マテヤ・ケジュマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マテヤ・ケジュマン Football pictogram.svg
MatejaKezman.jpg
名前
愛称 バットマン
ラテン文字 Mateja Kežman
キリル Матеја Кежман
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1979-04-12) 1979年4月12日(37歳)
出身地 ベオグラード
身長 180cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1986-1996 ユーゴスラビアの旗 ゼムン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1997 ユーゴスラビアの旗 ラドニチュキ・ピロト 17 (11)
1997-1998 ユーゴスラビアの旗 ロズニツァ 13 (5)
1998 ユーゴスラビアの旗 サルチド・スメデレヴォ 14 (4)
1998-2000 ユーゴスラビアの旗 パルチザン・ベオグラード 54 (33)
2000-2004 オランダの旗 PSV 122 (105)
2004-2005 イングランドの旗 チェルシー 25 (4)
2005-2006 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 30 (8)
2006-2009 トルコの旗 フェネルバフチェ 46 (20)
2008-2009 フランスの旗 パリ・サンジェルマン (loan) 21 (3)
2009-2010 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 14 (2)
2009 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク (loan) 10 (2)
2011 香港の旗 南華 6 (2)
2011 ベラルーシの旗 BATEボリソフ 6 (0)
2012 香港の旗 南華 0 (0)
通算 378 (199)
代表歴
1996-1997 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア U-18 8 (1)
1998-2000 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア U-21 4 (4)
2000-2003 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 27 (10)
2003-2006 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 22 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マテヤ・ケジュマンセルビア語: Матеја Кежман / Mateja Kežman, 1979年4月12日 - )は、セルビアベオグラード出身の元サッカー選手。元セルビア・モンテネグロ代表。ポジションはFW

経歴[編集]

パルチザン・ベオグラードユースに入団後、ユーゴスラビア(当時)のクラブチームを転々とし、1998年に古巣パルチザンに復帰。1998-99シーズンには28得点を挙げてリーグ得点王に輝く。

2000年、オランダPSVアイントホーフェンへ移籍。故障に苦しむエース、ルート・ファン・ニステルローイに取って代わり、24得点を挙げる活躍で得点王を獲得するとともにリーグ優勝に貢献。ユーゴスラビア代表にも招集され、5月25日の中国戦で代表デビュー、EURO2000にも出場した。

この頃、クラブの本拠地フィリップス・スタディオンではPSVの得点の度にバットマンのテーマ曲が流れるようになっており、2002年から同僚となったアリエン・ロッベンとともに「バットマンとロッベン」(「バットマンとロビン」をもじったもの)と呼ばれ、「バットマン」のニックネームが定着した。

PSV在籍の4シーズンで3回リーグ得点王を獲得し、国名がセルビア・モンテネグロとなった代表でも中心選手として活躍していたが、EURO2004予選時に当時の監督だったデヤン・サビチェビッチとの確執が表面化し代表を離脱[1]、ケジュマンを欠いたセルビア・モンテネグロは本戦出場を逃した。

2004年夏に約500万ポンドの移籍金で大型補強を進めていたイングランドチェルシーへ移籍する[2]。しかし攻撃陣の層が厚かったこともあって先発出場は14試合に留まり、クラブはリーグ優勝を果たしたものの、不遇のシーズンとなった。

翌2005年、出場機会を求めスペインアトレティコ・マドリードへ移籍。ワールドカップ欧州予選では代表へ復帰し、同組のスペインを抑え1位通過を果たす。ワールドカップ本大会でも2試合に先発したが、チームは3戦全敗しグループステージで敗退した。

ワールドカップ後の2006年8月、トルコフェネルバフチェSKに移籍。移籍1年目では中々結果が残せなかったが、翌2007-08シーズンではリーグ戦で11得点と活躍し復活の兆しを見せた。

2008年、パリ・サンジェルマンFCへレンタル移籍。この契約には1部残留を果たせば自動的に買取りとなるオプションが付き、クラブが残留を決めた2009年に完全移籍した。しかし終始控えに甘んじることとなり、高額年俸もネックとなったことから[3]、8月に半年間の契約でゼニト・サンクトペテルブルクへレンタルで放出された[4]。同年12月ゼニトは買取りオプションを行使せず、パリ・サンジェルマンへ復帰した[5]。パリ復帰後は半ば戦力外の様な扱いとなり、2010年11月に契約を解除した。

2011年1月20日、香港リーグ南華足球隊との契約が発表された[6]

2012年1月、現役を引退する。

個人成績[編集]

2012年5月21日現在

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ユーゴスラビア リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
1997-98 スメデレボ 1部リーグ 14 4 - - - 14 4
1998-99 パルチザン 22 6 6 2 - 5 0 33 8
1999-00 32 27 2 2 - 7 6 41 35
オランダ リーグ KNVB杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2000-01 PSV エールディヴィジ 33 24 4 3 - 11 4 48 31
2001-02 27 15 2 1 - 11 3 40 19
2002-03 33 35 3 4 - 6 0 42 39
2003-04 29 31 1 0 - 12 6 42 37
イングランド リーグ FAカップ FLカップ ヨーロッパ 通算
2004-05 チェルシー プレミアリーグ 25 4 3 1 4 2 9 0 41 7
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2005-06 アトレティコ・マドリード プリメーラ 30 8 3 2 - - 33 10
トルコ リーグ トルコ杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2006-07 フェネルバフチェ スーパーリーグ 24 9 2 0 - 7 2 33 11
2007-08 22 11 4 5 - 9 2 37 18
フランス リーグ フランス杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2008-09 パリ・サンジェルマン リーグ・アン 21 3 2 2 4 0 8 3 35 8
ロシア リーグ ロシア杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2009 ゼニト プレミアリーグ 10 2 0 0 - 0 0 10 2
フランス リーグ フランス杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2009-10 パリ・サンジェルマン リーグ・アン 13 2 2 0 0 0 0 0 15 2
2010-11 1 0 0 0 0 0 1 0 2 0
香港 リーグ FA杯 リーグ杯 アジア 通算
2010-11 南華 甲組リーグ 6 2 2 2 1 2 5 1 14 7
ベラルーシ リーグ カップ リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2011 BATE ベラルーシ・プレミアリーグ 6 0 0 0 0 0 5 0 11 0
香港 リーグ FA杯 リーグ杯 アジア 通算
2012 南華 甲組リーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 334 179 36 24 9 4 96 27 475 234

獲得タイトル[編集]

フェネルバフチェ時代
  • パルチザン・ベオグラード
    • ユーゴスラビアリーグ優勝:1回 1998-99
    • ユーゴスラビアリーグ最優秀選手:1回 2000
    • ユーゴスラビアリーグ得点王:1回 1998-99
  • PSVアイントホーフェン
    • エールディヴィジ優勝:2回 2000-01, 2002-03
    • オランダ・スーパーカップ優勝:3回 2000, 2001, 2003
    • エールディヴィジ最優秀選手:1回 2003
    • エールディヴィジ得点王:3回 2000-01, 2002-03, 2003-04
    • UEFAカップ得点王:1回 2003-04
  • チェルシーFC
    • プレミアリーグ優勝:1回 2004-05
    • FAカップ優勝:1回 2004-05
  • フェネルバフチェSK
    • トルコリーグ優勝:1回 2006-07
    • トルコ・スーパーカップ優勝:1回 2007
  • パリ・サンジェルマンFC
  • 南華足球隊
  • BATEボリソフ

脚注[編集]

  1. ^ 宇都宮徹壱の「ユーロ2004予選の愉しみ方」国家非常事態宣言下のベオグラードにて(後編) - スポーツナビ
  2. ^ telegraph.co.uk (2010年5月7日). “Jose Mourinhos transfer spending at Chelsea”. 2010年5月7日閲覧。
  3. ^ livedoorスポーツ (2009年3月11日). “暴露されたパリの選手たちの給料”. 2010年5月7日閲覧。
  4. ^ スポーツナビ (2009年8月31日). “PSGのケジュマンがゼニトへ期限付き移籍”. 2009年8月31日閲覧。
  5. ^ goal.com (2009年12月17日). “ゼニト、ケジュマン放出でムトゥ獲得へ?”. 2010年5月7日閲覧。
  6. ^ NEXT STOP FOR KEZMAN IS SOUTH CHINA 20 January 2011 www.southchinafc.com

外部リンク[編集]