CFモントリオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CFモントリオール
CF Montréal
原語表記 Club de Foot Montréal
創設年 1992年
所属リーグ メジャーリーグサッカー
所属ディビジョン イースタン・カンファレンス
ホームタウン モントリオール
ホームスタジアム スタッド・サプト
収容人数 20,521[1]
代表者 カナダの旗ジョーイ・サプト
監督 フランスの旗 ウィルフリード・ナンシー
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

CFモントリオールフランス語: Club de Foot Montréal)は、カナダの都市モントリオールをホームタウンとする、アメリカ合衆国およびカナダのプロサッカーリーグ(メジャーリーグサッカー)に加盟するプロサッカークラブ。2020年までのチーム名はモントリオール・インパクトフランス語: Impact de Montréal, 英語: Montreal Impact)。

概要[編集]

イタリア系移民のサプト家によって設立された。MLS に所属するチームの中では唯一フランス語圏のチームとなり、名称にも英語(Montreal Impact)とフランス語(Impact de Montréal)の二つがあり 、チームのモットーもTous pour gagner(All for victory)とフランス語である。本拠地はスタッド・サプトだが、大きな試合の場合は収容人数の多いオリンピックスタジアムが使われることもある。

結成以来ユナイテッドサッカーリーグに所属していたが、2010年にアメリカ合衆国サッカー連盟2部プロフェッショナルリーグ・NASL(North American Soccer League 北米サッカーリーグ)ディビジョン、更に2011年から北米サッカーリーグ(新)に移籍するなど、結成以来アメリカ2部リーグ相当クラスで活動し続けたが、2012年よりアメリカ1部リーグのMLSに参加。MLSに所属するカナダのチームとしては3チーム目になる。1993年から2007年まではクロード・ロビラール総合競技場でプレーしていた。

なお、Bチーム(日本のサテライト相当)に当たる「モントリオール・インパクトアカデミー」がカナダサッカーリーグ1部(MLSから3部相当)にかつて参戦していた。

アルビレックス新潟深澤仁博が日本人で初めて2005年度シーズンにモントリオール・インパクトへ入団した。

歴史[編集]

1993年、前年に解散したカナダ・サッカーリーグモントリオール・サプトを引き継ぐ形でイタリア系移民のサプト家によって設立。アメリカン・プロフェッショナル・サッカーリーグに加盟。

1997年からはAリーグに加盟。

2005年、Aリーグがユナイテッドサッカーリーグの1部に統合。

2008年、この年創設されたカナディアン・チャンピオンシップで優勝。

2011年北米サッカーリーグに加盟。SCバスティアからハッソウン・カマラを獲得。7位でシーズンを終えた。

2012年メジャーリーグ・サッカーに加盟。前年インテルとの契約を解除されたネルソン・リバスベシクタシュJKマッテオ・フェラーリを獲得。5月に行われたカナディアン・チャンピオンシップは初戦でトロントFCに敗北。5月24日にボローニャFCマルコ・ディ・ヴァイオを獲得、7月にはACミランアレッサンドロ・ネスタが加入した。シーズンは東地区7位、リーグ12位に終わった。

2013年ボローニャFCからレンタル移籍ダニエレ・パポーニアンドレア・ピサヌが加入。4月下旬から行われたカナディアン・チャンピオンシップでは2008年以来の優勝を果たした。7月23日にUDアルメリアからエルナン・ベルナルデージョ、26日にウィガン・アスレティックFCからアドリアン・ロペスを獲得。

2021年1月14日、チームは新チーム名「Club de Foot Montreal(CF Montreal)」及び新しいロゴを発表した[2]

2月25日にチームはティエリ・アンリ監督の退任を発表した[3]

タイトル[編集]

過去の成績[編集]

ディビジョン ポジション プレーオフ カナディアン
チャンピオンシップ
レギュラー 全体
2012 34 12 16 6 45 51 42 東7位 12位 DNQ 準決勝敗退
2013 34 14 13 7 50 49 49 東5位 11位 ノックアウトラウンド 優勝
2014 34 6 18 10 38 58 28 東10位 19位 DNQ 優勝
2015 34 15 13 6 48 44 51 東3位 7位 C-準決勝敗退 準優勝
2016 34 11 11 12 49 53 45 東5位 11位 C-準優勝 準決勝敗退
2017 34 11 17 6 52 58 39 東9位 17位 DNQ 準優勝
2018 34 14 16 4 47 53 46 東7位 15位 DNQ 準決勝敗退
2019 34 12 17 5 47 60 41 東9位 18位 DNQ 優勝
2020 28 8 13 2 33 43 26 東9位 18位 プレイインラウンド DNQ
2021 34 12 12 10 46 44 46 東10位 18位 DNQ 優勝

平均観客動員[編集]

レギュラーシーズン プレーオフ
2012 22,772 -
2013 20,603
2014 17,557 -
2015 17,750 17,862
2016 20,669
2017 20,046 -
2018 18,574 -
2019 16,171 -
2020

現所属メンバー[編集]

2020年3月1日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK アメリカ合衆国 イヴァン・ブッシュ
2 MF ケニア ビクター・ワニアマ (DP)
4 DF フランス ルディ・カマチョ
5 DF イングランド ルイス・ビンクス
6 MF カナダ サミュエル・ピエット
7 DF フランス ロッド・ファンニ
8 MF アルジェリア サフィル・タイデル (Flag of France.svg) (DP)
9 MF スペイン ボージャン・クルキッチ (Flag of Serbia.svg)
11 FW カナダ アンソニー・ジャクソン=ハメル (Flag of Dominican Republic.svg)
14 MF ドイツ アマル・セイディク
15 DF カナダ ザハリー・ブロール=グイヤール
16 DF カナダ ジョエル・ウォーターマン
17 MF カナダ バル・タブラ
18 MF ナイジェリア オルジ・オクウォンクォ
No. Pos. 選手名
19 MF ハイチ スティーブン・サバ
21 MF フィンランド ラッシ・ラッパライネン
22 DF フィンランド ユッカ・ライタラ (Captain sports.svg)
23 GK セネガル クレマン・ディオプ (Flag of France.svg)
24 DF カナダ カリファ・ヤオ
25 MF アルゼンチン エマニュエル・マシエル
26 DF キューバ ホルヘ・コラレス
27 MF カナダ クレメント・バイハ
28 MF カナダ シャミット・ショーム
29 MF カナダ マテュー・ショワニエール
30 MF ホンジュラス ロメル・キオト
37 FW アルゼンチン マキシミリアーノ・ウルティ
41 GK カナダ ジェームズ・パンテミス
-- FW ノルウェー ビヨルン・ヨハンセン

※DPは特別指定選手を示す。

監督

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
18 MF ナイジェリア オルジ・オクウォンクォ (ボローニャFC)
No. Pos. 選手名
21 MF フィンランド ラッシ・ラッパライネン (ボローニャFC)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Stade Saputo Expansion”. impactmontreal.com (2011年3月9日). 2015年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月8日閲覧。
  2. ^ Montreal MLS team rebrands as Club De Foot Montreal CBC Sports 2021年1月15日
  3. ^ Thierry Henry leaves CF Montréal CF Montréal 2021年2月25日

外部リンク[編集]

公式