど危機的状況にあったが、エースストライカーのゲーリー・リネカーが最終戦のポーランド戦で前半だけでハットトリックを達成するなど盛り返しベスト8に進出した。また、リネカーは6得点をあげ大会得点王になった。

前回優勝のイタリアは、攻撃陣では前回大会得点王・パオロ・ロッシに代わってアルトベッリが台頭し4得点をあげたが、守備陣が毎試合失点と脆さを露呈。グループリーグこそ1勝2分けで乗り切ったが、決勝トーナメント1回戦で優勝候補のフランスに0-2と敗れた。

一方でモロッコがアフリカ勢初のグループリーグ突破を果たした。モロッコが入ったグループFは、サッカーの母国・イングランド、前回大会3位でこの大会のシード国の一つとなったポーランド、2年前のUEFA欧州選手権ベスト4のポルトガルと欧州の強豪が揃い前評判では不利だったが、ポーランド、イングランドとの対戦をスコアレスドローで乗り切ると、3戦目のポルトガル戦は3-1と勝利してグループリーグを1位で突破した。決勝トーナメントでは西ドイツと対戦、経験不足を突かれて後半終了間際にマテウスにFKで先制点を決められ、0-1で敗れた。

また、準々決勝のフランス対ブラジル戦は、事実上の決勝戦ともいわれた黄金カードであった。ブラジルがエースストライカー・カレカのゴールで前半16分に先制すると、フランスは前半40分にプラティニが同点ゴールを決めた。後半に入りブラジルはジーコを投入、彼の放ったスルーパスが相手の反則を誘いPKを獲得した。キッカーはジーコが務めたがゴール右隅を狙ったシュートはゴールキーパー・パツに阻まれた。試合は延長でも決着がつかずPK戦に突入し、プラティニが外したものの、フランスが勝利を収めた。フランスは準決勝の西ドイツ戦では精彩を欠き、0-2で敗れた。フランスは3位決定戦ではプラティニ、ジレスらを外して若手中心のメンバーを組み、「プラティニの後継者」と目されたパパンのゴールや次代のキャプテンとなるアモロの活躍もあり、3位の座を確保した。

西ドイツは2大会連続準優勝に終わったが、前回大会とは違い前評判は低かった。また、決勝トーナメント1回戦モロッコ戦の延長終了間際のマテウスのFKからのロングシュートや、決勝戦のアルゼンチン戦での2点リードされた状況から同点に追いつく粘り強い試合運びは、お家芸の「ゲルマン魂」を発揮したものだった。大会のMVPに送られるアディダスゴールデンボール賞にはマラドーナが選ばれた。

高地という環境に加え、全試合デーゲーム開催となったため、体力面の消耗が激しい大会でもあった。ダークホースとして警戒されていたソ連デンマークはグループリーグから持ち前の攻撃力を発揮してフランス、西ドイツの強豪を抑えて1位で突破し、順当に勝ち上がれば準々決勝での対戦が見込まれていた。しかし両国とも決勝トーナメント1回戦で敗退。ソ連はベルギーに対し2度のリードを守りきれずに延長戦に持ち込まれて敗退、デンマークはスペイン相手に先制しながらもその後ブトラゲーニョに4得点を挙げられるなど5失点を喫するなど、体力面の消耗が致命的となった。

UEFA欧州選手権1984ベスト4のポルトガルは、グループリーグ初戦のイングランド戦と第2戦のポーランド戦の間に選手が練習をボイコットする騒動を起こした結果、第3戦でモロッコに敗れ大会を去った。カナダイラクがワールドカップ初出場を遂げたが、両者とも3連敗で敗退した。

会場一覧[編集]

メキシコシティ グアダラハラ
アステカ オリンピコ・ウニベルシタリオ ハリスコ トレス・デ・マルソ
収容人数: 114,600人 収容人数: 72,000人 収容人数: 66,000人 収容人数: 30,000人
Azteca entrance.jpg Estadio Olimpico Universitario CU.jpg Estadio jalisco.jpg
プエブラ モンテレイ ケレタロ
クアウテモク ウニベルシタリオ テクノロヒコ ラ・コレヒドーラ
収容人数: 46,000人 収容人数: 44,000人 収容人数: 38,000人 収容人数: 40,785人
EstadioTecnologico.JPG Estadio la Corregidora.JPG
レオン ネツァワルコヨトル イラプアト トルーカ
ノウ・カンプ ネサ86 セルヒオ・レオン・チャベス ネメシオ・ディエス
収容人数: 35,000人 収容人数: 35,000人 収容人数: 32,000人 収容人数: 30,000人
Nemesio diez.JPG Estadio SLC Irapuato.jpg

結果[編集]

すべて現地時刻 (CST/UTC-6)

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]


チーム







1 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 5 3 2 1 0 6 2 +4
2 イタリアの旗 イタリア 4 3 1 2 0 5 4 +1
3 ブルガリアの旗 ブルガリア 2 3 0 2 1 2 4 -2
4 韓国の旗 韓国 1 3 0 1 2 4 7 -3





イタリア イタリアの旗 3 - 2 韓国の旗 韓国
アルトベッリ 17分にゴール 17分73分
趙廣来46分にゴール 46分 (OG)
レポート 崔淳鎬 62分にゴール 62分
許丁茂 83分にゴール 83分


グループ B[編集]


チーム







1 メキシコの旗 メキシコ 5 3 2 1 0 4 2 +2
2 パラグアイの旗 パラグアイ 4 3 1 2 0 4 3 +1
3 ベルギーの旗 ベルギー 3 3 1 1 1 5 5 0
4 イラクの旗 イラク 0 3 0 0 3 1 4 -3







グループ C[編集]


チーム







1 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 5 3 2 1 0 9 1 +8
2 フランスの旗 フランス 5 3 2 1 0 5 1 +4
3 ハンガリーの旗 ハンガリー 2 3 1 0 2 2 9 -7
4 カナダの旗 カナダ 0 3 0 0 3 0 5 -5

フランス フランスの旗 1 - 0 カナダの旗 カナダ
パパン 79分にゴール 79分 レポート






グループ D[編集]


チーム







1 ブラジルの旗 ブラジル 6 3 3 0 0 5 0 +5
2 スペインの旗 スペイン 4 3 2 0 1 5 2 +3
3 北アイルランドの旗 北アイルランド 1 3 0 1 2 2 6 -4
4 アルジェリアの旗 アルジェリア 1 3 0 1 2 1 5 -4






スペイン スペインの旗 3 - 0 アルジェリアの旗 アルジェリア
カルデレ 15分にゴール 15分68分
エロイ 70分にゴール 70分
レポート

グループ E[編集]


チーム







1 デンマークの旗 デンマーク 6 3 3 0 0 9 1 +8
2 西ドイツの旗 西ドイツ 3 3 1 1 1 3 4 -1
3 ウルグアイの旗 ウルグアイ 2 3 0 2 1 2 7 -5
4 スコットランドの旗 スコットランド 1 3 0 1 2 1 3 -2







グループ F[編集]


チーム







1 モロッコの旗 モロッコ 4 3 1 2 0 3 1 +2
2 イングランドの旗 イングランド 3 3 1 1 1 3 1 +2
3 ポーランドの旗 ポーランド 3 3 1 1 1 1 3 -2
4 ポルトガルの旗 ポルトガル 2 3 1 0 2 2 4 -2





ポーランド ポーランドの旗 0 - 3 イングランドの旗 イングランド
レポート リネカー 9分にゴール 9分14分34分


各組3位チーム[編集]

チーム







B ベルギーの旗 ベルギー 3 3 1 1 1 5 5 0
F ポーランドの旗 ポーランド 3 3 1 1 1 1 3 -2
A ブルガリアの旗 ブルガリア 2 3 0 2 1 2 4 -2
E ウルグアイの旗 ウルグアイ 2 3 0 2 1 2 7 -5
C ハンガリーの旗 ハンガリー 2 3 1 0 2 2 9 -7
D 北アイルランドの旗 北アイルランド 1 3 0 1 2 2 6 -4

決勝トーナメント[編集]

ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                           
6月15日 - メキシコシティ            
 メキシコの旗 メキシコ 2
6月21日 - モンテレイ
 ブルガリアの旗 ブルガリア 0  
 メキシコの旗 メキシコ 0 (1)
6月17日 - モンテレイ
   西ドイツの旗 西ドイツ (PK) 0 (4)  
 モロッコの旗 モロッコ 0
6月25日 - グアダラハラ
 西ドイツの旗 西ドイツ 1  
 西ドイツの旗 西ドイツ 2
6月16日 - グアダラハラ
   フランスの旗 フランス 0  
 ブラジルの旗 ブラジル 4
6月21日 - グアダラハラ
 ポーランドの旗 ポーランド 0  
 ブラジルの旗 ブラジル 1 (3)
6月17日 - メキシコシティ
   フランスの旗 フランス (PK) 1 (4)  
 フランスの旗 フランス 2
6月29日 - メキシコシティ
 イタリアの旗 イタリア 0  
 西ドイツの旗 西ドイツ 2
6月15日 - レオン
   アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3
 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 3
6月22日 - プエブラ
 ベルギーの旗 ベルギー (aet) 4  
 ベルギーの旗 ベルギー (PK) 1 (5)
6月18日 - ケレタロ
   スペインの旗 スペイン 1 (4)  
 デンマークの旗 デンマーク 1
6月25日 - メキシコシティ
 スペインの旗 スペイン 5  
 ベルギーの旗 ベルギー 0
6月16日 - プエブラ
   アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2   3位決定戦
 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1
6月22日 - メキシコシティ 6月28日 - プエブラ
 ウルグアイの旗 ウルグアイ 0  
 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2  フランスの旗 フランス (aet) 4
6月18日 - メキシコシティ
   イングランドの旗 イングランド 1    ベルギーの旗 ベルギー 2
 イングランドの旗 イングランド 3
 パラグアイの旗 パラグアイ 0  

1回戦[編集]



ソビエト連邦 ソビエト連邦の旗 3 - 4
(延長)
ベルギーの旗 ベルギー
ベラノフ 27分にゴール 27分70分111分 (PK) レポート シーフォ 56分にゴール 56分
クーレマンス 77分にゴール 77分
デモル 102分にゴール 102分
クラエセン 110分にゴール 110分






デンマーク デンマークの旗 1 - 5 スペインの旗 スペイン
J.オルセン 33分にゴール 33分 レポート ブトラゲーニョ 43分にゴール 43分56分80分88分 (PK)
ゴイコエチェア 68分にゴール 68分 (PK)

準々決勝[編集]






準決勝[編集]




3位決定戦[編集]



決勝[編集]



優勝国[編集]

 1986 FIFAワールドカップ優勝国 

アルゼンチン
2大会ぶり2回目

得点ランキング[編集]

順位 選手名 国籍 得点数
1 ゲーリー・リネカー イングランドの旗 イングランド 6
2 ディエゴ・マラドーナ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 5
カレカ ブラジルの旗 ブラジル
エミリオ・ブトラゲーニョ スペインの旗 スペイン
5 ホルヘ・バルダーノ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 4
プレーベン・エルケーア・ラルセン デンマークの旗 デンマーク
アレッサンドロ・アルトベッリ イタリアの旗 イタリア
イーゴリ・ベラノフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

表彰[編集]

個人賞[編集]

選手名 国籍 備考
ゴールデンボール(大会MVP) ディエゴ・マラドーナ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 優勝
シルバーボール ハラルト・シューマッハー 西ドイツの旗 西ドイツ 準優勝
ブロンズボール プレーベン・エルケーア・ラルセン デンマークの旗 デンマーク ベスト16
ゴールデンシューズ(得点王) ゲーリー・リネカー イングランドの旗 イングランド 6得点

脚注[編集]

  1. ^ 旧ドイツ時代を含む。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]