ルイス・エンリケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はガルシアです。
ルイス・エンリケ Football pictogram.svg
2015 UEFA Super Cup 66.jpg
2015年のルイス・エンリケ
名前
本名 ルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシア
Luis Enrique Martínez García
愛称 ルチョ
ラテン文字 LUIS ENRIQUE
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1970-05-08) 1970年5月8日(47歳)
出身地 ヒホン
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 両足
ユース
1981-1988 スペインの旗 スポルティング・ヒホン
1984-1988 スペインの旗 ラ・ブラーニャ (loan)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1990 スペインの旗 スポルティング・ヒホンB
1989-1991 スペインの旗 スポルティング・ヒホン 36 (14)
1991-1996 スペインの旗 レアル・マドリード 157 (15)
1996-2004 スペインの旗 バルセロナ 207 (73)
代表歴
1990-1991 スペインの旗 スペイン U-21 5 (0)
1991-1992 スペインの旗 スペイン U-23 14 (3)
1991-2002 スペインの旗 スペイン 62 (12)
監督歴
2008-2011 スペインの旗 バルセロナB
2011-2012 イタリアの旗 ローマ
2013-2014 スペインの旗 セルタ
2014- スペインの旗 バルセロナ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシア(Luis Enrique Martínez García, 1970年5月8日 - )は、スペインアストゥリアス州出身の元サッカー選手リーガ・エスパニョーラFCバルセロナ監督。サッカー指導者。元スペイン代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

現役時代[編集]

クラブ[編集]

1989年に地元のスポルティング・ヒホンでプロデビュー。1991年にレアル・マドリードに移籍すると、中盤のダイナモとして機能し、リーグ優勝に大きく貢献した。1996年、起用法などを巡って首脳陣と対立し、ライバルチームのFCバルセロナに移籍した。現役時代はレアル・マドリードFCバルセロナでプレーした。

移籍当初はルイス・エンリケの加入に対して懐疑的なバルセロナのファンもいたが、彼のプレーはすぐにファンの心を掴み、1996-97シーズンは主に右サイドのポジションで17得点を挙げた。同シーズンは2位に終わったが、1997-98シーズンからはリーガ・エスパニョーラ2連覇の原動力として活躍し、バルセロナでの晩年はキャプテンも務めた。エル・クラシコで何度もゴールを決め、カタルーニャ語を学んだことでもファンの信頼度を高めた。プロ生活を通じてリーグ戦通算400試合に出場して102得点を挙げ、2004年8月10日、34歳の時に現役引退を発表した[1]。同年にはペレが選ぶ『偉大なサッカー選手100人』(FIFA100)に選出された[2]

代表[編集]

1991年、ルーマニア戦でスペインA代表デビューし、1992年にはバルセロナオリンピックでは主力選手として活躍して金メダルを獲得した。

1994年、アメリカで開催された1994 FIFAワールドカップに出場し、準々決勝のイタリア戦ではマウロ・タソッティの肘打ちを顔面に受けて流血した[3]。タソッティはイエローカードさえも受けなかったが、試合後に8試合の出場停止処分を受け、その後はイタリア代表として試合に出場することがなかった[4]1998 FIFAワールドカップ2002 FIFAワールドカップにも出場したが、最高成績はベスト8に留まった。

UEFA欧州選手権2008準々決勝でスペインがイタリアと対戦した際、ルイス・エンリケは「リベンジの機会だ」と叫んだとされている[5]ACミランのアシスタントコーチをしていたタソッティはマルカ紙に「あの肘打ちは故意ではなかったのに現在でも話題にされるのにはうんざりしている」と語っている。

スペイン代表として3度のW杯に出場した。

現役引退後[編集]

現役引退後はサーフィンの練習のためにオーストラリアに移住した。2005年にはニューヨークシティマラソンに出場し、2006年にはアムステルダムマラソン、2007年にはフィレンツェ・マラソン、2008年にはサハラマラソン(約230kmを走るウルトラマラソン)で完走を果たした。また、2007年にはフランクフルト・トライアスロンに参加して完走している。2008年7月にはクラーゲンフルト・トライアスロンに参加する予定だったが、FCバルセロナ・アトレティック監督就任に伴い中止した[6]

指導者時代[編集]

2008年6月18日、FCバルセロナ・アトレティックの監督としてバルセロナに復帰し、「家に戻ってきた。ここで現役生活を終え、ここで指導者の道を歩み始める」と語った。就任当時のFCバルセロナBはセグンダ・ディビシオンB(3部)に属していたが、2シーズン目の2009-10シーズンにセグンダ・ディビシオン(2部)昇格を決めた。2010-11シーズンは、本来ならばプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格プレーオフに参加できる3位にチームを躍進させた。

2011年6月10日、2年契約でASローマ監督に就任した[7]。 就任当初はヨーロッパリーグ予選で敗退するなどいいところがなく、徐々に盛り返したものの、チャンピオンズリーグどころかヨーロッパリーグにも出られない7位という成績に終わった。 2012年5月、ローマがルイス・エンリケのわずか1年での辞任を発表した。

2013年6月8日、セルタ・デ・ビーゴの監督に就任[8]。前年は降格圏ギリギリの17位と低迷していたチームを立て直し、8位にまでチームを押し上げた。

2014年8月、FCバルセロナの監督に就任。シーズン序盤からローテーションを積極的に採用し、開幕戦ではカンテラーノのムニル・エル・ハダディを先発でトップチームデビューさせた。9月21日のレバンテ戦では史上初の無失点での開幕4連勝を達成。10月4日の第7節ラーヨ・バジェカーノ戦にて開幕無失点記録を更新。2015年1月4日のレアル・ソシエダ戦ではチーム合流の遅れたメッシとネイマールをベンチスタートさせたが、チームは0-1で敗戦し大きな批判を浴びた。一時はメッシとの確執も噂されたものの、1月11日のアトレティコ・マドリード戦では昨シーズン、6度の対戦で1度も勝利を挙げていない相手に3-1で完勝し、以降は公式戦11連勝を記録するなどチームの立て直しに成功。シーズン終盤にはライバルクラブが軒並み負傷者の続出によって調子を落とす中、ローテーションの効果もあり万全のコンディションを維持。4月21日のチャンピオンズリーグ、PSG戦では就任50試合で42勝(勝率84%)とクラブ史上最高の成績を記録した。リーグでは最終節を残してリーガ・エスパニョーラ優勝を達成。コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオとの決勝を制してトーナメント9試合での全勝優勝を達成した。さらにチャンピオンズリーグでは決勝でユヴェントスを下して優勝を果たし、就任初年で3冠を達成した。シーズン勝率は60試合50勝4分6敗で83%を記録し、就任初年にて50勝を達成した史上初の監督となった。

2015年6月9日、バルセロナとの契約を2017年まで延長した[9]。11月21日のレアル・マドリードとのエル・クラシコでは敵地で4-0の大勝を果たしている。2月にはバルセロナでの公式戦通算100試合を指揮し、80勝11分9敗(282得点72失点)という過去最高の成績を記録した。3月3日のラーヨ・バジェカーノ戦ではリーグ史上最多となる35戦無敗を達成し、最終的に39戦無敗記録を樹立した。その後はクラシコでの敗戦をきっかけに一時調子を落とすものの、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ連覇を達成した。

2016-17シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャで優勝し3年目にして全タイトルを制覇した。8月28日のアスレティック・ビルバオ戦にて史上最速(126試合)で公式戦100勝を達成した監督となった。2017年3月1日、シーズン終了後の退任を表明。チャンピオンズリーグのPSG戦では2ndレグで4点差をひっくり返す歴史的な逆転勝利を挙げた。

プレースタイル[編集]

本来のポジションは攻撃的ミッドフィールダーおよびウイングであるが、ユーティリティに優れ、ゴールキーパーとセンターバックを除くすべてのポジションでプレーした経験がある[要出典]

個人成績[編集]

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ その他[10] 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スポルティング・ヒホン 1989–90 1 0 - - - - - - 1 0
1990–91 35 14 9 3 - - - - 44 17
通算 36 14 9 3 0 0 0 0 45 17
レアル・マドリード 1991–92 29 4 6 1 6 0 - - 41 5
1992–93 34 2 6 0 8 1 - - 48 3
1993–94 28 2 4 1 6 0 2 0 40 3
1994–95 35 4 2 0 6 0 - - 43 4
1995–96 31 3 0 0 8 0 2 0 41 3
通算 157 15 18 2 34 1 4 0 213 18
FCバルセロナ 1996–97 35 17 7 1 7 0 2 0 51 18
1997–98 34 18 6 3 6 4 1 0 47 25
1998–99 26 11 3 0 3 1 2 0 34 12
1999–2000 19 3 5 3 7 6 2 0 33 12
2000–01 28 9 4 1 9 6 - - 41 16
2001–02 23 5 0 0 15 6 - - 38 11
2002–03 18 8 0 0 8 2 - - 26 10
2003–04 24 3 1 0 5 2 - - 30 5
通算 207 73 26 8 60 27 7 0 300 109
通算 400 102 53 13 94 28 11 0 558 144

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • データはRSSSFによる[11]


スペイン代表 国際Aマッチ
出場 得点
1991 1 0
1992 0 0
1993 2 0
1994 9 3
1995 8 0
1996 9 2
1997 4 2
1998 8 1
1999 8 4
2000 3 0
2001 5 0
2002 5 0
通算 62 12

得点[編集]

タイトル[編集]

現役時代[編集]

クラブ[編集]

レアル・マドリード
FCバルセロナ

代表[編集]

指導者時代[編集]

クラブ[編集]

FCバルセロナ

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ドイツの旗ユップ・ハインケス
ドイツの旗バイエルン・ミュンヘン
ヨーロッパトレブル
スペインの旗バルセロナ
2014-2015
次代:
N/A