UEFAチャンピオンズカップ 1990-91 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UEFAチャンピオンズカップ 1990-91 決勝
大会名 UEFAチャンピオンズカップ 1990-91
延長戦の後に
レッドスター・ベオグラードがPK戦を5-3で勝利
開催日 1991年5月29日 (1991-05-29)
会場 スタディオ・サン・ニコラ(バーリ)
主審 イタリアの旗 トゥーリオ・ラネーゼ
観客数 51,587人
1990
1992

UEFAチャンピオンズカップ 1990-91 決勝は、UEFAチャンピオンズカップ 1990-91の決勝戦であり、36回目のUEFAチャンピオンズカップの決勝戦である。1991年5月29日イタリアバーリスタディオ・サン・ニコラで行われ、レッドスター・ベオグラードが初優勝を果たした[1]

決勝戦までの道のり[編集]

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード ラウンド フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
対戦相手 合計 第1戦 第2戦 対戦相手 合計 第1戦 第2戦
スイスの旗 グラスホッパー 5-2 1-1 (H) 4-1 (A) 1回戦 アルバニアの旗 ディナモ・ティラナ 5-1 5-1 (H) 0-0 (A)
スコットランドの旗 レンジャーズ 4-1 3-0 (H) 1-1 (A) 2回戦 ポーランドの旗 レフ・ポズナン 8-4 2-3 (A) 6-1 (H)
東ドイツの旗 ディナモ・ドレスデン 6-0 3-0 (H) 3-0 (A) 準々決勝 イタリアの旗 ミラン 4-1 1-1 (A) 3-0 (H)
西ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 4-3 2-1 (A) 2-2 (H) 準決勝 ソビエト連邦の旗 スパルタク・モスクワ 5-2 3-1 (A) 2-1 (H)

試合[編集]

概要[編集]

前半は慎重な立ち上がりになり、マルセイユパパンのシュートが右に外れ、レッドスタービニッチのシュートがサイドネットに突き刺さった[2]。その後レッドスターにはビニッチパンチェフのドリブル突破、マルセイユにはパパンのシュートもあったがゴールにはならなかった[3]

後半はマルセイユがボールを支配してレッドスターは自陣に引く展開になり、カゾニのヘディングやワドルのフリーキックはストヤノヴィッチがセーブし[2]パパンのドリブル突破も守備陣が防いだ[4]マルセイユは終盤にパパンヴェルクリュイスのクロスに共にワドルがヘディングで合わせたが枠を外れた[2]マルセイユは引いたレッドスターを崩せずただボールを回す場面が多くなり、レッドスターはカウンターで散発的にチャンスを作った[4]

延長戦はさらに動きが少なくなり[2]レッドスターはPK戦に持ち込むことを狙っているようにも見られた[4]マルセイユは昨シーズンまでレッドスターのキャプテンだったストイコヴィッチを投入したが[4]、結局0-0のスコアレスのまま120分を終えPK戦によって勝敗を決することになった[2]

PK戦はレッドスターが先攻でプロシネチュキが成功すると、アモロスが左に蹴ったキックをストヤノヴィッチがストップした。その後は両クラブ共に4人目まで成功すると、レッドスターの5人目パンチェフが初優勝を決めるキックを蹴り込んだ[2]

レッドスターペトロヴィッチ監督は試合後の記者会見でPK戦での決着を狙っていたという趣旨の発言をした[4]

レッドスターは守備ではナイドスキパパンを、シャバナジョヴィッチペレを、マロヴィッチワドルをマークしベロデディッチがリベロを務めた[5]。また中盤からユゴヴィッチが右サイドを、ミハイロヴィッチが左サイドをカバーするように下がったため、結果的に全体が引き気味になり[5]、味方からのバックパスをストヤノヴィッチがキャッチする場面が目立った[3]。攻撃ではカウンター中心だったがプロシネチュキが組み立てサヴィチェヴィッチがドリブル突破、ビニッチが右サイドに開き、低い位置からミハイロヴィッチが左サイドを攻め上がって絡み、パンチェフが最前線の中央に構えた[5]

詳細[編集]

レッドスター
マルセイユ
GK 1 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ステヴァン・ストヤノヴィッチ captain
CB 6 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 イリヤ・ナイドスキ
CB 5 ルーマニアの旗 ミオドラグ・ベロデディッチ
RB 4 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レフィク・シャバナジョヴィッチ
LB 3 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 スロボダン・マロヴィッチ 61分に警告 61分
CM 2 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ヴラディミル・ユゴヴィッチ
CM 8 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 シニシャ・ミハイロヴィッチ 40分に警告 40分
AM 10 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 デヤン・サヴィチェヴィッチ 84分に交代退場 84分
AM 7 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ロベルト・プロシネチュキ
CF 11 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ドラギシャ・ビニッチ 26分に警告 26分
CF 9 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ダルコ・パンチェフ
控え
GK 12 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ミリッチ・ヨヴァノヴィッチ
CM 13 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 イヴィツァ・モムチロヴィッチ
CB 14 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ラデ・トシッチ
AM 15 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ヴラダ・ストシッチ 84分に交代出場 84分
CF 16 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ヴラダン・ルキッチ
監督
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 リュプコ・ペトロヴィッチ
Red Star Belgrade-Olympique Marseille 1991-05-29.svg
GK 1 フランスの旗 パスカル・オルメタ
CB 4 フランスの旗 バジール・ボリ 28分に警告 28分
CB 5 ブラジルの旗 カルロス・モーゼル
CB 7 フランスの旗 ベルナール・カゾニ
CM 11 フランスの旗 ローラン・フルニエ 75分に交代退場 75分
CM 6 フランスの旗 ブリュノ・ジェルマン
RWB 2 フランスの旗 マニュエル・アモロス
LWB 3 フランスの旗 エリック・ディ・メコ 112分に交代退場 112分
RF 8 イングランドの旗 クリス・ワドル
LF 10 ガーナの旗 アベディ・ペレ
CF 9 フランスの旗 ジャン=ピエール・パパン captain
控え
AM 12 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ドラガン・ストイコヴィッチ 112分に交代出場 112分
AM 13 フランスの旗 フィリップ・ヴェルクリュイス 75分に交代出場 75分
CM 14 フランスの旗 ジャン・ティガナ
RB 15 フランスの旗 エリック・ムラ
GK 16 フランスの旗 アラン・カサノヴァ
監督
ベルギーの旗 レイモン・ゲタルス


脚注[編集]

  1. ^ ФК Црвена звезда - Бари”. FK Crvena zvezda. 2021年12月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f サッカーマガジン 1991、6頁
  3. ^ a b サッカーマガジン 1991、106頁
  4. ^ a b c d e サッカーマガジン 1991、107頁
  5. ^ a b c サッカーマガジン 1991、108頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]