ヴラディミル・ユーゴヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴラディミル・ユーゴヴィッチ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Vladimir Jugović
キリル文字 Владимир Југовић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1969-08-30) 1969年8月30日(51歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア セルビア
ラシナ郡ミルトヴァツ
身長 179cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗レッドスター 61 (11)
1990 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗FKラド (Loan) 16 (7)
1992-1995 イタリアの旗サンプドリア 81 (18)
1995-1997 イタリアの旗ユヴェントス 56 (8)
1997-1998 イタリアの旗ラツィオ 27 (2)
1998-1999 スペインの旗アトレティコ・マドリード 17 (3)
1999-2001 イタリアの旗インテル 39 (3)
2001-2003 モナコの旗ASモナコ 19 (0)
2003-2004 オーストリアの旗FCアドミラ・ヴァッカー・メードリング 25 (3)
2004-2005 ドイツの旗LRアーレン 19 (2)
代表歴
1991-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 4 (1)
1994-2002 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 37 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴラディミル・ユーゴヴィッチセルビア語: Владимир Југовић / Vladimir Jugović, 1969年8月30日 - )は、ユーゴスラビアトルステニク出身の元同国代表、元サッカー選手ミッドフィールダー)。

人物[編集]

中盤のポジションはサイド、センターと、どこでもこなすユーティリティープレーヤー。また戦術理解度の高さも傑出しており、所属したチームのあらゆる監督に重宝された選手である。

1989年レッドスター・ベオグラードへ入団。リーグ3連覇や1990-91シーズンのUEFAチャンピオンズカップ制覇に貢献。1991年8月8日の対チェコスロバキア戦で代表デビューを果たし、同年のトヨタカップコロコロ戦では2得点を挙げ、世界王者のタイトルとMVPを獲得した[1][2]

1992-93シーズンにセリエAサンプドリアへ移籍。開幕戦のSSラツィオ戦でゴールを決めるセリエAデビュー、同試合から3試合連続ゴールを決めた。1993-94年にはコッパ・イタリアでの優勝に貢献、チームの中心選手として攻守にわたる活躍を見せると、リッピが獲得を希望し、1995-96シーズンにはユヴェントスへ移籍を果たし[3]、その年のチャンピオンズ・カップ準決勝、ナント戦のファーストレグでゴールを決め勝利に貢献[4]、決勝のアヤックス戦ではPK戦で最後のキッカーとしてPKを成功さ、ユベントスは優勝を果たした[5] 、またトヨタカップでは先発出場し、リーベルプレートを破り2度目の優勝[2]、1996-97のセリエA優勝のタイトル獲得するなど、ユーベで重要な役割を果たしていたが[6]、フロントが勝手に売却し、リッピは激怒した。

その後、サンプドリア時代の監督エリクソンが獲得を望み[7] 、1997-98年ラツィオに移籍、コッパ・イタリア決勝、ACミラン戦の2ndレグでゴールを決め優勝に貢献[4]、1998-99年にはサッキ監督のアトレティコ・マドリードで1シーズンプレーし、1998年フランスW杯ではユーゴスラビア代表として出場し、チームのベスト16に貢献。

1999-2000シーズンから2シーズンユベントス時代の監督リッピの招きでインテルに加入したが怪我に苦しんだ[6]、さらにユベントス時代のチームメートであったデシャンが率いるASモナコでプレーし、リーグカップ優勝に貢献、その後FCアドミラ・ヴァッカー・メードリングを経て、ブンデスリーガ2部のクラブチーム・LRアーレンで現役を引退した。

受賞歴[編集]

レッドスター・ベオグラード
UCサンプドリア
ユヴェントスFC
SSラツィオ
ASモナコ

脚注[編集]

  1. ^ FIFA CLUB WORLD CUP の歴史”. NTV. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ a b トヨタカップで2度の優勝を飾ったユーゴビッチ -Goal
  3. ^ Calciatori ‒ La raccolta completa Panini 1961-2012. Vol. 12 (1995-1996). Modena. Panini. 2012. p. 10.
  4. ^ a b Che fine ha fatto? Jugovic, dal rigore che valse la Champions al Raiola serbo -Calciomercato
  5. ^ [1] Romeo Agresti. Goal.com: Jugovic: I entered into Juventus legend with Champions League winner (英語). June 2, 2017. Retrieved May 27, 2018.
  6. ^ a b JUGOVIC, Vladimir-Treccani
  7. ^ Jugovic, o coadjuvante que ganhou quase tudo na Itália-Calciop

外部リンク[編集]