ロベルト・マンチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロベルト・マンチーニ Football pictogram.svg
Roberto Mancini 008.jpg
名前
愛称 マンチョ
ラテン文字 Roberto MANCINI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1964-11-27) 1964年11月27日(52歳)
出身地 イェージ
身長 179cm
体重 76kg
選手情報
ポジション MF, FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1982 イタリアの旗 ボローニャ 30 (9)
1982-1997 イタリアの旗 サンプドリア 424 (132)
1997-2001 イタリアの旗 ラツィオ 87 (15)
2001 イングランドの旗 レスター (loan) 4 (0)
代表歴2
1982-1986 イタリアの旗 イタリア U-21 26 (9)
1984-1994[1] イタリアの旗 イタリア 34 (4)
監督歴
2000 イタリアの旗 ラツィオ:コーチ
2001-2002 イタリアの旗 フィオレンティーナ
2002-2004 イタリアの旗 ラツィオ
2004-2008 イタリアの旗 インテル・ミラノ
2009-2013 イングランドの旗 マンチェスター・シティ
2013-2014 トルコの旗 ガラタサライ
2014-2016 イタリアの旗 インテル・ミラノ
2017- ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月18日現在。
2. 2014年11月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・マンチーニ(Roberto Mancini, 1964年11月27日 - )は、イタリアアンコーナ県イェージ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダーまたはフォワード。息子のフィリッポ・マンチーニも元プロサッカー選手。

経歴[編集]

クラブ経歴[編集]

ボローニャFCのユースで育ち、17歳でプロデビューを果たすと、1982年に移籍金40億リラUCサンプドリアへ移籍。

1990-91シーズンのスクデット獲得、翌1991-92シーズンにはサンプをチャンピオンズカップ決勝に進出させる原動力にもなった。僚友ジャンルカ・ヴィアリ、セレーゾ、ヴィエルコウッドらとともにクラブに数々のタイトルをもたらし、1980年代後半から1990年代初頭にかけて、サンプドリアの黄金時代を築いた。サポーターからクラブの象徴として「ミスターサンプ」と称された。またマンチーニ自身も当時の会長パオロ・マントヴァーニをまるで父親のように慕うなど、クラブに愛着を感じていた。

1997年SSラツィオへと移籍、その年のローマダービーでゴールを決めた。ベテランらしい円熟味のあるプレーで活躍。2度のコパイタリア優勝、カップウィナーズカップ優勝に貢献。1999-00シーズンにクラブにスクデットをもたらすと同時に選手生活を引退した。引退後はスヴェン・ゴラン・エリクソンの下で監督業を学んでいたが、2001年1月イングランドレスター・シティFCのオファーに応じ現役復帰を果たし4試合に出場したが、1か月で退団した。

代表[編集]

イタリア代表では1988年のUEFA欧州選手権1988に出場。地元開催となった90年のワールドカップに出場するものの、同じロベルトの名を持つロベルト・バッジョの控えに甘んじた。1994年のワールドカップイタリア大会では大会予選では3ゴールを挙げたが、本大会では前回大会同様バッジョの控えとしての代表招集だったため、彼のプライドがこれを拒否した。クラブでの活躍がありながら代表で再びプレーする事は1994年3月のドイツ戦を最後になくなった。

指導者経歴[編集]

初期

スヴェン・ゴラン・エリクソン率いるSSラツィオのアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタートさせた。

2001年2月、シーズン途中に辞任したファティ・テリムの後を受けACFフィオレンティーナの監督に就任。当時、マンチーニはクラブチームを指揮するために必要なライセンスを所持していなかった為、他チームのフロントや監督から「特別扱いだ」などと批判を浴びることとなった。その後、ラツィオ監督を経て2004-05シーズンよりインテル・ミラノの監督に就任。リーグ3連覇など国内では結果を残したが、チャンピオンズリーグでは豊富な戦力を擁すもののベスト8の壁を破れず、これが解任のきっかけになったとされる。

マンチェスター・シティ

2009年12月、解任されたマーク・ヒューズの後任として、プレミアリーグマンチェスター・シティFCの監督に就任。2010-11シーズン、FAカップ優勝、プレミアリーグ3位に導いた。2011-12シーズンでは、シーズン序盤から独走、オールド・トラッフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦では6対1という歴史的な大勝をあげた。シーズン後半戦は調子を落とし、首位のユナイテッドに勝ち点8差をつけられるが、最終節ホームのQPR戦でロスタイムに逆転勝利をおさめ、マンチェスター・シティに44年振り3度目、プレミアリーグ移行後は初となるシーズン優勝をもたらした。しかし、2012-13シーズンは無冠に終わり、2013年5月13日に解任された[2]。シティを指揮している間はダビド・シルバジェイムズ・ミルナーヤヤ・トゥーレエディン・ジェコセルヒオ・アグエロガエル・クリシーサミル・ナスリハビ・ガルシアマイコンジャック・ロドウェルなど次々と大金を注ぎ込みチームを大きくしてきた。

ガラタサライ

2013年9月30日ガラタサライSKの監督に3年契約で就任[3]チャンピオンズリーグではレアル・マドリードユヴェントスFCと同居するグループに入ったが最終的にユヴェントスを押しのけ2位でグループリーグを追えベスト16進出を果たした。国内ではリーグ戦を2位で終え、テュルキエ・クパスを獲得したが、2014年6月11日に双方合意の下で契約を解除し退団した。

インテル(第2期)

2014年11月14日、7季ぶりにインテル・ミラノの監督の座に復帰。契約は2017年まで[4]。2015-16シーズンには49年ぶりとなる開幕5連勝を達成し[5]、首位を快走したが、シーズン中盤戦には4試合未勝利に陥るなど徐々に失速し最終的に4位でシーズンを終えた。シーズン終了後に中国企業がインテルを買収した影響もあり、2016年8月8日に双方合意の下で退任が決定した[6]

人物[編集]

プレースタイル[編集]

オフェンスの才能を有し、シュートは勿論の事、パスにも非凡な能力を発揮。サンプドリア時代にコンビを組んだジャンルカ・ヴィアリとのコンビネーションは当時のセリエA随一と言われた[要出典]

記憶に残るゴールとしては、サンプドリア初スクデットを獲得したシーズンにナポリ戦であげたアクロバティックなゴール、ラツィオで98-99シーズンにパルマ戦であげた「足裏ゴール」である[要出典]

監督[編集]

インテル時代はズラタン・イブラヒモヴィッチ(現マンチェスター・ユナイテッド)ら他を圧倒するタレントを擁し、戦術はイブラヒモビッチへのロングボール戦術がメインで一部からは「タレント力でしかタイトルを勝ち取れない監督」ともいわれている。事実、イブラヒモビッチが離脱した終盤にローマに勝ち点で猛追され、戦術の限界が見えたことが解任のきっかけとも言われている[要出典]

個人成績[編集]

シーズン チーム リーグ 国内カップ戦 欧州カップ戦 合計
リーグ 試合 得点 大会 試合 得点 大会 試合 得点 試合 得点
1981-1982 ボローニャ A 30 9 CI 1 0 - - 31 9
1982-1983 サンプドリア A 22 4 CI 5 1 - - 27 5
1983-1984 A 30 8 CI 8 2 - - 38 10
1984-1985 A 24 3 CI 11 3 - - 35 6
1985-1986 A 23 6 CI 11 4 CWC 4 2 38 12
1986-1987 A 26 6 CI 5 0 - - 31 6
1987-1988 A 30 5 CI 13 3 - - 43 8
1988-1989 A 29 9 CI 11 5 CWC+SI 8 0 48 14
1989-1990 A 31 11 CI 3 2 CWC+SI 10 2 44 15
1990-1991 A 30 12 CI 10 2 CWC+ES 7 2 47 16
1991-1992 A 29 6 CI 6 2 CC+SI 10 5 45 13
1992-1993 A 30 15 CI 2 0 - - 32 15
1993-1994 A 30 12 CI 7 0 - - 37 12
1994-1995 A 31 9 CI 2 1 CWC+SI 5 2 38 12
1995-1996 A 26 11 CI 2 1 - - 28 12
1996-1997 A 33 15 CI 2 0 - - 35 15
1997-1998 ラツィオ A 34 5 CI 8 1 UC 10 3 52 9
1998-1999 A 33 10 CI 6 2 CWC+SI 8 0 47 12
1999-2000 A 20 0 CI 7 3 UCL+ES 10 0 37 3
2001 レスター・シティ EPL 4 0 4 0
合計 541 156 120 32 72 16 733 204

代表での成績[編集]

出典[7]


イタリア代表 国際Aマッチ
出場 得点
1984 2 0
1986 1 0
1987 6 0
1988 9 1
1989 1 0
1990 3 0
1991 6 0
1992 1 0
1993 6 3
1994 1 0
通算 36 4

代表での得点[編集]

監督成績[編集]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
ACFフィオレンティーナ 2001年2月 2002年1月11日 27 6 5 16 22.22
SSラツィオ 2002年7月1日 2004年6月 102 49 32 21 48.04
インテルナツィオナーレ・ミラノ 2004年7月7日 2008年5月29日 227 140 61 26 61.67
マンチェスター・シティFC 2009年12月19日 2013年5月13日 192 114 38 40 59.38
ガラタサライ 2013年9月30日 2014年6月11日 46 25 12 9 54.35
合計 594 334 148 112 56.23

タイトル[編集]

選手時代[編集]

サンプドリア
ラツィオ

個人[編集]

  • セリエA年間最優秀選手賞 1997
  • セリエAイタリア人選手賞 1997

指導者時代[編集]

フィオレンティーナ
ラツィオ
インテル
マンチェスター・シティ
ガラタサライSK

脚注[編集]

  1. ^ “Roberto Mancini - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/mancini-intl.html 
  2. ^ It is with regret that Manchester City Football Club announces that Roberto Mancini has been relieved of his duties as Manchester City Manager.”. Manchester City Football Club (2013年5月13日). 2013年5月14日閲覧。
  3. ^ Galatasaray'ın Yeni Teknik Direktörü Roberto Mancini”. Galatasaray SK (2013年9月30日). 2013年10月1日閲覧。
  4. ^ マンチーニ監督がインテルに復帰”. UEFA.com (2014年11月14日). 2014年11月18日閲覧。
  5. ^ インテル、49年ぶり開幕5連勝も油断はできず… - Goal.com 2015年9月24日
  6. ^ インテル、マンチーニ監督退任を発表 - AFPBB.com
  7. ^ Mancini, Roberto”. National-Football-Teams.com. 2017年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]