オレグ・ロマンツェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オレグ・ロマンツェフ Football pictogram.svg
Oleg Romantsev.jpg
名前
本名 オレグ・イヴァノヴィッチ・ロマンツェフ
Oleg Ivanovich Romantsev
ラテン文字 Oleg ROMANTSEV
ロシア文字 Олег Иванович Романцев
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1954-01-04) 1954年1月4日(64歳)
出身地 Gavrilovskoye
選手情報
ポジション FW (CF)、DF (LSB)
代表歴
1980 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 (五輪) 6 (1)
1980-1982 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 9 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オレグ・ロマンツェフOleg Romantsev、Олег Иванович Романцев、1954年1月4日 - )は、ロシア出身のサッカー選手、サッカー指導者。

ソビエト連邦代表選手。現役時代は所属したすべてのクラブでキャプテンを務めた。指導者としてはスパルタク・モスクワロシア代表等の監督を務めた。

経歴[編集]

選手として[編集]

リャザン州のGavrilovskoye村で生まれる。父は道路工事の現場監督として働いており、家族と共にコラ半島アルタイキルギスタンなど国内を転々。1960年代前半にクラスノヤルスクに住み着いた。

メタルルグ・ユースチームを経て、同じクラスノヤルスクを本拠地とするアフトモビリストのユースに移籍。シベリアおよび極東ユース選手権で4試合7得点を挙げ大会最優秀選手となり、ソ連ユース選手権でもアフトモビリストの3位進出に貢献した。

1971年からはアフトモビリストのトップチームに昇格して、ソ連2部リーグでプレイ。この時期にフォワードから左サイドバックへとポジションを変更している。1976年にスパルタク・モスクワへと移籍するが、わずか2試合の出場に留まり、翌1977年はアフトモビリストに戻る。しかしコンスタンチン・ベスコフ新監督の説得により、再びスパルタクに移籍。スパルタクでは165試合6得点の記録を残して1983年に引退した。

1980年から1982年までソ連代表に選ばれ、15試合1得点。

監督として[編集]

1984年クラスナヤ・プレスニヤで監督としてのキャリアを始め、スパルタク・オルジョニキーゼを経て1989年スパルタク・モスクワ監督に就任。

スパルタクの監督として、ソ連リーグ優勝1回(1989年)、ロシアリーグ優勝8回(1992年から1994年1997年から2001年)、ロシア・カップ優勝4回(1992年1994年1998年2003年)、さらに欧州3大カップすべてで準決勝進出(UEFAチャンピオンズカップ 1990-91UEFAカップウィナーズカップ 1992-93UEFAカップ1997-98)を成し遂げた。

1993年からはスパルタクの会長を兼任。 1994年から1996年1998年から2002年まではロシア代表監督を務め、EURO19962002年ワールドカップでロシア代表を率いた。

2003年にスパルタクの会長および監督を辞任。その後ふたつのクラブの監督を務めたが、現在は監督職には就いていない。

選手経歴[編集]

指導経歴[編集]