ミカエル・ラウドルップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル・ラウドルップ Football pictogram.svg
Michael Laudrup.jpg
名前
愛称 ミカ
ラテン文字 Michael LAUDRUP[1]
基本情報
国籍 デンマークの旗 デンマーク
生年月日 1964年6月15日(49歳)
出身地 コペンハーゲン
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF(OH, CH) / FW(ST, CF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981 デンマークの旗 ケベンハウンBK 14 (3)
1982-1983 デンマークの旗 ブレンビー 38 (24)
1983-1989 イタリアの旗 ユヴェントス 102 (16)
1983-1985 イタリアの旗 ラツィオ (loan) 60 (9)
1989-1994 スペインの旗 バルセロナ 167 (40)
1994-1996 スペインの旗 レアル・マドリード 62 (12)
1996-1997 日本の旗 ヴィッセル神戸 15 (6)
1997-1998 オランダの旗 アヤックス 21 (11)
代表歴
1980  U-17デンマーク 4 (2)
1980-1981  U-19デンマーク 19 (12)
1982  U-21デンマーク 2 (0)
1982-1998  デンマーク 104 (37)
監督歴
2000-2002  デンマーク(コーチ)
2002-2006 デンマークの旗 ブレンビー
2007-2008 スペインの旗 ヘタフェ
2008-2009 ロシアの旗 スパルタク・モスクワ
2010-2011 スペインの旗 マヨルカ
2012-2014 ウェールズの旗 スウォンジ・シティ
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ミカエル・ラウドルップ(Michael Laudrup, 1964年6月15日 - )は、デンマークコペンハーゲン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。デンマーク代表だった。現役時代のポジションはミッドフィールダー(攻撃的MF)またはフォワードセカンドトップ)。デンマークサッカー界を代表する選手であり、1980年代中盤から1990年代のヨーロッパを代表する選手のひとり。

ケベンハウンBKからデビューし、イタリアのユヴェントスFCSSラツィオなどに在籍したのち、1989年にスペインのFCバルセロナに移籍。4シーズン連続でプリメーラ・ディビシオン優勝を果たした。1994年にはバルセロナのライバルのレアル・マドリードに移籍し、2クラブにまたがって5シーズン連続でプリメーラ・ディビシオンのタイトルを獲得。晩年は日本のヴィッセル神戸やオランダのAFCアヤックスに在籍した。

1982年、18歳の誕生日にデンマーク代表デビューし、1998年までに104試合に出場して37得点を挙げた。1994年11月からは代表引退するまで28試合に渡って代表キャプテンを務めた[2]。1998年6月に現役引退した。1999年、過去25年間のリーガ・エスパニョーラ最優秀外国人選手賞を受賞した[3]。2000年4月にはDannebrog勲章を受勲した。 2003年11月、デンマークサッカー協会によってUEFAジュビリーアウォーズのデンマーク代表(過去50年のデンマーク最優秀選手)に選出された[4]。2006年11月には、デンマークサッカー協会によって公式に史上最高のデンマーク人選手に選出された[5]

現役引退後は指導者の道に転じ、デンマーク代表のアシスタントコーチに就任。2002年に古巣ブロンビーIFの監督に就任し、2005年にデンマーク・スーペルリーガで優勝した。2006年5月にはブロンビーとの契約を延長せず、2007年に就任したスペインのヘタフェCFでは特にコパ・デル・レイUEFAカップで素晴らしい成功を収めた。2012年6月15日、イングランドのスウォンジ・シティAFCと2年契約を結んだ[6]が、2014年2月4日に解任された[7]

選手経歴[編集]

幼少期[編集]

コペンハーゲンのFrederiksberg地区に生まれ、父親のフィン・ラウドルップ英語版も幼少時代にプレーしたVanløse IFでサッカーを始めた。1973年にフィンがブロンビーIFの選手兼任監督となると、ラウドルップ家はブロンビーに引っ越し、ミカエルと兄弟のブライアン・ラウドルップもブロンビーの下部組織に移った。1976年、ミカエルは父の後を追ってデンマーク・スーペルリーガ(1部)のケベンハウンBK(現FCコペンハーゲン)の下部組織に移ったが、ブライアンはブロンビーに留まった。

クラブ[編集]

初期の経歴[編集]

1981年にケベンハウンのトップチームに昇格。ブロンビーでプレーしていた父親のフィンは、1981年シーズン終了後のスーペルリーガ昇格を置き土産に現役引退した。ミカエルは1982年にコペンハーゲン郊外のブロンビーに移籍し、デビュー戦となったBoldklubben 1909戦(7-1)で2得点を挙げた。1982年シーズンはリーグ3位の15得点を挙げ、デンマーク年間最優秀選手賞を受賞した。1983年シーズンも引き続きブロンビーでプレーし、中盤戦までに9得点を挙げた。

ラツィオとユヴェントス[編集]

1983年6月、イタリア・セリエA覇者のユヴェントスFCに移籍。ブロンビーにはデンマーク史上最高の移籍金100万ドルが支払われた。ユヴェントスとの合意前にはリヴァプールFCとの契約間近だったが、リヴァプールが提示した契約年数(4年)にミカエルは納得せず、リヴァプールとの交渉が決裂していた[8]。当時のセリエAの規定では同時に出場できる外国人選手は2人までだったが、ユヴェントスにはポーランド代表ズビグニェフ・ボニエクフランス代表ミシェル・プラティニが在籍しており、すぐに昇格組のSSラツィオへ1シーズンの契約でレンタル移籍し、セリエAデビュー戦となったエラス・ヴェローナ戦(2-4)で2得点を挙げた。1983-84シーズンのラツィオはかろうじてセリエB降格を回避した。ユヴェントスはボニエクとプラティニを手元に置くことを望み、ミカエルは再びラツィオにレンタル移籍した。1984-85シーズンのラツィオは序盤戦から低迷。ミカエル自身も1得点しか挙げられず、セリエB降格となった。1985年夏、ボニエクがASローマに移籍したことでミカエルがユヴェントスに復帰し、プラティニとチームメイトとなった。1985年には再びデンマーク年間最優秀選手賞を受賞し、1985-86シーズンにはセリエAとインターコンチネンタルカップの2冠を達成。東京の国立競技場で行われたインターコンチネンタルカップのボカ・ジュニアーズ戦では、82分に同点ゴールを決めて試合を振り出しに戻した。PK戦ではPKを失敗したが、ユヴェントスは2-2(PK 4-2)で勝利してタイトルを獲得した。1987年にプラティニが引退すると、新加入のイアン・ラッシュとともにミカエルがユヴェントスを牽引することを期待されたが、1987-88シーズンは30試合出場無得点に終わり、プラティニの水準には達しなかった。

バルセロナとレアル・マドリード[編集]

1989年、少年時代のアイドル的存在であるヨハン・クライフ監督が率いる、リーガ・エスパニョーラの強豪FCバルセロナに移籍した。当時のリーグ規定では3人の外国人選手の出場が許されており、ミカエルはオランダ代表ロナルド・クーマン(1989-1995に在籍)、ブルガリア代表フリスト・ストイチコフ(1990-1995に在籍)とともにプレー。彼らはエル・ドリーム・チームの支柱であり、彼ら外国人選手に加えて、スペイン人のジョゼップ・グアルディオラホセ・マリ・バケーロチキ・ベギリスタインなどが色どりを加えた。エル・ドリーム・チームは1970年代のAFCアヤックスと比較される、魅力的で美しいプレースタイルを基調とし、リーグ戦では1990-91シーズンから4連覇を果たした。また、1989-90シーズンのコパ・デル・レイ、1991年と1992年のスーペルコパ・デ・エスパーニャ、1991-92シーズンのUEFAチャンピオンズカップ、1992年のUEFAスーパーカップなど、数々のタイトルを獲得した。1992年にはドン・バロン・アワードの最優秀外国人選手賞を受賞。1993年にはブラジル代表ロマーリオが加入し、バルセロナの外国人選手は4人となった。このことに加え、クライフ監督とはたびたび衝突したため[9]、ミカエルは1993-94シーズンのUEFAチャンピオンズカップ決勝・ACミラン戦には出場していない。

1994年夏、レアル・マドリードに移籍。バルセロナ最大のライバルに移籍したことで議論を呼んだが、入団初年度の1994-95シーズンにイバン・サモラーノらとともにリーグ優勝を果たした。バルセロナ時代の4連覇を合わせて、個人としてはリーグ5連覇となったが、異なる二つ以上のクラブでリーガ・エスパニョーラ5連覇を達成したのはミカエルただひとりである。なお、バルセロナに在籍していた前シーズンのエル・クラシコでは、レアル・マドリード相手に5-0の大勝を記録していたが、レアル・マドリードに在籍していた1994-95シーズンのエル・クラシコでは、バルセロナ相手に同じスコアで勝利している。1995-96シーズンは前シーズンに比べて冴えないシーズンとなった。レアル・マドリードでは2シーズンプレーしただけにもかかわらず、2002年にマルカ紙が実施したインターネット調査では、レアル・マドリードの歴代最優秀選手投票で12位にランクインした[10]

選手生活の晩年[編集]

1996年、ジャパンフットボールリーグ(2部に相当)のヴィッセル神戸に入団し、Jリーグ昇格に貢献。1997年にはエールディヴィジAFCアヤックスに加入し、1997-98シーズンにリーグとKNVBカップの2冠を達成した。

代表[編集]

1986 FIFAワールドカップスペイン戦でのラウドルップ

ケベンハウンに所属していた1981年2月28日、U-19フランス代表戦でU-19デンマーク代表デビューを飾り、U-19代表では25試合に出場して14得点を記録した[11]。ブロンビーでのデビューシーズンにデンマークA代表に初招集され、18歳の誕生日である1982年6月15日、ノルウェー戦でデビュー。ハラルド・ニールセンに次いで歴代2位の年少出場記録を作った。ラツィオでは残留争いに巻き込まれたが、1984年にフランスで開催されたUEFA欧州選手権1984には中心選手として全試合に出場し、エンツォ・シーフォらとともに将来有望な若手選手として脚光を浴びた。1986年にメキシコで開催された1986 FIFAワールドカップでは、「ダニッシュ・ダイナマイト」と賞賛された攻撃的なチームの中でエルケーア・ラルセンと2トップを組み、大会を席巻。同大会でデンマーク初の決勝トーナメント進出に貢献した。なお、1次リーグ第2戦のウルグアイ戦(6-1)では、52分に技巧的なドリブル突破からデンマークの3点目の得点を決めている。

1988年に西ドイツで開催されたUEFA欧州選手権1988にも出場。デンマークの2得点のうち1点を挙げるなど、個人的には成功を収めたが、デンマークはグループリーグ敗退に終わった。長年代表を率いたドイツ人のゼップ・ピオンテック監督が大会後に退任すると、その後の監督たちとは対立し、代表辞退と復帰を繰り返すようになった[12]UEFA EURO '92予選では3試合に出場したが、1990年11月、メラー・ニールセン監督との意見の相違から、弟のブライアンやヤン・モルビーとともに代表からの引退を表明した[13]。ブライアンはピーター・シュマイケルなどとともにUEFA EURO '92本大会に出場し、ニールセン監督のチームは快進撃を続けて初優勝を果たした。

ミカエルは1993年8月に代表に復帰したが、1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではスペイン戦とアイルランド共和国戦に敗れて予選敗退となった。1995年には第2回キング・ファハド・カップ(FIFAコンフェデレーションズカップの前身)に出場し、南米代表のアルゼンチン戦(2-0)で得点するなどして優勝に貢献。UEFA EURO '96予選では10試合に出場して4得点し、本大会には兄弟そろって出場したが、グループリーグ敗退に終わった。1998年には、フランスで開催された1998 FIFAワールドカップにデンマーク代表のキャプテンとして出場。決勝トーナメント1回戦ではアトランタオリンピック優勝のナイジェリアと対戦し、絶妙なパスでエッベ・サンドの得点をアシストした。4-1の大差で勝利し、デンマークをベスト8まで牽引した。準々決勝ではブラジルに2-3で敗れ、ミカエルとブライアンの兄弟は代表からの引退を表明した。

指導者経歴[編集]

デンマーク代表コーチ[編集]

1998年の現役引退後には、空き時間などにリンビーBKのシニアチームでプレーすることもあった[14]。2000年にデンマーク代表のアシスタントコーチに就任し、36歳で指導者の道を歩み始めた。モアテン・オルセン監督のチームは4-2-3-1フォーメーションを採用し、両翼に機動力のあるウイングを配置してショートパスでボールを支配するサッカーを探求。2002 FIFAワールドカップでは決勝トーナメントに進出した。

ブレンビー[編集]

2002年、デンマーク・スーペルリーガブレンビーIF監督に就任。代表と似たような戦術の採用を明らかにし、選手時代にデンマーク代表でともにプレーし、監督としてリーグ優勝経験のあるヨン・イェンセンをアシスタントコーチに据えた。ベテラン選手や経験豊富な選手を放出し、下部組織出身の若手有望株や新加入選手を積極的に起用することでチームを刷新。また、守備を安定させるためにデンマーク代表で実績のあるモアテン・ビスガードを獲得した。就任初年度の2002-03シーズンには、ダニッシュ・カップの決勝でFCミディランドを破って優勝した。リーグ戦では2度2位となった後、2004-05シーズンに就任後初優勝。このシーズンにはダニッシュ・カップと合わせて国内2冠を達成し、2005-06シーズンは再びリーグ戦で2位となった。ブレンビーとの契約延長交渉がうまくいかず、2005-06シーズン終了後にコーチのイェンセンとともにブレンビー監督を退任した。古巣のレアル・マドリードや、ラーシュ・ラーゲルベック監督の後任を探していたスウェーデン代表を含め、いくつかのクラブ・代表から関心を示された。2007年、ブレンビーはラウドルップの承諾を得て、スタジアムに「ミカエル・ラウドルップ・ラウンジ」という名称の新しいラウンジをオープンさせた。

ヘタフェ[編集]

2007年6月21日、スペインのマルカ紙はヘタフェCFがラウドルップと接触していると報じ、7月9日、レアル・マドリード監督に就任したベルント・シュスターの後任としてヘタフェ監督に就任[15]。2007-08シーズンではコパ・デル・レイで決勝に進出し、バレンシアCFに1-3で敗れたものの準優勝した。UEFAカップではチームを準々決勝進出に導き、ドイツのバイエルン・ミュンヘンと接戦を演じた(ファーストレグが1-1、セカンドレグが3-3、アウェーゴール差で敗退)[16]。ヘタフェでは攻撃的なサッカースタイルで成功を収めたが、2008年5月に監督を辞任した[17]。退任発表後、バレンシア、SLベンフィカ(ポルトガル)、チェルシーFCブラックバーン・ローヴァーズFCウェストハム・ユナイテッドFC(いずれもイングランド)、パナシナイコスFC(ギリシャ)、PFC CSKAモスクワ(ロシア)などからの関心が報じられた。パナシナイコス監督就任が確実視されたが、スペインのクラブから監督就任オファーを受けた際に契約解除できる条項を求めているとデンマークのメディアに報じられた。結局合意に至らず、ヘンク・テン・カテがパナシナイコス監督に就任した[18]

スパルタク・モスクワ[編集]

ウディネーゼ戦後の記者会見でのラウドルップ(2008年11月)

2008年9月12日、ロシア・プレミアリーグFCスパルタク・モスクワ監督就任が公式に発表された。契約期間は1年半。しかし、2008年シーズンのリーグ戦では8位と低迷。2009年4月15日、ロシア・カップ準々決勝のFCディナモ・モスクワ戦に0-3で敗れると、成績不振を理由に解任された[19]。2009年10月22日、スペインのメディアはラウドルップがアベル・レシーノ監督に代わってアトレティコ・マドリードの新監督に就任する可能性を報じた。しかし、アトレティコとラウドルップは諸条件で合意に至らず、10月23日、キケ・サンチェス・フローレス監督がアトレティコ監督に就任した。

マヨルカ[編集]

2010年7月2日、スペインのRCDマヨルカの監督に就任した。契約期間は2年[20]。マヨルカは破産宣告を受けており、2010年夏には満足な補強ができずに苦しんだ。前シーズンにUEFAヨーロッパリーグ出場圏内の5位となったものの、クラブの財政状態が理由で欧州サッカー連盟(UEFA)によって出場権を剥奪された。このような状況にもかかわらず、ラウドルップは攻撃的なスタイルを貫いてプリメーラ・ディビシオン残留を果たした。2011-12シーズン序盤にはアシスタントコーチのエリック・ラルセンが解任され、2011年9月27日、ラウドルップも監督を辞任した[21]。フットボール・ディレクターのロレンソ・セラ・フェレールとの確執を辞任の理由に挙げている[22]

スウォンジ・シティ[編集]

2012年6月15日、プレミアリーグスウォンジ・シティAFCの監督に就任[23]。契約期間は2年。公式戦での初采配はロフタス・ロードでのクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(QPR)戦であり、この試合には5-0で大勝した[24]。2012-13シーズンはフットボールリーグカップに優勝しクラブに初のビッグタイトルをもたらしたが、翌2013-14シーズンは成績不振に陥り、2014年2月4日に監督を解任された[25][26]

家族[編集]

ラウドルップ家は3世代に渡ってサッカー選手を輩出している。父のフィン・ラウドルップ英語版デンマーク代表歴を持っている。叔父のEbbe Skovdahlも元サッカー選手であり、指導者としてはブレンビーIFアバディーンFCSLベンフィカの監督を務めた。ミカエルの弟のブライアン・ラウドルップは1990年代にレンジャーズFCスコティッシュ・プレミアリーグ9連覇を成し遂げ、UEFA EURO '92のデンマーク代表優勝メンバーでもある。なお、ミカエルはこの大会に出場していないが、それはメラー・ニールセン監督との確執や[27]ユーゴスラビアの大会出場に対する抗議行動によるものである[28]。前夫人との間に誕生したミカエルの長男のマッズ・トゥーネ・ラウドルップ英語版は2005年1月以来、各年代の世代別デンマーク代表のキャプテンを務めた。ノルウェー出身の夫人との間に誕生した次男のアンドレアス・レッツ・ラウドルップ英語版は2006年3月にU-16デンマーク代表に選出された[29]。アンドレアスは2007年から2008年までレアル・マドリードの下部組織に所属し、2009年からはFCノアシェランでプレーしている。2004年、ミカエルとブライアンはペレが選出したFIFA 100に兄弟そろって選出された。

評価[編集]

ミシェル・プラティニは、ラウドルップを「サッカー史上もっとも才能ある選手のひとり。利己心の欠如が理由であまりにもゴール数が少ないのが残念だ」と表現した[30]。2006年4月、レアル・マドリードでチームメイトだったラウル・ゴンサレスはインタビューで「一緒にプレーした選手の中ではラウドルップが最高の選手だ」と述べた[31]FCバルセロナでチームメイトだったロマーリオもラウル同様に語り、「パスも出せて得点もできるラウドルップは、ペレディエゴ・マラドーナ、ロマーリオ自身、ジネディーヌ・ジダンに次いでサッカー史上5番目の選手である」と付け加えた[32]

タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

  • ユヴェントスFC
セリエA 優勝 (1): 1985-86
インターコンチネンタルカップ 優勝 (1): 1985
  • FCバルセロナ
プリメーラ・ディビシオン 優勝 (4): 1990-91, 1991-92, 1992-93, 1993-94
コパ・デル・レイ 優勝 (1): 1989-90
スーペルコパ・デ・エスパーニャ 優勝 (2): 1991, 1992
UEFAチャンピオンズカップ 優勝 (1): 1991-92
UEFAスーパーカップ 優勝 (1): 1992
  • レアル・マドリード
プリメーラ・ディビシオン 優勝 (1): 1994-95
  • AFCアヤックス
エールディヴィジ 優勝 (1): 1997-98
KNVBカップ 優勝 (1): 1998

代表[編集]

  • デンマーク代表
キング・ファハド・カップ(FIFAコンフェデレーションズカップ優勝 (1): 1995

個人[編集]

指導者時代[編集]

クラブ[編集]

  • ブロンビーIF
デンマーク・スーペルリーガ
優勝 (1): 2004-05
準優勝 (3): 2002–03, 2003–04, 2005–06
ダニッシュ・カップ 優勝 (2): 2002-03, 2004-05
ダニッシュ・スーパーカップ 優勝 (2): 2001, 2004
  • ヘタフェCF
コパ・デル・レイ 準優勝 (1): 2007-08
  • スウォンジ・シティAFC
フットボールリーグカップ (1) : 2012-13

個人[編集]

  • デンマーク年間最優秀監督賞 (2) : 2003, 2005

個人成績[編集]

デンマーク代表アシスタントコーチ時代のラウドルップ(2000年)

選手時代[編集]

クラブでの出場試合数
シーズン クラブ 国内リーグ 国内カップ 国内リーグカップ 欧州カップ 合計
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
ケベンハウンBK 1981 14 3 - -
通算 14 3
ブレンビーIF 1982 24 15 - -
1983 14 8 - -
通算 38 23
SSラツィオ 1983-84 30 8 - -
1984-85 30 1 - -
通算 60 9
ユヴェントスFC 1985-86 29 7 - -
1986-87 20 3 - -
1987-88 27 0 - -
1988-89 26 6 - -
通算 102 16
FCバルセロナ 1989-90 32 3 - -
1990-91 30 3 - -
1991-92 36 13 - -
1992-93 37 10 - -
1993-94 31 5 - -
通算 166 40
レアル・マドリード 1994-95 33 4 - -
1995-96 29 8 - -
通算 62 12
ヴィッセル神戸 1996 12 5 3 2 - - - - 15 7
1997 3 0 0 0 6 1 - - 9 1
通算 17 5 3 2 6 1 - - 24 8
アヤックス 1997-98 21 11 - -
通算 21 11
合計 478 119
代表での年別成績

[33]


デンマーク代表 国際Aマッチ
出場 得点
1982 3 2
1983 5 7
1984 13 2
1985 6 6
1986 10 1
1987 4 0
1988 9 1
1989 8 4
1990 6 3
1991 0 0
1992 0 0
1993 4 0
1994 8 3
1995 9 5
1996 8 1
1997 2 1
1998 9 1
通算 104 37

指導者[編集]

2014年2月4日現在
チーム 就任 退任 記録
試合 得点 失点 点差 勝率
デンマークの旗 ブレンビー 2002年7月 2006年6月 &0000000000000132000000132 &000000000000007600000076 &000000000000003100000031 &000000000000002500000025 &0000000000000237000000237 &0000000000000119000000119 +118 &000000000000005757999957.58
スペインの旗 ヘタフェ 2007年7月 2008年6月 &000000000000005900000059 &000000000000002500000025 &000000000000001500000015 &000000000000001900000019 &000000000000008100000081 &000000000000007000000070 +11 &000000000000004236999942.37
ロシアの旗 スパルタク・モスクワ 2008年9月12日 2009年4月15日 &000000000000001400000014 &00000000000000040000004 &00000000000000040000004 &00000000000000060000006 &000000000000001500000015 &000000000000001700000017 −2 &000000000000002857000028.57
スペインの旗 マヨルカ 2010年7月1日 2011年9月27日 &000000000000004200000042 &000000000000001300000013 &00000000000000090000009 &000000000000002000000020 &000000000000005200000052 &000000000000006700000067 −15 &000000000000003094999930.95
ウェールズの旗 スウォンジ・シティ 2012年6月15日 2014年2月4日 &000000000000008400000084 &000000000000002900000029 &000000000000002400000024 &000000000000003100000031 &0000000000000116000000116 &0000000000000105000000105 +11 &000000000000003452000034.52
通算 &0000000000000331000000331 &0000000000000147000000147 &000000000000008300000083 &0000000000000101000000101 &0000000000000499000000499 &0000000000000378000000378 +121 &000000000000004440999944.41

メディア[編集]

書籍[編集]

  • (イタリア語) ブルーノ・ベルナルディ(Bruno Bernardi), "ミカエル・ラウドルップ(Michael Laudrup)", イタリア, 1986
  • (デンマーク語) フレミング・ニールセン、ヴァグン・ニールセン, "Fodboldkunstneren Michael Laudrup : rundt om en stjerne", デンマーク, 1986
  • (デンマーク語) ミカエル・ラウドルップ, "Mod nye mål", デンマーク, 1989, ISBN 87-559-0848-9
  • (デンマーク語) ヤコブ・クヴィスト, "Ambassadøren – en bog om Michael Laudrup", デンマーク, 1996(第4版は2001), ISBN 87-583-1285-4
  • (デンマーク語) バンクス・イェルゲンセン, "Landsholdenes 2198 profiler", デンマーク, 2004, ISBN 87-89564-04-9

映像[編集]

  • (デンマーク語) Jørgen Leth, "Michael Laudrup – en fodboldspiller", デンマーク, 1986

脚注[編集]

  1. ^ Gaarskjær, Jesper (2010). Barça: Historien om FC Barcelona. Sheffield: Gyldendal. p. 135. ISBN 978-87-02-08764-2. 
  2. ^ 1994年6月1日のノルウェー戦ではラルス・オルセンが途中交代したため、ラウドルップがキャプテンを務めた。そのほかの試合はすべて1994年11月以降に記録したものである。
  3. ^ The Gala in Barcelona IFHOC、1999年2月1日
  4. ^ Golden Players take center stage UEFA.com、2003年11月29日
  5. ^ Michael Laudrup bedste spiller gennem tiderne DBU.dk、2006年11月13日
  6. ^ Laudrup appointed Swansea City manager Telegraph
  7. ^ ラウドルップ監督を解任、昨季リーグ杯制覇のスウォンジー - スポーツニッポン、2014年2月5日
  8. ^ Kvist (2001), p. 36
  9. ^ ヘスス・スアレス、小宮良之『名称への挑戦状』、東邦出版、2011年、117頁
  10. ^ "Banks" Jørgensen (2004), p. 214
  11. ^ Michael Laudrup - Peders Fodboldstatistik 2009年4月24日閲覧
  12. ^ 『サッカーマルチ大辞典』、ベースボール・マガジン社、2006年、503頁
  13. ^ "Historien om Michael Laudrups farvel" Politiken、1990年11月26日、Section:Sport, p.2
  14. ^ Trupperne til Oldboys Landspokalfinalen”. Lyngby-Boldklub.dk. 2005年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月6日閲覧。
  15. ^ ヘタフェ新監督はラウドルップ氏 - UEFA.com 2009年4月24日閲覧
  16. ^ ラウドルップ監督、落胆を隠せず - UEFA.com 2009年4月24日閲覧
  17. ^ “Laudrup: Jeg stopper i Getafe” (Danish). Politiken. (2008年5月16日). http://politiken.dk/fodbold/article509942.ece 2008年5月17日閲覧。 
  18. ^ “Grækere afviste Laudrups kattelem” (Danish). Politiken. (2008年6月6日). http://politiken.dk/fodbold/article519842.ece 2008年6月6日閲覧。 
  19. ^ スパルタク、ラウドルップ監督を解任 UEFA.com
  20. ^ Laudrup named as Mallorca boss FIFA.com
  21. ^ 家長所属のマジョルカ、ラウドルップ監督が辞任 Soccer KING
  22. ^ “Uudholdeligt arbejdsklima” (Danish). Bold.dk. (2011年9月27日). http://www.bold.dk/nyt/Laudrup-Uudholdeligt-arbejdsklima 2011年9月27日閲覧。 
  23. ^ 英スウォンジー、新監督にラウドルップ氏 - SANSPO.com 2012年6月17日閲覧
  24. ^ “Swansea name Laudrup as manager”. Premierleague.com (Premier League Official Site). (2012年6月15日). http://www.premierleague.com/en-gb/news/news/swansea-name-laudrup-as-manager.html 
  25. ^ ラウドルップ監督がスウォンジーを退団”. uefa.com (2014年2月4日). 2014年2月6日閲覧。
  26. ^ スウォンジーがラウドルップ監督の解任を発表”. afpbb.com (2014年2月5日). 2014年2月6日閲覧。
  27. ^ Kvist (2001), p. 155
  28. ^ . Post Festum. http://www.arhiva.serbia.gov.rs/news/2000-07/04/19747.html 
  29. ^ Thomas Møller Johansen, "Laudrup d. V", B.T.、2006年3月
  30. ^ Frits Ahlstrøm, Laudrup is greatest Dane UEFA.com、2004年3月29日
  31. ^ "Kongesønnens bøn: Kom til Madrid", Ekstra Bladet、2006年4月16日
  32. ^ “Romarios eftermæle”. Jyllands-Posten. (2008年3月8日). http://jp.dk/arkiv/?id=379867&eceExpr=Romarios%20efterm%E6le&eceArchive=o 2008年3月8日閲覧。 
  33. ^ Michael Laudrup - Century of International Appearances”. 2013年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]