ジョルジョ・キエッリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョルジョ・キエッリーニ Football pictogram.svg
Giorgio Chiellini (Juventus).jpg
名前
本名 Giorgio Chiellini
愛称 キエッロ
ラテン文字 Giorgio CHIELLINI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1984-08-14) 1984年8月14日(32歳)
出身地 トスカーナ州の旗 トスカーナ州ピサ県ピサ
身長 187cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション DF (CB, LSB)
背番号 3
利き足 左足
ユース
1999-2000 イタリアの旗 リヴォルノ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2005 イタリアの旗 リヴォルノ 55 (4)
2004-2005 イタリアの旗 フィオレンティーナ 37 (3)
2005- イタリアの旗 ユヴェントス 311 (23)
代表歴2
2000-2001 イタリアの旗 イタリア U-16-15 22 (2)
2001 イタリアの旗 イタリア U-17 1 (0)
2002 イタリアの旗 イタリア U-18 6 (1)
2001-2003 イタリアの旗 イタリア U-19 18 (1)
2003-2007  イタリア U-21 26 (6)
2004- イタリアの旗 イタリア 90 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月14日現在。
2. 2016年9月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョルジョ・キエッリーニ(Giorgio Chiellini, 1984年8月14日 - )は、イタリアピサ出身の同国代表セリエAユヴェントスFC所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

12歳の時に、地元のクラブチームのASリヴォルノ・カルチョの下部組織に入団すると、サイドバックとしてめきめき頭角を現す。チームのセリエA昇格に貢献した後、ユヴェントスFCに引き抜かれる。しかし、ファビオ・カペッロ監督の判断により、ACFフィオレンティーナレンタル移籍。左サイドバックのレギュラーとして起用され、37試合に出場する。

2005-2006シーズンからユヴェントスに復帰し、当初はジャンルカ・ザンブロッタの控えと目されていたが、シーズン開幕直後に右サイドバックのレギュラーだったジョナサン・ゼビナが首脳陣と問題を起こしたため、ザンブロッタが右サイドに回る形で、キエッリーニが左サイドのレギュラーに定着する。ザンブロッタがFCバルセロナに移籍した2006-2007シーズンには本来の左サイドバックだけでなく、怪我人が多発したセンターバックのポジションでも起用され、及第点のプレーを見せる。2007-2008シーズン開幕前には新しく指揮官に就任したクラウディオ・ラニエリ監督との不仲が噂され、夏の移籍市場で放出されるとの憶測が飛び交ったが結局残留。このシーズンにセンターバックとしての能力が開花し、以降ポジションを不動のものとしている。

代表[編集]

イタリア代表でのキエッリーニ(右)

2004年11月17日メッシーナで行われたフィンランド戦で代表デビュー。2007年11月21日EURO2008予選フェロー諸島戦で代表初ゴールを記録。

EURO2008初戦のオランダ戦で0-3の惨敗したのを受けて、第2戦のルーマニア戦以降センターバックとして先発フル出場、3試合を1失点に抑え、負傷したファビオ・カンナヴァーロ(カンナヴァーロは大会前の練習中のキエッリーニとの接触プレーで負傷した)の穴を補う活躍を見せた。特に準々決勝のスペイン戦では、好調だったダビド・ビジャフェルナンド・トーレスの2トップを完全にシャットアウトし、チームはPK戦の末敗退したものの、彼自身は評価を高めた。

2010 FIFAワールドカップではグループリーグ最終戦のスロバキア戦では自身のマークミスでローベルト・ヴィッテクに2点目を許す失態を犯し、チームもグループリーグ敗退という結果に終わった。

2014 FIFAワールドカップのグループD第三戦イタリア・ウルグアイ戦においてウルグアイのルイス・スアレスから噛みつかれたと審判に訴えたが、審判がスアレスに退場処分を下さなかったことを批判した[1]。 処分決定後、自身の公式サイトで「ピッチ上で起きた事件に関して、満足感や、スアレスに対する復讐心や怒りは全くない。もう終わったことだ」とコメントした。

人物[編集]

  • 以前は左サイドバックとして将来を嘱望されていたが、2007-2008シーズンにセンターバックにコンバートされ、以降センターバックとして定着している。また、イタリア代表でもこのポジションで起用されている。
  • イタリアの名門大学であるトリノ大学を2010年に卒業している[2]
  • ゴールパフォーマンスとして、ゴリラのドラミングの真似を披露することで知られ、自身をイメージしたゴリラのキャラクターが存在する。
  • 子供の頃はバスケットボール選手になることが夢だったが、身長が低くて諦めた。憧れのバスケット選手にコービー・ブライアントの名前を挙げている[3]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

イタリアの旗 ASリヴォルノ・カルチョ
イタリアの旗 ユヴェントスFC

代表[編集]

Olympic flag.svg アテネ 2004

個人[編集]

2007
最優秀ディフェンダー賞(Migliore difensore): 2008, 2009, 2010

勲章[編集]

ITA OMRI 2001 Cav BAR.svg イタリア共和国功労勲章

カヴァリエーレ(cavaliere): 27.09.2004

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウルグアイ代表のスアレスにかみつき疑惑=FIFAが調査、出場停止も(時事ドットコム)
  2. ^ [1]
  3. ^ 憧れはコービー…キエッリーニ「子供の頃はバスケをやりたかった」”. サッカーキング (2014年11月16日). 2015年5月5日閲覧。
  4. ^ UEFA Champions League squad of the season”. Union of European Football Associations (2015年6月9日). 2015年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]