フィテッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィテッセ
原語表記 SBV Vitesse
愛称 Geel en Zwart
クラブカラー 黄と黒
創設年 1892年
所属リーグ エールディヴィジ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン アーネム
ホームスタジアム ヘルレドーム
収容人数 25,000
監督 オランダの旗 ヘンク・フレーセル
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

SBVフィテッセSBV Vitesse)は、オランダヘルダーラント州アーネムを本拠地とするサッカークラブチーム。

概要[編集]

1892年に創設された歴史あるクラブで、破産寸前に陥ったり、長い2部落ちを経験した時期もあったものの、1989-1990シーズンにエールディヴィジに復帰後はアヤックスPSVフェイエノールトら強豪チームに次ぐ成績をおさめていた。1990年のKNVBカップでは決勝まで進出(PSVに0-1で敗退)。1997-1998シーズンにはギリシャ代表FWニコス・マフラスを擁し、アヤックス、PSVに次ぐ3位となった。マフラスは32試合で34得点を挙げ得点王に輝くと共にゴールデンブーツ賞を受賞した。しかし2000年以降は2桁順位になることも多く、苦戦を強いられている。

同じヘルダーラント州に本拠地を置くNECナイメヘンとはライバル関係にある。

ホームスタジアムのヘルレドームは1998年に新設され、EURO2000の会場にもなった。

クラブのシンボルはで、エンブレムには双頭の鷹が描かれている。2008-09シーズンからはヘルトフ(公爵)という名前の鷹をマスコットに任命し、試合前にグラウンド上空を飛ぶよう訓練されていたが、初飛行を終えた2009年10月、イースト菌感染症によって死亡した[1]

2010年8月、グルジアの実業家メラブ・ジョルダニア英語版により買収された[2]。その後毎年繰り返されるゴタゴタ続きのクラブ運営で「ラインのFC ハリウッド(FC Hollywood aan de Rijn)」と呼ばれている。

2017年4月、クラブは125年の歴史の中で初のメジャータイトルを獲得、KNVBカップ決勝にてリッキー・ファン・ウォルフスウィンケルの2得点もあり2-0のスコアでAZアルクマールを破った。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

1965-1966
2016-2017

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

ホームスタジアムのヘルレドーム
シーズン ディビジョン KNVBカップ
リーグ 順位
1988-89 エールステ・ディヴィジ 1位 36 23 8 5 61 20 +41 54 準々決勝敗退
1989-90 エールディヴィジ 4位 34 15 11 8 49 31 +18 41 準優勝
1990-91 エールディヴィジ 5位 34 11 15 8 39 32 +7 37 準々決勝敗退
1991-92 エールディヴィジ 4位 34 15 10 9 47 33 +14 40 ベスト16
1992-93 エールディヴィジ 4位 34 16 14 4 58 29 +29 46 ベスト16
1993-94 エールディヴィジ 4位 34 17 6 11 63 37 +26 40 3回戦敗退
1994-95 エールディヴィジ 6位 34 14 12 8 55 44 +11 40 1回戦敗退
1995-96 エールディヴィジ 5位 34 15 8 11 48 44 +4 53 1回戦敗退
1996-97 エールディヴィジ 5位 34 15 10 9 53 41 +12 55 準々決勝敗退
1997-98 エールディヴィジ 3位 34 21 7 6 85 48 +37 70 準々決勝敗退
1998-99 エールディヴィジ 4位 34 18 7 9 61 44 +17 61 準々決勝敗退
1999-00 エールディヴィジ 4位 34 18 9 7 67 43 +24 63 準決勝敗退
2000-01 エールディヴィジ 6位 34 16 11 7 56 43 +13 59 準決勝敗退
2001-02 エールディヴィジ 5位 34 16 12 6 45 34 +11 60 1回戦敗退
2002-03 エールディヴィジ 14位 34 8 9 17 37 51 -14 33 準々決勝敗退
2003-04 エールディヴィジ 16位 34 4 16 14 39 56 -17 28 ベスト16
2004-05 エールディヴィジ 7位 34 16 6 12 53 49 +4 54 3回戦敗退
2005-06 エールディヴィジ 11位 34 13 5 16 52 54 -2 44 2回戦敗退
2006-07 エールディヴィジ 12位 34 10 8 16 50 55 -5 38 3回戦敗退
2007-08 エールディヴィジ 12位 34 12 7 15 46 55 −9 43 2回戦敗退
2008-09 エールディヴィジ 10位 34 11 10 13 41 48 −7 43 3回戦敗退
2009-10 エールディヴィジ 14位 34 8 8 18 38 62 −24 32 3回戦敗退
2010-11 エールディヴィジ 15位 34 9 8 17 42 61 −19 35 4回戦敗退
2011-12 エールディヴィジ 7位 34 15 8 11 48 43 +5 53 準々決勝敗退
2012-13 エールディヴィジ 4位 34 19 7 8 68 42 +26 64 準々決勝敗退
2013-14 エールディヴィジ 6位 34 15 10 9 65 49 +16 55 4回戦敗退
2014-15 エールディヴィジ 5位 34 16 10 8 66 43 +23 58 準々決勝敗退
2015-16 エールディヴィジ 9位 34 12 10 12 55 38 +17 46 2回戦敗退
2016-17 エールディヴィジ 5位 34 15 6 13 51 40 +11 51 優勝
2017-18 エールディヴィジ 34

欧州の成績[編集]

シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計
2012-13 UEFAヨーロッパリーグ 予選2回戦 ブルガリアの旗 ロコモティフ・プロヴディフ 4-4 3-1 7-5 Symbol keep vote.svg
予選3回戦 ロシアの旗 アンジ・マハチカラ 0-2 0-2 0-4 Symbol delete vote.svg
2013-14 UEFAヨーロッパリーグ 予選3回戦 ルーマニアの旗 ペトロルル・プロイェシュティ 1-1 1-2 2-3 Symbol delete vote.svg
2015-16 UEFAヨーロッパリーグ 予選3回戦 イングランドの旗 サウサンプトン 0-3 0-2 0-5 Symbol delete vote.svg
2017-18 UEFAヨーロッパリーグ グループK イタリアの旗 ラツィオ 2-3
フランスの旗 ニース
ベルギーの旗 ズルテ・ワレヘム

現所属メンバー[編集]

2017年7月5日現在[3]
No. Pos. 選手名
1 キュラソー島の旗 GK エロイ・ローム (Flag of the Netherlands.svg)
2 イングランドの旗 DF ファンカティ・ダボ
3 オランダの旗 DF マイケル・ファン・デル・ヴェルフ
5 アメリカ合衆国の旗 DF マット・ミアズガ
6 オランダの旗 DF アーノルト・クライスワイク
7 コソボの旗 FW ミロト・ラシカ (Flag of Albania.svg)
8 イングランドの旗 MF チャーリー・コルケット
9 スロベニアの旗 FW ティム・マタヴジュ
10 オランダの旗 MF トマス・ブルンス
11 オランダの旗 FW ブライアン・リンセン
16 オランダの旗 FW ミシェル・ファン・ベルゲン
17 南アフリカ共和国の旗 MF チュラニ・セレロ
No. Pos. 選手名
19 イングランドの旗 MF メイソン・マウント
20 オランダの旗 MF モハメド・オスマン (Flag of Syria.svg)
21 デンマークの旗 GK ミハエル・トルネス
22 オランダの旗 GK レムコ・パスフェール
23 イングランドの旗 MF ムフタール・アリ
24 オランダの旗 GK イェルーン・ハウエン
25 オランダの旗 MF ナヴァロン・フォール (Flag of Indonesia.svg)
28 オランダの旗 DF アレクサンデル・ビュットネル
29 オランダの旗 DF ユリアン・レリフェルト
37 ジョージア (国)の旗 DF グラム・カシア (Captain sports.svg)
41 オランダの旗 MF ジュリアン・カラー
43 オランダの旗 DF ラッサナ・フェイ

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
2 イングランドの旗 DF ファンカティ・ダボ (チェルシー)
5 アメリカ合衆国の旗 DF マット・ミアズガ (チェルシー)
No. Pos. 選手名
8 イングランドの旗 MF チャーリー・コルケット (チェルシー)
19 イングランドの旗 MF メイソン・マウント (チェルシー)
out
No. Pos. 選手名

歴代監督[編集]


歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2009年10月16日). “マスコットの死”. 2009年10月18日閲覧。
  2. ^ オランダのプロクラブが外国人によって買収されたのは初めてのケースである。
  3. ^ [1]

外部リンク[編集]