アレッサンドロ・ネスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレッサンドロ・ネスタ Football pictogram.svg
Montreal Impact Alessandro Nesta 2013.jpg
モントリオール・インパクトでプレイするネスタ(2013年)
名前
本名 Alessandro Nesta
愛称 サンドロ
カタカナ アレッサンドロ・ネスタ
ラテン文字 Alessandro NESTA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1976年3月19日(40歳)
出身地 ローマ
身長 187cm
体重 82kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
ユース
1985-1993 イタリアの旗 ラツィオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-2002 イタリアの旗 ラツィオ 193 (1)
2002-2012 イタリアの旗 ミラン 224 (7)
2012-2013 カナダの旗 モントリオール・インパクト 31 (0)
2014-2015 インドの旗 チェンナイイン 3 (0)
代表歴2
1995-1996 イタリアの旗 イタリア U-21 9 (1)
1996-2006[1] イタリアの旗 イタリア 78 (0)
監督歴
2016- アメリカ合衆国の旗 マイアミ(ヘッドコーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2014年11月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレッサンドロ・ネスタAlessandro Nesta, 1976年3月19日 - )は、イタリアローマ出身の同国代表の元サッカー選手、現サッカー指導者。ポジションはディフェンダーイタリア共和国功労勲章受章。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ラツィオ[編集]

ラツィオでデビューした1993年当時のネスタ

1985年にラツィオのユースアカデミーに加わり、17歳でトップチームデビュー。その後10代後半から主力として活躍。20代前半でラツィオのキャプテンを任された。1998年コッパ・イタリアではACミランとの決勝戦でゴールを奪い、その年のセリエA最優秀若手選手賞に選ばれた。1999-2000シーズンのスクデット獲得の際にも中心選手として貢献した。

ミラン[編集]

ミランでプレーするネスタ

2002年ラツィオの財政難が原因で移籍金3000万ユーロでACミランに移籍。当時ラツィオのシンボルであったネスタの移籍は衝撃的なものであり、ローマではラツィオサポーターが抗議行動を起こすほどのものであった。しかし移籍する際のネスタのコメントとして「移籍するならばそれはラツィオの実りのためだけにだ」という言葉を残す。

移籍初年度、UEFAチャンピオンズリーグコッパ・イタリアを獲得した。その後も高いパフォーマンスで活躍を続け、多くのタイトル獲得に貢献しているものの、2006-07シーズンに肩を怪我してしまう。2008-09シーズンにも怪我が再発し、そのシーズンのほとんどを棒に振ってしまった。この怪我で一時は引退を考えたという[2]。2009-10シーズンはレギュラーとして高水準のプレーをみせ代表復帰も囁かれた[3]ものの、結局シーズン途中で負傷したこともあり23試合の出場に終わった。

モントリオール・インパクト[編集]

2012年5月10日に10年間所属したミランを退団することを発表。7月5日にモントリオール・インパクト移籍が発表された[4]

2013年11月7日に現役引退を発表した[5]

チェンナイイン[編集]

2014年11月27日、同胞のマルコ・マテラッツィが選手兼監督を務めるチェンナイインFCで現役復帰、[6]2015年に再び現役引退。

イタリア代表[編集]

ディフェンダーとして世界的な名声を得、イタリア代表においても守備陣の柱として78試合に出場したネスタであるが、ことワールドカップに関しては相性が悪かった。1998年フランスワールドカップではグループリーグのオーストリア戦にて負傷し、決勝トーナメントは不出場に終わる(イタリアはベスト8敗退)。2002年日韓共催ワールドカップでもグループリーグのクロアチア戦にて負傷し、決勝トーナメントは不出場に終わってしまう(イタリアはベスト16敗退)。

捲土重来を期して臨んだ2006年ドイツワールドカップであったが、またもやグループリーグのチェコ戦にて負傷し、決勝トーナメントでの出場は叶うことはなかった。ドイツワールドカップにてイタリア代表は24年ぶり4度目のワールドカップ制覇を成し遂げたが、ネスタ自身としては前2大会も含め不本意な大会となった。2007年8月1日に代表引退を表明[7]

指導者[編集]

2015年8月31日北米サッカーリーグ2016年から新規参入するマイアミFCの監督就任が発表された[8]。同クラブはミラン時代の同僚パオロ・マルディーニが共同オーナーを務めている。

評価[編集]

ミランのOBであるフランコ・バレージは「ネスタのいないミランは考えられない」とミランにおけるネスタの重要性を表現した[9]。ミランの監督のマッシミリアーノ・アッレグリはネスタを「イタリア史上最高のDF」であり、チームで最も優れた選手であると評価した[10]

エピソード[編集]

  • 同じくローマ出身であり、若くしてライバルクラブであるASローマのキャプテンとなったフランチェスコ・トッティとはライバルであり、よき親友、常に比較されていた。
  • 人格者としても知られ、その実力も相俟ってチームメイトやクラブ関係者からの信頼は厚い。
  • サッカーもさることながら、学業の成績も優秀であり、サッカー選手になるか弁護士になるかを本気で悩んでいた。
  • 少年時代にASローマからスカウトされた(スカウトマンは元イタリア代表DFフランチェスコ・ロッカ)が、父親が同じローマのラツィオの熱狂的なファンであった事から、これを断ったという逸話が残っている。
  • かなりのゲーム好きで、左手親指の付け根付近が腱鞘炎になり手術した際、ウイニングイレブンのやりすぎで悪化したと報じられたが、本人は否定している[11]
  • 2006 FIFAワールドカップでの優勝メンバーの一人であるネスタは、他のメンバー、マルチェロ・リッピ監督と共にイタリア大統領からイタリア共和国功労勲章を送られている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ラツィオ
ミラン

代表[編集]

個人[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1993-94 ラツィオ セリエA 2 0 0 0
1994-95 11 0 1 0
1995-96 13 23 0 2 0
1996-97 25 0 4 0
1997-98 30 0 9 1
1998-99 20 1 2 0
1999-00 28 0 2 0
2000-01 29 0 1 0
2001-02 25 0 1 0
2002-03 ACミラン 29 1 5 1
2003-04 26 0 4 1
2004-05 29 0 3 0
2005-06 30 1 2 0
2006-07 14 0 0 0
2007-08 28 1 0 0
2008-09 1 0 0 0
2009-10 23 3 0 0
2010-11 26 0 2 0
2011-12 17 1 1 0
通算 イタリア 417 8 39 3
総通算 417 8 39 3

脚注[編集]

外部リンク[編集]