エールディヴィジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エールディヴィジ
Eredivisie
Eredivisie nieuw logo 2017-.svg
加盟国 オランダの旗 オランダ
大陸連盟 UEFA
創立 1956年
参加クラブ 18
リーグレベル 第1部
下位リーグ エールステ・ディヴィジ
国内大会 KNVBカップ
ヨハン・クライフ・スハール
国際大会 チャンピオンズリーグ
ヨーロッパリーグ
ヨーロッパカンファレンスリーグ
最新優勝クラブ アヤックス (2021-22)
最多優勝クラブ アヤックス (36回)
テレビ局 オランダの旗 ESPNNOS
日本の旗 Hulu
公式サイト Eredivisie.nl
2022-23英語版

エールディヴィジオランダ語: Eredivisie, オランダ語発音: [ˈeːrədiˌvizi])は、オランダサッカーのトップリーグである。オランダでプロサッカーが始まって2年後の1956年に創設された。

大会形式[編集]

  • 18クラブによる2回総当りで基本的に8月終わりに開幕して翌年5月に閉幕する。優勝クラブは次年度のUEFAチャンピオンズリーグへの出場権を得る。4位~7位がヨーロッパ・リーグ出場枠を賭けてリーグ戦終了後に勝ち抜き戦形式のPOを行う。
  • 最下位(18位)のクラブはエールステ・ディヴィジ(2部リーグ)に自動降格(代わってエールステ・ディヴィジの優勝クラブが昇格)し、16位17位とエールステ・ディヴィジの8クラブが入れ替えPOを争う。

2022-23シーズン所属クラブ[編集]

2022-2023シーズンのエールディヴィジのクラブ数は前年同様の18。昨シーズンのエールステ・ディヴィジからの昇格クラブはNECナイメヘンSCカンブールゴー・アヘッド・イーグルスの3クラブ。

チーム 創設 監督 ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
AFCアヤックス 1900年 オランダの旗 アルフレト・スロイデル アムステルダム ヨハン・クライフ・アレナ 54,990 優勝
AZアルクマール 1967年 オランダの旗 パスカル・ヤンセン アルクマール AFASスタディオン 17,250 5位
SCカンブール 1964年 オランダの旗 ヘンク・デ・ヨング レーワルデン カンブール・スタディオン 10,500 9位
FCエメン 1925年 オランダの旗 ディック・ルッケン エメン デ・アウデ・メールダイク 8,309 2部1位
SBVエクセルシオール 1902年 オランダの旗 マリヌス・ダイクハイゼン ロッテルダム ファン・ドンヘ&デ・ロー・スタディオン 4,500 2部6位
フェイエノールト 1908年 オランダの旗 アルネ・スロット ロッテルダム フェイエノールト・スタディオン 53,000 3位
フォルトゥナ・シッタート 1968年 スペインの旗 フリオ・ベラスケス シッタート・ヘレーン フォルトゥナ・シッタート・スタディオン 12,500 15位
ゴー・アヘッド・イーグルス 1902年 オランダの旗 レネ・ハケ デーフェンテル デ・アデラールスホルスト 10,000 13位
FCフローニンゲン 1971年 ドイツの旗 フランク・ヴォルムート フローニンゲン エウロボルグ 22,525 12位
SCヘーレンフェーン 1920年 オランダの旗 キース・ファン・ヴォンデレン ヘーレンフェーン アベ・レンストラ・スタディオン 26,900 8位
NECナイメヘン 1900年 オランダの旗 ロジェール・マイェル ナイメーヘン ホフェールト・スタディオン 12,500 11位
PSVアイントホーフェン 1913年 オランダの旗 ルート・ファン・ニステルローイ アイントホーフェン フィリップス・スタディオン 35,000 2位
スパルタ・ロッテルダム 1888年 オランダの旗 モーリス・スタイン ロッテルダム スパルタ・スタディオン 11,000 14位
FCトゥウェンテ 1965年 オランダの旗 ロン・ヤンス エンスヘデ デ・フロルーシュ・フェステ 30,250 4位
FCユトレヒト 1970年 オランダの旗 ヘンク・フレイザー ユトレヒト スタディオン・ハルヘンワールト 23,750 7位
SBVフィテッセ 1892年 オランダの旗 フィリップ・コクー アーネム ヘルレドーム 25,000 6位
RKCヴァールヴァイク 1940年 オランダの旗 ヨセフ・オースティング ヴァールヴァイク マンデマケルス・スタディオン 7,500 10位
FCフォレンダム 1977年 オランダの旗 ヴィム・ヨンク エダム・フォレンダム クラス・スタディオン 7,384人 2部2位

リーグの歴史[編集]

オランダのフットボールリーグの歴史は1897年まで遡るが、プロ化されてエールディヴィジとしてスタートしたのは1956-57シーズンからである。創設当初はアヤックス、BVC、BVVDOSEVVエリンクヴァイクSCエンスヘデフェイエノールト、フォルトゥナ'54、GVAVMVVNACNOAD、PSV、ラピドJC、スパルタVVV '03、ヴィレムIIの18クラブが参加した。[1]レギュレーションは、1956年から18チームとほぼ変動していない。

1897年、オランダ主要都市で発足したチーム同士が競い合ったのをきっかけに、サッカーの普及とともに全国選手権の開催へと発展していった。しかし、第2次世界大戦前には多くの西欧各国のサッカーリーグがプロ化された中、オランダのリーグは1950年代までセミプロやアマチュアの体制をとるクラブがほとんどであった。

その後、オランダでもプロ化の機運が高まりはじめ、1954年にリーグがプロ化し、1956年にエールディヴィジが発足した。ちなみにプロ化以前の第2次世界大戦中、オランダはナチス・ドイツの占領下に置かれたが、オランダリーグ自体はアマチュアであったためか、リーグは例年通りに開催された(事情は違うが、スコティッシュ・プレミアリーグも第2次世界大戦中に通常開催している)。

アヤックスとフェイエノールトの対戦はデ・クラシケル (De Klassieker) と呼ばれる。プロ化した1956-57シーズンから2007-08シーズンまでの52回のリーグ戦で、アヤックス、PSV、フェイエノールトの3チームが48回の優勝を記録する完全な3強寡占のリーグ構造であった。それ以外のチームではDOS (1957-58) 、スパルタ・ロッテルダム (1958-59) 、DWS (1963-64) 、AZ (1980-81) の計4回にとどまり、1981-82シーズンからの27シーズンは3強による優勝の独占が続いた。

しかし、ボスマン判決によって1996年以降は他国リーグの青田買いの対象となり、各国の代表選手達が次々と他国リーグへ移籍。3強も例外ではなく主力選手の流出で戦力低下を余儀なくされて、リーグの地盤沈下を招いた。

2000年代に入ると、アヤックスやPSVが海外での選手発掘によって戦力の底上げに成功してUEFAチャンピオンズリーグでの活躍で復活を印象づけたのに対して、フェイエノールトは2002年のUEFAカップ制覇を境に経済的に弱体化。一方で、AZやFCトゥウェンテなどのチームが徐々に力をつけて上位陣に定着、2008-09シーズンにはAZが28年ぶり2度目の優勝、2009-10シーズンにはFCトゥウェンテがチーム創設以来初のリーグ優勝を果たした。

このためかつての圧倒的優位を失ったトップ3は伝統的なトップ3との意味で"トラディツォネール・トップ3"と呼ばれているが、現在でもクラブ規模の面では依然群を抜いた存在であり、地方クラブがこの3クラブを追い抜く事は不可能に近い(PSVも地方クラブであるが、例外的にフィリップスのスポンサーシップと過去の成績から国外で高い知名度を得ることに成功した)。AZは後にスポンサーの銀行が破産し経済力が大きく低下、代わりに外国資本によって買収されたフィテッセが財政面での力を付け(実質的には赤字経営だがオーナーが補填)、財政面で危機を脱したフェイエノールトがトップクラブを夢見て運営に失敗したトゥエンテの予算規模を再び抜いている。

2019-20シーズン、世界中で猛威を振る新型コロナウイルス感染症の影響を受けるオランダでは、4月にマルク・ルッテ首相が9月までのプロフットボールをはじめとしたイベント開催の禁止を発表した。これを受け、1956年のエールディヴィジの歴史において史上初めてリーグ打ち切りが決定した。

リーグ再編問題[編集]

2021年3月16日ベルギープロリーグの総会でリーグ戦の将来について検討を行い、ジュピラー・プロ・リーグとエールディヴィジを統合して「BeNeLiga(ベネリーガ)」の創設に向けて全会一致で合意したことを発表した[2]

歴代大会結果[編集]

クラブ別優勝回数[編集]

エールディヴィジ移行後
回数 クラブ
28 アヤックス
21 PSV
10 フェイエノールト
2 AZ
1 スパルタ・ロッテルダム, トゥウェンテ, DWS, DOS

都市別優勝回数[編集]

回数 都市 クラブ
29
アムステルダム アヤックス (28), DWS (1)
21
アイントホーフェン PSV (21)
11
ロッテルダム フェイエノールト (10), スパルタ・ロッテルダム (1)
2
アルクマール AZ (2)
1
エンスヘデ トゥウェンテ (1)
1
ユトレヒト DOS (1)

連覇記録[編集]

  • 4連覇
    • PSV (1985-86, 1986-87, 1987-88, 1988-89)
    • PSV (2004-05, 2005-06, 2006-07, 2007-08)
    • アヤックス (2010-11, 2011-12, 2012-13, 2013-14)

歴代得点王[編集]

国際大会での戦績[編集]

2021-22シーズン終了時点
アヤックス (4回)
フェイエノールト (1回)
PSVアイントホーフェン (1回)
アヤックス (2回)
フェイエノールト (2回)
PSVアイントホーフェン (1回)
アヤックス (1回)
FCトゥウェンテ (1回)
AZ (1回)
アヤックス (1回)
フェイエノールト (1回)
アヤックス (1回)
アヤックス (1回)
アヤックス (3回)
アヤックス (1回)
フェイエノールト (1回)
PSVアイントホーフェン (1回)
アヤックス (2回)
フェイエノールト (1回)
PSVアイントホーフェン (1回)

歴代選手[編集]

出場数トップ10[編集]

2019-20シーズン終了時点
ランク 選手 出場数
1 オランダの旗 ピム・ドゥースブルグ 687
2 オランダの旗 ヤン・ヨングブルート 683
3 オランダの旗 ピート・シュライフェルス 575
4 オランダの旗 サンデル・ボスフケル 560
5 オランダの旗 エディ・トライテル 553
6 オランダの旗 ヴィリー・ファン・デル・カイレン 533
7 オランダの旗 ダニー・ブリント 521
8 オランダの旗 エドワート・メホト 519
9 オランダの旗 アート・マンスフェルト 503
10 オランダの旗 ヴィレム・ファン・ハネヘム 488
太字 は現役選手[3]

得点数トップ10[編集]

2019-20シーズン終了時点
ランク 選手 得点数 出場数
1 オランダの旗 ヴィリー・ファン・デル・カイレン 311 533
2 オランダの旗 ルート・へールス 265 393
3 オランダの旗 ヨハン・クライフ 215 308
4 オランダの旗 キース・キスト 212 372
5 オランダの旗 トニー・ファン・デル・リンデン 205 323
6 オランダの旗 ヘンク・フロート 196 283
7 オランダの旗 ピーター・ハウトマン 180 330
8 オランダの旗 シャーク・スワルト 176 463
9 オランダの旗 レオ・ファン・フェーン 174 491
10 オランダの旗 コル・ファン・デル・ハイプ 160 214
太字 は現役選手[4]

主な日本人選手[編集]

1982年に望月達也HFCハーレムにアマチュア契約で入団し、日本人選手初のエールディヴィジデビューを果たした[5]

2001年に小野伸二フェイエノールトに加入し、日本人選手としてエールディヴィジ初ゴール(2部では小倉隆史が記録)やチームのUEFAカップ優勝に貢献。5シーズン在籍して112試合出場19得点をマークし[5]、エールディヴィジで最も優れたアジア人選手とオランダメディア『elfvoetbal』は伝えている[6]

2008年には本田圭佑VVVフェンローに加入。1年目にチームは2部へ降格してしまうが、2部ではキャプテンとしてチームの昇格に貢献し、2部の年間最優秀選手賞を受賞。本田の活躍もあり、VVVには吉田麻也カレン・ロバート大津祐樹など日本人選手が続けて所属した[5]

2010年代ではハーフナー・マイクがオランダ2クラブでプレーし、日本人選手最多となるエールディヴィジ通算51ゴールをマークしている[6]。2019年には堂安律FCフローニンゲンからPSVアイントホーフェンに移籍した。

シーズン別大会名[編集]

  • Eredivisie (1956–1990)
  • PTT-Telecompetitie (1990–1999)
  • KPN-Telecompetitie (1999–2000)
  • KPN Eredivisie (2000–2002)
  • Holland Casino Eredivisie (2002–2005)
  • Eredivisie (2005–現在)

脚注[編集]

  1. ^ Netherlands 1956/57”. RSSSF. 2013年10月12日閲覧。
  2. ^ ベルギーリーグがオランダとの合併に全会一致で賛成、「BeNeLiga」が誕生か”. ヤフーサッカー (2021年3月17日). 2021年3月18日閲覧。
  3. ^ http://www.ererat.nl/asp/ererat_speler.asp?report=11&van=1956&tot=2099&clubid=&wie=&natioid=
  4. ^ http://www.ererat.nl/asp/ererat_speler.asp?report=2&sortitem=0&sortdir=-1&van=1956&tot=2020&clubid=-1&wie=1&natioid=-1
  5. ^ a b c 若き日の小野や本田が放った輝き オランダで欧州“一歩目”を刻んだ日本人選手の系譜football-zone 2017年8月12日
  6. ^ a b 日本とオランダは最高の相性?現地メディアが考える歴代最高のアジア人選手とはゲキサカ 2018年3月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]